一目見るだけでわかりやすい!インフルエンザや熱中症予防にも湿度計おすすめランキングTOP8

日本には四季があります。外国から日本に旅行に来られる方々は今はSNSでまず日本を訪れる前に日本人の服装をチェックすることも多いようです。

国によっては高温多湿や乾燥地帯など年間を通して気温や湿度が一定の場所のありますが、日本は細かい気候の変化があるために季節の変わり目や急激な暑さ寒さに身体がついていかず体調を崩すことが多くなります。

健康を保つために気温とともに大事なのは湿度です。人間の身体の多くが水分だということも関係しているのかもしれませんが、ほどよい湿度が保てる部屋で生活するということは健康維持にもつながっています。今回はインフルエンザや熱中症予防にも強い味方になる湿度計についてご紹介します。

 

湿度計・温度計はどういう状況で使用する?

湿度計や温度計は部屋の中を湿度や温度を快適に保ちたい時に使うと便利なアイテムです。1番購入するきっかけで多いと思われるのが赤ちゃんが産まれたときですね。子供が産まれて産院から家に帰ってから一カ月は赤ちゃんの世話を24時間同じ部屋ですることになります。

赤ちゃんはママの免疫があると言われていますが、病気のウイルスに関しては弱いと3人育ててきた私は思いますね。なぜなら3人目の末っ子は赤ちゃんの時から病院通いがとても多かったです。それは、兄や姉が持ち込むウイルスの影響だったのかなと思いますね。

生まれたばかりの赤ちゃんは寝がえりができません。温度が高すぎると背中に汗をかきやすいです。それから先ほど言いましたウイルス予防は乾燥がよくないと言われていますので湿度は大切です。赤ちゃんに適した温度湿度などは大人ではわかりにくいので温度計や湿度計で目視で確かめるといいでしょう。

湿度を調べたい場合は湿度計なら温度計もほとんどついているのでおすすめです。その他にご高齢の方を介護されている方、ペットを室内で飼われている方、観葉植物を置いている方も使われている方も多いです。人間にもペットにも植物にもやさしい快適な部屋の環境を作ることができるということは普段の生活にもあると便利ですよね。

冬場だけでなく湿気のあるじめじめした夏も湿度の高さで不快なことがあるというのは湿度計があると一目瞭然で対策しやすいと思います。

本来は薪ストーブ用の温度計です?
キャンプでの使用は薪ストーブの温度を見るほか、ピザ窯?の温度などの管理にも使えます?
同タイプの温度計はたくさんありますが、これが一番デザイン的に気に入っています。

nisidakさんのプロフィール

家族3人とトイプードルのモカ君で 出かけてばっかりファミリーです。 モノは使ってから批判しよう! がポリシー 要望と批判の間を彷徨ってます 皆さんのお買い物の参考になれば幸いです!

 

湿度計・温度計のタイプ

湿度計や温度計はデジタルタイプとアナログタイプがあります。

どちらが良いというわけではなく使う人や使う場所の好みで選ぶということのほうが多いようです。デジタルタイプとアナログタイプにはどのような違いがあるのかご紹介します。

 

デジタルタイプ

デジタルタイプは数値を表示するタイプですね。細かい値をチェックしたい方や小さなお子さんなども一目見てデジタル表示なら数値が見られるので便利です。

毎日の温度や湿度をチェックして日記やカレンダーに書いているという方などもデジタルタイプはおすすめです。数字だけでなく液晶にはイラストなども表示できる商品もありお子さんがいるご家庭にとくに人気です。

 

アナログタイプ

アナログタイプとはアナログ時計のようなタイプですね。ハリで温度や湿度を表示するタイプです。昔ながらの温度計や湿度計はアナログタイプが多いです。学校や公共施設にある温度計や湿度計もアナログタイプを使っていることが多いように思います。

細かい数値を見るというよりは、おおまかな温度湿度を離れたところでも目視できることが便利です。細かく温度湿度設定が必要でなく日々の生活で快適な温度湿度をときどき確認するという方に便利です。

 

湿度計・温度計の誤差について

便利な湿度計や温度計にも実は誤差があります。体温計でも誤差があるように完全完璧に湿度や温度を計るということは医療関係などの業務用の高価な商品でない限り一般販売はされていないのが現実です。そこで誤差を確認するためには湿度測定精度という情報を見る方法が有効です。

商品を購入するときにこちらを確認すると誤差の範囲がわかります。なるべく誤差の低い商品を選ぶとより精密ということですね。ただネット販売の商品にはこちらの情報がのっていない場合もあります。詳しく知りたい時は、メーカーに問い合わせてみるのもいいですね。

それから、のっていないということは少し誤差の面にはこだわっていない商品ということにもなるかもしれません。ただ誤差と言っても大きく何度も違うようなことはないですので、普段のご家族がいるお部屋に置いておいて、だいたいの温度湿度がわかればいいという方はそこまで気にしなくてもいい項目かなとも思います。

赤ちゃんやご高齢の方の介護、それから決まった温度湿度の計測が必要なペットや植物、昆虫などを飼われている方は湿度測定精度は必ず確認しましょう。

 

湿度計・温度計を購入する際に注目したいこと3つ

湿度計を購入しようと思ってネットを探すとたくさんの商品が出てきます。お部屋の湿度や温度を計測するという商品であるのでシンプルな商品が多くどれも同じような商品のように感じることもあると思います。

今回はどのような点に注目すれば満足度が高くなるかということをご紹介します。

 

見やすさと理解しやすさ

当たり前のことのようですが、ここを実は見逃しがちです。なぜなら見やすさというのは人それぞれあるからです。アナログ表示でハリで確認するほうがわかりやすいという方もいますし、デジタル表示で数値を確認するほうがわかりやすいという方もいると思います。

時計や体温計と同じく個人的な好みはまず考えたほうがいいですね。アナログはハリの位置を指折り数えてしまうという方や小さなお子さんはむずかしいことがありますし、デジタルだと老眼が入っている方や数字に弱い方にはあまり向いていません。

アナログならハリの位置がしっかり見えるもの、デジタルならなるべく一目で数値が見えるようなハッキリと大きめな表示をする商品が適していると思います。小さなお子さんがいる方はイラスト表示など現在の部屋の状況がどのようなのかも理解しやすいので体感でも快適な部屋の環境が覚えやすくなると思います。

 

使用する環境

リビングで使用したいとか子供部屋やキッチン周りに置いて置きたい、それから全部の部屋にそれぞれ置いて置きたい方などもたくさんいらっしゃると思います。ここで大事なのは使用する部屋の環境です。湿度や温度はそれぞれの部屋の快適空間に思う空間で違ってきます。

湿度や温度を判断する際はおおまかにそれぞれの部屋の快適な指数を出して置くといいと思います。それから、壁にかけるのか棚や床に置いておくのか、そこにずっと置いて使用するのかほかの部屋にも移動したいかなど使い方も考えておくといいですね。

インテリアの一部となる可能性もある商品なのでお部屋にあわせたデザインも選ぶと満足度も高くなると思います。デザインもシンプルなカラーを中心に木目など部屋のインテリアにあわせやすい商品も増えています。

 

温度と湿度を同時に計るなら湿度計がおすすめ

部屋の快適空間を作るには温度と湿度が欠かせません。とくに四季のある日本は同じ暑い夏でも6月は梅雨があり湿度の高いせいで不快に感じる場合も多く、8月に入ると湿度が下がり温度だけ上昇して喉の渇きだけでなく肌から感じる乾きというのも熱中症に関係するとも言われています。

以前は温度計と湿度計はバラバラで販売されていることも多く、2つ用意しないといけない場合もありました。でも、現在はどちらも知ることが大切だということで温度計と湿度計が一緒になって商品が湿度計として販売されていることが多いです。温度計の場合は「湿度計もついています。」

のような表示のある商品もありますが、基本的に温度だけ計るという商品も多くあります。どちらも計りたいなら湿度計を選ぶと1つで済むので場所も取らず便利です。わかりやすく温湿度計と表示されている商品もあります。両方ついているとお値段が高いというイメージが以前はあったようですが、最近のネット販売ではお買い求めやすい安価で性能のいい商品もたくさんありますのでおすすめです。

 

おすすめの湿度計ランキングTOP8

湿度計は電気屋さんや日用雑貨コーナーなどで販売されていますが、温度計に比べて数が種類が少ないです。健康の面で赤ちゃんやご高齢の方向けのコーナーにあることのほうが多いような気がします。

これを考えても特別に身体を大事にしたい方向けの商品だということが言えます。お子さんや大人の健康な方も普段から湿度をチェックしているとそれだけでも体調管理ができるということにもなりますよね。

湿度計を選ぶならネットだと私は思います。アナログからデジタルまでたくさんの種類があり店頭販売よりもお買い得な場合が多いこともおすすめです。

 

8位 dretec デジタル温湿度計

熱中症やインフルエンザ注意報をイラストで表示

湿度計は温度計と一緒になった商品がほとんどです。気温と湿度をデジタルでわかりやすく表示します。とくに赤ちゃんやご高齢の方、それからペットのいる方に重宝されている湿度計ですね。普段の室内の温度や湿度やエアコンや加湿器をつけているときにも10秒ごとに温度と湿度を測定するので今の部屋の環境が瞬時にわかります。

おもしろいのが熱中症やインフルエンザの危険度の目安を顔マークで表示することですね。表情も7段階もあります。顔の表情をチェックするだけでも部屋の環境の乱れなどにもお子さんでも気づけるというところもいいと思います。コンパクトながらも画面を大きめに常時して見やすいデジタル方式です。

カラーはシンプルなホワイト、ブラック、それからインテリアに合わせやすい木目調のダークウッド、ナチュラルウッドの4色あります。商品のサイズは約W8.1×D8.1×H1.7cmです。壁にかけることもできますし、スタンドつきでテーブルなどに置いても使うことができるコンパクトサイズの温湿度計です。

 

7位 Avantool デジタル温湿度計

出典: Amazon.co.jp

Avantool デジタル温湿度計

2019年最新版デジタル温湿度計

こちらの商品はシンプル表示で見やすさを追求した2019年に発売された最新モデルのデジタル温湿度計です。長年愛されている商品も使いやすいことは間違いないですが、最新型もみなさんが使ったレビューなどの意見を元により使いやすく機能性がアップしていたり、最新技術が搭載されて値段が下がってきている商品も多いのでぜひチェックしたいものです。

特徴としては大型の液晶画面にタッチパネルとバックライト機能を搭載したところですね。こちらの商品は卓上スタンド、マグネット、壁掛け用フック穴が付いていて3通りの置き方が可能なんですが、夜中や暗い場所でも温度湿度表示がしっかり見えるところも便利です。

さらに時刻表示モードやアラームモードならびに時報機能もありますので目覚まし側に寝室で使うこともできます。乾燥、快適、不快と顔マークも3パターン表示され快適な部屋レベルもわかりやすいです。高さは約7㎝、重さは約124gと軽量コンパクトサイズなので持ち運びにも最適です。出張や旅行などにも持っていけば、ホテルは乾燥しがちなので快適空間を調節するときにいいかもしれませんね。

 

6位 North Crown デジタル湿度計

出典: Amazon.co.jp

North Crown デジタル湿度計

寝坊機能つきで目覚まし時計かわりにも!

こちらの商品は温湿度表示に加えて多機能デジタル表示があります。大画面で同時に現在の温度、湿度、時刻、天気、月相または曜日、月日、快適度も表示できるので時計代わりとして使っている方も多いですね。それから最高最低温湿度が自動的に記憶できますので、部屋の中の変化もわかりやすいです。

バッグライト機能もついているので暗いところや夜もタッチボタンで確認できます。目覚まし時計変わりに毎日アラームとして使うこともできて一石二鳥です。置き掛け両用タイプなので壁掛けもスタンドで立てることもできます。本体のサイズは93.5×11.5×22mmです。さまざまな機能をボタンを押して変えることができるのも便利です。

おもしろい機能は 天気予報機能ですね。リアルタイムの温度湿度の変化によって、未来12時間の天気が予測出来ます。テレビの天気予報は広い地域のお天気しかわからないのでリアルな気温と湿度の変化で天気が予想できるっておもしろいですよね。

 

5位 Kungix デジタル湿度計温度計

出典: Amazon.co.jp

Kungix デジタル湿度計温度計

太陽と雲のデザインもかわいい

こちらの商品は簡易な表示が多い湿度計の中にも少し遊び心のあるデザインが素敵です。太陽と雲の表示がでますね。現在の湿度と温度それから0時より現時点の最高温度、湿度、最低温度、湿度を測定できます。それから12時間温度トレンドチャートあります。

この機能は温度変化傾向と現時点の湿度によって加湿器とサーモスタットを設定するかどうかの判定がしやすくなる便利な機能です。センサー機能があり少しの揺れや音を感じたときはバックライトが自動的に8秒点灯し続けます。

周囲突然くらくなったり何か日常と違う変化があったときに自動的に点灯するので周囲が暗くても温度、湿度、時間などの確認ができて安心です。それからUSBケーブルで電源を入れると常時点灯になります。時刻とカレンダーも表示できAM/PM表示による12時間制または24時間制表示の切り替えができます。アラームを設定をすれば目覚ましとしても活躍しますよ。

 

 

 4位 エンペックス 気象計

デザイン性も高くインテリアをしても人気

こちらの商品はなんといってもデザインが素敵ですよね。カラーはシャンパンゴールドとメタリックグレーがあります。アナログの湿度計はレトロな雰囲気でインテリアとしても人気があります。

温度と湿度表示のみの文字盤は遠くからでも読み取りやすいようにツートンカラーにしてあります。商品のサイズは約H14×W14×D2.9cmです。壁掛けタイプの商品ですね。高級感のあるデザインに心惹かれて購入されることが多い商品ですね。

材質は衝撃に強いポリスチレン樹脂を使用しています。精密な精度にもこだわっているのでコンピュータールームや病院、美術館など室温や湿度の管理が大切な場所にも適しています。アナログだとハリが動くので、おもしろいのが部屋の移動ですね。温度や湿度が違う部屋に持って移動するとみるみるうちにハリが動くのも精密に計れている証拠です。

 

3位 タニタ 温湿度計

一目で部屋の状態がわかる!人気のタニタの温湿度計

こちらの商品はダイエットをしていたことがある方なら誰もが知っているタニタの商品です。タニタは体重計が有名ですが、正確に細かく数値を計測することが得意な企業だと思います。サイズが大型タイプと小型タイプがあります。大型タイプはサイズD30×W75×H132mmと小型タイプサイズは縦3×横7.5×高さ7.5cmです。

設置したい場所に合わせて選びたいですね。それからマグネットと置き式と壁掛けの3WAYタイプなのも便利です。マグネットがついていれば冷蔵庫のドアに貼りつけて置くのも便利ですね。

カラーはオレンジ、グレー、ブルーの3色あります。 表示内容は時計、日付、曜日、温度、湿度・最高・最低温度、最高・最低湿度、それから快適レベルが3段階、アラームもついています。快適レベルは3段階の乾燥」「快適」「不快」で表示されます。イラスト表示で一目でわかりやすいです。精密な測定ができる有名なタニタの商品は安心度も高いですよね。

 

2位 エンペックス 温度湿度計

アナログ表示のレトロ感も素敵!

こちらの商品はアナログタイプです。アナログタイプは一目でおおまかな温度や湿度を確認しやすいことと昭和のレトロ感も出てインテリアとしても部屋の雰囲気にあうということで人気があります。カラーは 、ゴールドとメタリックグレーの2色です。 サイズは約H13.2×W12.1×D5.0cmです。

こちらは卓上用ですが、台座を外すと掛けて使用もできます。文字盤の目盛りは大きくて見やすくなっています。材質は衝撃に強いポリスチレン樹脂を使用しています。

アナログの温湿度計は、公共の場所でもよく使われています。見やすくてデザインもシンプルなのでごリビングに置くと部屋の雰囲気もこわしません。学校や市役所、図書館などでもさりげなく置いてあることが多いのがアナログの温湿度計です。さりげなく毎日の暮らしの中になじむ温湿度計です。

 

1位 ThermoPro デジタル湿度計温度計

ブルーのバッグライトもスタイリッシュ

こちらの商品はバックライトとタッチパネル機能がついています。暗い中でも見ることができますし、バッグライトのブルーがとても素敵だと思います。バックライトは約15秒間点灯し続けて、オフボタンを押さなくても自動でオフになります。省エネだけではなく、夜間でも楽に使えます。

湿度と温度の測定間隔は約10秒で、正確な温湿度値が測定できます。それから同時に湿度のレベルアイコンは現在の空気状態を乾燥、快適、不快と表示して実際に室内の快適さをわかりやすく表示します。現在の室温と湿度だけでなく同時に最高最低の室温、湿度も数値で表示されるのでエアコンをつけているときや時間の経過によっての部屋の中の状態もわかりやすいです。

卓上スタンド、マグネット、壁掛け用フック穴が付いているので自分の生活スタイルや場所を移動することもできます。サイズは11cm×8.5cm×2.4cmです。10センチの液晶画面に大きな文字で表示されるので遠くからでも見やすいです。シンプルで数値を読みやすい使える湿度計です。

 

温度計の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、温度計の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

除菌だけでない!ウイルス予防は湿度が大事!

最近日本では、風邪やインフルエンザなどの予防方法として除菌が推進されています。インフルエンザなどのウイルスをいかに体内に入れないかということですね。たくさんの除菌グッズであったり、マスクであったり、歯磨きであったりウイルス除去の面を重視しています。

もちろん、ついてしまったウイルスを取り除くことも大事ですが、日々の生活環境にウイルスが生きにくい環境にするということも見逃してはいけません。ウイルスは湿度に弱いと言われています。冬の乾燥によってウイルスが生きやすい環境になるなら部屋の湿度をあげて私たちの粘膜を強化しておけばいいわけです。

ただ湿度を上げ過ぎると冬は結露が起きるので窓付近などにカビが生える原因にもなりかねません。人に優しいほど良い湿度を湿度計で調節することは身体は健康に建物は快適に過ごせるようになるのではないでしょうか。四季がある日本だからこそぜひ取り入れたい 便利グッズですね。

 

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

dretec デジタル温湿度計

サイトを見る

Avantool デジタル温湿度計

サイトを見る

North Crown デジタル湿度計

サイトを見る

Kungix デジタル湿度計温度計

サイトを見る

エンペックス 気象計

サイトを見る

タニタ 温湿度計

サイトを見る

エンペックス 温度湿度計

サイトを見る

ThermoPro デジタル湿度計温度計

サイトを見る

関連記事