2019年度の最新版!優秀でコスパがいいのは?スティック掃除機のおすすめランキングTOP8

近年、掃除機の中でも「スティック掃除機」が熱い注目を浴びています。

スティック掃除機はコードレスで使えるタイプも数多く販売されており、その手軽さが非常に人気となっています。

従来のキャニスター型の掃除機であれば、重量感もありますし、コードを差して動き回る範囲も限られているので掃除機をかけることはかなりの重労働でもありました。

これに比べて、スティック掃除機は軽量化がどんどんと進んでおり、女性が片手でも持てるぐらいの軽さなので壁や階段などもスイスイとキレイに出来ちゃいます。

私も最近はスティック掃除を愛用しているのですが、やはり便利!

気軽にお掃除が出来るので、ちょっとフローリングの部屋にホコリがあるかな、という時にササっと取り出してキレイにする気になるのも良いと思います。

それに、簡単に使えるから夫も進んでスティック掃除機を使っているんですよ!

一人暮らしの方にもスティック掃除機はとってもおすすめですよ。

ここでは、「スティック掃除機の特徴とメリット・デメリット」「スティック掃除機で人気のブランド・メーカー」「スティック掃除機を選ぶ際のポイント」について説明していきたいと思います。

そして、「2019年度最新版!おすすめスティック掃除機ランキングTOP8」を一挙ご紹介していきます。

 

スティック掃除機の特徴とメリット・デメリット

スティック掃除機

写真;https://www.photo-ac.com/

 

スティック掃除機は、今家電店でも特設売り場が作られているほどの人気家電です。

そんな人気のスティック掃除機の特徴を見ていきましょう。

 

スティック掃除機の仕組みとメリット

スティック掃除機は、従来のキャニスター型掃除機と比べると、形状がスリムになっていますね。

キャニスター型掃除機は、本体部分は大き目で、ホースとノズルを本体の一部から伸ばして使っていくのですが、スティック掃除機は細長い本体1つで掃除するようになっています。

立ったまま掃除をすることになるので、現代の生活にとてもマッチしており、スリムな形状のため収納場所もとらないようになっています。

キャニスター型掃除機は、使う都度、ホースを出し入れしなければならないのですが、スティック掃除機は設置してある形のままスイッチを入れるだけで簡単に使えるので、掃除も苦にならなくなります。

軽量化されているのも特徴の1つ。

スティック掃除機は、とても軽いので女性やお年寄りにも最適の設計です。

ただ、吸引力を考えるとキャニスター型掃除機には及ばないので、メインの掃除機はキャニスター型掃除機を使い、デイリー使いにはスティック掃除機を、と使い分けている方も多いと聞きます。

一番のメリットは、スティック掃除機にはコードレスタイプが多いということです。

コードレスであれば、電源を気にせず、好きな場所に移動をさせて掃除をすることが出来ますし、階段や壁もスティック掃除機でキレイにすることが可能です。

スティック掃除機の価格帯は全体的にキャニスター型掃除機よりも低価格帯の商品が多いことも人気の理由の1つなのでしょう。

スティック掃除機は、安い商品であれば5,000円以下から購入することが出来ますし、ハイスペックの商品でも20,000円以内で手が届くのですから、これは人気になるわけです。

キャニスター型掃除機でも、最近は5,000円前後の商品も登場していますが、吸引力に特化した商品では10万円を超える商品も販売されています。

価格帯だけを見れば、ちょっとした掃除に使うアイテムとしてスティック掃除機は気軽に購入出来る点が嬉しいですね。

 

スティック掃除機のデメリット・注意点

スティック掃除機のデメリットは、吸引力の弱さです。

弱いと言っても、フローリングや畳の上を掃除するには全く問題はありませんが、カーペットの上にペットの抜け毛や髪の毛が落ちた時に、全部吸ってくれるかどうかは機種によると思います。

また、スティック掃除機はコードレスタイプが多いため、コードレスならではの注意点があります。

使っていくうちに、だんだんとパワーが落ちてくるということと、長時間の使用がままならない、ということです。

最大稼働時間が30分以内のスティック掃除機が多いので、長時間の使用を考えている方は注意しましょう。

広い家を一気に掃除しようと思ったら、何度かに分けて充電しなければならないこともあるかもしれません。

スティック掃除機でコードレスタイプの場合、充電する必要があるので、その手間も面倒になります。

 

スティック掃除機はこんな人におすすめ

スティック掃除機でコードレスタイプだと、収納場所を取らず部屋の隅にでも置いておけます。

見た目を気にせず掃除機を立たせて部屋に置いておきたい、という方にはぴったりです。

キャニスター型掃除機の場合には、部屋に置いておくと見苦しい感があったのですが、スティック掃除機はスタイリッシュなデザインなので部屋に置いておいても違和感がありません。

掃除機の本体からホースをつないだり、コンセントに差し込む面倒も無いので、毎日気軽に掃除をしたい、という方にはうってつけのお掃除アイテムだと思います。

 

スティック掃除機で人気のブランド・メーカー

スティック掃除機

写真;https://www.photo-ac.com/

 

スティック掃除機は、「掃除機」では新ジャンルに当たります。

スティック掃除機で人気のブランドやメーカーについて、歴史や製品情報などを見ていきましょう。

 

ダイソン

ダイソンはイギリス発の電気機器メーカーです。

サイクロン式掃除機を初めて開発したことで知名度が高い企業で、日本でも掃除機と言えばダイソンの名前が挙がりますね。

設立は1993年と、思ったよりも近年ですが、その機能性と性能の良さで日本の愛用者を魅了しています。

キャニスター型掃除機は独自のデジタルモーターやセルフライティング機能が搭載されており、微細なホコリまで吸引するパワーが魅力。

スティック掃除機も、コードレスなのにパワフルな吸引力を実現しており、最長60分も作業が出来るというから、これはすごいですね。

日本の住環境に適したクリーナーヘッドを搭載しており、大きなゴミから小さなゴミまで同時に吸引出来る能力を備えているスティック掃除機です。

ハンディクリーナーとしても使う事が出来、車の掃除にも最適。

ダイソンのハンディクリーナーは、価格帯は数万円と若干高めではありますが、高機能であることと、長く使える点を考えると妥当だと思います。

2年間のメーカー保証が付いている点も嬉しいですね。

 

パナソニック

パナソニックは、1935年設立の大阪に拠点を置く電機メーカーです。

昔からNational ブランドで家庭用家電には定評があるので、パナソニックというブランドはどの世代にも受け入れられやすいのではないかと思います。

スティック掃除機も様々な商品を用意しており、コードレスでクリーンセンサーが搭載されているという特徴があります。

また、集塵方式にはサイクロン式と紙パック式とが選べる機種もありますが、サイクロン式が多く見られます。

本体重量は、スティック掃除機としてはやや重めになりますが、壁際までしっかりとホコリを集める「ガバとりパワーノズル」が秀逸です。

運転時間も最長65分の商品もあり、充電時間は3時間~6時間程度なのも良いですね。

スティック掃除機ながらも吸引力が向上しているモデルを開発している点も有難いです。

価格は高性能タイプは6万円以上のお値段ですが、旧型ですと3万円~の購入も可能です。

 

アイリスオーヤマ

アイリスオーヤマは1971年に大阪で設立した企業です。

当初はプラスチック半透明収納ケースを取り扱っていましたが、2012年に他大手家電メーカーより職を失った技術者を採用して家電部門を拡大していきました。

中国の広東省にある独自の工場で製品を製造しています。

アイリスオーヤマのスティック掃除機は軽量化を実現しているところが大きな特徴です。

本体が1.3kg と驚くほどの軽さなので女性やお年寄りにも嬉しい仕様です。

デザインもキュートで女性好みの外観に。

コードレスタイプとコード有りとがありますが、コードレスの場合だと充電時間は3時間程です。

3時間の充電で最長30分程度の作業が出来るので、まず困ることは無さそうです。

集塵方式はサイクロン式と紙パック式との2つがあり、機種によって異なります。

価格帯は非常にリーズナブルで、1万円前後~スティック掃除機が販売されているので買いやすい点は良いと思います。

私もアイリスオーヤマのスティック掃除機を使っていますが、軽くて快適に掃除が出来る点が非常に良いですね。

 

スティック掃除機を選ぶ際のポイントとは

スティック掃除機

写真;自分で撮影したもの

 

スティック掃除機には、様々なメーカー・ブランドから数多くの商品が販売されています。

どれを選んだら良いのか、すぐには決められないのではないでしょうか。

ここでは、スティック掃除機を選ぶ際にチェックしておきたいポイントを見ていきましょう。

 

吸引力

スティック掃除機は、コードレスタイプが多いこともあり、吸引力という点では従来型のキャニスター型掃除機には及ばないとされてきました。

しかし、近年ではスティック掃除機の吸引力に関しても各メーカーの研究・開発が進み、キャニスター型掃除機と比べても遜色無い商品も登場しています。

ブランドで言えば、抜群の吸引力を誇るのが「ダイソン」です。

大きなゴミから小さなホコリまで強力な吸引力で吸い取ってくれるというから、これは便利には違いありません。

ペットを室内で飼っていて、カーペットの上に抜け毛が落ちて頻繁に掃除をする、というような場合には吸引力が強いスティック掃除機が最適です。

一般的なフローリングや畳部屋の掃除をするだけという方は、そこそこの吸引力があれば十分にキレイに部屋を保てるので、吸引力にはそれほどこだわらなくても良いでしょう。

 

騒音

スティック掃除機の音は機種によって異なりますが、日中に掃除機を使える方であればまず騒音の心配はしなくても良いかと思います。

しかし、家に具合の良く無い方がいらっしゃったり、夜間に騒音にならないように掃除をしたい、というのであれば、あまり大きな音を出さない商品を選ぶと良いですね。

静音性に関して記載があるスティック掃除機であれば安心ですが、何も記載が無い商品の場合には口コミを参考にして選んでいくようにしましょう。

 

サイズ感・重さ

掃除機は便利なアイテムですが、重量感があったり使いにくいサイズ感だったりすると、掃除そのものを回避してしまうようになってしまいます。

自分の身長や持てる重さなどを考慮して、適切なスティック掃除機を選ぶと良いですね。

スティック掃除機は軽量化が進んでおり、中には1.5kg 程度の軽いものもあります。

掃除機の重さがネックで、なかなか掃除をする気になれない方や、壁や階段の掃除を楽にしたいという方は、なるべく軽いタイプを選びましょう。

スティック掃除機の場合には、立って掃除機を使うことになるので、使いやすい高さの商品かどうかもチェックしておくと良いですね。

 

稼働時間

スティック掃除機は、大体がコードレスになっているという便利な特徴がありますが、その分、稼働時間が限られるという不便な面も持ち合わせています。

稼働時間は、使うパワーの度合いにもよりますが、一般的な使い方での最長時間は、15分~65分の間となっています。

稼働時間が長ければ長いほど、時間をかけて掃除機を使えます。

毎日少しずつ掃除機をかけるのであれば、稼働時間は15分の商品でも良いと思いますが、一週間に一度という場合であれば、稼働時間は長めの商品を選んだ方が無難です。

稼働時間と合わせて考えたいのが充電時間で、出来るだけ短時間で充電出来る商品の方が人気が高くなっています。

 

機能性

各メーカー・ブランドによって、壁ギリギリまでホコリをキレイに吸引する「パワフルスマートヘッド」や「くるっとパワーノズル」など独自の名称がついており、ヘッドに特徴を持たせています。

一般的な吸引力に加えて、部屋の隅や壁際までホコリが取れるかどうかも1つの目安となるので、どういう機能が備わっているかを調べておくと良いでしょう。

また、集塵方式にはサイクロン式と紙パック式とがあるのですが、これは好みによります。

手を一切汚さずに吸い取ったダストを捨てられる紙パックは便利ですが、ランニングコストがかかります。

サイクロン式も進化していますが、こまめにお手入れをするのが苦手な方は紙パック式の方は良いのかもしれません。

 

2019年度最新版!スティック掃除機のおすすめランキングTOP8

スティック掃除機は今各メーカー・ブランドが力を入れているジャンルです。

ランキング形式で、最新のスティック掃除機を御紹介いたします。

 

8位 三菱電機 サイクロン式スティッククリーナー HC-VXH30P-N

出典: Amazon.co.jp

三菱電機 サイクロン式スティッククリーナー HC-VXH30P-N

本体質量(約):2.1kg

集塵方式:サイクロン式

連続運転:30分(通常充電:120分の場合)

ノズルタイプ:自走式パワーブラシ(アレルパンチ植毛)

1 台4役★美しいデザインが魅力

三菱電機のスティック掃除機で、「iNSTICK」というネーミングも素敵です。

1台4役の機能を持つという特徴があります。

スティック掃除機としてはもちろん、ハンディクリーナー、ふとんクリーナー、空気清浄機能まで備わっているから1台あればとても便利に使えます。

パワフルな吸引力で、微細なゴミも逃さずキャッチします。

自走式パワーブラシ搭載で、フローリングの溝に入ってしまった微細なゴミやカーペットに絡まったペットの毛などもしっかり吸い取ります。

様々な床面に対応しており、畳の入り込んだゴミも掻き出し、フローリングの隙間に入った食べこぼし等もしっかり吸引し、じゅうたんに絡まった毛も吸い取るから安心感があります。

掃除中に舞ってしまうホコリもキレイにする空気清浄機能がついているので、清々しい気分でお掃除が出来そうです。

ゴミ捨ても簡単で、サイクロンボックスは水洗いして簡単に組立が可能です。

2.1㎏と軽量なので、力の無い方でもサッと使えて便利です。

コードレスで、連続運転時間は30分(強で15 分)となっています。

充電時間は、通常120分で、急速60分と短めなのが嬉しいですね。

何と言っても美しいデザインで、スタンドの必要も無いので充電し忘れることもありません。

価格帯が高めですが、毎日使う家電であることを考えれば妥当ではないかと思います。

見た目にも美しいスティック掃除機を使いたい、という方におすすめです。

 

7位 アイリスオーヤマ 極細軽量スティッククリーナー掃除機 IC-SLDC4

出典: Amazon.co.jp

アイリスオーヤマ 極細軽量スティッククリーナー掃除機 IC-SLDC4

本体質量(約):1.2kg

集塵方式:ー

連続運転:自動モード運転時(約30分)、標準モード運転時(約20分)、ターボモード運転時(約9分)

ノズルタイプ:サイクロンストリームヘッド

 

コスパで軽量なのが魅力

アイリスオーヤマのスティック掃除機です。

アイリスオーヤマの家電はリーズナブル価格で人気があり、近年使っている方も多くなっています。

こちらのスティック掃除機は、1.2kgと非常に軽いのが特徴的で、力の無い女性や高齢の方でも使いやすい仕様になっています。

商品サイズは、幅23.6× 奥行16.6×高さ100.2cm です。

重心が手元にあるので、クリーナーヘッド部分のスムーズな操作性を実現してくれます。

新開発の「サイクロンストリームヘッド」を搭載しており、空気の渦で強力にホコリを吸引。

ほこり感知センサーが備わっていて、ホコリの量に合わせて自動でパワー制御し消費電力を抑えてくれるので電池が長持ちします。

連続30分使用が可能。

デザインもスタイリッシュで、壁面に沿って収納出来るようになっています。

集塵方式は、紙パック式を採用しており、簡単で清潔にダストを取り出すことが出来ます。

また、ハンディタイプとしても使える優れものなので、階段などの使用や車内の掃除でも活躍してくれそうです。

カラー展開は2色で、ピンクの他、ブラック、ホワイトからも選べるようになっています。

価格帯が非常にリーズナブルで、買いやすい点が良いと思います。

ただ、amazon での口コミを見ると賛否両論なので、軽量なスティック掃除機をお探しの方におすすめです。

 

6位 パナソニック スティッククリーナー MC-SBU820J-W

出典: Amazon.co.jp

パナソニック スティッククリーナー MC-SBU820J-W

本体質量(約):2.5 kg

集塵方式:ー

連続運転:強(約6分)、自動(約18~40分)、ロング(約50分〜約65分)

ノズルタイプ:小型軽量パワーノズル

抜群の吸引力を実現した新製品

パナソニックのスティック掃除機で、パナソニックコードレススティック史上最高の吸引力(2019年2月1日現在)を謳っている頼もしい商品です。

「クリーンセンサー」が搭載されており、ゴミがあると赤点灯し、キレイになると青点灯するので、見えにくいゴミもしっかりキャッチ出来ます。

「親子ノズル」で隙間掃除もすっきりと出来るようになるので、冷蔵庫の横などもキレイに出来そうです。

また、ゴミが残りやすい壁際もキレイしてくれる、独自の「ガバとり」構造となっています。

壁にノズルをあてると前部がガバッと開き、ブラシが壁ギリギリまで届くので、ゴミが残りやすい壁際もキレイにお掃除出来る仕組みです。

V字ブラシで、集めたゴミを逃さずに、中央の吸い込み口に運んでくれます。

本体質量は2.5kgとかなり軽めですが、これは新軽量素材の「セルロースファイバー樹脂」が採用されているからです。

軽さと強さを兼ね備えているという特徴を持っている商品です。

付属アタッチメントが豊富で、布団にも、ハンディクリーナーとしても、ペタ隙間ノズルも、隙間用ノズルも、ロングホースも使えるので、様々なシーンでの掃除に大活躍してくれそうです。

集塵方式はサイクロン式で、ワンタッチでゴミ捨てが簡単に出来るようになっています。

運転時間は最長65分と長くなっていますが、充電時間は3時間でOKな点も良いですね。

デザインもすっきりとした形状なのも見栄えがして部屋に置いておけそうです。

デザイン、吸引性、軽量化等トータルで考えてバランスのとれた商品なので、価格が高くでも良い商品を、と考えている方におすすめです。

価格帯が非常に高めなのですが、機能性や耐久性を考えると妥当かなという印象です。

 

5位 日立 スティッククリーナー PV-BFH900N

本体質量(約):2.1kg

集塵方式:ー

連続運転:強(約8分)、標準(約40分)

ノズルタイプ:パワフルスマートヘッド

お掃除を立体的に!壁やソファにも♬

日立のスティック掃除機です。

こちらのスティック掃除機は、「立体おそうじ」をコンセプトに、色々な場所をツールを組み合わせてキレイに出来る仕様となっています。

様々な床や壁際のゴミも軽い操作で吸い取る「パワフル スマートヘッド」、ブラシを押し出してサッとお掃除できる「2WAY  すき間ブラシ」、ふとんやソファに使える「ミニパワーヘッド」、サッシの溝で使える「ほうきブラシ」、「ハンディブラシ」等が付属品としてついています。

日立独自の「タンデムディフューザー」により、強力なパワーを実現しており、強い旋回気流でごみと空気をキレイに分離します。

これは、モーターの日立ならではの技術で安心感もありますね。

様々な床や壁際のごみも吸引する「パワフル スマートヘッド」を搭載しており、「ダブルシンクロフラップ」により、ヘッドを押す時はもちろん、引くときもごみの取り残しを減らします。

サイズは、高さ101.2cm×奥行25.5cm×幅30.8cmで、本体重量は2.1kgと軽量です。

充電時間は3.5時間と短めで、運転可能時間は最長40分なので、時間的には十分ですね。

ブラシの回転で前に進む自走機能が付いているので、カーペットの上でも操作がしやすくなっています。

回転ブラシは水洗いが可能なので、いつでも清潔に保って使えます。

家の中や車の中等、様々な場所で使えるスティック掃除機が欲しい、という方に最適です。

価格帯は若干高めですが、モーターの日立ブランドのスティック掃除機なので、お値段以上の価値があるように思います。

 

4位 パナソニック ハンディ・スティック掃除機 MC-SBU1F-H

出典: Amazon.co.jp

パナソニック ハンディ・スティック掃除機 MC-SBU1F-H

本体質量(約):0.53kg

集塵方式:紙パックレス式

連続運転:HIGH(約7分)、LONG(約30分)

ノズルタイプ:たてよこノズル

超軽量0.53㎏!ハンディとスティックの2WAY

パナソニックのスティック掃除機で、最新型モデルです。

何と本体は超軽量の0.53kg!スティックを付けても0.75kgと非常に軽いので階段掃除なども得意になりそうです。

コンパクトハンディクリーナーとしても、スティック掃除機としても使えるので、持っておくと重宝しそうです。

縦や横に向きが変わるたてよこノズルが付いていて、広い範囲や狭いすき間もスッと入ってお掃除が楽に出来ます。

コンパクトなのに、吸引力はなかなかのもの。

小型モーターを搭載していて、しっかりとゴミを吸引する設計です。

デザインも非常にスリムで、すっきりとした印象なので部屋に置いておいても良さそうです。

さっと持って手軽に掃除が出来るので、いつでもフローリングのお部屋がキレイに!

ストラップが付いているので、フック等に掛けられるようになっています。

ダストボックスが付いており、カップにたまったゴミを捨ててキレイにします。

水洗いも出来るので、清潔も保てるところが良いですね。

本体サイズは、幅55mm×奥行314mm×高さ59mmと非常にコンパクトです。

コードレスタイプで、最長使用可能時間は30分となっています。

充電時間は4時間なので、それほど気になりませんね。

カラー展開は3色で、「カーマインレッド」「グラファイトグレー」「オリーブグリーン」から選べるようになっています。

気軽に使えて軽量なスティック掃除機をお探しの方におすすめです。

価格帯はこのブランドにしては非常にリーズナブルなので、これから人気が出てくるように思います。

 

3位 ダイソン 掃除機 コードレス Dyson Cyclone V10 Fluffy SV12FF

出典: Amazon.co.jp

ダイソン 掃除機 コードレス Dyson Cyclone V10 Fluffy SV12FF SV12 FF

本体質量(約):2.58kg

集塵方式:ー

連続運転:最長60分

ノズルタイプ:ソフトローラークリーナーヘッド

吸引力では王道のダイソン!

ダイソンのスティック掃除機でコードレスタイプです。

コードレスタイプは一般的に吸引力がキャニスター型掃除機には及ばないと言われていますが、こちらの商品は吸引力でも定評があります。

日本の住環境に適したクリーナーヘッドでコード付き掃除機よりもゴミを吸い取る仕様だそうですよ。

最長60分の運転時間なので、大きな家のお掃除をするにも十分だと思います。

パワフルなモーターを搭載したダイレクトドライブクリーナーヘッドのナイロンブラシにより、カーペットの繊維の奥深くまで入り込んだゴミを取り除いてくれます。

ペットの毛まで絡めとってくれる吸引力です。

簡単にハンディクリーナーにも切り替えられるので、テーブルの上や車内の掃除まで使っていけると思います。

捕集力の高い製品設計で、密閉性が高く0.3ミクロンもの微細な粒子を99.97%捕えてくれるのだそうです。

ゴミ捨ても衛生的で簡単に行えるように作られており、必要に応じて吸引モードを切り替えられる点も嬉しいですね。

サイズは、250mm×1,232mm×245mmとなっており、本体重量は2.58kg です。

amazonの口コミも概ね高評価なのも信頼出来ると思います。

吸引力が強いスティック掃除機を探しておられる方におすすめの商品です。

価格帯も、人気家電ブランド商品で、高品質な点を考えるとお得感があると思います。

 

2位 マキタ(Makita) 充電式クリーナー CL070DZ

出典: Amazon.co.jp

マキタ(Makita) 充電式クリーナー 7.2V 本体のみ CL070DZ

本体質量(約):0.81kg

集塵方式:ゴミ捨て式

連続運転:約12分

ノズルタイプ:T字ノズル

マキタのバッテリーを持っている人に最適

マキタのスティック掃除機です。

マキタは、電動工具で非常に有名なので家にマキタの製品を持っている方も多いのではないでしょうか。

こちらのスティック掃除機(クリーナー)は、家にマキタのバッテリーと充電器を持っている方におすすめの商品です。

本体は非常に安く手に入り、吸引力も強い優れた商品です。

サイズは、長さ966mm×幅103mm×高さ142mmとなっており、本体重量も0.81kg と非常に軽量です。

デザインもシンプルな一般的なスティック型なのも良いと思います。

車内の簡単な掃除や、家庭で使う2台目のスティック掃除機として、持っておくと重宝するのではないでしょうか。

電動工具に詳しい方であればマキタの品質の良さを十分理解しておられると思うので、マキタ製品を持っている方におすすめしたい商品です。

価格帯も非常に安く、気軽に買えるところが嬉しいですね。

amazonでの口コミも高評価なものが多いため、安心感も持てます。

あらたに、バッテリーと充電器を買い足しても、まだまだお得感がある商品です。

 

1位 シャープ コードレススティッククリーナー  EC-AR2SX-N

出典: Amazon.co.jp

シャープ コードレススティッククリーナー EC-AR2SX-N

本体質量(約):1.5kg

集塵方式:ー

連続運転:自動モード約40分

ノズルタイプ:ふとん掃除パワーヘッド、タテヨコ曲がるすき間ノズル、など

コードレスで運転時間40分!しかも軽量♬

シャープの「RACTIVE Air」というコードレススティック掃除機です。

軽くて丈夫な「ドライカーボン」製パイプを使用しており、サッと気軽に使える軽量1.5kg というのが嬉しいですね。

立ったまま、吸込口を簡単に着脱出来る仕様になっており、膝が悪い方にも優しい作りです。

運転モードが選べるようになっており、フルパワーモードを選ぶと大風量高圧モーターの能力を最大限に引き出し、その吸引性能は通常時より30%アップするのだそうです。

夜間などの音が気になるシーンでは、「弱」モードにすると音を抑えて掃除をすることが出来るようになっています。

ごみと空気を強力に遠心分離する「遠心分離サイクロン」搭載で、フィルターの目詰まりを抑えてくれます。

着脱式バッテリーを使っており、急速充電が出来るようになっています。

ラバー製のフックが付いていたり、壁際やすき間などに溜まったホコリを吸い取れるヘッド、自走パワーアシストや自動モードなど多彩なアシスト機能で楽しくお掃除ができるように設計されています。

付属品は、ふとん掃除パワーヘッド、タテヨコ曲がるすき間ノズル、バッテリー(2個)、すき間ノズル、はたきノズル、スグトルブラシと数多くの便利品があるので、お掃除がすごく楽になりそうです。

最長稼働時間は弱モードで60分、自動モードで40分、強モードで16分となっています。

充電時間は80分なので気にならない短時間です。

こちらの商品は愛用者が多く口コミも高評価なことと、機能性が優れていること、また、価格帯も機能と品質を考えると割安感があるという特徴があります。

スティック掃除機で耐久性のある商品を探している全ての方におすすめしたいです。

 

便利なスティック掃除機でお掃除もラクラク♪

スティック掃除機はコードレスタイプが主流なので、どこででも気軽に使えるのが魅力ですね。しかも立ったままお掃除が出来るので簡単、楽チン!

あまり、お掃除が得意ではない方でも、スティック掃除機があれば、スイスイとゴミやホコリを吸い取ろうという気になりそうですね。

デイリーにお掃除をするためには、気負わず気軽に使えるお掃除アイテムがあると良いですよ。

スティック掃除機は、お掃除を楽しくしてくれるアイテムなので、是非使っていただきたいと思うお掃除機器です。

ランキングで挙げたスティック掃除機は、人気メーカーの最新モデルや、筆者の好みの商品を集めてみました。

スティック掃除機をスイスイと使って、お家をキレイにしていきましょう。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

三菱電機 サイクロン式スティッククリーナ…

サイトを見る

アイリスオーヤマ 極細軽量スティッククリ…

サイトを見る

パナソニック スティッククリーナー MC-SB…

サイトを見る

日立 スティッククリーナー PV-BFH900N

サイトを見る

パナソニック ハンディ・スティック掃除機…

サイトを見る

ダイソン 掃除機 コードレス Dyson Cyclon…

サイトを見る

マキタ(Makita) 充電式クリーナー 7.2V 本…

サイトを見る

シャープ コードレススティッククリーナー…

サイトを見る

関連記事