【2019年最新】コスパ重視や一人暮らし向けも スティッククリーナーおすすめ5選!

掃除機はキャニスター型が多いと思いますが、重くて引きずるのが大変、段差につっかかるなどの不満を持ったことはありませんか?もちろんキャニスター型でも軽いものはありますし、段差など一時的な問題なら本体を持ち上げればよいかもしれませんが、私はついホース部分を持って引っ張りたくなってしまいます。

それでホースが本体から抜けてしまったりすると、自業自得なのに「なんで移動してくれないの!?」と怒りたくなったり。最初はそんなイライラを解消するという目的で、スティッククリーナーを使うようになりました。

ですが使ってみると、スティッククリーナーは持ち運び以外にもいろいろ便利。今回はスティッククリーナーの特徴と共に、おすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

 

スティッククリーナーの選び方

スティッククリーナーを購入するなら、以下のポイントについて押さえておくとより自分に合った商品を探せますよ。

 

サイクロン式ならゴミをしっかり吸収

パワーで人気のサイクロン式は、スティッククリーナーにも採用されています。短時間の稼動でもしっかり吸収したい方にはおすすめ。空気とホコリなどのゴミを分離させるので、排気が汚れていないという魅力も持っています。

 

パックは使い捨てか否か

掃除機は中にゴミを溜める場所があり、溜まったらゴミ箱などに中身を移すタイプと、パックが入っていてパックごと捨てられるタイプとに分けられます。前者は丸洗いできるスティッククリーナーもあり、お手入れできてエコにもよいのが魅力。後者はゴミを捨てる際に中のホコリが飛び散る心配がないので、ゴミ箱周囲の掃除の手間がありません。

ちなみに上記のサイクロン式はゴミを溜める場所が紙パックではなく使いまわすタイプなので、パック式とサイクロン式は両立できない点に注意しましょう。

 

コードレスの充電式か電源に繋ぐタイプか

スティッククリーナーの中には充電して使うタイプもあり、コードが不要で家のどんな場所にも使いやすいのが魅力。一方コードありのタイプもデメリットばかりではなく、充電池の寿命を気にしなくて良い(買い替え不要)メリットを持っています。

 

収納は立てかけか

スティッククリーナーは本体が細いので隙間などにしまいやすいですが、壁にもたれさせなければ自立できない商品も多いです。もし収納場所が限られているなら、自立式やスタンド収納型、また本体をより小さく折りたためるタイプなど、収納しやすさを考えたスティッククリーナーを探しましょう。

 

ヘッドの種類

掃除機というとT字のヘッドが特徴ですが、スティッククリーナーの中にはブラシタイプやモップタイプ、隙間に便利な小さいタイプなど様々なヘッドがオプションで備わっていることもあります。床の広い場所以外にもスティッククリーナーを使いたいなら、状況に応じて適したヘッドに切り替えられる商品を優先しましょう。

 

スティッククリーナーのメリットデメリット

スティッククリーナーで掃除する女の子

選び方と重なる部分もありますが、スティッククリーナーのメリットと、反対にデメリットはないかも確認しておきましょう。

 

細さを活かした使いやすさがメリット

まずはメリットから。冒頭で私が触れたように、キャニスターと違って本体を持ち上げて使うスティッククリーナーは、床の段差などに引っかかる心配がなく、動作がスムーズです。組み立ても簡単、場合によっては不要のスティッククリーナーもあり、出し入れも楽チンです。

 

広範囲や長時間の利用ではキャニスターに劣るのがデメリット

ただコンパクトであるがゆえに、ゴミを収容できる量や充電池に限界があり、1度にたくさん利用しにくいのがデメリットです。ゴミパックやケースにも大容量タイプがありますし、電力に関してはコード型を選ぶという対策が可能ですが、あくまでスティッククリーナーの中での利便性であり、キャニスターには及ばないことも。

広範囲や長時間の利用にはキャニスター、細かい場所にはスティッククリーナーと、余裕が有るなら両方用意して使い分けるのもありかもしれません。

 

【2019年最新】スティッククリーナーおすすめランキングTOP5

スティッククリーナー

ではここから、スティッククリーナーのおすすめをランキング形式でご紹介します。以降ではコスパ重視と、一人暮らし向けも個別に紹介していますので、該当する方は合わせてチェックしてみてください。

 

第5位 ダイソン Dyson V11 Fluffy SV14 FF

ぱぱっと掃除ができるパワフルタイプ

まずはパワーの強さでお馴染みのダイソンから。値段がほかのスティッククリーナーに比べるとかなり高額なので、手を出しづらいというデメリットはありますが、前バージョンより25%パワーアップしているなど、機能は充実しています。エコモードから強モードまで段階分けもでき、忙しい日や頑固なゴミなど状況に応じて効率よく働いてくれます。

特に本体には液晶画面がついていて、残りの稼働時間などが表示可能。電池が残り少ないタイミングも図りやすいので、使っている途中で充電切れになる心配もありません。

 

第4位 MooSoo スティッククリーナー X6改良版

出典: Amazon.co.jp

MooSoo スティッククリーナー X6改良版
ブランド
カテゴリ

細かい場所にも対応できるパーツ付き

続いてはMooSooのスティッククリーナーです。ダイソン同様稼動時に威力の切り替えが可能で、通常モードのほか強モードが選べます。強モードでは25分ほどになってしまいますが、通常モードなら45分と長時間の稼動もできるのが魅力。

パソコンのキーボードのような細かい隙間、布団などの布製品、車内など、様々な場所に応じたオプションパーツもセットになっており、スティッククリーナー1本でほかの掃除道具を賄えてしまうのもよいですね。

本体は使いまわすタイプのダストカップが入っており、使い捨てを避けたいエコ派の方におすすめです。容量も1.3lと大きいので、1度にたくさんのゴミを吸い取れますし、少量ならうっかり捨て忘れてもそのまま使い続けられます。

 

第3位 iwoly スティッククリーナー&ハンディクリーナー

出典: Amazon.co.jp

iwoly スティッククリーナー&ハンディクリーナー

細々としたゴミはハンディ型で

ホース部分を外してハンディタイプとしても使えるのが、iwolyのスティッククリーナーの特徴です。デスク周りやソファの上などでも活躍してくれます。スティックの状態でも壁掛け収納なので場所をとらず、家具が多い方やワンルームなどスペースが限られている方にもおすすめ。

電力供給は充電式ではなくコードタイプですが、コードの長さは5m。スティックタイプの際ホース部分は最大71cmも伸びるので、電源から6mほどの範囲であれば自由に使えるのもよいですね。

 

第2位 マキ 充電式クリーナ CL107FDSHW

自立式で支えいらず!

値段は3位や4位よりも高めですが、スティッククリーナーの先端が安定しており、自立できるのがマキ製品のポイント。収納時はもちろん、掃除中に一息つきたい時も支え不要で立てておけます。壁掛けタイプは専用器具の取り付けが必要なので、手間が面倒・壁への負担が気になるという方にもおすすめです。

ゴミカップは紙の使い捨てタイプ。モードは通常に加え、強とパワフルが選べるので、短時間でパパッと片付けたい場合にも活躍します。

 

第1位 アイリスオーヤマ 極細軽量スティッククリーナー 静電モップ付き  IC-SLDCP5

出典: Amazon.co.jp

アイリスオーヤマ 極細軽量スティッククリーナー 静電モップ付き IC-SLDCP5
ブランド
カテゴリ

収納も充電もスタンドで楽々

ベスト・オブ・スティッククリーナーは、アイリスオーヤマのIC-SLDCP5型を選びました。2位同様自立式ですが、専用スタンドが付いているので収納時や充電時は置くだけでOK。スタンドはスティッククリーナーの先端より少し広いぐらいなので、場所をとらないのもよいですね。

スタンドには付属のモップを収納する場所もあるのですが、なんと同時に帯電させることも可能で、ホコリの吸着を高めてくれます。チリ1つ見逃したくない、徹底した掃除を追求する方におすすめ。稼動時間はおよそ30分ほどですが、ゴミの状態で自動制御してくれるので、より長く稼働させることも可能です。

 

【2019年最新】コスパ重視スティッククリーナーおすすめランキングTOP2

スティッククリーナーを使う男性

家電はそれなりの値段がするとはいえ、安いに越したことはないですよね。ここではそんなコスパのよいスティッククリーナーをピックアップしました。動作だけでなく購入も手軽にできるスティッククリーナーを探している方におすすめです。

 

第2位 MooSoo モップ付きスティッククリーナー & ハンディ V400

出典: Amazon.co.jp

MooSoo モップ付きスティッククリーナー & ハンディ V400
ブランド
カテゴリ

モップがけをしつつゴミを吸収!

MooSooのスティッククリーナーは、ブランドとしてもコスパが良いのかもしれません。コスパのおすすめでもご紹介します。総合ランキングの1位とは違って、スティッククリーナーの先端にモップがついているのが特徴。ゆえに掃除機として吸い取りを行うと同時にモップがけもでき、吸い漏らしたホコリやチリもしっかりカバーしてくれます。

ダストカップはもちろん、付属パーツの多くは丸洗いでき、定期的にお手入れすることによってスティッククリーナー自体を長持ちさせやすいのも魅力です。

 

第1位 ツインバード サイクロンスティック型クリーナー  TC-E123SBK

出典: Amazon.co.jp

ツインバード サイクロンスティック型クリーナー TC-E123SBK
ブランド
カテゴリ

ゴミの量を確認しやすいスケルトンクリーナー

コスパのおすすめは、ツインバードのサイクロンスティック型クリーナーです。1万円以上もザラ、安いスティッククリーナーでも5000円台はする商品が多いなか、5000円未満での購入が可能。

値段の割に機能もしっかりしており、サイクロンタイプの吸引やコード式ながら4.5mで広範囲に使いやすい、自立タイプで保管や休憩も楽といったメリットあり。特別な機能を求めないのであれば、十分活躍してくれます。

 

【2019年最新】一人暮らしにおすすめスティッククリーナーおすすめランキングTOP3

スティッククリーナー

一人暮らしだと、スティッククリーナーといえど置き場所に困ることがありませんか?そこで主に収納方法、しまいやすさに重点を置き、おすすめのスティッククリーナーを選んでみました。スペースはあってもできればスマートに収納したい、そんな方もぜひ。

 

第3位 パナソニック ハンディ・スティック掃除機 MC-SBU1F

出典: Amazon.co.jp

パナソニック ハンディ・スティック掃除機 MC-SBU1F
ブランド
カテゴリ

見た目のデザインもこだわりたい方に

スティッククリーナーの収納スペースが限られている場合、人目につきやすい所におかなければいけないという人もいるでしょう。そんな時、モノクロのシンプルな掃除機では嫌と思っているなら、カラー豊富なパナソニック製がおすすめです。

オリーブグリーンにカーマインレッド、そしてグラファイトグレーの3パターンから選べるので、あえて目立たせるのもよし、部屋と同系色にしてなじませるのもよしです。

機能ではハンディにもなる分解可能なタイプであることや、ストラップを使って壁に吊り下げることもでき、床に置く必要はない点が魅力。壁掛け用の器具すら不要なので、賃貸など壁や床のダメージを防ぎたい方にも安心です。

 

第2位 日立 スティッククリーナー2in1  PV-BD200

コンパクトに折りたたんで収納!

スティッククリーナーは細長いのでしまいやすい反面、その長さがネックになってしまうことも。ホース部分がキャニスター型と違って柔らかくありませんから、小さく畳むことは難しいですよね。しかし日立のPV-BD200型であれば、本体を2つに折りたたんで収納することができます。

折りたたんだ状態では70cm未満になるので、押入れなどにもしまいやすいです。幅ももちろん小さく、折りたたんでも30cm未満ですから置き場所も作りやすいでしょう。ただしコード式で、コードが1.2mほどなので使用時は注意してください。

 

第1位 SOWTECH コードレス掃除機

出典: Amazon.co.jp

SOWTECH コードレス掃除機
ブランド
カテゴリ

コンパクトに畳んでスタンドへ

折りたたむことができ、かつ専用スタンド付きなのがSOWTECHのスティッククリーナーです。収納時にパーツなどがバラバラになったり、本体が倒れてしまうリスクを防げます。

スティッククリーナーとしても、サイクロン方式・充電式のコードレスタイプ・カーペットや布団など用途別ヘッドなど様々な機能が備わっており、コスパも安い方なので、一人暮らしかつ綺麗好きの方にはぴったりです。

 

スティッククリーナーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、スティッククリーナーの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング

 

毎日の掃除はスティッククリーナーでスムーズに

掃除機
えりか

スティッククリーナーは細身の割にパワフルな商品も多く、また細いがゆえに魅力である収納しやすさにおいても、自立式や折りたたみ、スタンドなど様々な利便性が備わっています。キャニスター式に負けない魅力のあるスティッククリーナーで、部屋を清潔にしてあげましょう。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

ダイソン Dyson V11 Fluffy SV14 FF

サイトを見る

MooSoo スティッククリーナー X6改良版

サイトを見る

iwoly スティッククリーナー&ハンディク…

サイトを見る

マキ 充電式クリーナ CL107FDSHW

サイトを見る

アイリスオーヤマ 極細軽量スティッククリ…

サイトを見る

MooSoo モップ付きスティッククリーナー &…

サイトを見る

ツインバード サイクロンスティック型クリ…

サイトを見る

パナソニック ハンディ・スティック掃除機…

サイトを見る

日立 スティッククリーナー2in1 PV-BD200

サイトを見る

SOWTECH コードレス掃除機

サイトを見る

関連記事