買いたいものを検索してください

自宅で快適なインターネット環境を!無線LANルーターおすすめランキングTOP10

自宅で快適なインターネット環境を利用するには、無線LANルーターは欠かせない存在です。

特に、スマホやタブレット、PCなどをインターネットに接続するため、無線で通信できるWi-Fi(ワイファイ)環境を整えると大変便利です。

無線LANルーターと一言でいえども、色々なメーカーの製品や種類など、あらゆる機種が販売されているので、慣れていない人からすると、どれを選んでよいのか悩んでしまいがち。

そこで、今回は無線LANルーターの性能や選び方のコツ、おすすめ製品を紹介します。

 

無線LANと有線LANの違いは?

無線LANという言葉はあちこちで聞くようになりましたが、そもそも無線LANって何だろうと今さら聞けない人もいるのではないでしょうか。

少しおおざっぱですが、スマホやPCなどのデバイス端末をインターネットに接続するためには、光回線等が接続されたルーターという通信機器に接続する必要があります。

さらにそのルーターは、一昔前はADSL等のアナログ信号とPC等のデータ信号を変換するモデムという装置、現在では光回線をデジタル信号に変換するONU(終端装置)に接続しなければなりません。少し難しい話になりました。

要は、インターネットを利用するためには、スマホやPCがルーターと接続されていれば良いのです。

この時、接続方法が2種類あります。

LANケーブルを使ってルーターと接続する方法を有線LAN、LANケーブルは一切使わずに無線通信で接続する方法を無線LANと呼びます。

有線LANは、物理的にケーブル接続されているので、速い通信速度で安定した通信速度環境を保てるため、オフィスシーンでは利用が多いです。

反対に、カフェや自宅などでは、ご存知「Wi-Fi(ワイファイ)」が多く使われています。通信端末とルーターの接続を物理的に接することなく接続できるので、見た目もスッキリし無線接続範囲内で自由に使えるので、利便性も高い特徴があります。

 

無線LANルーターの選び方のポイント

無線LANルーターは、主にPCアクセサリーメーカーから多様な製品が販売されています。

あまり慣れない方からすれば、どれを選んで良いのか分かりにくいですよね。

ここでは無線LANルーターの選び方についてポイントを簡単に紹介します。

 

自宅のインターネット回線をチェック

無線LANルーターは、対応している通信速度の規格によって、利用可能な理論上の通信速度が異なります。

ここで覚えておきたいのは、通信速度の速さを気にするなら、大元の回線と無線LANルーターの双方が、それぞれ速い機能に対応している必要があります。

無線LANルーターのみ最新にしても、大元の契約通信回線が遅ければ意味を成しません。

最近では光回線を自宅に導入されている方も多いと思います。

理論上の通信速度は1Gbpsですが、体感的な平均では100Mbps程度が多いです。

おおまかな区分けとして、光回線を契約しているのであれば、現在販売されている無線LANルーターの機能を最大限活かせる環境であると思います。

反対に、あと数年で終了するADSL回線を利用している場合は、アナログ回線であるため、そこまで速い通信速度は期待できません。

どれだけ無線LANルーターを高性能なものにしても、大元の回線が遅いため、高速通信の機能を利用できないまま余らしてしまうことになります。

 

対応している通信規格に注目

「Wi-Fi」の通信速度は、国際の標準規格によって定められていて、現在では「IEEE(アイトリプルイー)802.11b/11g/11a/11n/11ac/11ax」という規格があります。

後方の規格になればなるほど、通信速度が速くなります。

一方で、通信端末で利用できる通信速度は、スマホやタブレットなど使用する通信端末の対応通信規格及び無線LANルーター自体の対応通信規格によって左右されます。

つまり、利用端末と無線LANルーターの両方がそれぞれの通信規格に対応していなければなりません。

例えば、無線LANルーターが最新規格で高速通信可能な「IEEE802.11ax」に対応していたとしても、スマホやタブレット等が「IEEE802.11ax」に対応していなければ、この高速通信Wi-Fiは利用できません。

おおまかな目安として、「IEEE802.11b/11g/11a/11n」に加えて「IEEE802.11ac」まで対応している製品であれば、かなり高速なWi-Fi通信を利用できると思います。

スマホやタブレット、PCなど、インターネットを使用する端末の対応通信規格をよく調べた上で、最大限対応している無線LANルーターを選ぶことをおすすめします。

 

無線LANルーター設置時の注意点

無線LANルーターを購入する前に設置する際の注意事項を抑えておいてから、製品を選ぶとより設置環境にあった最適なものを選べるかと思います。

 

同時接続する台数を考慮

無線LANルーターは、スマホやタブレット、パソコンなど複数の通信端末をインターネットに接続するための機器です。

その際、無線LANルーター自体には、同時接続できる推奨台数が決まっています。

台数を超えると接続できなくなるというわけではありませんが、仕様の台数を超えて同時接続すると、通信速度の低下にもつながり兼ねます。

スマホやタブレット、テレビ、ゲーム機器、PCなど自宅内のあらゆる端末がインターネット接続対応していると思うので、接続する台数と製品の接続上限仕様をよく考慮した上で選びましょう。

 

親機の電波範囲に注意

無線LANルーターには、当然ながら電波が届く範囲があります。

全く障害物のない距離であれば100mくらい届く理論値ですが、木造住宅や鉄筋コンクリート造住宅では壁や床、扉などあらゆる障害物があるため、この電波の強度に影響が生じます。特に木造住宅よりも鉄筋コンクリート造の住宅では影響が出やすいです。

なるべく、電波を届かせたい範囲の中心に置くことが理想です。

2階建ての住宅の端から端など、極端な設置方法をするような場合は、中継器を間に設けるなど、考慮に入れておきましょう。

 

電子レンジの近くは要注意

電波干渉が生じやすい電子レンジやBluetooth機器等が近くにあると、無線LANルーターの電波に影響が出る場合があります。

これは電子レンジと無線LANルーターの電波が同じ周波数帯を利用していることにあります。

オンライン通話、テレビ電話、通信ゲーム対戦、動画視聴など連続的に通信接続されていないと、切断状態になってしまうコンテンツもあるので、電子レンジ付近には無線LANルーターを置かないようにしましょう。

 

無線LANルーターおすすめランキングTOP10

第10位 TP-Link 無線LANルーター Archer A10

サイズ:216×164×36.8(㎜)

重さ:1.26kg

対応規格:IEEE802.11b/11g/11a/11n/11ac

4本のアンテナで接続が効率的

無線LANルーターではお馴染みのTP-Linkブランドの製品。

しっかりとしたサイズの本体は、据え置き用の無線LANルーターに最適な設計です。

4本のアンテナ(3本が外付けで1本は内蔵アンテナ)は、家庭内の幅広い範囲まで電波が届くような環境を作り出します。

さらにビームフォーミング技術の効果で、より効率的で安定した通信パフォーマンスを実現しています。

5GHz帯で最大1733Mbps、2.4GHz帯でも最大800Mbpsの通信速度に対応し、どちらも同時に使えるデュアルバンド対応です。

 

第9位 PLANEX ちびファイ3 MZK-DP150N

サイズ:3.0×5.5×4.5(㎜)

重さ:68g

対応規格:IEEE802.11b/11g/11n

ホテルで活用できるトラベラーおすすめ品

最近ではホテル館内や客室内でのWi-Fi利用が普及してきましたが、一部のホテルではWi-Fiが使えないような部屋もあります。

そしてWi-Fiは使えなくても部屋にLANケーブルが用意されている場合がありますよね。

そのような場合に便利なのがこのアイテムです。

電源に差し込み、本体にLANケーブルを接続するだけで、簡単に無線LANルーターに変わります。

プラグ部分を折りたたむと重量わずか68gのコンパクトサイズなので、旅行に持っていくには最適なアイテムかと思います。

 

第8位 ASUS 無線LANルーター RT-AC68U

出典: Amazon.co.jp

ASUS 無線LANルーター RT-AC68U
ブランド
カテゴリ

サイズ:220×160×83.3(㎜)

重さ:640g

対応規格:IEEE802.11b/11g/11a/11n/11ac

最大18台接続できるファミリー層にもおすすめな1台

PCやディスプレイなど、数多くのコストパフォーマンスが高い製品を扱っているASUS製の無線LANルーターです。

戸建て3階や鉄筋コンクリートが多いマンションの4LDKといった間取りを幅広くカバーしてくれる性能を持っています。

最大通信速度はIEEE802.11ac対応で、1300Mbpsでの高速通信ができます。

スマホだけで簡単にルーター内の設定を行うことができたり、子どものネット利用で利用時間制限や有害サイトから守ってくれるペアレンタルコントロール機能も搭載。

家族世帯なら大活躍すること間違いない1台です。

 

第7位 BUFFALO 無線LANルーター WXR-5950AX12

サイズ:300×195×75(㎜)

重さ:1,580g

対応規格:IEEE802.11b/11g/11a/11n/11ac/11ax

超高速通信回線本来の性能を引き出す最強の無線LANルーター

無線LANルーターではかなり馴染みのあるバッファロー製品です。

見るからにかなり強そうなデザインであることはもちろん、中身のスペックも贅沢なもの。

Wi-Fi6(IEEE802.11ax)という次世代の通信規格に対応し、10Gbpsインターネットでも、その効果を十分に感じられる性能を発揮してくれます。

ビームフォーミングによって、スマホなどの通信機器から距離が離れても安定して通信することができます。

最新モデルでかつネット通信速度にとことんこだわりたいという人におすすめです。

 

第6位 エレコム Wi-Fiルーター WRC-X3000GSA

サイズ:140×40×207(㎜)

重さ:600g

対応規格:IEEE802.11b/11g/11a/11n/11ac/11ax

Wi-Fi 6に対応した次世代の無線LANルーター

PCアクセサリーで有名なエレコム製の無線LANルーターです。

次世代の通信規格であるWi-Fi 6(IEEE802.11ax)に対応した無線LANルーターで、最大通信速度は規格値で2402Mbps(5MHz帯)です。

グループ会社のDXアンテナのノウハウを活かしたハイパワー内蔵アンテナで、安定かつ快適な通信接続ができます。

6人家族利用が想定されていて、推奨接続台数は36台まで。つまり、6人それぞれがテレビやスマホなど6つの端末を使ったとしてもOKです。

家族で利用するなら、最新の性能を十分に活かせる1台です。

 

第5位 TP-Link 無線LANルーター Deco M5 2-pack

サイズ:直径120×高さ38(㎜)

重さ:-  (公式情報なし)

対応規格:IEEE802.11b/11g/11a/11n/11ac

中継器という概念を無くし広大な範囲をカバー

これまで無線LANルーターを設置しても電波がうまく届かないような場合は、親機に対して必要な分だけ中継器を置くのが一般的でした。

このTP-LinkブランドのDeco M5は広大な範囲をこの無線LANルーターでカバーすることができます。

1台でカバーしきれない場合にこの2-packの2個目を配置すると、複数の本体が1つの通信環境を構築。

家中どこを移動しても常に1つのアクセスポイントと連続的に繋がる「シームレスローミング」という機能を搭載しているため、中継器でよくありがちな通信遮断等の心配もいりません。

二世帯住宅や3階建ての一戸建て、マンションなど、家の形態を問わず、快適な通信環境を作り出せる無線LANルーターです。

 

第4位 TP-Link 無線LANルーター TL-WR902AC

サイズ:74×67×22(㎜)

重さ:-  (公式情報なし)

対応規格:IEEE802.11b/11g/11a/11n/11ac

高速規格11ac対応ながらポケットに収まるコンパクトモデル

本体のサイズはポケットにも納まるコンパクトな設計。そのボディとは反対に高速通信規格であるIEEE802.11acに対応し、5GHz帯で最大433Mbpsの通信速度です。

本体にLANケーブルを差し込むことで簡単にWi-Fi環境を構築でき、自宅用としてはもちろん、外出先や旅行先のホテルなど、ちょっとした場面でも活用できます。

USBポートも搭載しているため、スマホなどのモバイルデバイスと接続することで充電することもできます。その他、接続した端末のファイルやメディアの共有もできます。

また多彩なモードを搭載しているので、ルーターとして機能させることはもちろん、中継器として使用したり、ホットスポットとして使うことも可能です。

本体の3年保証も嬉しいポイントです。

 

第3位 エレコム Wi-Fiルーター WRC-2533GHBK2TA

出典: Amazon.co.jp

エレコム Wi-Fiルーター WRC-2533GHBK2TA
ブランド
カテゴリ

サイズ:130×26×182.5(㎜)

重さ:260g

対応規格:IEEE802.11b/11g/11a/11n/11ac

トレンドマイクロ社のセキュリティ技術を搭載した安心の無線LANルーター

ルーターモードの動作では、セキュリティ対策の業界トップクラスのトレンドマイクロ社との協業による機能によって、悪質なウェブサイトブロック機能や、脆弱性攻撃の防御、不正サーバー接続による情報漏洩等を防いでくれます。

ネットワークカメラやテレビなど、セキュリティ対策ができなかった通信利用端末に対してもセキュリティ効果を加えられるので安心です。

本体は6人家族を想定していて、同時接続台数は18台となっています。スマホやタブレット、テレビやレコーダー、PCなどを接続しても十分な接続台数です。

内蔵アンテナは2.4GHz帯で4本、5GHz帯で4本の計8本搭載、3階建ての戸建てや4LDKといった広い間取りの家でも、十分に行き届く電波範囲です。

こどもネットタイマーという機能では、こどもが利用する端末の接続時間をあらかじめ設定できるので、使い過ぎ防止に役立てられます。

 

第2位 BUFFALO 無線LANルーター WSR-2533DHPL

サイズ:36.5×160×160(㎜)

重さ:317g

対応規格:IEEE802.11b/11g/11a/11n/11ac

iPhoneでWi-Fi利用するのに最適な機能が満載

大容量の高速通信規格であるIEEE802.11ac(5GHz帯)に対応し、さらに2.4GHz帯の256QAMにも対応。

内蔵の4×4アンテナは、5GHz帯で最大1733Mbps、2.4GHz帯では最大800Mbpsの高速通信ができます。

iPhone 8以降で搭載されているビームフォーミングに対応しているので、接続先の端末がどこにあるのかを自動的に判別し、最適な方法で電波を届けることで転送速度や安定性を向上させてくれます。

設定自体はスマホの専用アプリから簡単にセットアップ可能。無線引越機能も搭載しているので、BUFFALO製の無線LANルーターはもちろん、他社製の無線LANルーターの乗り換えにも対応しているので、無線LANルーターの買換時にも便利です。

子どものネット利用時間を制限するアクセスコントロール機能も搭載しているので、ファミリー層にも安心の1台です。

 

第1位 BUFFALO 無線LANルーター WSR-1166DHP3

出典: Amazon.co.jp

BUFFALO 無線LANルーター WSR-1166DHP3
ブランド
カテゴリ

サイズ:36.5×160×160(㎜)

重さ:317g

対応規格:IEEE802.11b/11g/11a/11n/11ac

ベストセラーにもなっているコスパに優れた無線LANルーター

Amazonの無線LANルーター部門でベストセラー1位になっている売れ筋モデルです。

5,000円以下で買えるモデルでありながら、高速通品規格のIEEE802.11acに対応。光回線の高速通信回線をWi-Fi環境でも十分に活用することができます。

本体のフレキシブルな設置方法も魅力の一つ。縦置きや横置き壁掛けといったあらゆる設置方法に対応しているので、場所を問わずしっかりと設置できます。

接続する端末の一を自動で判別し、電波を最適に届けることができるビームフォーミング機能を搭載しているので、電波範囲内で効率の良い接続を実現しています。

設定方法も簡単で付属のQRコードを読み込みだけで、スマートフォンやタブレットとの接続やセキュリティが行えます。

 

to buyインフルエンサーおすすめの無線LANルーターをご紹介!

BUFFALO 無線LAN親機 WXR-1900DHP2

PCアクセサリーメーカーとしても有名なBUFFALO製品です。

メーカー推奨の利用環境として、戸建てなら3階建て、マンションなら4LDK、利用人数は6人までとされている、比較的性能の高いモデルです。

本体には、大型の可動式高感度アンテナが付属しているので、アンテナの向きを変えることにより、狙った方向へ高感度の電波が届くように設置できます。さらに高感度アンテナは飛距離がでるような設定になっているので、コンクリート家屋で設置場所から離れている部屋でも確実に高速な電波をキャッチできます。

本体には、電子レンジなどの高周波電波を発する機器と、電波上で干渉した場合にノイズを検知し自動で干渉しないチャンネルへと回避してくれる機能が付いているので、電波干渉の多い家庭内の使用であっても快適に接続できます。

iPhoneであれば、ビームフォーミングEXというWi-Fi高速化技術も利用できるので、接続する機器を狙って最適な電波の束を作り、高速通信ができるような機能もあります。

高速伝送規格であるIEEE802.11acにももちろん対応しています。

 

無線LANルーターの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、無線LANルーターの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

利用環境を考慮した無線LANルーターを選ぼう!

NINO

無線LANルーターはスマホやタブレット、PCなどの通信端末をインターネットに繋いでくれる無くてはならない存在です。

スマホのデータ通信回線よりも高速な通信が利用でき、データ通信容量を気にすることなく使えるので、自宅にネット回線を契約して必ず設置しておきたいものといっても過言ではありません。

快適なWi-Fi環境を構築するためにも、自宅や使用環境に応じた無線LANルーターを選ぶことが重要です。

ぜひ、自身の使い方に最適な無線LANルーターを見つけてみてください!

記事内で紹介されている商品

TP-Link 無線LANルーター Archer A10

サイトを見る

PLANEX ちびファイ3 MZK-DP150N

サイトを見る

ASUS 無線LANルーター RT-AC68U

サイトを見る

BUFFALO 無線LANルーター WXR-5950AX12

サイトを見る

エレコム Wi-Fiルーター WRC-X3000GSA

サイトを見る

TP-Link 無線LANルーター Deco M5 2-pack

サイトを見る

TP-Link 無線LANルーター TL-WR902AC

サイトを見る

エレコム Wi-Fiルーター WRC-2533GHBK2TA

サイトを見る

BUFFALO 無線LANルーター WSR-2533DHPL

サイトを見る

BUFFALO 無線LANルーター WSR-1166DHP3

サイトを見る

BUFFALO 無線LAN親機 WXR-1900DHP2

サイトを見る

関連記事