買いたいものを検索してください

家電アドバイザーが教える!無線LANルーター中継機おすすめランキングTOP8!

スマートフォンやパソコンだけでなく、テレビやゲーム機、照明、エアコン、スピーカーなど様々な製品が無線LAN規格に対応しており、一つの家庭内の様々な場所で多用な製品をインターネット環境へ接続するのが当たり前になってきている昨今。

家庭のインターネット環境が繋がりにくかったり、速度が出なかったりする際に便利なのが、「無線LAN中継機」です。無線LANルーター親機からのWi-Fi電波を中継し、電波が届きにくいところを補強できるので、家の隅々までインターネット環境をカバーするための製品です。

今回は、無線LAN中継機についての選びのポイントを取り上げつつ、おすすめな製品をご紹介します。中継機の仕組みを理解して、快適なインターネット環境を整えてください。

 

無線LANルーター中継機とは?

無線LANインターネットを使用する際、無線LANルーター親機の電波を拾って発信し直すことでより広い範囲で無線LAN環境を使用できるようにする機器を、「無線LAN中継機」と言います。無線を発信する無線LANルーターとパソコンやスマートフォンの中継地点に置くことで、無線の電波を強められるのが特徴です。

今まで電波が悪いと感じたり、速度が遅いと感じられるような浴室やベランダ、水回りの近くでもインターネット回線へ快適に接続できるようになったり、親機から遠いエリアでも通信速度を上げられる可能性があります。

通常、無線LANルーターの電波は、障害物となる壁を通過したり、水回りになる場所を通るたびにどうしても弱くなるものです。特に部屋の数が多い場合や部屋の階層が変わると特に顕著で、無線LANルーター親機の配置や方向、またはルーター自体を見直しても限界がでます。どんなに無線LANルーター自体の性能がよいものだったとしても広い建物であればあるほど隅々までカバーするのは困難になります。

無線LAN中継機を活用することで、まずは電波の使用できるエリアが広がり、広範囲に電波を届けられるようになります。例えば1階に無線LANルーター親機を設置し、2階に中継機を設置することで、3階の部屋でも快適にインターネット接続ができるようになります。

また、最近では「メッシュルーター」などと呼ばれる親機と専用中継機がセットになっているものも多く販売されており、中継機を複数使うことで、広いエリアでインターネット環境をカバーできる製品も増えてきています。メッシュルーターを使った場合、通信速度も低下しづらくなるように工夫されているので、自宅の複数箇所で通信速度が遅いと感じているなら、メッシュルーターがおすすめです。

 

無線LANルーター中継機の選びのポイント

有線LANポートの有無

無線LAN中継機の中には、有線LANポートを搭載していているモデルがあります。有線LANポートがあれば、パソコンに無線LAN機能がなかったとしてもLANケーブルを使って有線接続ができ、便利です。

無線LAN対応していないデスクトップパソコンや、少し古いパソコンを使用されている場合は、接続方法はどうすべきなのか確認が必要です。

 

電源の取り方

無線LAN中継機には電力が必要で、コンセントに接続する必要があります。

方法は、AC電源ケーブルで電源を取るタイプと、コンセントに無線LAN中継機を直接差し込むことができ、ケーブルが不要なタイプとがあります。コンセントに直接差し込むタイプは比較的コンパクトで場所を取らない反面、接続する周辺のコンセント口まで物理的にふさいでしまう恐れもあります。

設置場所によってどのような電源の取り方がよいのかは事前に確認するとよいでしょう。

 

無線LANルーター中継機を設置する際に気を付けること

無線LAN環境の構築に関しては無線LANルーター親機だけでなく、無線LAN中継機をどこに設置するかが重要です。

まず第一に、スマホやパソコンの使用場所と、無線LANルーターや中継機の距離が近いことが理想です。次に、ほかの通信機器等と電波が干渉しないように設置するようにしましょう。具体的な注意点を記載しておきます。

 

親機の電波が届く範囲を知っておく

基本は、電波が届かない部屋とルーターの中間地点に中継機を設置するのがよいでしょう。中継機の設置場所が、無線LANルーター親機の電波が届かないような場所ですと、中継機が役割を果たせません。

スマートフォンやタブレットなどを利用して、親機の電波の届くエリアを確かめながら、最適な中継機の設置場所を探してみてください。

 

水回りや水槽、花瓶などを避ける

水槽や花瓶、加湿器など中に水が入っているモノの近くに設置すると電波に影響を及ぼす可能性があるので、水が入った家具やインテリアの近くは避けて設置するのがおすすめです。

 

電子レンジの近くを避ける

Wi-Fiの電波には主に2.4GHz帯と5GHz帯の2種類があり、そのうち2.4GHz帯は電子レンジでも使用される周波数帯で、電波干渉の原因となります。

電子レンジを無線LANルーターの近くで使用すると、電波強度が低下したり、接続が不安定になりやすいので注意しましょう。

 

無線LANルーター中継機のおすすめランキング10選

第10位 BUFFALO WEX-1166DHP2

対応規格::IEEE802.11a/b/g/n/ac

電源はコンセント直差しとケーブル接続のどちらかを選べるので設置場所に応じて使い分けができます。

ビームフォーミング対応。可動式アンテナで、電波強化を行いたい方向へ向けることができます。

 

第9位 BUFFALO WEX-733DHP

対応規格::IEEE802.11a/b/g/n/ac

建物の場合3階の高さまで対応し、今まで電波の届かなかったエリアでも快適に通信できるのが魅力です。

本機のWPSボタンを押すだけで、簡単に中継機として設定ができます。

 

第8位 BUFFALO WEX-G300

対応規格:IEEE802.11b/g/n

設置方法は縦置き・横置き・壁掛けを使い分けられるので、部屋の環境に合わせて使用できます。電源方式はケーブルなので、有線機器と近づけやすいのもメリットです。

有線LANの無線化も可能な便利モデルです。

 

第7位 ELECOM WRC-300FEBK-R

対応規格::IEEE802.11b/g/n

電源方式はケーブルを採用。テレビにつないで有線接続もできる無線LAN中継機。テレビが無線LANに対応していない場合に中継機の有線LANポートを使って無線通信できるのが便利です。

接続する親機を制限しない「ユニバーサルリピーター方式」を採用しており、他社製の無線LANルーターにも広く対応します。

 

第6位 TP-Link RE650

対応規格::IEEE802.11a/b/g/n/ac

様々な規格に対応し、あらゆる使用環境で快適に高速通信ができるよう設計されたハイエンド無線LAN中継機です。同時通信をしても速度が落ちない「MU-MIMO」機能を搭載し、2台のスマホを同時に接続しても、速度が落ちることなく均等に通信できます。

ビームフォーミング対応。

 

第5位  I-O DATA WN-G300EXP

対応規格:IEEE802.11b/g/n

4.2cmのコンパクト設計なので、コンセントに差し込んでも邪魔になりにくいサイズです。

また、電波の強さが分かる3段階のランプ機能を搭載。赤と青、点滅のパターンで電波の接続状況を確認しながら設置場所を決められるので便利です。

 

第4位 BUFFALO WEX-1166DHP

対応規格:IEEE802.11a/b/g/n/ac

電源はコンセント直差しとケーブル接続のどちらかを選べるので設置場所に応じて使い分けができます。大きなアンテナが付いている為、親機の電波をキャッチしやすくなっています。

ビームフォーミング対応。

 

第3位 NEC PA-W1200EX

対応規格IEEE802.11a/b/g/n/ac

コンセントに直差しできるコンパクト形状。WPS対応他社のルーターとの接続も可能。ビームフォーミング対応。

 

第2位 TP-Link RE200

対応規格:IEEE802.11b/g/n/ac

初めての方でも使いやすくおすすめの中継機です。コンセントに直接差し込むタイプなので場所を取りません。イーサネットポートを活用して、有線機器をWi-Fi接続するための無線アダプタとしても機能します。有線ルーターに接続してアクセスポイントとしても利用できます。

ルーターのWPSと本体のREボタンを押すだけで設定でき、一般的な無線LANルーターとの互換性があり、他社製ルーターと組み合わせても使えます。 業界最高基準の3年保証もついています。

 

第1位 BUFFALO WEX-1166DHPS

対応規格:IEEE802.11a/b/g/n/ac

コンセント直差しで設置可能、コンセントにしっかり付く設計の為、中継機が倒れたり、落ちたりする心配がありません。

無料スマホアプリ「StationRadar」を使えば親機・中継機・子機それぞれの通信状態がひと目でわかり、「どこに中継機を置いたらいいの?」を簡単操作で解決してくれます。室内を移動するスマホやタブレットを自動追尾し、強力に接続して通信を安定・高速化する「ビームフォーミング」に対応しています。

また、最適な設置場所を探しやすいようにLEDランプを採用しており、3段階で電波強度を確認できるので、接続状況を把握しやすくなっています。WPSボタンを押せばランプを消しておくこともできます。

 

無線LANルーターで快適なインターネットライフを

自宅のインターネット環境に悩みがある方は、ぜひ無線LAN中継機の導入を検討してみてください。

よく使う機器の通信規格や操作する部屋の配置を考えると、どのような中継機が最適かわかると思います。使用する環境に合わせて最適なモデルを選んでインターネット環境を整えてみてください。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

関連記事