日用品ライターが教える防災用ラジオおすすめ10選

地震や自然災害などへの備えとして用意しておきたいもののひとつに防災用ラジオがあります。日常生活ではラジオを聞く機会が少ないという人でも、災害時の情報源はラジオに頼らざるを得ないからです。

しかし、防災グッズとして選ぶラジオは、ラジオそのものの性能以外にも気をつけて選ばなければならない点があります。この記事では、用途別にどのような防災ラジオを選ぶとよいかを解説し、防災用ラジオを選ぶときのポイントと共に、おすすめの防災用ラジオを10種類紹介します。

 

用途別のおすすめ防災用ラジオ箱

非常用持ち出し袋に入れる

非常用持ち出し袋の中に備えておく防災用ラジオは、何よりも小型で軽量なことが求められます。非常用持ち出し袋には、ラジオ以外にも食料や飲料水など重量があり、かさばるものがたくさん入るからです。

できるだけコンパクトに収まり、持ち運びしやすいサイズのラジオを選ぶとよいでしょう。ただし、実際に使うときに音が拾えないのでは意味がありません。ラジオとしての性能は十分に満たしていることが前提です。

 

防災グッズの数を減らす

防災用ラジオには別の機能を併せ持っているものがあります。たとえば、ラジオに非常用ライトが付いているものや、携帯の充電機能が付いているものなどを選んでおくと、別に非常用のライトや充電器を用意する必要がありません。

防災用に準備しておきたいグッズは種類が多くかさばりやすいので、必要最低限の量にするためにも、ラジオに付加機能が付いているものを選ぶと便利です。

 

屋外での使用に適したもの

防災用ラジオはどこで使うことになるかわかりません。外で使えるように乾電池式であることはもちろん、電池切れでも使えるように、手回しでダイナモ発電できるタイプを選んでおくと安心です。また、防水、撥水機能がついているものだと雨天でも気にせず使えます。

 

防災用ラジオを選ぶときのポイント

ラジオとしての性能を重視

防災用ラジオを準備するのは、いざというときの情報源を確保するためです。ですから、確実に情報を得られるラジオでなければなりません。いくら多機能で便利そうに見えても、実際にラジオとして役に立たなければ、用意した意味がなくなってしまいます。

価格は安くてもかまいませんが、ラジオとしての評価が高いものを選ぶようにしましょう。

 

どんな付加機能が欲しいか

防災用ラジオは日常的に使うラジオと異なり、ラジオ以外の機能がいろいろ付いています。ラジオ以外の防災グッズは用意しているから、ラジオ機能だけでよいというのであれば、単機能でできるだけコンパクトなラジオを選ぶのがポイントです。

しかし、ラジオにほかの機能も持たせたいというのであれば、どんな機能が付いているものを選ぶかというところが重要になります。ライトや携帯の充電機能が付いていると、ラジオ以外の用途に使えて便利ですが、その分だけ電池の消費が早いので要注意です。

「非常用のライトとしても使いたいから手廻しで発電できる機能が欲しい」「電池を多めに用意しておいて、ラジオを携帯の充電用にも使いたい」というように、ラジオをどのような用途に使うかを考えて、必要な付加機能を絞るとよいでしょう。

 

電源の種類で選ぶ

電源が電池式のものと充電式のものがあります。電池式は電池を入れればすぐに使えますが、電池切れの心配がある点が難点です。一方、充電式は満充電にしても長時間連続で使えないという欠点があります。どちらの機能も選べるものにしておくと、状況に応じて電源を選べるので安心です。

また、充電方式もいろいろあるので、複数の充電方式を選べるものがよいでしょう。

 

防災用ラジオのおすすめ10選

ということでここからはおすすめの商品をご紹介していきたいと思います!

今回は、実際に防災用ラジオの商品を持っている筆者が、10個の商品をピックアップしてみました!

気になる商品があれば、この機会に是非商品の購入を検討してみてはいかがでしょうか!

 

ラジオライト AngLink 懐中電灯

出典: Amazon.co.jp

ラジオライト AngLink 懐中電灯

まずご紹介するのがこちらの商品。

こちらの商品はラジオのほかに懐中電灯と携帯充電器の機能が一体になっています。

手廻し充電できるタイプの商品なので、電池切れを心配せずに商品を使えて便利です。ハンドルを1分間130回転させると、LEDライトとしては15分~20分、ラジオとしては3分~5分使用することができます。非常用ベルや方位磁針の機能も付いているので、倒壊した建物に閉じ込められたときにも威力を発揮します。

 

INSKO ラジオライト

続いてご紹介するのがこちらの商品。

こちらの商品のラジオはFMのみですが、ライトの角度が変えられるので、LEDの懐中電灯としてもデスク用のライトとしても商品を使用することができます。

こちらの商品は緊急サイレンやスマホ・携帯電話への充電も可能です。充電式の商品で、ソーラー充電、手回しのダイナモ充電、パソコンなどによるUSB充電、USB-ACアダプターによる充電と4つの充電パターンから好きな方法を選べます。

 

アイリスオーヤマ 防災グッズ 非常用ラジオ

出典: Amazon.co.jp

アイリスオーヤマ 防災グッズ 非常用ラジオ

続いてご紹介するのがこちらの商品。

こちらの商品はAMとFMのラジオをスピーカーで聞くことができます。手回し充電でき、LEDライトとスマホや携帯電話への充電機能付きです。満充電後1年間放置しても20%以内の放電で済む、リチウムイオンポリマー電池を内蔵しています。

手のひらに収まりやすいコンパクトサイズで重さも186gと軽量タイプの商品です。非常持ち出し袋に入れておくのに向いている商品だと思います。

 

OHM ポータブルラジオ RAD-F770Z 木目調

続いてご紹介するのがこちらの商品。

こちらの商品は乾電池とAC電源の2WAYで使用できるポータブルラジオです。単1乾電池4本で使用できます。

放送が聞き取りやすい口径90mmのモノラルスピーカーに加え、BBS低音強調機能が特徴的な商品となっています。

BBS低音強調機能は、音楽放送では低音の迫力を増すための機能ですが、ニュース放送の場合は、声を聞き取りやすくする効果が期待できます。

 

IntiPal ラジオ ライト

そして次にご紹介するのがこちらの商品。

こちらの商品はAMおよびFM放送を受信できます。LED懐中電灯としても、4つのLEDを使用した読書ライトとしても使用可能の商品です。満充電すれば、ラジオは8時間~10時間、読書ライトは16時間~20時間使える安心設計の商品ですよ。

充電式の商品ですが、手回し充電と太陽光充電の他に、単4乾電池による充電もできるので、防災用商品として重宝すると思います。SOSアラームや携帯電話の充電機能も付いています。

 

ラジオライトINSKO-283C

出典: Amazon.co.jp

ラジオライトINSKO-283C

続いてご紹介するのがこちらの商品。
こちらの商品は重量がたった118gという超軽量ラジオライトです。

AMとFMのラジオ放送を受信できるほかに、LEDライトと携帯電話充電、非常ブザーの機能付いています。電池が要らない手回し充電式なので、使いたいときにハンドルをくるくると回せばOKです。1分間120回転すれば、ラジオは約7分間、ライトは約30分使用できます。

 

ハンマーライト INSKO

続いてご紹介するのがこちらの商品。
こちらの商品は800mAhのリチウムポリマー電池を内蔵したAM・FMラジオです。

懐中電灯としての機能や携帯電話充電、サイレンなどの機能の他に、ガラス割り用のハンマーとしても使用できます。充電方法もUSBと手回しの2つの方法から選べるので、車の中に常備しておくのに最適です。車内や屋内に閉じ込められたときに威力を発揮します。

 

XIAOKOA

続いてご紹介するのがこちらの商品。

こちらの商品はライト機能をランタンとして使いやすい形状の非常用ラジオです。AMとFMのラジオ放送を聞くことができ、スマホや携帯電話の充電もできます。

単3乾電池3本で使用できる商品ですが、手回し充電や太陽光充電、USB充電のいずれかの方法で充電して使用することも可能です。内蔵のサイレンを鳴らしている間は、ライトが赤く点滅します。

 

ラジオライト Lovten

続いてご紹介するのがこちらの商品。

こちらの商品は軽量でコンパクトな持ち運びしやすいAM・FMラジオです。手回し充電とUSB充電に対応しています。携帯充電機能とLEDライト、サイレン機能が付いているので、災害用の持ち出し袋に入れておくと便利です。

1分間120回転の手回し充電で、サイレンは約3分間、ラジオは約7分間、LEDライトは約3分間連続使用できます。

 

手動充電可能ラジオライトエマージェンシーライト

出典: Amazon.co.jp

手動充電可能ラジオライトエマージェンシーライト

そして最後にご紹介するのがこちらの商品。

こちらの商品はLEDライトやトーチランプをランタンとして使用するのに便利なAM・FMラジオです。単3乾電池3本で使用できる他、手回し充電、太陽光充電でも使用できます。LEDライトは5球付いているので、ランタンとしても十分な明るさを確保できます。

USBケーブルを使用すれば、携帯電話やスマホの充電にも便利です。

 

まとめ

防災用ラジオの商品は、非常時の情報源としてひとつは用意しておく必要がある商品だと思います。ラジオとしての機能以外にも、懐中電灯やランタン、携帯電話やスマホの充電器、非常用サイレンなど、あると便利な機能がたくさんついている商品がほとんどです。

乾電池でも充電でも使用できる商品にしておくと、どのような状況でも使用できるので安心です。充電方法も手回し充電、太陽光充電、USB充電など複数の方法があるので、どんな充電方法に対応しているかをよく確認して選ぶようにしましょう。

非常持ち出し袋に入れておくなら、重量が軽くサイズがコンパクトであることも重要なポイントになります。実際に使うときのことを考えて、非常時に使えるラジオを選ぶようにしましょう。

記事内で紹介されている商品

ラジオライト AngLink 懐中電灯

サイトを見る

INSKO ラジオライト

サイトを見る

アイリスオーヤマ 防災グッズ 非常用ラジオ

サイトを見る

OHM ポータブルラジオ RAD-F770Z 木目調

サイトを見る

IntiPal ラジオ ライト

サイトを見る

ラジオライトINSKO-283C

サイトを見る

ハンマーライト INSKO

サイトを見る

ラジオライト Lovten

サイトを見る

手動充電可能ラジオライトエマージェンシ…

サイトを見る

関連記事