一人暮らしの息子を持つライターが教えるおすすめ小型炊飯器5選

2017年春より、大学進学のため息子が一人暮らしをはじめました。大学生の息子の意見と私のママ友達も他県に進学させたお子さんがいる人が多く話題はそのことで持ちきりです。

まさにリアルな大学生の一人暮らし事情とママたちの意見も聞きながら、これから一人暮らしをはじめる予定に学生のみなさんやお母様に必要な家電のお話をしていきます。

 

一人暮らしするならやっぱり炊飯器は必要?

特に、男の子の場合、親が自炊はたぶんしないだろうな、と思い炊飯器は持たせない人も多いです。大学では生協のミールカードを入学前に推進するというか、先払いで何10万かカードに入金すれば、学食を朝昼晩これで食べれますよというような紹介があり初めての1人暮らしする人はほとんど買います。

でも、いくら学校が近くても3食自分で払わなくていいとしてもわざわざ大学にご飯だけ食べにいくのは面倒で続かないようです。結局は、コンビニでお弁当やおにぎりなどのご飯を買うことになりますし、外食も増えます。

それから、大学生は付き合いも多いですし、初めての自由を手に入れた一人暮らしの生活ですから食費を削って他のことに使うというのが本音のようです。

その場合、とりあえずご飯、特にお米さえあれば生きていけるということになるようです。

夫も大学の時に一人暮らしをしていましたし独身の男性の一人暮らしの人もご飯だけは炊いて冷凍しとくと金銭面でもそうですが、食事を買いに出ることや外食する面倒が減るのであったほうがいいという意見でした。

小型炊飯器であれば機能性は最高ではありませんが安価な商品もたくさんありますので、とりあえず機能性は最高とまでは言わなくとも炊飯器は持たせたほうがいいようですし、私も持たせてよかったと思っています。

ということで今回は、機能性最小限に抑えた、学生さんにもおすすめのコンパクトな小型炊飯器の商品と、おすすめの商品選びのポイントをご紹介していきたいと思います。

 

小型炊飯器のタイプで選ぶ

まずは小型炊飯器のタイプについてです。

炊飯器には、機能面で大きく分けて3つのタイプがあります。マイコン式機能の商品、IH式機能の商品、圧力IH式機能の商品です。

簡単にいえば、前の機能性の商品から順に安く、後ろにいくほど機能がよくなることになります。

こちらの方式によって、お米の炊きあがり方もずいぶんと違うようです。

それぞれの方式について詳しく見ていきたいと思います。

 

マイコン式機能の商品

マイコン式機能とは、ヒーターが窯のそこの部分のみにあり、その熱が釜に伝わってお米を炊飯する機能の方式です。

こちらのマイコン式機能の1番のメリットは安いことです。

値段が安い商品をみつけたら、まずマイコン式機能と思っていいです。

今は家電販売店だけでなくニトリなどインテリアを扱ってるところでもスタイリッシュでマイコン式機能の商品が販売されています。

こちらのマイコン式機能性商品のデメリットとしては、内釜のご飯の保温に向かないこと。内釜のお米の保温をつづけているとだんだんご飯が黄色になったり、お米が乾燥して周りからお米がカチカチにかたくなったりします。

でも、少なめにご飯を炊いて早めにお米を食べきることやご飯が炊きあがったら食べきれないご飯分は冷凍すれば問題はないです。ちなみに息子の炊飯器は、マイコン式機能の商品を使っています。実は、自分の子供の時は炊飯方式の機能性を全く気にしていなくて、安くておしゃれっぽいものを探して買ったというのが本当のところです。

 

IH式機能の商品

1番多く家電店に置いてあると思っていいのがIH式機能の商品です。今の主流の方式機能がこのタイプの商品ですね。

IHとは電磁気誘導加熱のことです。電磁の働きで内窯自体が直接加発熱するため、お米を炊く際にはご飯全体にむらなく熱を伝えることができます。さらに高火力で一気にお米を加熱することができます。

私のIH式でお米を炊いた実感としては、マイコン式機能の商品と比べてお米を保温をしていてもご飯がそのままホカホカというところでしょうか。家庭用の商品のほとんどがIH式機能の商品になっていると思います。

たまに安売りだとマイコン式機能の商品もあります。

家電店で、「どれがおすすめですか?」と聞くと、たぶん多くの店員がIH式機能の商品を進めてくることが多いです。

私のママ友にも聞いたところ、男の子ママはマイコン式機能の商品(ご飯を自炊するかわからないから)女の子ママはIH式機能の商品(将来のためにもご飯くらいは炊いて自炊してほしいから)というように別れました。

機能的にいえば、こちらのほうが機能性はずいぶんいいですが、機能性の分値段が少し高くなります。

 

圧力IH式機能の商品

先ほどのIH式機能の商品に更に内釜に圧力をかけるのが圧力IH式機能の商品です。

簡単にいうと、すごく高い機能性炊飯器です。テレビCMでこだわりのお米のおいしさを宣伝している商品は圧力IH式機能の商品です。

中には10万越えする商品もあります。

もちろん、余裕があれば別ですが、大学生の一人暮らしは国立大学であってもとても最初にお金がかかります。家電などもすべてそろえることになるので、値段の高い圧力IH式の商品は、よほどお米にこだわりのあるご家庭のお子さんでない限り選ばないランクかなと思います。

店員さんにも聞いてみましたが、学生さんの一人暮らしではあまりこちらの機能の商品を買われる方は少ないと言っていました。お米にこだわるというよりもやっぱり値段の安さを重視する大学生が多いのでしょう。

小さいサイズの商品もあるのですが、その場合は、子供が巣立った夫婦とかご年配の方に売れているようです。

ご家庭用で、こだわりのお米をおいしく家族でいただく炊飯器を考えると圧力IH式機能の商品がおすすめだということでした。

 

一人暮らしの炊飯器に不必要な機能は?

炊飯器でカレーやシチューなどできるモードやいろいろなおかずをボタン1つで作れる機能のある商品などは、便利なようですがご飯を炊いて洗ってまた別のおかずを炊飯器で作って洗って、またご飯を炊くことになりますよね。

主婦の皆さんもそうだと思いますが、面倒な家事の上位に洗い物があると思います。

普段の洗い物でもためがちな大学生の一人暮らしではなるべく洗い物なくご飯を自炊することが長続きの秘訣。

炊飯器のお米のバリエーションを広げるための機能を上げるよりは、電子レンジをオーブンがついた商品にすることを私はおすすめします。

オーブンレンジ機能のついた電子レンジがあれば、火も使わないしほったらかしでも危なくないのでおかずのことを考えるならそちらのほうが便利です。それからお米炊き分けモードがたくさんついている商品も必要ないかなと思います。もし、お米炊き分けモードがついていれば便利かなと思うモードは体調の悪いときなどに安心なおかゆモードくらいかなと思います。

忙しい大学生活の間にご飯だけでも炊いて冷凍しておこうと思う人がほとんどだと思うので、特に男の子であれば炊飯スイッチだけでも充分なような気はするよねと私のママ友と話をしました。

炊くだけでも面倒なのでLINEで連絡を取る時に「ご飯くらい自分で炊きなさいよ」という同じく一人暮らしをしている子供を持つママ友が多いように思います。

 

一人暮らしの炊飯器の使用頻度とご飯の量

私の息子は、家賃や光熱費など諸経費は夫の通帳から引き落としで、毎月の生活費(食費)は奨学金から使っています。返さないといけない奨学金です。なので、食費を削れば大好きなアーティストのライブに行けたりCDを買えたり趣味に使えるわけです。それが、彼が自炊している理由だと私は思っています。

返還義務のある奨学金でもあるので貯金もするといっていました。生協のミールカードがあるので、大学にいるときは学食で食べてあとはコンビニで買ったり外食もありますが、余裕があれば自炊をしているようです。ご飯だけは炊こうと思ったのは、お弁当もおにぎりも高くてちょっとしか食べられないためのようです。

炊飯器を使う頻度とご飯を炊いている量、それから内釜のお米を保温するのと内釜のお米を冷凍するのとどちらが多いかををLINEで聞いたところ、「週1,2回、3合、冷凍」と返信が来ました。年末息子のとこに行きますが、何がいるか聞いてみたら「米」と言っていたので、どうやら割とちゃんとやっているみたいです。

「うちの息子は絶対自炊しない!」と思っているそこのあなたも、意外とそんなことはないのかもしれませんよ。うちの息子がそうでしたから。安いのでいいので炊飯器は持っておくことをおすすめします。

 

大学生の一人暮らしにおすすめ小型炊飯器。

実際に大学生の息子の使っている炊飯器と共に家電店などで勧められた商品やネットなどでも人気のある1万円以内または前後で買えるお手頃学生用炊飯器をご紹介します。家電の場合オープン価格やサイトによって値段が違いますが、大まかにわかりやすいお値段をのせておきます。また、象印やアイリスオーヤマなど大手メーカーからの炊飯器もご紹介するのでメーカーという視点でご覧いただいてもいいかなと思います。

 

1位 マイコン式 炊飯ジャーJAI-R551-W

出典: Amazon.co.jp

黒遠赤釜採用:なべ厚1.0mm
加熱方式:側面ヒーター+底ヒーター(マイコン式)
メニュー:エコ炊き・白米・早炊き・炊込み・おかゆ・玄米・無洗米・おこわ・煮込み
炊き上がり予約メモリー×2
メーカー:タイガー

こちらは息子が現在使っている炊飯器です。合格発表が三月の半ば過ぎだったので、慌ててすべての生活用品をそろえました。最初、家電店で洗濯機や冷蔵庫などを決めて炊飯器なども揃えようとはしていたんですが、お布団もないしごみ箱とかもいるよねと本当に時間がなかったので、とりあえず生活用品を先にニトリに買いにいきました。

その時に、激売れしていたのがこの炊飯器。見た目もスタイリッシュで私が買ったときは5,000円代で家電店の物よりもかなり安く息子もデザインを見てこれくらいでいいやと決めました。機能は内釜加熱など簡易なものしかありませんが、とりあえず、高速炊飯もあるので便利なようです。

また、メニューもエコ炊き・白米・早炊き・炊込み・おかゆ・玄米・無洗米・おこわ・煮込みと豊富なのでこの安さでこれだけ使えれば文句なしでしょう。

他の家電と違い炊飯器については置く場所がないから床に置いているくらいで別段不満というものも今のところ聞いていません。ご飯を炊くだけならこれで充分です。さきほど書きましたように、息子の場合は自炊するときにお米を炊いて、残ったご飯はすぐ冷凍しているようですのでマイコン式でも別段不満はないようです。こだわりがないならこれくらいでいいと私は思うので1位にしました。

 

2位 アイリスオーヤマ 炊飯器 RC-MB30-B

出典: Amazon.co.jp

炊飯メニュー:無洗米・白米・炊き込み・おかゆ・玄米・煮込/蒸し
モード:炊き分け銘柄モード・省エネモード・早炊きモード
炊飯容量(最大)無洗米:白米:0.54L(3合)炊込み:0.36L(2合)おかゆ:全がゆ/0.18L(1合)、5分がゆ/0.09L(0.5合)玄米:0.36L(2合)

家電店の店員さんに売れ筋を聞いたところアイリスオーヤマの物がお値段も安くデザインも良いので売れ筋だということでした。ご飯を美味しく炊くのは釜の厚みが重要なそうでその部分でもこちらの製品は安い割には内釜が厚くおすすめだといっていました。こちらは新製品です。黒を基調としてあり高級感もあります。

お手頃なお値段なのに「コシヒカリ」などお米の品種によって炊き分けられる機能もついているのですごいという店員さんからの説明を受けました。お値段は税込みで8,000円くらいなので、お買い得感はおすすめどおりかなりあると思います。

炊飯メニュースイッチは無洗米・白米・炊き込み・おかゆ・玄米・煮込/蒸しの種類が豊富にあるようです。

 

3位 象印 マイコン式 炊飯ジャー NL-BT05-TA

出典: Amazon.co.jp

モード:エコ炊飯・白米/炊き込み・無洗米・白米急速・おかゆ・玄米・雑穀米・金芽米
メーカー:象印
タイプ:マイコン式

炊飯器といえば象印ですよね。家庭用では圧力IH式の高級な商品もご飯がおいしいと大変人気がありますが、小型炊飯器でマイコン式炊飯ジャーであっても内釜のこだわりがすごいです。こちらは、熱が側面まで伝わりやすい黒釜の内釜を採用してあり高火力でお米を炊き上げます。

そしてモードはエコ炊飯・白米/炊き込み・無洗米・白米急速・おかゆ・玄米・雑穀米・金芽米と、幅広くそろえられています。

それから、ふたヒーターつきでふっくらおいしいお米になるよう追求してあります。お値段は1万円代で販売されているところが多いようです。ニトリの炊飯器のおよそ2倍のお値段になりますが、象印製で内釜にもそれだけこだわっているのでより自炊をしたくなる美味しいお米になったかもしれないなと思ったりもしました。

 

4位 象印 炊飯器 5.5合 圧力IH式

出典: Amazon.co.jp

メーカー 象印マホービン(ZOJIRUSHI)
型番 NP-ZC10-TD
商品重量 5 Kg

こちらも象印さんから発売されている炊飯器です。上でご紹介した、IH式の炊飯器になっています。

こちらも機能満載で、自分が実現させたい食感に応じて炊き方を変える、「炊き分け圧力」 / 蒸気を約50%抑える「蒸気セーブ」メニューを搭載して、自分の好きな食感を実現させることが可能です。

ご飯・お米の固さ・柔らかさは自分の家の味というものが誰しもあると思います。一人暮らしをしていると

たまに実家のご飯が恋しくなるものです。この機能はそういった一人暮らしの方の願いをできるだけ叶えるような

機能だと思い感銘を受けましたのでランキングに入れました。

保温選択も。30時間おいしく保温「うるつや保温」「高め保温」から選択できるなどうれしい機能付きです。

やはりIH式なので値段は少し上がる分、マイコン式より機能性としては優れています。

 

5位 タイガー マイコン式 炊飯器 JAJ-A552-WS

出典: Amazon.co.jp

メーカー タイガー魔法瓶(TIGER)
型番 JAJ-A552-WS
商品重量 3 Kg
色 シンプルホワイト
サイズ 3-3.5合
ワット数(W) 375 W
容量 3合

こちらは、デザインがとてもかわいく女の子にとても人気です。もちろん男の子にも人気があります。初めての一人暮らしになると家電もオシャレにそろえたいですよね。家具や布団などでも息子とも喧嘩をしましたが、好きな色を使ったり色の統一などもこだわりたい夢見る1人暮らしなのでデザイン重視ならこちらおすすめです。

それから、さらに人気の秘密としては、手軽にご飯とおかずが同時にできる「クッキングプレート」がついています。内釜を使うのではなく、お鍋のようなものがついていてついでにおかずもできます。ちょっとクッキングトイのようでもあるので楽しみながら自炊するきっかけになるかもしれませんね。

 

6位 NEOVE 炊飯器 3.5合 ホワイト NRM-M35A

出典: Amazon.co.jp

サイズ:W253×D323×H257mm
本体重量:2.3Kg
電源:AC100V 50/60Hz
消費電力:430W
付属品:しゃもじ、計量カップ
炊飯容量:3.5合(0.63L)
メニュー:白米、早炊き、無洗米、玄米、お粥、保温、再加熱、予約
加熱方式:底ヒーター+上蓋ヒーター

こちらもデザインがコロンとしてかわいいということと4,000円と大変安いことからネットで人気があります。保温を続けているとガビガビになるという口コミはありますが、さきほど説明したとおりマイコン式の特徴なので、炊きあがって残ったお米・ご飯分は、なるべく早く冷凍などすると気にならないと思います。

こちらの商品はメニューが白米、早炊き、無洗米、玄米、お粥、保温、再加熱、予約と、この安さながら十分な機能性を誇っているといえます。

春になると品薄になるのでネットに限らず販売店でも人気の商品は取り寄せるまでに時間がかかります。気に入ってこれにしようとおもうなら早めに購入していたほうがいいと思います。

 

小型炊飯器の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、小型炊飯器の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

まとめ

大学進学のために息子は一人暮らしをはじめてもうすぐ1年になります。家電についてはじめは、いろいろと不満なども言っていましたが、やはり家電はお値段で機能の差が大きいので後悔としては冷蔵庫と洗濯機はもう少し機能のいい商品にしておいてあげればよかったなということがあります。

炊飯器に関しては、安価な商品ですがデザインが気に入って自分で選んでいるものなのでマイコン式ですが、不満はないようです。それから、小さな家電に関して便利なのは電気ケトルだと口をそろえて一人暮らし男子はいいますね。電気でお湯が沸かせるとなにかと便利なようです。家電店の店員さんによるとやはり春が近づくと売れ筋は入荷待ちになってもなかなか入ってこないことがあるようです。

それから、新製品が春前の冬あたりから出だすので型落ちを探すと値段は安いのに内釜の性能等、機能はいいという商品が特に炊飯器は多いようです。配達が必要な大きな家電は住まいが決まるまでは待たないといけませんが、小さな家電については早めに用意しとくべきだったと去年の引っ越し寸前の忙しさを思い出すと反省します。

一人暮らしの準備だけでなく、大学の手続きなどもたくさんあるので、とにかく入学前は時間がありません。かといって一番お腹に溜まり、エネルギーになるご飯は欠かせない要素です。1人暮らしする予定があるなら、小さな家電は早めに決めておいたほうが楽だと思います。

記事内で紹介されている商品

マイコン炊飯ジャーJAI-R551-W

サイトを見る

アイリスオーヤマ 炊飯器 RC-MB30-B

サイトを見る

象印 マイコン炊飯ジャー NL-BT05-TA

サイトを見る

象印 炊飯器 5.5合 圧力IH式

サイトを見る

タイガー マイコン 炊飯器 JAJ-A552-WS

サイトを見る

NEOVE 炊飯器 3.5合 ホワイト NRM-M35A

サイトを見る

関連記事