買いたいものを検索してください

おしゃれで使い勝手がいいのはどれ?ホットプレートおすすめランキングTOP8

誕生日などの記念日は、外食も良いですが家でちょっと豪華な料理をするのも楽しいものです。ただ凝ったメニューだと、いくらお祝いでも作る人は大変。そんな時には、ホットプレートを使って皆で料理から楽しみましょう。

私もそうですが、定番のお好み焼きやホットケーキのような屋台メニューでも、目の前で出来上がっていく料理を見るだけでテンションがあがります。ホットプレートにはいくつか種類があり、またプレートも何パターンかあるため、たこ焼きなど専用の機器が必要なメニューも実現可能。もちろん焼き料理なら幅広く対応してくれます。

でも自分の家にぴったりなホットプレートがわからない。今回はそんな人向けに、ホットプレートの魅力や選び方をご紹介します。最後は具体的にホットプレートの商品をランキング形式でまとめているので、イメージがわかない人も要チェックです。

 

ホットプレートって必要なの?

ホットケーキ作り

 

フライパンという調理器具がある以上、普段の生活で必ずしも要るとは言い切れないホットプレート。ですがホットプレートは、食卓の上で料理ができるメリットを持っています。キッチンよりも広いスペースなので家族や友達と作る工程から楽しむことができますし、出来立ての瞬間を堪能することも可能です。

またたこ焼きなど、一部フライパンでは作れないメニューがあるのもポイント。自分へのご褒美や特別な日の料理など、ちょっとこだわりたい時に持っておくと便利な商品です。

 

ホットプレートの正しいお手入れ方法とは

ホットプレート

 

ホットプレートは、まず本体を洗えるか否か確認しましょう。洗えない場合は布巾などで拭くしかお手入れ方法がないので、衛生面が気になる方は注意してください。洗えない場合はフッ素加工など、プレート自身の清潔さも確認しましょう。

洗える場合は、本体とプレート部分など、細かく取り外しできるとより便利。丸洗いできるタイプでも、くっついたままだと面倒です。丸洗い可能なホットプレートは、ほかの食器と同じく食用洗剤でOK。

ただ拭き取りの場合も含め、大きな汚れやしつこい油は熱が冷めないうちに取り去っておきましょう。キッチンペーパーなどを活用するのがおすすめです。手で触れると熱い場合は、菜箸やトングなどでキッチンペーパーを掴んで拭きましょう。

 

加熱方式でみるホットプレートの特徴や魅力

焼肉

 

ホットプレートは、その上に食材を置いて調理しますが、焼き方にいくつか種類があります。

 

気分はオール電化?IH式

まずはIH式。比較的新しい方法で、オール電化のキッチンなどでも使われてますから、馴染みある人もいるでしょう。電磁波で、特定の範囲を均等に焼くのが特徴。一部だけ生焼けという失敗がしにくいです。ただ種類が多くなく、価格は高めなホットプレートが目立つ点に注意。

 

従来の電気ヒーター式

IHとは反対に、ホットプレートで長らく使われているのが電気ヒーター式。電源に接続しますが、内蔵されているシーズヒーターによって加熱します。シーズヒーターのサイズや数で、部位ごとに焼き加減が変わりやすいデメリットを持っています。

ただ多くのメーカーで販売していることもあり、IHに比べると安価。たこ焼きプレートなど、付属品も複数用意されており、様々なメニューを作りやすいです。

 

おしゃれなホットプレートのブランド・メーカーを教えて!

たこ焼き

 

黒がメインでどこか味気ないイメージもホットプレートの特徴。もし見た目もこだわるなら、以下のメーカーから探してみるのもありです。

 

カラーとコンパクトな可愛さも人気のBRUNO

1つ目はブルーノ。大人数向けもありますが、浅い鍋のようなコンパクトタイプが特徴です。カラーも白黒だけでなく、オレンジやブルーなど明るめが多く、模様入りなど見た目もこだわるならチェックしましょう。

 

インスタ映えも可能なPRINCESS

ブルーノほどカラーは豊富ではありませんが、プリンセスは温かみを感じさせる木材を取り入れたデザインが魅力的。鉄板の周囲を木材が囲んでおり、レストランで出てくるようなグリルプレートを彷彿とさせてくれます。シンプルカラーだからこそ映える見た目は、SNSでも注目間違いなしです。

 

どう選ぶ?ホットプレート選びのポイント3つ

ホットプレートでホタテ焼き

 

ホットプレートを購入する際は、併せて以下の要素があるかも見てみましょう。

 

テーブルにぴったりのサイズは?

まずは大きさ。パーテイ用なら大きく、1人用なら小さくは前提としても、置く場所からはみ出てしまうようでは使えません。まずはホットプレートをどこで使うか考え、その場所のサイズを計測。きちんと乗せられるホットプレートの大きさを見極めましょう。

 

使わない時の収納方法

上でも触れましたが、ホットプレートはどちらかというと、特定の日にだけ使う機器です。ゆえに普段はどこかにしまっておく必要があるわけですが、かさばると出すのも億劫になってしまいます。

本体内にプレートがすっぱり入る、大きくても1枚板のように凹凸なく畳めるなど、収納時の様子で選ぶのもおすすめです。

 

コードの接続方法や本体ガードなどの安全性

高熱を発する機器でもあるホットプレートは、いざという時の安全性もチェックしましょう。コードは絡まらないか、抜けやすいか、本体周辺は熱くならないかなどが注意すべきポイント。

コードは抜けにくい方が使用上は良いのですが、絡まった時のことを考えると抜けやすい方が安全とも言えます。お子さんのいる家庭では、コードの着脱がしやすいホットプレートを選ぶのもありですよ。

 

ホットプレートのおすすめランキングTOP8!

では、ホットプレートを具体的に見ていきましょう。高級品、リーズナブル、たこ焼きプレートなどの機能、本体サイズなど、様々なポイントから順位付けしました。どの特徴を重視するかで好みは変わると思うので、下位も見逃せません。

 

第8位 パナソニック IHデイリーホットプレート KZ-CX1-W

出典: Amazon.co.jp

パナソニック IHデイリーホットプレート KZ-CX1-W
ブランド
カテゴリ

クッキングヒーターにもなるホットプレート

まずはパナソニックのホットプレートです。ほかのホットプレートに比べるとかなりの高級品のため、ランキング上では最下位。ですがIHヒーターが2口ついた構造をしており、個々に温度調節できるなど機能性は抜群。同時に複数の料理をこなせます。

クッキングヒーターとして、上に鍋を乗せての調理も可能。熱は最大250度まで高められるので、揚げ物もできてしまいます。最大辺が60cmと大きめですが、厚みが5cmほどということもあり、テーブルに乗せっぱなしでも違和感がないのも魅力。片付けが手間という方は選ぶ価値ありです。

 

第7位 PRINCESS ホットプレート Table Grill Stone 103032

出典: Amazon.co.jp

PRINCESS ホットプレート Table Grill Stone 103032
ブランド
カテゴリ

気分はお店でグリルプレート

続いてはPRINCESSのホットプレート。プレートは竹の台座の上に乗っている形で、天然カラーながらおしゃれなデザイン。お店のメニュー、あるいは野外でのBBQ気分が味わえます。

プレート部分は250度まで調整可能。8位のような場所ごとの温度調整はできませんが、60cmサイズの広さがあるため、複数の素材を同時に調理できます。8位ほどではありませんが、こちらも高級志向である点は注意。

 

第6位 山善 ミニホットプレート YHD-700

コスパ最重視の方必見!

山善では、1人分サイズの小さなホットプレートを展開しています。6位にピックアップしたホットプレートは、コスパも良いのが魅力。7位と比べて10分の1以下、8位の20分の1以下です。

重さも1kg未満、消費電力も700W程度と使いやすさが魅力です。ただ横30・縦20cmほどなので、大判サイズのホットケーキやお好み焼きを作りたい方には不向きかもしれません。ホットプレートはどちらかと言うと大人数向けの機器ということも踏まえ、この順位としました。

 

第5位 bruno コンパクトホットプレート BOE021-RD

出典: Amazon.co.jp

bruno コンパクトホットプレート BOE021-RD
ブランド
カテゴリ

鍋のようなおしゃれデザイン

ブルーノからもミニサイズのホットプレートをピックアップしました。幅は40cmと6位よりやや広め。しかしブルーノはカラーバリエーションが豊富で、このホットプレートだけでも20種類近くのデザインから選べます。ダイニングに似合うカラーを求めたい方にぴったり。

またコスパを気にしないなら、プレートが2~5枚セットになったタイプもおすすめ。たこ焼きプレートや、ちょっと大きな窪みのマルチプレート、セラミックコート鍋などが用意されており、様々な料理が堪能できます。

 

第4位 象印 ホットプレート EA-DD10AM-TA

大型のシンプルプレートならこれ!

最低限の機能さえあれば良いという方には、象印のホットプレートがおすすめです。プレートは1枚のみ付属で、たこ焼きなどのアレンジはできませんが、60×40cmの大きな天板で様々な食材を調理できます。

プレートは取り外して丸洗いすることができ、素材は2層になったセラミックコート。フッ素加工などもされており、長持ちしやすい魅力があります。また電気を供給するコードは2.5mのロングタイプ。部屋の中央など、コードから距離がある場所でも使いやすいです。

 

第3位 アイリスオーヤマ ホットプレート IHP-C320-B

シンプル×コスパの丸プレート

4位ほどの大きさはいらないからコスパを抑えたい。そんな方にぴったりなアイリスオーヤマの丸型ホットプレートを3位に選びました。幅が40cmほどなので、4位の縦をそのままに円形にしたイメージ。蓋付きでもあるため、じっくり火を通したい時に活躍してくれます。また3kg未満の軽さは、持ち運びやすさというメリットです。

注意点としては大きさのほか、最大温度が230度であること。ここまでの商品でも何度か触れていますが、ホットプレートは250度まで可能としていることが多く、しっかり焼きたい人にとっては物足りなさがあるかもしれません。

 

第2位 タイガー ホットプレート CRV-B300-TH

出典: Amazon.co.jp

タイガー ホットプレート CRV-B300-TH
ブランド
カテゴリ

機能性重視のヘルシープレート

2位に選んだータイガーのホットプレートは、素材の油を劣るヘルシー機能が魅力的。穴あきプレートはほかにも見られますが、タイガーの場合は穴かつ波型になっており、より油を落とすのに適しています。その他たこ焼きプレートなど合計3種類を利用可能。たこ焼きプレートは1枚で実に30個ものたこ焼きが作れます。

それでいて、遠赤外線土鍋コーティングにより、旨みはしっかり閉じ込めてくれるのも魅力。ヘルシーはいいけど美味しさまで損ねたくない、料理通の方は必見です。蓋付きですから、上からも閉じ込めてじっくり焼くことができます。

 

第1位 アイリスオーヤマ ホットプレートプレート  APA-135-T

出典: Amazon.co.jp

アイリスオーヤマ ホットプレートプレート APA-135-T
ブランド
カテゴリ

プレート豊富でコスパも◎!

ラインナップは 平面やたこ焼きなど3枚のプレート+蓋と2位に似ていますが、コスパも抑えているのが1位に選んだ理由です。無論、完全に同じとはいきませんが、料理における機能も価格も欲ばりたい方にはおすすめです。

2位と比べてのデメリットを挙げるなら、最大幅およそ50cmとやや小ぶりな点。たこ焼きで言うとこちらは24個作れます。ただ1人用に比べればかなり大きいので、よほどの大人数でパーティをするのでもなければ十分なサイズ。平面プレートは通常の穴タイプですが、油落としや煙を抑える機能も備えています。

 

to buyオフィシャルインフルエンサーおすすめのホットプレートもご紹介!

BRUNO  コンパクトホットプレート セラミックコート鍋

-ap-のイチオシ!

この大きさで温度調節も出来てプレートも何種類かあって…と、とても使い勝手が良いのでおススメです☆

#bruno #ホットプレート #モノトーン #白黒

 

ザイグルハンサム 赤外線ロースター ドーム型プレート

sayo.のイチオシ!

おうちでホットプレートを使い焼肉をやる際にこのザイグルハンサムは煙が出ません。
油ハネもなく、余分な油は中央の穴より油受け皿に流し込み、ヘルシーな調理が可能です。お好み焼きや唐揚げも出来ちゃいます!我が家は焼き鳥もやっちゃいます。

 

アイリスオーヤマ 両面ホットプレート

MAYUのイチオシ!

場所を取るホットプレートが折りたたみ出来て、なんとこちらは2面タイプ!
左右でそれぞれ温度調節が出来るので、焼く物によって温度を変えれます。
たこ焼きプレート、焼き肉プレート、平面プレートの3枚のプレートがセット!
片方でたこ焼き、もう片方でお好み焼き…そんな風に使えちゃうんです♪
お手入れが簡単なので、夏に外でBBQするときも大活躍しました。

 

BRUNO グリルポット BOE029

kanaのイチオシ!

コンパクトなデザインですが、2Lとたっぷり容量で3〜4人用なので、家族やお友達とお鍋を楽しむにはちょうど良いサイズです!一台で、焼く、煮る、揚げる、蒸すができちゃうので我が家では使用頻度が高めです‼︎そして、ブルーノのホットプレートと2台使いしてます⤴︎お手入れも楽ですしおススメです‼︎

 

BRUNO コンパクトホットプレート

kanaのイチオシ!

コンパクトで見た目もオシャレなホットプレート⤴︎ 平プレートの他、たこ焼きプレート付きなので様々なプレート料理が楽しめます‼︎我が家ではセラミックの深鍋とグリルプレート(別売り)も同時に購入しました♡機能もシンプルで使用しやすいです!

 

ホットプレートの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ホットプレートの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

ホットプレートで出来立て料理をみんなで楽しもう♪

たこ焼き

フライパンでも作れる粉物料理。ですが食卓上で家族や友人とワイワイ楽しみながら作れるホットプレートは盛り上がり、味もフライパンで作ったものとは一味違うように感じませんか?またフライパンは皿に移して食卓へ運びますが、ホットプレートは目の前で皿に取るため、熱々が楽しめるのも魅力。

屋台やお店気分も味わえるホットプレートで、いつもの食事をより美味しいものに変えましょう。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

パナソニック IHデイリーホットプレート …

サイトを見る

PRINCESS ホットプレート Table Grill St…

サイトを見る

山善 ミニホットプレート YHD-700

サイトを見る

bruno コンパクトホットプレート BOE021-…

サイトを見る

象印 ホットプレート EA-DD10AM-TA

サイトを見る

アイリスオーヤマ ホットプレート IHP-C3…

サイトを見る

タイガー ホットプレート CRV-B300-TH

サイトを見る

アイリスオーヤマ ホットプレートプレー…

サイトを見る

BRUNO (ブルーノ) コンパクトホットプレー…

サイトを見る

ザイグルハンサム 赤外線ロースター ドー…

サイトを見る

アイリスオーヤマ 両面ホットプレート

サイトを見る

BRUNO (ブルーノ) グリルポット BOE029

サイトを見る

BRUNO (ブルーノ) コンパクトホットプレー…

サイトを見る

関連記事