買いたいものを検索してください

【ネット動画をテレビで見る】ストリーミングデバイスおすすめ人気ランキングTOP8

映像コンテンツの代表格といえば、どの家庭にもあるテレビが真っ先思い浮かびますが、最近では、地上波やBS/CS放送だけでなく、ネット配信によるストリーミング再生も主流となってきています。

ネットで配信されている動画を楽しむには、PCが必要と思いがちですが、ストリーミングデバイスをテレビに接続することにより、NetflixやHulu、Amazonプライム、U-NEXTといったビデオオンデマンドサービスも利用できるようになります。

今回は、おすすめのストリーミングデバイスを紹介します。

 

ストリーミングデバイスでは何ができるの?

聞き慣れない人にとってはストリーミングデバイスといっても何ができるのか良く分からない部分が多いですよね。

ストリーミングデバイスは、ネットで配信されている定額制の動画配信サービスや、YouTubeを代表とする無料の動画サービスをテレビで楽しめるようにするための製品です。

ストリーミング配信されているネット動画サービスもさまざま。

有料の定額配信サービスでは、

  • Netflix
  • Hulu
  • Amazonプライムビデオ
  • dTV
  • DAZN
  • AbemaTV
  • YouTube

などがあります。スマホでもお馴染みの無料動画配信サービスには、AbemaTVやYouTubeといったサービスがありますよね。

ストリーミングデバイスでは、テレビのHDMI端子に差し込むと、Wi-Fi接続されたストリーミングデバイスを使って、インターネット配信されている動画を視聴できるようになります。

PCやスマホで視聴すると、いつでもどこでも視聴できるメリットがある反面、画面のサイズにある程度の制限があるので、映像コンテンツを楽しむ際の迫力感という点では劣ってしまいがちです。

自宅にあるテレビは、スマホの画面より大きいのはもちろん、PCのサイズよりも画面サイズが大きい場合がほとんどだと思います。

よって、ストリーミングデバイスを使ってネット動画を視聴することは、より大きい画面で映像コンテンツを楽しむことができるので、迫力ある映像でより大きな臨場感を得ることができます。

 

ストリーミングデバイスを選ぶときのポイント

 

利用したいストリーミングサービスに対応しているか?

先ほど紹介したとおり、ネット上の動画配信サービスにはさまざまなものがありますが、ストリーミングデバイスによって対応しているサービスとそうでないものがあります。

これからストリーミングデバイスを購入しようと考えている人の中で、すでに特定の配信サービスと契約していてそれをストリーミングデバイスで利用しようと考えている人は、デバイス自体が対応しているものかどうかよく確認しておくと良いでしょう。

まだ、有料動画配信サービスと契約していないのであれば、どの配信サービスを利用するかよく検討した上で、それに対応しているストリーミングデバイスを選ぶと良いと思います。

 

4K解像度への対応

映像コンテンツを楽しむ際に、とことん画質にこだわりたいという人にはやはり4K動画が欠かせません。テレビが4Kに対応し、ストリーミングデバイス自体も4Kに対応していれば、HD画質よりもさらにキレイな映像を楽しむことができます。

ただし、4K動画はかなり大容量のデータ通信が必要となり、より高速なインターネット回線が必須となりますので、テレビややストリーミングデバイスだけでなく、ネット回線の条件についても、事前によくチェックしておく必要があります。

また、配信動画サービスによっても、契約形態によって4K動画に対応ているものや、そうでないもの契約もあります。有料動画配信サービスを契約しているユーザーは、どの画質で視聴できるかどうかについても確認しておきましょう。

 

テレビへの接続方式

ストリーミングデバイスの主な接続方法はHDMI端子を使った接続です。ごくたまにUSBで接続するタイプの製品もあります。

テレビ側の端子が対応しているかどうか、HDMI端子やUSB端子が余っているかどうかなど、ユーザーそれぞれの使用環境をよく考慮しましょう。

 

その他便利な機能

ストリーミングデバイスには、動画をストリーミングで見る機能だけでなく、インターネットブラウザとして利用できたり、スマホやタブレット、PCの画面をミラーリングして、外部ディスプレイとして利用できるような機能もあります。

スマホの画面が共有できれば、スマホで撮影した写真を即座に大画面に映すことができ、テレビの前にいるユーザーとシェアできるという使い方もできます。

また、ストリーミングデバイスを使って、これにインストールされたゲームを楽しめるものもあります。動画配信だけでなく、簡単なゲームも楽しむことができれば、ストリーミングデバイスの使い方は無限大となります。

 

インターネット接続を確認する

基本的にはWi-Fi接続!

ストリーミングデバイスはWi-Fi通信に対応した商品が多いため、通常はWi-Fi接続で使いましょう。無線通信ですからケーブルが絡まったり、ストリーミングデバイスの使用中に躓いて外れてしまうといったリスクがありません。

Wi-Fi環境が不安定なら、有線LAN接続がある

しかしWi-Fiに限らず、無線通信は時に不安定というデメリットがあります。そんな時は有線で接続しましょう。ケーブルの用意と配線が必要ですが、Wi-Fiよりも通信しやすく、映像の乱れなどを気にせず楽しめます。

特に4Kなど高画質の作品を観る場合は、通信が少しでも不安定になるとすぐ映像が乱れたり、最悪切断されてしまうことも。高品質の作品なら、最初から有線で観るのも手です。

 

軽量・コンパクトタイプは設置場所が小さくて済む!

ストリーミングデバイスを使いたいけれど設置場所がないという方は、コンパクトタイプがおすすめです。テレビなどに挿すメモリースティックのような小さいストリーミングデバイスもあるので、場所を気にせず利用できます。

 

リモコンの有無もチェック!

ストリーミングデバイスは、リモコンが付属の商品とそうでない商品とに分かれます。リモコンがない場合はスマホなど別の媒体を使って操作する必要があり、該当機器を持っていない方や、充電中などで使えないという時に不便となる点に注意しましょう。

またリモコンのあるストリーミングデバイスは、リモコンのボタンだけでなく音声認識システムを備えていることも。ボタンの細かい文字が見にくい方や、小さいお子さんが作品を観たい時に活躍してくれます。

 

スマホ画面をテレビに映せる「ミラーリング機能」が便利でおすすめ!

ストリーミングデバイスは、契約している有料配信などを流すだけでなく、スマホなど別媒体で配信中の番組をテレビなど別の媒体に映せるミラーリング機能を備えた商品もあります。スマホの小さい画面ではなく、大画面で迫力を楽しみたい時におすすめです。

詳細は商品ごとに異なりますが、有料配信に限らず、自分で録画した動画や写真などもミラーリングの対象。記念日に、思い出の動画や写真を、家族や友人みんなで楽しみたい時にもおすすめです。

 

ゲームを遊べる機種も!

観るだけでなく、ゲームをプレイできる機能が備わっていることもあります。スマホの一部ゲームが対象で、アプリをインストールして遊ぶことが可能です。

ミラーリング同様、普段は小さい画面で楽しんでいる作品を、大画面で楽しむことができ、迫力や臨場感などが楽しめるのは魅力的。また親子や友達同士などで、ゲームのミッションを協力しながらクリアしていくなど、コミュニケーションツールとしても役立ちます。

 

ストリーミングデバイスおすすめランキングTOP8

第8位 SOCLL ドングルレシーバー

利用可能サービス youtube、Amazonプライム、Netflix、Huluなど(一部Androidのみ)
本体サイズ 21.6×15×1.4cm
対応画質 4K、フルHD、HD
インターネット接続方式 無線
ミラーリング機能
ゲームアプリ
リモコン
音声操作対応

Android向けストリーミングデバイス

まず8位は、SOCLLのドングルレシーバー。コスパが良いものの、IOSユーザーだと一部のサービスが非対応というデメリットを持っています。反面Androidユーザーであれば問題なく利用できるので、スマホがAndroidという方におすすめです。

テレビのほか、プロジェクターなどに反映させることも可能。ちなみに電源用のアダプタは、5V/1Aが推奨されていますが、2Aタイプの方が安定しやすいようです。

 

第7位 mirosor ストリーミングデバイス

No.7

出典: Amazon.co.jp

mirosor ストリーミングデバイス
ブランド
カテゴリ
利用可能サービス youtube、Amazonプライム、Netflix、Huluなど(一部Androidのみ)
本体サイズ 14.5×12.5×2.2cm
対応画質 フルHD
インターネット接続方式 無線
ミラーリング機能
ゲームアプリ
リモコン
音声操作対応

プレゼンテーション用にも〇

7位もAndroid端末向けのストリーミングデバイスです。8位に比べると大きめですが、スマホはもちろんノートパソコンやタブレットにも対応しており、多くの媒体でのミラーリングが得意です。

映し出す側もテレビだけでなくプロジェクターなどに対応で、家族で配信を観るほか、仕事のプレゼン用としてもおすすめです。Android端末であっても、一部の機器は対象外である点のみ注意しましょう。

 

第6位 PAFOR HDMIモニターレシーバー

利用可能サービス youtubeなど
本体サイズ 6.7×3.7×1.3cm
対応画質 フルHD
インターネット接続方式 無線
ミラーリング機能
ゲームアプリ
リモコン
音声操作対応

車内などいろんな場所で番組を視聴

6位はよりコンパクトタイプのストリーミングデバイスです。接続環境さえ整っていれば、家の中だけでなく車内でも動画などを観ることが可能。旅行など長距離移動であっても、お子さんが退屈せずに済みますね。

小型な分、対応しているサービス・機能は限られていますが、ゲームアプリ可能など補う形で必要な機能は備わっているのも嬉しいです。こちらは初期設定がIOS製品向けになっているようなので、Android端末の場合は、横の小さいボタンで設定変更の上で使いましょう。

 

第5位 mirosor ドングルレシーバー

利用可能サービス youtubeなど
本体サイズ 14.4×12.4×2cm
対応画質 フルHD
インターネット接続方式 無線
ミラーリング機能
ゲームアプリ
リモコン
音声操作対応

スマホのミラーリングはQRコードで

5位もコンパクトタイプのストリーミングデバイスです。こちらもどちらかというと、配信サービスよりは自分で撮影した動画などの視聴に向いたタイプのストリーミングデバイスです。

コンパクトな分使いやすく、テレビなどに接続すればすぐ使える点、スマホとのミラーリングにおいては、画面に表示されるQRコードを読みこめばスムーズに設定できる点が魅力です。

IOS、Androidは問わず使えますが、Android端末は一部非対応の機種もあるので、購入前に確認しましょう。

 

第4位 Apple TV 4K (32GB)

利用可能サービス youtube、Amazonプライム、Netflix、iTunes、Hulu、AbemaTVなど
本体サイズ 16.3×13.5×6.7cm
対応画質 4K、4KHDR
インターネット接続方式 無線
ミラーリング機能
ゲームアプリ
リモコン
音声操作対応 ◯(Siri)

IOSユーザーなら外せないApple純正品

4位はAppleTVの4Kバージョン。これまでのストリーミングデバイスに比べると値段はかなり跳ね上がっていますが、メーカー純正品ゆえの安心感は大きいでしょう。Appleストアで扱っているアプリであれば、配信サービスからゲームまだ様々な商品を利用することが可能です。

またリモコンはSiriに対応しており、音声での操作も可能。操作に戸惑った時はもちろん、観たい番組に悩んでいる時も、Siriに相談してみるのも楽しいですよ。

 

第3位 Google Chromecast 第三世代 GA00422-JP

利用可能サービス Netflix、YouTube、Hulu、Amazonプライム、DAZN、dTV、GYAO、U-UEXT、AWA、Spotifyなど
本体サイズ 約16.2×5.1×1.3㎝
対応画質 フルHD
インターネット接続方式 無線・有線
ミラーリング機能
ゲームアプリ
リモコン
音声操作対応

より多くの配信サービスを利用したいならChromecast

3位はGoogleのChromecastです。ほか商品と比べても配信サービスの対応数が多く、好きな番組を観るのに新たなサービスに入会するなどの手間がかかりにくいストリーミングデバイスと言えます。

リモコンはありませんが音声操作に対応しているため、スマホでの操作が分からない時にも安心。スマホ操作も、こちらのストリーミングデバイスをテレビに繋いでセットアップサイトへ接続、Wi-Fi接続を行ったら、あとは観たい番組のアプリをタップするだけです。

 

第2位 Amazon Fire TV Stick 4K

利用可能サービス Amazonプライム、YouTube、Netflix、Hulu、Apple TV、DAZN、ABEMAなど
本体サイズ 10.8×3㎝
対応画質 4K、4KUltra HD、HD
インターネット接続方式 無線・有線
ミラーリング機能
ゲームアプリ
リモコン
音声操作対応 ◯(Alexa)

4Kに対応したAmazon Fire TV

2位のはAmazonから、Fire TVの4Kタイプです。Chromecastに負けず劣らずの対象サービス・アプリの多さは魅力的。特にAmazonのプライム会員であるなら、こちらの方がおすすめでしょう。

リモコン付き、またAlexaによる音声認識にも対応しており、設定や操作もスムーズです。前世代版と比べて格段な進歩というほどではありませんが、通信速度や認識などがより行いやすくなったメリットがあります。

 

第1位 Google Chromecast ultra GA3A00416A16

利用可能サービス youtube、Amazonプライム、Netflix、Hulu、dTV、DAZN、AbemaTV、ニコニコ動画、U-NEXTなど
本体サイズ 約13.7×5.8×5.8cm
対応画質 4K、4K Ultra HD
インターネット接続方式 無線・有線
ミラーリング機能
ゲームアプリ
リモコン
音声操作対応

Chromecastも4Kに対応

おすすめストリーミングデバイス1位は、GoogleChromecastの4K版、ultraです。性能としては対応画質に4K各種が加わっている点が大きなポイント。利用可能サービスの広さや、ミラーリング、ゲームと言った汎用性の高さはそのままです、

また無線接続が思わしくない時は、内蔵されているイーサネットアダプターを活用して、有線で繋ぐことも可能。別途ケーブルなどを用意する手間も省けて便利です。

 

ストリーミングデバイスおすすめランキングTOP8の比較表をチェック!

商品画像
No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

商品名 Google Chromecast ultra GA3A00416A16 Amazon Fire TV Stick 4K Google Chromecast 第三世代 GA00422-JP Apple TV 4K (32GB) mirosor ドングルレシーバー PAFOR HDMIモニターレシーバー mirosor ストリーミングデバイス SOCLL ドングルレシーバー
利用可能サービス youtube、Amazonプライム、Netflix、Hulu、dTV、DAZN、AbemaTV、ニコニコ動画、U-NEXTなど Amazonプライム、YouTube、Netflix、Hulu、Apple TV、DAZN、ABEMAなど Netflix、YouTube、Hulu、Amazonプライム、DAZN、dTV、GYAO、U-UEXT、AWA、Spotifyなど youtube、Amazonプライム、Netflix、iTunes、Hulu、AbemaTVなど youtubeなど youtubeなど youtube、Amazonプライム、Netflix、Huluなど(一部Androidのみ) youtube、Amazonプライム、Netflix、Huluなど(一部Androidのみ)
本体サイズ 約13.7×5.8×5.8cm 10.8×3㎝ 約16.2×5.1×1.3㎝ 16.3×13.5×6.7cm 14.4×12.4×2cm 6.7×3.7×1.3cm 14.5×12.5×2.2cm 21.6×15×1.4cm
対応画質 4K、4K Ultra HD 4K、4KUltra HD、HD フルHD 4K、4KHDR フルHD フルHD フルHD 4K、フルHD、HD
インターネット接続方式 無線・有線 無線・有線 無線・有線 無線 無線 無線 無線 無線
ミラーリング機能
ゲームアプリ
リモコン
音声操作対応 ◯(Alexa) ◯(Siri)
リンク Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! AmazonYahoo! Amazon楽天Yahoo!

 

私がおすすめするストリーミングデバイス「Apple TV」

Apple TVは、iPhoneやiPadでもお馴染みのApple社が提供するストリーミングデバイスです。

対応しているストリーミング配信サービスも相当数を誇り、Netflix、Hulu、Amazonプライムビデオ、DAZN、dTVなど主要なサービスはもちろん、Apple特有のiTunesで配信されている動画コンテンツを楽しめます。幅広いチャンネルを楽しむことができるので、利用用途としてかなり道が広いのではないかと思っています。

さらに、スマホ同じようにアプリをインストールすることができ、ストリーミング配信の動画コンテンツだけでなく、ゲーム機としても利用できます。

そして、iPhoneやiPad、Macユーザーであれば、ぜひともおすすめしたいのがiOS端末やMac端末のミラーリング表示機能です。

ミラーリングで映したいiPhone端末上のコントロールセンターで「AirPlay」を選択すると、同じWi-Fiネットワークに繋がっているApple TVに接続され、テレビでのミラーリング表示が可能となります。

Apple TVは、Apple製品との親和性が抜群。iPhoneやiPadを使っているユーザーでストリーミングデバイスを探しているなら、ぜひともApple TVをおすすめします!

 

他にもまだある!おすすめストリーミングデバイス

Google Chrome

Google社が提供するストリーミングデバイス。

キャストと呼ばれるテレビへの転送機能を使って、iPhoneやiPad、Android端末やPC上で再生するコンテンツをテレビ表示させることが可能となります。

NetflixやHulu、YouTubeなどのストリーミングサービスに対応し、スマホなどの端末で再生中にキャストボタンをタップするだけで、簡単にテレビで表示できます。

ただし、Amazon社との摩擦関係により、Amazonプライムビデオの利用はできませんのでご注意を。

 

Amazon Fire TV

Amazonが展開するストリーミングデバイスです。

有料会員サービスであるAmazonプライム会員ならば、あらゆる映像作品を楽しめるAmazonプライムビデオに対応

もちろんHuluやNetflix、DAZNやdTVの視聴にも対応していて、高画質でのテレビ視聴ができます。

こちらもGoogle社との摩擦関係により、YouTubeが利用できないのでご注意を。

 

U-NEXT TV

最大級のコンテンツ量を誇るU-NEXTの動画配信が視聴できるストリーミングデバイス。

本体には音声認識に対応した専用のリモコンも付属し、作品名の検索や各種操作も簡単です。

4KやHDR画質にも対応し、文句なしの高画質でダイナミックに映像作品を楽しむことができます。

独自の定額制カラオケサービスも搭載していて、配信楽曲は2万曲以上が歌い放題に。自宅で気軽にカラオケを満喫することも可能です。

 

ストリーミングデバイスの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ストリーミングデバイスの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

大画面でドラマ・ゲームをしたい方はこちらも!

モバイルプロジェクター

 

大画面でこの作品を見たい!

スマートリモコンとスマートフォン
映画鑑賞をする家族

 

ストリーミングデバイスでドラマ・映画を楽しく!

 

スマホやタブレット端末の普及により、モバイル環境で視聴することの多いストリーミング配信動画ですが、やはり自宅テレビの大画面でみると迫力そのものが違い、作品の臨場感がより増して、映像作品の良さを最大限に引き立ててくれます。

有料動画サービスを契約していなくても、YouTubeに対応しているストリーミングデバイスも多く、これまた大画面で見るYouTubeは格別なものです。

普段から動画を多くみる人であればもっていて損はない1台になりますよ!

記事内で紹介されている商品

SOCLL ドングルレシーバー

サイトを見る

mirosor ストリーミングデバイス

サイトを見る

PAFOR HDMIモニターレシーバー

サイトを見る

mirosor ドングルレシーバー

サイトを見る

Google Chromecast 第三世代 GA00422-JP

サイトを見る

Google Chromecast ultra GA3A00416A16

サイトを見る

関連記事