自宅テレビでネット動画を楽しめるおすすめのストリーミングデバイス4選

映像コンテンツの代表格といえば、どの家庭にもあるテレビが真っ先思い浮かびますが、最近では、地上波やBS/CS放送だけでなく、ネット配信によるストリーミング再生も主流となってきています。

ネットで配信されている動画を楽しむには、PCが必要と思いがちですが、ストリーミングデバイスをテレビに接続することにより、NetflixやHulu、Amazonプライム、U-NEXTといったビデオオンデマンドサービスも利用できるようになります。

今回は、おすすめのストリーミングデバイスを紹介します。

 

ストリーミングデバイスでは何ができるの?

聞き慣れない人にとってはストリーミングデバイスといっても何ができるのか良く分からない部分が多いですよね。

ストリーミングデバイスは、ネットで配信されている定額制の動画配信サービスや、YouTubeを代表とする無料の動画サービスをテレビで楽しめるようにするための製品です。

ストリーミング配信されているネット動画サービスもさまざま。

有料の定額配信サービスでは、Netflix、Hulu、Amazonプライムビデオ、dTV、DAZNなどがあります。スマホでもお馴染みの無料動画配信サービスには、AbemaTVやYouTubeといったサービスもありますよね。

ストリーミングデバイスでは、テレビのHDMI端子に差し込むとと、Wi-Fi接続されたストリーミングデバイスを使って、インターネット配信されている動画を視聴できるようになります。

PCやスマホで視聴すると、いつでもどこでも視聴できるメリットがある反面、画面のサイズにある程度の制限があるので、映像コンテンツを楽しむ際の迫力感という点では劣ってしまいがちです。

自宅にあるテレビは、スマホの画面より大きいのはもちろん、PCのサイズよりも画面サイズが大きい場合がほとんどだと思います。

よって、ストリーミングデバイスを使ってネット動画を視聴することは、より大きい画面で映像コンテンツを楽しむことができるので、迫力ある映像でより大きな臨場感を得ることができます。

 

ストリーミングデバイスの選び方

利用したいストリーミングサービスに対応しているか?

先ほど紹介したとおり、ネット上の動画配信サービスにはさまざまなものがありますが、ストリーミングデバイスによって対応しているサービスとそうでないものがあります。

これからストリーミングデバイスを購入しようと考えている人の中で、すでに特定の配信サービスと契約していてそれをストリーミングデバイスで利用しようと考えている人は、デバイス自体が対応しているものかどうかよく確認しておくと良いでしょう。

まだ、有料動画配信サービスと契約していないのであれば、どの配信サービスを利用するかよく検討した上で、それに対応しているストリーミングデバイスを選ぶと良いと思います。

 

4K解像度への対応

映像コンテンツを楽しむ際に、とことん画質にこだわりたいという人にはやはり4K動画が欠かせません。テレビが4Kに対応し、ストリーミングデバイス自体も4Kに対応していれば、HD画質よりもさらにキレイな映像を楽しむことができます。

ただし、4K動画はかなり大容量のデータ通信が必要となり、より高速なインターネット回線が必須となりますので、テレビややストリーミングデバイスだけでなく、ネット回線の条件についても、事前によくチェックしておく必要があります。

また、配信動画サービスによっても、契約形態によって4K動画に対応ているものや、そうでないもの契約もあります。有料動画配信サービスを契約しているユーザーは、どの画質で視聴できるかどうかについても確認しておきましょう。

 

テレビへの接続方式

ストリーミングデバイスの主な接続方法はHDMI端子を使った接続です。ごくたまにUSBで接続するタイプの製品もあります。

テレビ側の端子が対応しているかどうか、HDMI端子やUSB端子が余っているかどうかなど、ユーザーそれぞれの使用環境をよく考慮しましょう。

 

その他便利な機能

ストリーミングデバイスには、動画をストリーミングで見る機能だけでなく、インターネットブラウザとして利用できたり、スマホやタブレット、PCの画面をミラーリングして、外部ディスプレイとして利用できるような機能もあります。

スマホの画面が共有できれば、スマホで撮影した写真を即座に大画面に映すことができ、テレビの前にいるユーザーとシェアできるという使い方もできます。

また、ストリーミングデバイスを使って、これにインストールされたゲームを楽しめるものもあります。動画配信だけでなく、簡単なゲームも楽しむことができれば、ストリーミングデバイスの使い方は無限大となります。

 

筆者おすすめのストリーミングデバイス「Apple TV」

NINOのイチオシ!

Apple TVは、iPhoneやiPadでもお馴染みのApple社が提供するストリーミングデバイスです。

対応しているストリーミング配信サービスも相当数を誇り、Netflix、Hulu、Amazonプライムビデオ、DAZN、dTVなど主要なサービスはもちろん、Apple特有のiTunesで配信されている動画コンテンツを楽しめます。幅広いチャンネルを楽しむことができるので、利用用途としてかなり道が広いのではないかと思っています。

さらに、スマホ同じようにアプリをインストールすることができ、ストリーミング配信の動画コンテンツだけでなく、ゲーム機としても利用できます。

そして、iPhoneやiPad、Macユーザーであれば、ぜひともおすすめしたいのがiOS端末やMac端末のミラーリング表示機能です。

ミラーリングで映したいiPhone端末上のコントロールセンターで「AirPlay」を選択すると、同じWi-Fiネットワークに繋がっているApple TVに接続され、テレビでのミラーリング表示が可能となります。

Apple TVは、Apple製品との親和性が抜群。iPhoneやiPadを使っているユーザーでストリーミングデバイスを探しているなら、ぜひともApple TVをおすすめします!

 

他にもまだある!おすすめのストリーミングデバイス

Google Chrome

Google社が提供するストリーミングデバイス。

キャストと呼ばれるテレビへの転送機能を使って、iPhoneやiPad、Android端末やPC上で再生するコンテンツをテレビ表示させることが可能となります。

NetflixやHulu、YouTubeなどのストリーミングサービスに対応し、スマホなどの端末で再生中にキャストボタンをタップするだけで、簡単にテレビで表示できます。

ただし、Amazon社との摩擦関係により、Amazonプライムビデオの利用はできませんのでご注意を。

 

Amazon Fire TV

Amazonが展開するストリーミングデバイスです。

有料会員サービスであるAmazonプライム会員ならば、あらゆる映像作品を楽しめるAmazonプライムビデオに対応。

もちろんHuluやNetflix、DAZNやdTVの視聴にも対応していて、高画質でのテレビ視聴ができます。

こちらもGoogle社との摩擦関係により、YouTubeが利用できないのでご注意を。

 

U-NEXT TV

最大級のコンテンツ量を誇るU-NEXTの動画配信が視聴できるストリーミングデバイス。

本体には音声認識に対応した専用のリモコンも付属し、作品名の検索や各種操作も簡単です。

4KやHDR画質にも対応し、文句なしの高画質でダイナミックに映像作品を楽しむことができます。

独自の定額制カラオケサービスも搭載していて、配信楽曲は2万曲以上が歌い放題に。自宅で気軽にカラオケを満喫することも可能です。

 

まとめ

スマホやタブレット端末の普及により、モバイル環境で視聴することの多いストリーミング配信動画ですが、やはり自宅テレビの大画面でみると迫力そのものが違い、作品の臨場感がより増して、映像作品の良さを最大限に引き立ててくれます。

有料動画サービスを契約していなくても、YouTubeに対応しているストリーミングデバイスも多く、これまた大画面で見るYouTubeは格別なものです。

普段から動画を多くみる人であればもっていて損はない1台になりますよ!

記事内で紹介されている商品

関連記事