手軽で便利で美味しい!育児経験者が教えるベビーフードおすすめ5選

生後5~6ヶ月頃から始めると良いと言われている離乳食。

ママの愛情たっぷりの手作りの離乳食は理想的ですが、離乳食づくりは意外と大変ですよね。

毎日大人や兄弟の分とは別に赤ちゃん用に離乳食を作ったり、外出先で食べられるように用意していったりするのは結構手間がかかります。

そこで市販のベビーフードをうまく取り入れていくとママの負担もグンと軽減されるのでおすすめです。

 

離乳食期の赤ちゃんとはどんな状態!?

離乳とは今まで母乳やミルクから栄養を取っていたのを、食事に移行する過程のこと。

離乳食期は大きく、初期、中期、後期、完了期に分けることができます。

 

初期(生後5~6ヶ月頃)ゴックン期

首がしっかりとすわり、寝返りができるようになる頃です。

離乳食はなめらかにすりつぶしたスプーン一杯のお粥から始め、1日1回食を1ヶ月ほど続けます。

お粥からはじめて、にんじんやじゃがいも、さつまいも、白身魚、うどんなどを徐々に試してみると良いですよ。

もしあまり食べないようでも、母乳から栄養を摂れているのであまり気にせず、母乳は赤ちゃんが欲しがるだけあげて大丈夫です。

 

中期(生後7~8ヶ月頃)モグモグ期

喃語が増え、活発に動くようになり、お座りも完成する時期です。

また離乳食を始めてから2ヶ月ほど経ち、上手に飲み込むことができるようになってきていると思います。

この時期からは1日2回食にし、食材も舌でつぶせる固さぐらいにしていろいろな食材を試してあげると良いです。

 

後期(生後9~11ヶ月頃)カミカミ期

ハイハイやつかまり立ち、伝い歩きをするようになる時期です。早い子はこの時期には既に歩ける子もいます。

指先を器用に使えるようになり、拍手やバイバイなどの動作もできるようになり、いろいろなものにすごく好奇心旺盛になっていると思います。

離乳食は1日3回食にし、バナナぐらいの歯茎でつぶせる固さのものを与えます。色々な食べものを自分の手で触って覚えていく「手づかみ食べ」を始める時期でもありますので、手づかみで食べやすいものもあげてみてくださいね。

 

完了期(生後12~18ヶ月頃)パクパク期

意味のある言葉を話せるようになってきて、12~15ヶ月ぐらいで歩けるようになる子が多いと思いますが、個人差がありますので焦らなくて大丈夫。

奥歯も生え始めますので、食材を少しずつ大きくし歯茎で噛めるぐらいの固さにします。

ママは片付けなどが大変ですが、この時期に手づかみ食べもしっかりとさせてあげると良いです。

エネルギーの大部分を母乳やミルクからではなく食事から摂れるようになったら離乳の完了です。

 

 

離乳食期の赤ちゃんの食事はみんなどうしてる?

離乳食はすべて手作りされている方もいらっしゃると思いますが、手作りと市販のベビーフードを併用して使われている人も多いと思います。

 

自宅での食事

私は手作りの場合は毎回作るのは大変なので、いろいろな食材の離乳食を数回分まとめて作り、それぞれ製氷機を利用して小分け冷凍していました。特に初期や中期に製氷機で冷凍させた離乳食のストックはとても便利でしたのでオススメです。出汁も小分け冷凍しておくと便利ですよ!

ただ毎日いろいろな食材を食べさせてあげたいと思うと、すべて手づくりはとても大変だし、どうしても栄養が偏ってしまいがちなので、私は時々ストックしておいたベビーフードも利用していました。

 

外出時の食事

また離乳食時期に一番悩ましいのは外で食事をする時だと思います。

離乳食はどこでも購入できるわけではないので、公園や遊び場に出かけた時に持参が必要になってきますよね。

その際手作りしたものを持って行くこともあれば、ベビーフードを利用する方もいると思います。

特に夏場は食材の傷みが気になるので、そんな時はベビーフードを利用すると安心かもしれません。

ベビーフードの種類はどんなものがあるの?

ベビーフードは初期~完了期まで、赤ちゃんの時期に合わせて用意されていますし、種類も豊富、アレルギー表記もしっかりしてあるのでうまく使っていくととても便利だと思います。

ベビーフードは用途に分けて

  • フリーズドライタイプ
  • パウチのレトルトタイプ
  • 瓶詰やカップに入ったタイプ

などがあり、レトルトタイプは温めなくてもそのままでも美味しくいただけるようになっています。

また瓶やカップに入ったタイプの離乳食はおでかけの際にとても重宝すると思います。

 

オススメのベビーフード6選

実際に私もずいぶんお世話になったオススメのベビーフードをご紹介していきたいと思います。

今回ご紹介する和光堂とキユーピーのベビーフードは7大アレルゲン不使用のメニューもたくさん用意がありますので、アレルギーをお持ちのお子さんでもいただけるものがあると思います。

 

和光堂 栄養マルシェ

カップに入ったタイプで、スプーンも付いているので外出時にお弁当のように利用できるとても便利なベビーフードです。1箱に主食1カップ、おかず1カップが入っているのですが、あまり離乳食を食べない子であればどちらか1カップだけでもOK。

生後7ヶ月頃、9ヶ月頃、12ヶ月頃、1歳以降向けのBIGサイズの栄養マルシェの4タイプがあり、味も全30種類と豊富ですし、いろいろな野菜やたんぱく質などの栄養素がたくさん入っていて、手作りするより栄養バランスがしっかりした食事ができます。

 

キユーピー すまいるカップ

生後9ヶ月以降から利用できるおでかけに便利なカップ入りのベビーフード。蓋もあるので食べ残した時にも便利です。

コンパクトなケースながらも1カップ120gとたっぷり入っていて、積極的に取り入れたい野菜を1食分摂ることが可能です。

 

キユーピー 瓶詰シリーズ

生後5ヶ月頃の離乳食初期の味慣らしやなめらかさ、固さ野確認にも使えるベビーフード。蓋つきなので外出時にも便利ですし、開封後別の容器に入れて小分け冷凍も可能。

主食、野菜、デザートと種類も豊富です。5ヶ月、7ヶ月頃のものは70gと量も少なめなので、他のベビーフードで食べきれずに残してしまうことが多い子にはこの瓶詰タイプがおすすめです。

 

キユーピー ハッピーレシピ

生後5ヶ月頃から月齢に合わせた素材選び、具材の大きさ・固さ、味づくりで、味覚と噛む力を育てくれるレトルトパウチタイプのベビーフード。

野菜しっかり1食分タイプやボリュームたっぷり大満足タイプなど全31品のラインアップになっています。

 

和光堂 グーグーキッチン

生後7ヶ月頃から使えるレトルトタイプのベビーフードで、なんと全75種品という豊富なラインアップ。

1食に必要な野菜がきちんと摂れる野菜シリーズや、月齢に合わせた具材の固さと大きさ、食べやすい食感にこだわったベビーフードです。

 

ピジョン 管理栄養士さんのおいしいレシピ

生後9ヶ月頃から使えるレトルトパウチタイプのベビーフード。

ピジョンのこのベビーフードは管理栄養士さん監修で気になる栄養バランスもばっちり。

野菜もたくさん入っているし、自分では作りにくい食材やメニューになっているので、赤ちゃんに色々な味を覚えさせることができます。

 

まとめ

離乳食を食べる時期は半年から長くても1年ぐらいですので、子育て期間中のほんの一時です。

お料理が得意で離乳食を作るのもたいした手間じゃないというママであればすべて手作りの離乳食というのはとても理想的ですが、ママだってたまには楽をしたいですし、お料理が得意ではない方もいると思います。

先ほどご紹介したように、市販のベビーフードは栄養バランスを考えて作られていますので、うまく利用していくと良いと思います。

記事内で紹介されている商品

栄養マルシェ 鮭のまぜごはんランチ

サイトを見る

キユーピー すまいるカップ かれいと野菜…

サイトを見る

キユーピー ハッピーレシピ まぐろと大根…

サイトを見る

和光堂 グーグーキッチン ツナときのこの…

サイトを見る

ピジョン 管理栄養士さんのおいしいレシピ…

サイトを見る

関連記事