2児の母が心からオススメするベビー用おしりふき5選

赤ちゃんが生まれてすぐから使うもの、オムツ。

はじめてのオムツからトイレトレーニング完了の2歳〜3歳まで、毎日何度も「オムツ交換」をします。

新生児の頃は1日8〜10回くらい。1日平均のオムツ替えを6回として、それを3年続けるとしたら…365×6×3=6,570回も(!)赤ちゃん(子ども)はオムツを替えることになるんです。

そんなにおしりに触れる機会の多い「おしりふき」には納得のいくアイテムを使わなくてはなりません。

今回は意外と知らないおしりふきについて、詳しくご紹介してまいります。

 

拭くタイプ?かけるタイプ?

おしりふきは大きく2種類に分けることができます。

 

シートタイプ

いわゆる普通のおしりふき。親になったら誰もが使ったことがあるでしょう。産院でもシートタイプのおしりふきを使っているところが多いはず。

サッと拭けてそのままオムツと一緒にポイ。使い捨てなので衛生的でもあります。

 

水(お湯)吹きかけタイプ

生まれたばかりの赤ちゃんやオムツかぶれしやすい赤ちゃんにオススメなのが水(お湯)吹きかけタイプ。赤ちゃんのおしりに直接スプレーで温水を吹きかけ、コットンなどで汚れを拭き取ります。あたたかいお湯でやさしく拭いてもらえるので、赤ちゃんもとても気持ち良いそう。最近人気のアイテムです。

 

シートタイプは厚さもそれぞれ

実際私も2人の子どもを育てながら色々なおしりふきを使いましたが、本当にそれぞれ違いがあります。シートタイプのおしりふきの場合、厚さには特に大きな違いが。透けて見えるくらい薄いものから、布のようにしっかりした厚手のものまで。

やはり厚手のほうがおしりに負担をかけずに1度できれいに拭き取れる感覚があります。ひとことで言うなら「リッチ」な感覚。水分量も多く、高品質なことが手で感じられるのです。価格も厚手のほうが少しお高め。

生まれたての繊細な肌や、おむつかぶれしやすい子には厚手のものを試してみてもいいですね。

 

成分や用途でおしりふきを変えよう

いま妊娠中の人やパパやママになったばかりの人は、数あるおしりふきの中からどれを選んでいいのかよく分かりませんよね。だってどれを見てもパッケージには良さそうなことばかり書いてあるから!

私の娘は「これ良さそう!」と手に取ったおしりふきが合わず、赤くかぶれてしまったことがあります。大切なのはおしりふきの成分。おしりふきの裏面にはどんな成分が配合されているのか細かく書いてあります。それをよーく見ることが大切。

ちなみに私の娘は「パラペン」という成分がダメだったようです。もちろんこれは娘ならでは。他の子は他の成分がダメかもしませんので、色々試してみることも大切です。

またシートタイプでは「トイレに流せるタイプ」というものもあります。

これはトイレトレーニングが始まった頃や、うんちのときに便利。臭いを軽減することができますし、トイレトレーニングのときはそのままトイレで流せるので、いつもトイレに常備してあります。

その子の肌や用途によっておしりふきを変えてみるのもオススメです。どんなタイプでどんなスタイルがいいのか、だんだんつかめてくるはずですよ。

 

オススメおしりふき5

ピジョンおしりナップ やわらか厚手仕上げ

わが家の子どもたちが毎日使っていた基本のおしりふき。純水99%で無添加。パラペンやアルコール、合成着色料や合成香料も不使用の、安心して使えるおしりふき。厚手でもやわらかく、化粧水のように気持ちの良い使い心地です。品質のわりに価格も手頃なので、ぜひ一度試してほしいおしりふきです。

 

パンパースおしりふき 肌へのいちばん

パンパース史上最高品質という最高級おしりふき。「皮膚科医監修のもと、テスト済み」というのも親としては安心です。肌と同じ弱酸性で、水とコットンで拭くよりも肌にやさしいというのには驚き。おしりだけではなく手や体にも使えるとのことなので、かなり重宝しそうなおしりふきです。

 

メイプルウェア 温水おしり洗浄器

生まれたての赤ちゃんや肌の弱いあかちゃんにオススメな吹きかけタイプのこちら。電源コードタイプでシャワーと同じような40度前後の温度をキープすることができます。冬の寒い日でもあたたかいお湯をおしりにシュッとひと吹き。

コットンでやさしく拭き取ってあげればオムツ替えも大好きになるはず。

オムツかぶれがひどい子も、これに変えた途端良くなったという声があります。大人もウォシュレットを使う時代ですから、赤ちゃんだって使いたいはずですよね。

 

ムーニーおしりふき やわらか素材 純水99% 外出用

おしりふきは外出用に小さめの物を用意しておきましょう。外出用だからといってどうでもいいものを選んではダメ。ムーニーのおしりふきも純水99%、ノンアルコールやパラペン無配合でお肌にやさしい品質です。「カシミアタッチ」というフレーズもうなずける肌触りの良さ。外出時にも気持ちよくオムツ替えができるのでオススメです。

 

ムーニーおしりふき トイレに流せるタイプ

トイレに流せるタイプは普通のシートタイプとかなり質が変わってきます。どうしてもかたくなりがちな流せるタイプですが、ムーニーはそれでもやわらかさを実現。うんちの臭い軽減をしたい人やトイレトレーニングが始まった人にはオススメです。トイレに流せるとゴミの削減にもつながるので、意外とメリットが多いんですよ。

 

まとめ

「おしりがきれいになれば、おしりふきなんて何でもいいや」と思っていませんか? 冒頭でもお伝えしましたが、赤ちゃんは6,000回以上もおしりふきと関わる機会があるのです。1回でも多く、気持ちよくオムツ替えの時間を過ごして欲しいですよね。

ママにも赤ちゃんにもやさしい、自分にピッタリ合うおしりふきをぜひ見つけられると良いですね!

記事内で紹介されている商品

ピジョン おしりナップ やわらか厚手仕上げ

サイトを見る

パンパース おしりふき 肌へのいちばん

サイトを見る

メイプルウェア 温水おしり洗浄器

サイトを見る

ムーニー おしりふき やわらか素材

サイトを見る

ムーニー おしりふき トイレに流せるタイプ

サイトを見る

関連記事