2児の母ベビーマッサージ講師に聞いた!産後用クリーンコットンおすすめランキングTOP8

こんにちは!ひろみです。私は出産経験がないので、二児の母(3歳と1歳の年子の男の子)であり、ベビーマッサージ講師の妹である佐伯裕子先生にインタビューしたものをまとめました。

私が、産後クリーンコットンを知るきっかけとなったのは、出産後すぐ産院で頂いた入院グッズの中に入っていた事です。
始めは何に使うのかも知りませんでしたが、私が出産した産院は、産後すぐから母子同室。その瞬間から授乳が2.3時間置きに始まったので、看護師さんに「授乳する前や、お母さんの傷に使ってくださいね。トイレの後は必ず使ってくださいね。」とのことだったので使い始めました。

トイレ後は必ず傷を殺菌して清潔にしないと悪露も出るので傷口が腫れたり、治りが悪かったりする様です。

その為、念入りに拭きました。

トイレットペーパーとは違い綿100%で生地は厚手、しっかり水分を含んだものだったので、とても使いやすく助かりましたよ。

授乳時にも、赤ちゃんの口に入る乳房を清潔に出来たので、気持ち的にも安心して授乳をすることが出来ました。

使用頻度としては、授乳の度に拭いていたのと、赤ちゃんの口からお乳が漏れてしまったらサッと拭いていました。

またトイレの度に、傷を拭いていたので、あっという間に1箱すぐに無くなってしまいました。

今日は私の出産経験をもとにお話しさせていただこうと思います。

佐伯裕子ブログ

 

赤ちゃん

産後用クリーンコットンって?

産後のお母さんの陰部の傷口や、悪露、帝王切開の傷、乳房や赤ちゃんの口周りやおしり周りを清潔に保つ為の洗浄綿のことですよ。

最近では、殆どの産院やクリニック、病院の入院グッズには入っているので病院からいただけるようです。

ベビーグッズやマタニティグッズなどを販売しているお店では店舗にも置いてありますよ。

産後、退院してからも買い足す方も沢山いらっしゃるのではないでしょうか。

産後クリーンコットンは、意外と沢山種類があるので、用途によって使い分けしたいですね。

 

産後用クリーンコットンの種類と選び方!

では、産後クリーンコットンにはどんな種類のものがるのか、ここでご紹介させていただきます。

産後クリーンコットンは、主に消毒液が入っているか否か。が大きな違いとなります。

上記にも触れたように私の様に産後すぐの傷を消毒する事を主とした使い方をする方は、
洗浄綿タイプをお勧めしたいです。

これには多少の消毒液が含まれているので、傷口を清潔、消毒するのに適しているとおもいます。

赤ちゃんのお尻周りやへそのをの周りを綺麗にするのにも、このタイプが良いかと思います。

ですが、肌が弱い方、特に赤ちゃんで消毒液に肌が負けてしまう子もいるので、出来れば使う前に足や腕をさっと拭いてみるなどのスキンテストをしてみると良いかと思いますよ。

肌質が弱い方、敏感肌の方、肌質に悩みがある方は、成分も気になる所ではないでしょうか。
特に赤ちゃんの肌は大人の約1/2の薄さで約3ミリと言われています。

そして、少しの刺激にも反応してしまい、赤くなったり、腫れてしまうこともしばしば。

だからこそ、赤ちゃんに使うものは安心、安全なものを選択したいですよね。

肌質が弱い方は、消毒液の少ないもの、または水100%のものが良いかと思いますよ。

水100%と言っても、通常は高圧滅菌済の精製水が使われているので、清潔ですよ。

肌に直接触れる脱脂綿にも違いがありますよ。

見た目では分かりづらいですが、コットンの含有量が異なります。

やはりデリケートな部分に使うものなので、綿100%のものを選ぶのがよいのではないでしょうか。

毛羽立ちを抑える加工がしてある商品もありますので、裏面の説明などもよく読み、素材が何で出来ているのかなどを細かくチェックしてみましょう。

大きさも、商品によって様々です。
小さめサイズ。大判サイズ。

これは用途によって使い分けると、とても経済的自由です。

ママの傷口や悪露に使うのであれば大判サイズを絶対的におすすめします。
大判サイズでサッと1回で拭ける方が良いでしょう。

小さめサイズは、赤ちゃんの口を拭いたり、ママの乳房を拭くのに使いましょう。

 

枚数にも商品によって違いがあります。

1枚ごとに包装されているタイプと、2枚入りのものとがあります。

2枚入だと十分に足りますが、それほど使わないのであれば1枚入のものを使うのが良いかと思います。

ですが、赤ちゃんの目を拭いたりした場合は、片目ずつ、クリーンコットンを変えましょう。

眼病などがうつってしまう場合もありますので、用途によって使い分けたいですね。

 

産後用クリーンコットンを使うときの注意点

私が産後用クリーンコットンを使っていた時に気を付けていたことは、用途によって大きさの使い分けをしていました。

自分自身に使う時(主にトイレの後)は大きめのサイズのものを使い、授乳の際は個包装のものを使っていました。

また、赤ちゃんに使う時には、特に目元を拭くなどの時は産後用クリーンコットンを少し絞って水分量を調節したりしていましたよ。

毎日の一日に何度も使うものなので、ご自身の使いやすい産後用クリーンコットンを用意すると良いですね。

産後用クリーンコットンおすすめランキングTOP8

 

第8位:赤ちゃんのための水だけコットン

こちらの商品は、コットンに水だけをしみこませて、1包ずつ滅菌した衛生的な清浄綿です。

精製水をさらにろ過したこだわりの水と、お肌にやさしい天然コットン100%を使用しているので、お肌の弱い赤ちゃんにオススメです。ただし、赤ちゃん用なので、ママの傷口には向かないと思います。

個包ので何枚かバックに入れて持ち歩くのにもとても便利ですね。

第7位:クリーンコットンベビー 増量タイプ

こちらの商品は、アルミパックに包装され、完全密封されているので水分の蒸発を防ぎ、常に清潔な状態なものを使えます。

2つ折りタイプなので、大きめサイズで使いやすいです。また、100包入りの増量タイプでとても経済的です。

こちらの商品は、産院でもお取り扱いがあったり、産後病院から渡されるところも多いようですよ。

薄手のタイプで物足りない方にお勧めです。

第6位:オオサキメディカル クリーンコットンA

出典: Amazon.co.jp

オオサキメディカル クリーンコットンA

ママの悪露や傷口の消毒にオススメなのがこの商品です。

たっぷりの水分で患部をしっかり消毒、清潔に保つことができますよ。

また2枚入なので1枚で足りないと感じた方などはオススメですが、消毒液が入っているので、赤ちゃんの口に入る乳房などに使う方は気をつけて下さいね。

ママの体を拭いたりにもおすすめです。

第5位:オオサキメディカル ダッコ クリーンコットンモナリー 脱脂綿

出典: Amazon.co.jp

オオサキメディカル ダッコ クリーンコットンモナリー 脱脂綿

こちらの商品は、定番の商品です。また、産院でも使用されているところもあるようですよ。

精製水100%含浸、2枚入です。授乳時の乳房の清浄・清拭に1枚ずつ使用できるので衛生的ですね。

また、敏感肌にも優しい脱脂綿を使って作られているので、赤ちゃんだけでなくママも安心です。

第4位:単包滅菌済清浄綿 クリーンコットンアイ あかちゃん

出典: Amazon.co.jp

ダッコ dacco 単包滅菌済清浄綿 クリーンコットンアイ あかちゃん

こちらは、やわらかく厚みのある脱脂綿に精製水と少量の薬液を含浸させた商品です。

小さめサイズの2枚入で、赤ちゃんの目を洗浄、清拭に特化した商品です。

赤ちゃんの目は目やになどのトラブルが出やすい箇所なので、必ず片目に1枚ずつ使用して下さいね。

目やにが取れないときに使うとよいです。毎日使うものでもないですが、あると安心ですね。

 

第3位:クリーンコットンL

こちらの商品はママの傷口の洗浄や皮膚を清潔にすることに特化した商品です。

出産後は、すぐには入浴できません。体調によっても入浴することができないのです。

なので、こちらの商品は入院グッズのリストに入れておきたいアイテムですよ!

病院や産院で貰えるのもこのタイプのものが多いです。また、大判タイプなので、広範囲を清拭しやすいですよ。

第2位:大衛 アメジストマタニティ ママとベビーの水だけぬれコットン 100包入

出典: Amazon.co.jp

大衛 アメジストマタニティ ママとベビーの水だけぬれコットン

こちらは、水だけコットンとあるように、滅菌精製水使用の濡れコットンです。生後すぐの敏感肌の赤ちゃんにも安心して使えるものなので、お尻拭きにもなりますよ。

1枚ずつ密封してあるので、衛生的かつ、お出かけなどの携帯用にも便利です。

また、ぬるま湯につけることによって温めて使えるので冬場や、生後間もない赤ちゃんのお尻拭きにはもってこいの商品です。

第1位:FC 清浄綿AII  [医薬部外品]

こちらの商品は、天然コットン100%の清浄綿です。

敏感肌の赤ちゃんや産後のママにも柔らかいコットン素材なので、安心して使えますよ。

なんといっても、100包入っていて、このお値段。とても経済的ですね。

個包装で持ち運びにも便利です。

広げれば8cm×8cmと大きくもなるので用途も色々使いやすいと思います。

産院などでもこちらの商品を使っていることがあるようですよ。

ちなみに私もこちらの商品を使っていましたのでお勧めです。

あと、ベビーマッサージのお教室には様々な赤ちゃんかいらっしゃいますので、こちらの商品を携帯してます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はベビーマッサージ講師で2児の母である佐伯裕子さんにインタビューさせていただきました。(お写真も提供してくださいました)

大切なのは、毎日使うものなので、用途によって使い分けることと、自分の使いやすいものを使うこと。

そして赤ちゃんのお肌に触れたり、お口の中に入るものなので安心なものが良いですね。

是非参考になさってくださいね。

 

佐伯裕子プロフィール

山口県を拠点にベビーマッサージとルーシーダットン(タイ式ヨガ)のインストラクターとして活動。男の子2人のママでもあります。楽しい事、ワクワクする事を「赤ちゃんと一緒に♡」をモットーに、赤ちゃんとママ対象のレッスンや、パパのレッスン、どなたでも参加して頂けるレッスンなど開催。

また、幼稚園教諭の経験から、絵本の読み聞かせやふれあい遊び、製作なども盛り込んだレッスンをしている。県内どころか、全国的にも大変珍しいルーシーダットンの普及にも力を注ぐ。子育て支援サークルも開催。

教室名のOhanaはハワイ語で「家族」。自身を含め、みんなが家族のようにあたたかい関係性を作れるように。アットホームな雰囲気の中で赤ちゃんとママが笑顔になれるように!笑顔で溢れた毎日が送れるように……と日々奮闘中。

 

赤ちゃん

 

記事内で紹介されている商品

赤ちゃんのための水だけコットン 60包

サイトを見る

クリーンコットンベビー 増量タイプ

サイトを見る

オオサキメディカル クリーンコットンA

サイトを見る

オオサキメディカル ダッコ クリーンコッ…

サイトを見る

ダッコ dacco 単包滅菌済清浄綿 クリーン…

サイトを見る

クリーンコットンL

サイトを見る

大衛 アメジストマタニティ ママとベビー…

サイトを見る

FC 清浄綿AII [医薬部外品]

サイトを見る

関連記事