買いたいものを検索してください

ベビーベッドのおすすめランキングTOP8!人気の折りたたみ式も!

赤ちゃんのお世話をするとき、寝るときなどにあると便利なのがベビーベッド。ベビーベッドって初期投資としてはお値段も高いので本当に必要か?と悩んでしまう方も多いと思います。

実際に私も悩んでいたうちの1人!結局私は転落防止のためにもベビーベッドは使わず、家族皆でお布団生活に変えました。ですが、ママ友やお友達は皆ベビーベッドを使ってるんです!

使っているママ達からはやっぱり便利だったという声が多数。中には『全然使わなくて結局物置になってた。』というママもいました。

それぞれのライフスタイルによって、便利さも異なりますが、今回はベビーベッドの必要性やこんな方にはおすすめ!というポイントを周りのママ達の口コミも合わせてご紹介していきます。

 

ベビーベッドって必要?子育てママが実感したベビーベッドの必要性

赤ちゃん ベビーベッド
misa

ベビーベッドって簡単に買うようなお値段ではないので、購入に迷ってしまいますよね。ここではベビーベッドがあって良かった!というメリットをご紹介していきます。

 

赤ちゃんの安全なスペースを確保できる

生まれたばかりの赤ちゃんは1日のほとんどを眠って過ごします。個人差はあれども月齢が上がっても朝寝、昼寝などはありますし、1~2歳頃でも平均して15時間ほどの時間を寝て過ごします。

赤ちゃんが寝るスペースとしてベビーベッドがあれば赤ちゃんも安心して眠ることが出来ますよ。お布団やベッドでママと一緒に寝ると、寝返りなどでぶつかってしまって起こしたり…などもありますし

上にお子さんがいる場合はリビングで床にごろんと寝かせておくわけにはいきませんよね。上のお子さんに我慢をさせるのも可哀想ですし、どうしても遊んでるとぶつかってしまったり、踏んでしまわないか?という危険もあります。

私のお友達で上の子どもの時はベビーベッドを使わなかったけど2人目の時に使ったという方も多いです。

 

ホコリから赤ちゃんを遠ざけられ、通気性もよく衛生的にも◎

ベビーベッドは高い位置に赤ちゃんを寝かせることが出来るので、衛生面でもおすすめです。

特にホコリはハウスダストやダニの死骸なども混ざってるのでアレルギーや喘息の原因となることもあります。ホコリは就寝中にゆっくりと床に落ちて溜まり、人が動き出すと舞ってしまいます。それが大体床から30cmほどの高さなんだそう。

掃除機をかけたりなどするときも地面から舞い上がってしまうので、赤ちゃんをお布団に寝かせているよりは高さのあるベビーベッドの方が安心です。我が家の上の子どもがハウスダストアレルギーなので、毎日朝起きたらすぐに掃除機をかけ窓を開けています。

またベビーベッドはお布団みたいに床にべたっとくっついているわけではないので、通気性がいいのも嬉しいです。ただ、ベビーベッドでも、布団を立て掛けたりして湿気を逃してあげると赤ちゃんもスッキリ使いやすいですよ!

 

赤ちゃんのお世話が楽になる

産後のママの体はかなり疲れていて、回復するのにとても時間がかかります。

また産後は赤ちゃんのおっぱいやミルクをあげなくてはいけないので、まとまって寝る時間もとれないので、少しでも楽にお世話が出来たらいいですよね!

ママが寝ているのがベッドであれば、ベビーベッドはとてもおすすめです。ベッドの高さと同じくらいの高さになるので、立ち上がったり、逆にしゃがみこんだりしなくていいので、負担がとても少ないです。

ベビーベッドをベッドにくっつけて寝ている方が多いですよ!

またベビーベッドにキャスターがついているとママが料理やお洗濯をしている側まで移動させることが出来るので家事も捗りますし、赤ちゃんの様子もすぐに気にかけてあげられます。

 

ベビーベッドの選び方

赤ちゃん
こま まりえ

ベビーベッドは種類が分かれているので、自分のライフスタイルに合わせて選ぶといいかもしれません。ここでは選び方のポイントをまとめました!

 

安全性の目安となる『PSC』『SG』マークをチェック!

赤ちゃんに安心して使えることが出来るための基準の1つとして、安全が保証されているマークがついています。これがPSCマーク、SGマークです。

PSCマークは事業者の検査による安全確保に加え、登録検査機関による適合検査を受け、認定を受けたもの。SGマークは製品安全協会が定めたマークでSG基準に適合した商品のみつけられるマークです。

日本国内で販売されているベビーベッドにこの2つのマークがついているか、また外国産のベビーベッドの場合はその国の安全規格による基準があるため、そちらをチェックしてください。

またお下がりでいただく場合が多いのもベビーベッド、もしお下がりを貰う場合は取扱説明書も一緒に貰っておくといいですね。お下がりを渡す場合も同様です。

 

サイズで選ぶ!

ベビーベッドのサイズはおおまかに2つに分かれています。

レギュラーサイズ

ベビーベッドのほとんどはこのレギュラーサイズで120×70cmの敷き布団が置けるタイプです。2~3歳頃まで使用できるのでミニサイズより長く使えます。

赤ちゃんが寝ても余裕があり、おむつ替えなどもしやすいです。2~3歳頃になると寝返りで柵にぶつかったりと手狭になります。大体ベビーベッドの対象月齢が2~3歳頃です。

ミニサイズと比べるとやはり大きめなので、お部屋に置くと存在感が出ます。また大人のベッドと並べて置きたい場合は必ず置ける場所があるかをチェックしてくださいね!私のお友達はほとんどがレギュラータイプでした!

ミニサイズ

ミニサイズは90×60cmとレギュラーサイズより一回り小さいサイズ

使用期間は大体2歳前後ですが、その前に赤ちゃんが寝返りで柵にぶつかったりと手狭になります。ですが、レギュラーサイズよりはとてもコンパクトなのでお部屋が狭いという方や、赤ちゃんのうちだけ…と思って使うにはいいサイズです。

 

高さで選ぶ

ベビーベッドは高さがハイタイプとロータイプとおおまかに分けて2種類あります。

ハイタイプ

ハイタイプのベビーベッドは高さが床から約70cmほどのタイプです。この高さならホコリやハウスダストなどの心配が少なく衛生的にもいいですね!

また日中のおむつ替えなどもママがしゃがみこんだりせずに替えれるので楽にお世話ができます。ただ、高さがあるため、お部屋に置くと圧迫感はあります。

ロータイプ

ロータイプは床から高さが約40cm前後のタイプのものです。

40cmと高さは中途半端に思えるかもしれません。実際におむつ替えなどは中腰や立ち膝で行わなければいけません。ですが食事などママが椅子やソファーに座ると見やすい目線の高さで、何か作業をしながらでも見やすいです。高さが低い分、お部屋の圧迫感も少ないですね!

 

便利な機能性をチェック!

ベビーベッドにはいくつか機能性があるので、こんなものがついていると便利!というものがありますよ!

キャスター付き

ベビーベッドの脚部分にキャスターがついているタイプがあります。

お掃除をするときにもキャスター付きだとさっと動かせて便利ですし、ママが見えないと不安になる赤ちゃんには家事をするときにはキャスター付きだとママの近くまで移動させることが出来ます。

キャスターはとても便利な反面、危険もあることをしっかりと認識しておいた方がいいと思います。

ほとんどのキャスターにはストッパーがついていますが、まずはこのストッパーが2輪についているか4輪全部についているかによっても変わってきます。4輪全部にストッパーがついてるのがやはり安心です。

このストッパーを固定しないまま寝てしまうのはとても危険なので、必ず止まっているかを確認してから就寝してくださいね!キャスターで動かす時も赤ちゃんに危険がないか、倒れないか確認しながら移動させてください。

ただ2階の寝室に固定して置く場合はそんなにキャスター付きの必要性はそこまで感じられません。掃除機掛けを小まめにしたい場合は別ですが、掃除機は掛けられなくとも、クイックルワイパーなどは通るものがほとんどなのでお掃除はそれにするなどでもいいかもしれません。

高さ調節機能

高さ調節機能がついているものはかなり便利!!とてもおすすめの機能です。

大人のベッドに横付けしたい場合は大人のベッドと同じくらいの高さにすることができ、段差がなくフラットな状態にできます。

また赤ちゃんが大きくなってベッドにつかまり立ちするようになったら転倒防止のためにも高さを低くしたりすることもできます。

折り畳み式

折り畳みができるベビーベッドは2人目3人目を考えている方には使わない間に保管する際にもとても便利ですし、お部屋が狭い方には来客がある場合は畳んでお部屋を広くすることもできます。帰省や里帰り出産などにも役立ちますね!

ベビーベッドによりけりですが、簡単に折り畳む事が出来るタイプのものと、ネジなどが必要な場合のものもあります。

頻繁に折り畳みしたい場合は手軽にできる布製タイプのものがいいですね。木枠のタイプは重さもありますし簡単にパッと折り畳むのは難しいです。

柵が多方向にオープンできる

周りの柵が2面、3面にオープンできると赤ちゃんのお世話もとてもしやすくなります。特にベビーベッドにキャスターがついていないタイプのものだと柵がオープンできると使い勝手がいいですよ!

ベッドの位置やインテリアに合わせて向きを気にせずに設置もできます。

ただ、2面3面オープンにしたままで寝かせてしまうと転落の危険があるので寝る時にはベッドにくっつけている面以外は必ず柵をするように気を付けてくださいね!

用途を変えて使えるもの

ベビーベッドを組み替えて、収納棚やベビーサークル、ジュニアベッド、ソファーなど2wayで使えるベビーベッドもとても人気です!

ベビーベッドは使う期間も2~3年なので、その後使わなくなったらリサイクルショップに売りにいったり、お友達にお下がりで渡す方も多いです。ですが!赤ちゃんの頃から過ごした思い入れのあるベビーベッドが、違う形で使えたら嬉しいですよね!

ただ、注意が必要なのが、2wayなどで使えるから便利そう!と買ってみたものの結局他の用途では使わなかった、使いにくかったという場合があるのでよく考えてからがいいですね!

 

ベビーベッドおすすめランキングTOP8

第8位  yamatoya(ヤマトヤ) リリワゴンⅡ

No.8

出典: 楽天市場

yamatoya(ヤマトヤ) リリワゴンⅡ
安全規格 PSC、SGマーク
サイズ ヤマトヤ独自のサイズ、ミニサイズに近い
対象月齢 新生児~7ヶ月頃(就寝用としては寝返りが出来るようになる頃まで)
高さ ハイタイプ
高さ調節機能 ×
他機能 4輪キャスター(全てにストッパー付き)

 ゆりかごとして、リビング用としての簡易ベッドにおすすめ!

戸建ての方、メゾネットタイプのおうちなど2階があるおうちの方は寝室にベビーベッドを置いていると思いますが日中にリビングで過ごす時にどこに赤ちゃんを寝かせたらいいだろうか悩みますよね。

そんな時にとてもおすすめなのがこちらの商品!特に上にお子さんがいる場合リビング問題ってかなり悩みます。

ベビーベッドですが、脚を外せばゆらゆら揺れるゆりかごとしても使えて、見た目もキュート!脚付きはキャスターつきでころころと移動させやすいです。

寝返りも出来ない赤ちゃんのうちはゆりかごとして、赤ちゃんの安全スペースとしても。大きくなって使わなくなったらトイワゴンとしても使えます。おもちゃの収納にいいですよ!マットレス付きなので買い足さずに使えて便利です!

 

第7位 IKEA(イケア) SUNDVIK(スンドヴィーク) ベビーベッド

No.7

出典: 楽天市場

IKEA(イケア) SUNDVIK(スンドヴィーク) ベビーベッド
安全規格 ヨーロッパ安全基準EN 716-1と日本安全基準CPSA 0023に適合
サイズ 120×60cm(レギュラーに近い)
対象月齢
高さ ロータイプ
高さ調節機能 ×(2段階のみ)
他機能 側部を取り外し可

 とてもシンプルな作り!

IKEAのベッドは耐久性が高くシンプルな作りで人気もあります。こちらは高さが2段階に調節できるので、つかまり立ちが出来るようになったら下段に高さを変えると安全面でも良さそうです。

対象月齢は記載がありませんが、レギュラーサイズに近いサイズなので2歳頃を目安にするといいかもしれません。片側の側面の柵を取り外しもできるので、大人のベッドにくっつけることができます。スライド開閉ではないので、取り外してる時は安全のためにも親が見てるとき、一緒に寝るとき以外は使わない方が安心です。

シンプルな機能でいいかたにはおすすめ!マットレスとリネンは別売で一般的なサイズではないのでIKEAでまとめて購入するのが良さそうです!

 

第6位 STOKKE(ストッケ) スリーピーベッド

No.6

出典: Amazon.co.jp

安全規格 子ども用ベッドの一般的なヨーロッパの製品安全基準 EN716-1とEN1130-1に適合
サイズ 長さ127×幅74×高さ86cm
対象月齢 0~36ヶ月
高さ ロータイプ
高さ調節機能
他機能 キャスター付き(ストッパー付き)

 楕円形のベビーベッドで赤ちゃんも居心地◯!

楕円形の形が珍しいベビーベッドです。高さを4段階に調節も出来ます。柵を下ろしたりというのは出来ませんが一部分のみ取り外し可能です。

キャスター付きでお部屋の移動もスムーズ。別売でジュニアベッドキットを取り付ければ10歳頃までと長く使うことが出来ます。

ベッドカラーは4種類あり、どれもナチュラルでおしゃれな色味です。

マットレスは通気性がいいので湿気がこもりにくく、耐圧分散に優れたポリウレタンフォームを使用しているので赤ちゃんも子どもも快適に寝られます。

ストッケはトリップトラップというベビーチェアも大人気ですよ!お値段が高めなのでこのランキングですが長く使うことを考えると質がいいのでおすすめです。

 

第5位 ファルスカ ベッドサイドベッド03

安全規格 PSC、SGマーク
サイズ レギュラーサイズ
対象月齢 0~24ヶ月
高さ ロータイプ
高さ調節機能
他機能 キャスター付き

 安全に添い寝が出来るベルト付き!

高さ調節が9段階にも調節可能なので大人のベッドとフルフラットにすることも可能!

また安全に添い寝が出来るように安全ベルトが付属で付いてきます。大人のベッドに付けるタイプですので何かの拍子にベビーベッドがずれて赤ちゃんが転落するという事故も未然に防げます。

柵自体も角が丸く加工されているので赤ちゃんがぶつかったりしても安心です。床板がすのこになっているので通気性がよくマットレスに湿気がこもりにくいです。

ベビーベッドとして役割を終えたら床板を外してベビーサークルとしても使えます。白のカラーはO-BABY.net限定なので白がいい方は是非覗いてみてください!

 

第4位 yamatoya(ヤマトヤ) そいねーる+ロング ベビーベッド

No.4

出典: 楽天市場

yamatoya(ヤマトヤ) そいねーる+ロング ベビーベッド
安全規格 PSC、SGマーク
サイズ ヤマトヤ独自のサイズ(さらにロングで長く使える)
対象月齢 ベビーベッドは12ヶ月、ロングベッドは4歳頃
高さ ハイタイプにもロータイプも可
高さ調節機能
他機能 4輪キャスター(全てストッパー付き)

 添い寝が出来るためのベビーベッドで長く使える!

通常のミニサイズのベッドとしても使えますし、ベッドにくっつけて寝れるようにベッドの枠自体を伸ばしてロングにして使うことができます。

ベビーベッドは2~3歳頃になると窮屈になりますが、こちらは伸ばして使えるので4歳頃までと長く使えます。

通常のレギュラーサイズ・ミニサイズというくくりではなく、ヤマトヤ独自、オリジナルの商品なので敷き布団や掛け布団を一緒にまとめて購入するのがおすすめです。デメリットは扉のスライド開閉ができないこと。取り外しになります。

床板の高さを15段階に調節出来るので、大人のベッドとぴたっと高さを合わせることができるかもしれません。付属のサポートベルトでそいねーるのベッドと大人のベッドをくっつけることが出来るため、転落防止にもとてもいいです。

 

第3位 日本製 5wayベビーベッド ミニベッド&デスク 石崎家具

No.3

出典: 楽天市場

日本製 5wayベビーベッド ミニベッド&デスク 石崎家具
安全規格 PSC、SGマーク
サイズ ミニサイズ
対象月齢 新生児~24ヶ月
高さ ロータイプ
高さ調節機能 ×
他機能 キャスター付き、ハンガー掛け

 ベビーベッドを卒業しても長く使える5way!

NHKまちかど情報室でも紹介された人気のベビーベッド!国産ですし、天然木を主材に塗料や接着剤なども安心のものを使っています。

ベビーベッドだけでなく、ベビーサークル、使い終わったらキッズデスク、PCデスク、収納棚としても使えます。ベビーベッドとして使うとき、スライドオープン扉になるので、赤ちゃんのお世話がしやすいです。

カラーは7カラーから選べます。ベビーベッドとしての役目が終わった後も多機能に使えるのがメリットですが、ベビーベッドとしてもっと機能性が欲しい!(例えば高さ調節ができるなど)という方にはおすすめできません。

ですが、小学生になったときに学習机が必要になる場合には良さそうだなと感じました!

 

第2位 Aprica(アップリカ) ココネル エアー

安全規格 PSCマーク、SGマーク
サイズ ミニサイズ
対象月齢 新生児~24ヶ月(体重13キロ)
高さ ハイタイプ
高さ調節機能 × (上段、下段の変更はできる)
他機能 キャスター付き、頭わくが上下にスライド

 簡単に折り畳みできるから帰省や移動にも便利!

アップリカで人気のベビーベッドです。通気性の高いクッション材シルキーエアーをマットに搭載!耐圧分散も出来るので赤ちゃんの寝姿勢も安心ですし、湿気がこもりにくく快適に寝られます。

折り畳みがとにかく簡単で、開閉ロックを引き上げながら畳んで収納袋に入れるとかなりコンパクトになります。里帰り出産や帰省にも便利です!ただ、コンパクトに畳めると言っても本体が15キロほどあるので、持ち運びには注意が必要。

柵は横部分のみですが上下にスライド出来るのでおむつ替えにも便利です。高さ調節は出来ませんが、赤ちゃんが大きくなったら床板を上段から下段に替えることが出来ます。

 

第1位 KATOJI(カトージ) ベビーベッド ハイポジション アーチ

No.1

出典: Amazon.co.jp

KATOJI(カトージ) ベビーベッド ハイポジション アーチ
ブランド
カテゴリ
安全規格 PSC、SGマーク
サイズ レギュラーサイズ
対象月齢 新生児~24ヶ月
高さ ハイタイプ
高さ調節機能
他機能 キャスター付き、柵はスライド開閉式

 迷ったらやっぱり定番商品を!

KATOJIで人気のベビーベッドがハイポジションに!身長が高い方にもお世話がしやすくなりました。床板の高さを4段階に調節できます。

スノコ板なので通気性も◎!湿気を逃がしやすいです。カラーはナチュラルとホワイトなのでお部屋のインテリアに合わせやすいですね!

ベビーベッドの脚が長く掃除機も掛けられるのでわざわざベビーベッドを動かさなくていいのが便利です。収納用の板がついているので、おむつやお尻ふき、着替えなど赤ちゃん用品をまとめて置いておけます。こちらの商品はカトージ直営店のみの限定の商品です!

 

ベビーベッドの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ベビーベッドの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

ベビーベッドでママと赤ちゃんの眠りを快適に!

赤ちゃんn
____yoko.rty

いかがでしたか?ベビーベッドはライフスタイルによって選びたい内容もガラッと変わってきます。

赤ちゃんとの生活をイメージするのは中々難しいことですが、ママが使い勝手のいいベビーベッドを選んでくださいね!参考になれば嬉しいです!

記事内で紹介されている商品

yamatoya(ヤマトヤ) リリワゴンⅡ

サイトを見る

IKEA(イケア) SUNDVIK(スンドヴィーク) ベ…

サイトを見る

STOKKE(ストッケ) スリーピーベッド

サイトを見る

ファルスカ ベッドサイドベッド03

サイトを見る

yamatoya(ヤマトヤ) そいねーる+ロング ベ…

サイトを見る

日本製 5wayベビーベッド ミニベッド&デス…

サイトを見る

Aprica(アップリカ) ココネル エアー

サイトを見る

KATOJI(カトージ) ベビーベッド ハイポジ…

サイトを見る

関連記事