買いたいものを検索してください

2019年最新機種も!これでいつでも安心!ベビーモニターのおすすめ6選

ベビーモニターとは、赤ちゃんや子どもの様子を離れたところから見守るツールです。
赤ちゃんや子どもの寝てる様子や遊ぶ様子を映像や音を通して確認出来るので忙しいママにとっては家事などを中断しなくてもいいのでとても便利です。

はっきり言って、なくても困りません。必要じゃないという人ももちろんいます。
ですが、使った人は口を揃えて言うくらいあると便利です。

ということで今回は、ベビーモニターの購入を考えている方向けに、ベビーモニターについて詳しくご紹介していきたいと思います!

 

ベビーモニターって必要?

赤ちゃん

ベビーモニターって本当に必要かな?お値段も高いし、赤ちゃんが泣いたら見に行けばいいよね?と思っている方も多いのではないでしょうか。

私も上の子どもが産まれてすぐの時には全く必要性を感じていませんでした。

その当時は賃貸だったため、赤ちゃんを別のお部屋で寝かせておき、泣いたとしてもすぐ見に行ける距離だったためベビーモニターの必要性は全く感じられませんでした。ところが上の子どもが寝返りが出来るようになったころのこと。

寝てるかな?とお部屋を覗きにいくと、ころんと寝返りをしてうつ伏せで寝ていることが頻繁にありました。赤ちゃんは寝返りが出来るようになると、寝ている状態でも寝返りをしてしまうことがほとんどです。ですが寝返り返り(ねがえりがえり)が出来ずにうつ伏せのままでいるととても危険なこともあります。

なぜうつ伏せ寝が良くないかというのは皆さんもご存知の通り、『SIDS(乳幼児突然死症候群)』の死因の原因としても挙げられている体勢なのです。

SIDSは1歳半を過ぎたあたりから、確率はぐっと減ってきます。逆に言うとその頃までは出来るだけ寝ている時の体勢も気をつけてあげた方がいいのです。

赤ちゃんは寝ている時も静かにコロンと寝返りをします。なので出来るだけ仰向けに戻します。ママは頻繁に赤ちゃんの様子を見に行くというのは実際の所は難しいものです。どんなに気を付けていても家事をしながらだとうっかり時間が経っていることも。

また私は気にしすぎて何回も様子を見に行き、ドアの開け閉めの音で子どもを起こしてしまったこともありました。このままでは気にしすぎて何をやるにも中途半端。そこで購入したのがベビーモニターです。

どの部屋にいても様子がわかるし、ドアを何回も開け閉めせずにお互いに快適。それからは手離せないものとなっています。引っ越しをして一戸建てになり、下の子どもがうまれてからは毎日使っています。

ママの楽家事のためにも、赤ちゃんの快適な眠りのためにも是非ともおすすめしたいベビーグッズです!

 

ベビーモニターってどういう時に役立つ?

赤ちゃん

特におすすめしたいのが、一戸建ての人や兄弟がいるママ、心配性のママです。

私は一戸建てで子どものお昼寝は二階でさせています。

上の子どもはもうお昼寝をしないですが、下の子どもはまだまだお昼寝が必要です。上の子どもと遊ぶのにベビーモニターをつけていれば下の子どもの様子がわかるのでわざわざ音がしたり泣き声で二階に上がらなくてもベビーモニターを通して子どもの子を確認出来るので上の子どもと遊ぶのを中断しなくてもいいメリットもあります。

後程ご紹介しますが、我が家が使ってるベビーモニターは充電できるタイプのもので自宅から30メートルほど離れても見ることが出来るので、上の子どもと少し外遊びも出来ます。

また心配性のママは常に赤ちゃん・子どもの様子が気になりますよね。そのときに常にモニターを通して様子が確認できるので安心材料の1つになります。

 

ベビーモニターを選ぶときに見るべきポイント!

赤ちゃん

 

まず映像付きか音声のみかでだいぶ使い勝手や便利さが変わってくると思います。私は音声のみのものを使ったことがありませんが泣き声がするとどういう状態だろう?と気になってしまうので映像付きがおすすめです。音声のみと映像付きとお値段は大幅に変わる事もありません。

近頃のものはほとんど赤外線機能で夜間も使える仕様になっています。子どもが夜泣きをして起きてしまう、起きて1人で階段を降りてきてしまうなどのこともあるので夜間につけたい方も多いはず!夜間も使えるかというのも大切な目安です!

モニターに充電池が内蔵されているタイプだと充電して持ちあるける便利さがあります!

 

映像or音声のみかどうか

映像付きか音声のみかでだいぶ使い勝手や便利さが変わってくると思います。

私は音声のみのものを使ったことがありませんが泣き声だけが聞こえるとどういう状態だろう?と気になってしまうので映像付きがおすすめです。

寝言泣きというものが赤ちゃんにはあるので、泣き声だけではその様子が判断出来ないのが大きなポイントです。

その分映像で判断できます。寝返りをして戻れないから泣いている、起き上がって泣いているなど映像で見るとすぐにわかるのがメリットです。

子どもが大きくなっていて、お昼寝から起きた時に子どもが『起きたよ!』と言ってくれたりする場合であれば音声だけでも十分だと思います。

私は家事や料理をスムーズにこなしたいため、音声だけよりは映像の方が目に見えて安心できます。

 

赤外線で夜間も使えるか

多くのママが赤ちゃんや子どもを寝かしつけたあと、ほっと一息つける時間になるのではないでしょうか?

私も日中は子どもに気を配っているのでやはり落ち着かなく、子ども達が寝たあとは『今日も1日頑張った!』と好きなことを出来る自由時間です!

ママが起きていて子どもだけ寝ている夜間の時間も赤外線でベビーモニターをつけていて良かったと思うことが何度かありました。

それは子どもが夜中に起きてきてよちよち歩きで階段を降りようとしていたのが分かったこと、

子どもが風邪を引いていてゲホゲホしているなぁと見ていたら、嘔吐してしまったことなど。

赤外線では白黒映像ですがしっかりと動きなどが分かるので子どもの姿に目を配りたい方にはすごく安心材料になると思います。

反面、子どもと一緒に寝てしまうママや子どもがある程度大きくなっていて自分で状況を伝えたりママやパパを呼ぶことが出来るようであれば必要なさそうです!

 

充電式or接続式

充電式のメリットは持ち運びが楽に出来るので家事であれこれ動きたいママにはいちいち充電器を差し込む手間がありません。

接続式だと充電器のケーブルの長さが決まっているので家事の場所によっては見えにくいということもあります。

充電式かつ接続式と両方で使えるものだとどちらに合わせることもできて便利ですね!

私が今使ってるものは大分使い込んでいるためか充電がすぐ無くなってしまい接続していないと画面がすぐに切れてしまうようになってしまいました。

機械なので充電池も消耗していくのでその点も考慮することをおすすめします!

 

スマホ連携が可能かどうか

スマホ連携のメリットは画面がなくても自分の携帯で画像と音声を確認出来ることです。

それこそわざわざモニター画面を持ち歩かなくてもいいので便利ですね!

ただものによってはスマホ連携してると他の機能が使えないというものもあるので、注意が必要。すぐに切り替えることが出来るのがおすすめです!

 

一方向or双方向の音声案内

ベビーモニターには赤ちゃんの声のみが聞こえる一方向タイプと、それに合わせてママの声を赤ちゃんにも届けられる双方向タイプのものがあります。

赤ちゃんの異常や泣き声を検知するだけなら一方向で問題ありませんが、ママの声も届けたい、という場合には双方向がおすすめです。

もし少し赤ちゃんが大きくなって会話できるくらいになった場合は「お水飲みたい」「トイレ行きたい」など連絡手段にもなりますので、長期的に使うことを考えると双方向タイプがいいかもしれません。

 

技適マークが付いているかどうか

ベビーモニターは軽く考えられがちですが、ジャンルとしては「無線機」。電波を使用しているため、電波法令の検査基準をクリアしていないと販売してはいけないのです。

その基準をクリアした商品についているのが「技適マーク」というもの。

これがついていないものは違法のものの可能性があるので、控えた方がいいでしょう。

まずは安心できる商品を選ぶこと。その基準として、このマークを見つけることが大切です。「どれにしようかな」と選ぶ前にまず、最優先にこのマークがあるかをチェックしてください。

 

おまけ機能

ベビーモニターは赤ちゃんの異常や泣き声を知らせる以外にも、便利な機能がついているものが色々あります。

選ぶ時にはそれに注目してみるのもいいかもしれません。たとえばこんなものがあります。

 

動体検知機能

「寝ていると思ったら起きていた」「気づいたらどこかへ移動していた」なんて時にもより安心なのは、動体検知機能。動くものや音声を検知すると、自動で追跡してくれる機能です。これがあるほうが、よく動く赤ちゃんや子供の場合はより安心することができるでしょう。

 

防水機能

少し大きくなると子供だけでお風呂に入ることも。でもお風呂での事故は何より心配です。そんなときに使えるのが防水機能付きのベビーモニター。これがあればお風呂内での異常もすぐに検知!

またママがお風呂に入っているとき、寝室の赤ちゃんの様子を見ることもできます。

これって地味にかなりうれしい機能! 赤ちゃんが一人で寝ていると、なかなかゆっくりお風呂に入れませんから。

少しでもママのリラックスタイムが作れるかもしれませんよ?

 

to buyオフィシャルインフルエンサーおすすめのベビーモニター

提供品

こま まりえのイチオシ!

遠隔監視できる セキュリティカメラ だからスマホと連携していつでもどこでも大切な我が子やペットの様子が見れちゃいます?
さっそく新居に設置??
娘ちゃんのベビーベッドとプレイルーム での様子を録画してみたんだけどお料理しながらでもスマホから寝返りとか遊んでいる様子とかがしっかりと見れるからこれ便利??

 

ベビーモニターのおすすめ6選

secuOn ハイブリッドベビーモニター

出典: Amazon.co.jp

secuOn ハイブリッドベビーモニター

高性能で使い勝手良し!

こちらの商品は夜間で赤外線での映像に切り替わる以外はカラーで見えます!こちらの商品、実は2台目です。1台目をヘビロテして壊れてしまったのですが、修理に出す送料や修理費を考えて2台目を購入しました。

1台目は白黒だったのでカラーで見えることに安心感が増しました。

起動音もほとんどなく、寝てる赤ちゃんや子どもを起こすことなく使用出来ます。赤ちゃんや子どもが寝返りで動いても、モニターでカメラを広範囲に動かして見ることが出来ます。そのカメラを動かす音もほとんどなく、寝てる赤ちゃんや子どもを起こすことはありません。

また充電タイプなので家のなかを動くときにさっと持って移動出来るのが便利です。
以前のタイプは接続式だったので、一回一回コンセントから外して、差して…としていたので動くのにも少し手間でした。

無線電波が家の外にも届くので、充電式だと持ち運べるので上の子どもと外遊びも叶います!もちろんそんなに遠くまでは行けないので家の前で自転車したりチョークで絵を描いたりというくらいですが、上の子どもは気分転換にもなるようです。これは嬉しい誤算でした!

子どもと遊ぶだけでなく、ちょっと回覧板を回しに行く・雪かきをする(北海道なので積雪量が多いので)などの時にも使っています。

赤ちゃんや子どもが起きてもすぐに駆けつけられない時ってありませんか?その時にベビーモニターを通して声を届けることも出来ます。

通話ボタンを押しながら喋ると向こう側のベビーモニターから音声が聞こえます。押している間はこちらの声を届けるのみで会話というのは出来ませんが、通話ボタンを離すと向こう側の声が聞こえます。そしてまた通話ボタンを押して声を届けるということで会話が出来ます。

電話みたいに会話が出来ないのがデメリットですが、十分な機能だと思っています!
そしてなんと言っても保証がついていたのが良かったです!一度壊れてしまったことがあり、修理に出しましたが保証期間内だったため修理費用は無料でした。

また修理がとても早くすぐに届いたのも良かったです。

価格帯 接続方法 無線LAN
音声機能 双方向 おまけ機能

 

ワイヤレスベビーカメラ

高機能!ママの安心感が高い

こちらの商品は第1位でおすすめした商品ととても迷った商品です。こちらの商品は2018年にリニューアルしたようです!

おすすめした商品同様に充電式で、しかも稼働時間がとても長く見ている間に充電が切れるという心配がありません!持って歩けるし、スタンド一体型なのでいちいちスタンドを立てなくてもいいのが便利です。

1つ目でおすすめした商品はスタンドが可動式で自分で立てるのですが、モニターを子どもが落としてしまいそのスタンドがポキッと折れてしまい立てて置けなくなってしまいました。その為スタンド一体型だとそういう心配もないですね!
その分幅をとるのがネックですが。

そしてとてもいいなと思ったのが夜間に使用するときに赤外線の赤い光が付かないこと!我が家の下の子どもはまだまだ夜泣きが多くあり、夜に起きたときにこのモニターの赤い光がついていると『お母さんは一緒に寝てない、一階にいる』とわかるようでモニターに向かって歩いてきて『きて~』と泣きます。

その点こちらは光らないので赤ちゃんや子どもは気にならないのがいいですよね!赤ちゃんや子どもが動くとカメラが自動で追ってくれる機能もついています!これには驚きましたね。

掃除や洗い物ですぐに手が離せない時に動いても自動で追ってくれるので赤ちゃんや子どもの様子が常に見ていられます。

お値段が高めですが多機能・高性能を求められる方にはおすすめです!

価格帯 1万円代 接続方法 無線LAN
音声機能 r双方向 おまけ機能 ベビーラッキング機能

 

JSEED Baby02

デザイン性◎!コスパ◎!

こちらの商品は2つ目でおすすめしたベビーモニターの約半額で購入できる必要な機能はしっかりとついているベビーモニターです!

デザイン性も高くインテリアの邪魔をしません。またかなり高画質なので色合いもカメラや動画と同じようにきれいに見えますSDカードを挿入すれば録画も出来るので赤ちゃんや子どもの寝てる様子を邪魔せずに記録に残しておくというのも出来ますね!

赤ちゃんや子どもが動いても首振り機能がかなり幅が広く動かして見ることが可能です!
スピーカーとマイクがついていて双方の会話が可能です!すぐに駆けつけられないときやお勉強の時に使うなどのこともできます!

必要な機能はしっかりとついているので、それで十分という方にはとてもおすすめできます!またとてもおすすめしたいのが国内正規品で保証が1年ついていること。

私は今のベビーモニターが一回故障したことがあり保証期間内だったので無料で修理に出せました。赤ちゃんや子どもが触ったり落としたりすることもあるので保証がついてるのはとても安心です!

価格帯 7000円代 接続方法 Wi-Fi
音声機能 双方向 おまけ機能 動体検知機能

 

日本育児 デジタル2wayスマートベビーモニター

出典: 楽天市場

日本育児 デジタル2wayスマートベビーモニター

音声だけで十分なママにおすすめ!

こちらの商品は画像なしの音声機能がついたベビーモニターです。画像で見えるものは高い!音声だけで十分!というママにはおすすめの商品です。

コンパクトなので収納に便利ですし使いたいときにさっと使える手軽さがあります。音声がとてもクリアに聞こえるのと、ボリュームの大小などで視覚として見えて小〜大で色がついて見えます。そのためただ音が聞けるだけでないところが安心感があります!

日本育児の商品なので安心して使えますし、自宅で使ってみて電波が届かない!使えない!という時のために返品・返金保証がついているのも購入しやすいポイントです。

まれに家の作りにより電波がうまく受信出来ないということがあるそうです。これはこのベビーモニターだけに限らずどのベビーモニターにも言えること。実際に私もベビーモニターを購入するにあたり口コミを調べていたら『電波が届かず使えなかった』という口コミもいくつか拝見しました。

価格帯 7000円代 接続方法 無線LAN
音声機能 双方向 おまけ機能 温度感知アラート機能

 

HBLIFE ベビーモニター

コスパ◎で画像付きが叶う!

こちらの商品は、上記であげたベビーモニターの価格よりかなりお安く画像付きが叶います!まずは画像付きで試してみたいという方には買いやすいお値段です。

コンパクトでかさばらず、夜間でも見える赤外線機能付き、モニター画面を動かして見ることができる、モニター画面は充電池内蔵型なので持ち歩くことも出来るなど必要な機能はしっかりついているのでオート機能がついているなどあれこれと機能がついていなくてもいいという方にはおすすめです!

画像が見れる画面が小さかったりするのでそれが気にならない方にはおすすめです!商品は日本語の説明もついていて、また保証期間は24ヶ月と通常の保証期間よりも長いのも嬉しいところ!

子どもが触ったりして壊すこともあるので保証期間が長いのはママにはとても助かります!私が使ってるものは保証期間が半年だったので、一度修理に出したあとは子ども達が触らないように気をつけていますが、つい手が滑って落としてしまうこともあるので保証期間は長い方がいい!と思います。

価格帯 4000円代 接続方法 無線LAN
音声機能 双方向 おまけ機能 子守唄機能

 

スマートベビーカメラ

出典: 楽天市場

スマート ベビーカメラ

Wi-Fi接続可能!完全コードレス!スマホ1台で操作可能!

こちらの商品は完全充電式のコードレスタイプです。電源コンセントが不要なので様々な場所に設置が可能です。

人感センサーや自動録画機能がついていたりと防犯用として使う方も多いですが、今回はベビーモニターとしての使い勝手をご紹介します!(我が家は玄関に防犯カメラをつけていますが、こちらの商品をもっと早く知っていたらこれが良かったね!と主人と話しています。)

赤ちゃんや子どもがいつも決まって寝る場所があれば天井に設置したり壁に設置したりすることも可能です。コードレスなのでコンセントの場所を選ばないのが嬉しいポイント。もちろん常に同じ場所ではないという方もそのまま床に置いたりもできます。

コンパクトなサイズ感からは想定できないほどワイドに撮影もできます。すごく幅広く見れるので赤ちゃんや子どもが触れないような場所に置いておいてもしっかりと様子が確認できます。赤ちゃんがコロコロ寝返りをして角度を変えるという手間もありません。

赤外線もついてるので夜間も使えますよ!最大のメリットはスマホ1台で操作が可能であること。専用のアプリをダウンロードすることでママだけでなくパパも見ることができます。

あまりおすすめは出来ませんが、赤ちゃんが寝ているすぐそこのコンビニに行きたい!ということも叶えられそうです。個人的には何かあったときにすぐに帰れる徒歩~100メートル圏内の距離かなぁと思います。上の子どもと家の前で外遊びも出来ちゃいますね!

アフターサービスが万全なので使っていて不明点があればすぐにフォローしてもらえるのも魅力的です。

価格帯 1万円代 接続方法 Wi-Fi
音声機能 双方向 おまけ機能 動体検知機能

 

ベビーモニターの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ベビーモニターの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

ベビーモニターがあれば寝ているときも安心

赤ちゃん

まだお喋りが、上手じゃない赤ちゃんは寝てる時に『寝言泣き』をすることがあります。
それは大人で言う『寝言』なんですが、赤ちゃんはお喋りが上手ではないので、それが『泣く』ことで起こることです。
赤ちゃんや子どもが覚醒して本当に泣いてるのか?それとも寝言泣きなのか?
寝言泣きだとすぐそのまま寝入ってしまいます。ですが、そこでママが起きてしまったと勘違いして抱っこをしに行くと赤ちゃんは本当に覚醒してしまい眠りを妨げられてしまうこともあるのです。
この寝言泣きは少し様子を見ることで見極められるので、ベビーモニターもかなり役立ちます!
ベビーモニターはママの為にも赤ちゃんの為にもお互いにメリットがありますよね!
ぜひ気に入ったベビーモニターを見つけてみてくださいね!

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

ホームセキュリティー Cube

サイトを見る

secuOn ハイブリッドベビーモニター

サイトを見る

ワイヤレスベビーカメラ

サイトを見る

日本育児 デジタル2wayスマートベビーモニ…

サイトを見る

HBLIFE ベビーモニター

サイトを見る

スマート ベビーカメラ

サイトを見る

関連記事