いつから必要?選び方からサイズの測り方までご紹介!マタニティブラおすすめ5選

妊娠すると思っても見なかった身体の様々の変化にびっくりすることが多く、私の場合はちょっとした締め付けがとても息苦しく感じるようになった…というのもその一つです。

洋服もゆったりめのものへ変えるようにしたのですがそれでもなんとなくまだ締めつけ感があり、なぜかなと考えて気がついたのが下着です。

ブラジャーに関しては妊娠前はワイヤー入りを使用。しっかりとアンダーをホールドしてくれるタイプが心地よくて好きだったのですが、妊娠数が経過するとこれがかえって苦しく感じるように…。

大きくなるバストもさることながら、私は背が低くいのでお腹の赤ちゃんが下から押し上げてきて、やっぱり普通のブラでは限界かな〜っとマタニティブラを使用するようにしたのです。

マタニティブラを使い始めると、「なんて快適なんだ!」っと感激したのを今でも覚えています。

マタニティブラといっても、多くは産前産後も使用できる設計になっているので、結構長く使用できるよですよ。

今回は私が使って良かったと思うマタニティブラやおすすめの商品をご紹介させて頂きますので、プレママさんやこれから妊娠を考えている方の参考になれば嬉しいです。

 

目次

マタニティブラは他の下着と何が違う?

胸が張って痛いし、いっそ着けなくても…なんて考えてしまうかもしれませんが、乳腺の発達を妨げないマタニティブラをきちんと選び、胸の重みを支えるクーパー靭帯に負担をかけないよう、サポートすることはとても大事なのです。

また、出産までに2カップほど大きくなると言われているバストですが、全体的にサイズアップするのではないというのはお存じでしょうか。

実は、バストの下半分~脇が増え、外向きにボリュームアップするのです。

このことを踏まえ、そもそもマタニティブラは他のブラと何が違うのか?その特徴やメリット、デメリットを確認していきましょう

 

マタニティブラはプレママのことを考えて作られた心地よさはまず間違いなし!

マタニティブラは発達する乳腺を締め付けない工夫がされています。カップ内部や上部に伸びる素材を用いられていることが多く、バストのサイズアップや横流れを優しくホールドしてくれます。

また、背中のホックも4〜5段階あるものも多く、微妙なアンダーサイズの変化に対応できるようになっています。

 

メリットとデメリットは?

プレママのバストのことを考えられて作られているので、妊婦さんの声が反映されており、優しい作り。サイズの変化に対応できるようになっているので、1つのブラで妊娠初期〜後期、さらには授乳まで対応しているものもあるので長く使えます。また、バストの形も崩れにくい商品設計にもなっています。

デメリットとしては、変化に対応できるよう優しい作りではあるのですが、バストのサイズや形にあまり変化のない方の場合、少し物足りなさを感じてしまうかもしれません。また、優しい作りになっているからこそ、丁寧に手洗いをして型崩れを防ぐ必要があります。洗濯機で他の物と一緒に…とはいきません。

また、デメリットというわけではないのですが、普通のブラのようにバストを整えるための商品ではないので、普段から矯正下着のように締め付け感のある下着を着用している方にはなんとなくフィット感が足りないように感じてしまうかもしれません。

 

授乳ブラは母乳育児の味方!産後のバストも美しくキープ

授乳期のバストはとってもデリケート。張りや痛み、ニップルのトラブルなど、産後は思ってもみないことが起こります。

バストは母乳が作られるので、ぐんぐん大きくなります。その変化は嬉しい反面、急激に大きくなってバストの重みに筋肉が耐えられずに、産後にはバストがたるんだり、卒乳後は急激にしぼんだりしてしまうことも。

産後も美しいバストをキープするには、きちんとしたブラを選んでいく必要があります。

授乳ブラは乳房の発育を妨げない締め付け感の少ない作りで、授乳のしやすさにも拘っていますよ。

 

メリットとデメリットは?

私が使って特に感じたのは、何と言っても授乳のしやすさ!クロスオープンタイプはサッと片手で授乳ができ、終わったら自動的に戻る仕組みになっていたので、1日に何度も行う授乳にストレスを感じませんでした。

また、母乳の出も良かったので、授乳後は母乳が出てきてしまって母乳パットが欠かせない状態…。母乳パットはブラの内側に貼り付けて使用するので、カップやパットの厚みがあるときつく感じたり、服を着た状態からみるとバストがあまりにも大きく見えてしまってバランスが取りづらくなるのです。

その点授乳ブラはカップなしのタイプがあったり、カップ付きでも付属のカップやパットの取り外しができるものなどあり、母乳パットを使う場合を想定した設計になっていたので使いやすさや外見の見た目にも良くとても助かりました。

デメリットとしては、機能性が高く使いやすいのですが、デザイン性は普通のブラに比べると劣る点でしょうか。

 

美しいボディラインを作るには最強!普通のブラ

バストを支え、バストの形を整えてくれるのがブラジャーの役割。

今や補正下着も多く、体型や体格、年代によって自分の理想のバストへと近づけられる商品がたくさんあります。縫製技術も高く、おしゃれで機能性も高いですよね。

ブラジャーは普段は見えない存在でも、ブラジャーで美しいバストラインが作れると作れないとでは全体のバランスも変わってくるのでブラジャー選びはファッションの土台とでも言えるでしょう。

<マタニティブラの代用はできる?>

密着度の高く、バストをしっかりと支える普通のブラジャーは妊娠中のサイズアップや形の変化への対応は非常に難しいでしょう。ワイヤーが食い込んでしまったり、アンダーの調整ができないとストレスになってしまうことも。

では、ワイヤレスブラやスポーツブラではどうか?

私も実際手元にあったので使ってみたのですが、妊娠前に使用していたワイヤレスブラは最初は着け心地が良かったのですが、徐々にサイズがすぐ合わなくなりカップが浮いてしまったり、胸のお肉がはみ出てしまうという結果に…。

スポーツブラに関しては、アンダーバストや肩紐の伸縮性があったので妊娠中期まで通常のブラが使用可能でした。しかし、後期になると全体的に押し付けられる感覚があるのと、アンダーが大きくなるので下から布が捲れてきてしまって違和感が出てきたので使用を中止にしました。

もちろんデザインなどにもよりますし、プレママさんの体型にもよりますが、ある程度の時期までは代用ができてもやはりマタニティ用のブラのような柔軟性や調整ができる方が使い心地が良さそうです。

もしくは大きくなった分の一回り上のサイズを購入する、という手もありますが、であればいっそのことマタニティ用を買ってもいいのでは?と感じてしまいます。

 

重力に負けない!睡眠中もバスト育するナイトブラ

ナイトブラは昼用ブラとの違い眠っている間のバストを支えるための専用ブラです。

仰向けで眠っている間のバストは脇に向かって脂肪が流れてしまうので、昼用ブラと違い、横揺れや寝返りを打った時などを想定したさまざまな方向への重力に対応しています。

ナイトブラはS、M、Lとサイズ展開がざっくりしたものが多いので、適切なサイズ選びが要となってきます。小さすぎるとバストを締めつけてしまい、大きすぎるとブラに隙間ができてしまって、脂肪が流れてしまいます。

リラックスして睡眠をとるためにも、快適に過ごせるブラを選びましょう。

<マタニティブラの代用はできる?>

ワイヤーの締め付けもなく、妊娠期のバストの変化の特徴の横に広がることを考えると、横揺れに対応しているナイトブラはあながち悪くないののかもしれません。妊娠期も胸の重さに寝苦しさを感じることもありますし、特に夜は重宝しそう。

ただ、日中つけるかというと、カップもパットもないので心もとないように思われます。日中の縦揺れには対応していないので、重みを支えられるか…も問題です。

 

マタニティブラはいつから必要?

時期には個人差がありますが、妊娠初期からバストが大きくなったと感じることが多いようです。

まずは妊娠の経過とバストのサイズアップの平均的データについて確認していきましょう。

 

妊娠経過月 ボリュームアップ率
妊娠3ヶ月 2/3カップ以上
妊娠5ヶ月 1カップ以上
妊娠7ヶ月 2カップ弱
妊娠10ヶ月 2カップ程度

上記の表を見てわかるように、妊娠3ヶ月の時にはすでに乳腺が発達し始めているのが分かります。

妊娠3ヶ月であれば妊娠してから3ヶ月も立っているのだからサイズアップもわかるはず…と思われがちですが、妊娠は最終月経日から数えるので、妊娠3ヶ月と言っても病院で妊娠判定が出たばかりか本人でもあまり自覚が持てないということも多いのです。

ですからプレママさんが体型の変化への準備を始めるのもおおよそ 妊娠5ヶ月前後 の時期と言えます。

 

マタニティブラのおすすめブランドメーカー

マタニティブラ

マタニティブラを探したい!でもどんなブランドがあるのか気になりますよね。

ここではオススメのブランドを幾つかご紹介させて頂きます。

 

王道ブランドといえば「ワコール」

下着メーカーの老舗ブランド。誰もが知っているワコールでももちろんマタニティ商品をを取り扱っており『ワコールマタニティ』として展開しております。

色や形が美しいのでファンも多いのではないでしょうか。私も妊娠前はワコールを使用していたので、まずは馴染みのあるスタッフさんにサイズ選びのお手伝いをして頂きました。

商品数は普通のブラよりは少ない印象ですが、アンダーウエアに特化しているからこそ、合うものが見つかるはず!

お値段はワコールの普通のブラと同じくらい価格 7,000円台〜10,000円台 となっています。

 

プレママ〜産後ママ、赤ちゃんのことまで徹底的に研究している日本の誇れるブランド「ピジョン」

昭和32(1957)年 創業し、哺乳器の開発・販売からスタート。赤ちゃんの事が大好き!という研究熱心な方が多い会社です。

ベビー用品といえばピジョン!というほど安心感のあるブランドは、お子様がいらっしゃるお宅に一つはピジョン製品があるのではないでしょうか。

今ではベビー用品だけでなく、プレママ用の商品も多く取り扱っており、マタニティブラももちろんあります。

お値段が1,600円〜3,000円弱とかなりお手頃なのが魅力です。

 

SNSで話題!おしゃれママを目指すなら「スイートマミー」

おしゃれを楽しみたいプレママやママのためにオリジナルデザインのマタニティウェア・授乳服を提案しているSNSでも話題のスイートマミー。

オンラインショップがメインではありますが、代官山には実店舗もあるので、商品を直接確認することやフィッティングスペースもあるので安心です。お子様連れでも楽しめるイベントも開催されていますよ。

マタニティーインナーだけでなく、ウェアや産後まで使用できるおしゃれなアイテムが豊富で、ファッション雑誌のキャンキャンが好き!という方には特にオススメしたいブランドです。

また、マタニティブラは日本製の商品が人気ですが、インポートの商品も取り扱っているので、バストが元々大きいという方や海外商品を使用してみたい!っという方にも一度ご覧になってみるといいと思います。

お値段は 3,000円台〜8,000円台 と無理なく選べるのもポイント。

 

商品の品数も多く、幅広い世代から支持されている「エンジェリーベ」

マタニティ&ベビーのオンラインショップです。

マタニティウェアやマタニテーインナーは、便利さを追求した豊富なサイズやラインナップが好評を得ています。

オンラインショップではありますが、カタログを取り寄せてじっくり商品を決めることもできますし、大阪に1店舗と東京に2店舗あるので、実際の商品を手にとって見てみることも可能です。店舗では妊娠期に応じたのサイズ選びのアドバイスなどもサポートして頂けます。

とにかく商品数が多く、マタニティ用でもおしゃれでサイトをのぞけば必ず欲しいものが見つかるので、私も幾つか商品を注文させて頂きました。

お値段はお手ごろな価格から少々お高めな商品まであるので、お財布と相談でしてチョイスしていけます。

 

コスパ最高!ママの味方「西松屋」

西松屋といえは赤ちゃん用品や子供服!というイメージが強いですよね。

いつ行ってもお手頃価格の商品が取り揃っているので、子育て世代には嬉しいお店です。

出産準備で西松屋へ訪れてみたらマタニティ用品も多数取り扱っていると知った!っという方もいらっしゃるのではないでしょうか。実は私もその一人。

商品数も多く、マタニティブラはなんと1,000円を切る商品もあるのはさすが西松屋です!お試しに使ってみたいという方にはおすすめです。

実店舗が近所にない!っという方も、オンラインショップがあるのでチェックしてみた下さいね。

 

どこで買う?マタニティブラの購入方法

PC

妊娠前はマタニティ用品については目に止まらないので、マタニティブラはどこで購入したらいいのか分からない方も少なくはないはず…そんな方へマタニティブラの購入方法主に2通りをご紹介いたします。

 

商品数が多いネットショッピングで購入する

妊娠初期につわりがあって外出することが難しい…度にたくさんの商品をみて見たい…試着姿を見られるのが恥ずかしい…という方はネットショッピングを利用するといいですよ。

店舗よりも商品数が圧倒的に多いので、好きな時間に人目を気にすることもなく選ぶことができます。

ついでに他の商品も一緒に購入することができるので、とても便利ですよね。

ただ、マタニティブラに関しては試着ができない分サイズ感やデザインが心配になると思いますが、そんな時は先輩ママや実際購入した方の口コミを参考にしてみるといいでしょう^^

 

実際に商品を手に取ったり、試着のできる店舗で購入する

ネットショッピングで購入するのは心配…マタニティブラ選びを失敗したくない…という方は実際の商品を手に取ったり、試着のできる実店舗を探して購入することが多いようです。

店舗のスタッフさんに使用方法や選び方を直接教えて頂けるので安心で確実な方法です。

前項で記載したおすすめメーカーには店舗もあるところがあるので参考にして見て下さいね。

ただ、店舗には全ての商品を取り揃えてない場合もあることを理解しておきましょう。オンラインやカタログにはあったのに…なんてこともあります。

 

マタニティブラのサイズの測り方

先ほどご説明したように、妊娠10カ月頃には2カップもボリュームアップして日に日に変化するバストなので、マタニティブラのサイズはどのように選んでいったら良いか悩みますよね。

基本的には、カップはトップとアンダーの差、サイズはアンダーの㎝で決まります。

しかし、自分で測るとなるとどうやるの?

普段のブラもご自分で測ったことのない方へ、

大手下着メーカーのワコールにとても分かりやすい説明があったのでご紹介いたしますね。

・できるだけ素肌に近い状態で測りましょう。ただし、パットが入っていないブラならブラを着けて測るほうがトップバストが上手く測れます。
・足を閉じて、背筋を伸ばして、力を入れずにまっすぐ立った状態で測りましょう。
・水平に測ることが大切。うしろが斜めにならないように、鏡で確認しましょう。
・少しでも細く少しでも大きくという気持ちを捨てて、閉めすぎず、ゆるすぎずを心がけましょう。

ちょっと水平に測るというのが自分で行うのが特に難しそうとは感じますが、これも慣れていけば問題なさそうです。

都度測るのはちょっと面倒かもしれませんので、妊娠初期にきちんと測っていれば、マタニティブラにはサイズ調整のアジャスターがあるのである程度は対応が可能かと思いますので頑張りましょう。

自分で測るのが不安な方はお店で測って頂くのが一番的確だと思います。その際自分でも測り方のポイントを教えてもらうのもいいですね。

 

自分に合ったマタニティブラを選ぶポイント

マタニティブラを初めて着けるとこんなにゆるくて大丈夫かな?っと心配になるかと思います。

マタニティブラはバストの変化をさまたげないことを第一前提に作られているので、普通のブラのようにバストを美しく見せたり、整えたりするろいうのは2の次なのです。それでもノーブラのように揺れすぎてもいけないので、適度な締め付けや支えが必要ですし、緩すぎるのも不安で落ち着かないと思います。

 

ここで改めてマタニティブラに求められるポイントをおさらいしてみましょう。

・乳腺の発達を妨げない構造

・妊娠中のバストの形に合ったカップの形状

・大きく、重くなって変化していくバストをしっかりと支えられる

などが欠かせない要素となっています。

ではこれらを踏まえてシーン別に選ぶとしたらどんなタイプがいいのかおすすめタイプを記載させて頂きますね。

 

通勤やデート時や締め付け感を好むならワイヤー入りのマタニティブラがおすすめ

ワイヤー入りのブラはやはりしっかりとアンダーバストをサポートしてくれ、つけている感覚があるので慣れている方はこの締め付け感がないと逆に気持ちが悪いという方もいやっしゃるのではないでしょうか。

ワイヤー入りブラであれば通勤やおしゃれしてお出かけする時もバストラインを綺麗に保てますし、マタニティ用は乳腺の発達をさまたげない工夫がされているので安心です。

 

締め付け感が嫌、でも外出しても楽で綺麗でいたい方はソフトブラがおすすめ

見た目はワイヤー入りとそこまで変わりませんが、ノンワイヤーでつけ心地が優しい設計になっています。楽でありながら下垂を守ってくれるので、外出先でも快適に過ごせるので締め付け感が嫌な方はおすすめです。

私は妊娠を機にソフトタイプのブラを着用し始めたのですが、柔らかくて大丈夫かな…と心配していたのですが、きちんと感もありながら動いてもズレない快適さにびっくりしました。

 

就寝時やリラックスして着用したい方はカップ付きキャミ又はハーフトップブラを

ホックやワイヤーもなく一番楽なのはキャミソールにカップがついたカップ付きキャミのマタニティブラとタンクトップの上半分にカップがついたハーフトップブラです。

カップ付きキャミは夏だけでなく、冬はお腹を冷やさないインナーとしても重宝しますし、めくれたりする心配がないのもポイントです。

ハーフトップブラは着やすい上、肩紐の幅が広くとられているのでバストの重さを軽減してくれる効果もあるのでおうちで過ごす時や産後の授乳ブラとしてもおすすめです。

両方ともアンダーにゴムが入っている程度でサイズ展開はざっくりM、L、XL、XL〜…となっている場合が多いので、各メーカーの詳細サイズをチェックして購入するといいでしょう。

 

私のお気に入りマタニティブラをご紹介

ここで、私のお気に入りのマタニティブラをご紹介させて頂きますね。

 

ワコールマタニティ 2Wayマミーブラ

出典: 楽天市場

ワコールマタニティ 2Wayマミーブラ

元々ワコールの商品を使用していたので、まずマタニティブラを購入する時に門と叩いたのは王道のワコール。サイズも測って頂き、試着にて気に入ったのがこちらの2Wayマミーブラ。

産前はもちろんのこと、産後の授乳ブラとしても使用が可能なブラという2Way は経済的にもありがたいなと思い、少々値が張っても長く使用できるものをチョイスしました。

ワイヤー入りではあるのですが、中心部分〜カップの半分くらい(3/2程度)までしかワイヤーが入っていないので、大きくなるバストを妨げることなくバストの形も崩れにくい設計となっているのです。

ほんと、固すぎず、柔らかすぎず、ちょうどいい着心地だったので、外出時はよく着用していましたよ。

そして、美しいレース使いもお気に入りポイントの一つです。

また、2Wayということで、授乳についてどうだったかも気になりますよね。授乳の際はカップ部分をめくって(折って)授乳する形になるのですが、授乳を頻繁にしている時期に着用し、かなりヘビロテしてもヘタってくることがありませんでした。

ご参考になれば嬉しいです。

 

マタニティブラおすすめ5選

それではマタニティブラのおすすめをご紹介させて頂きますね。

 

sweet mommy 伝説の美乳ブラ 産前産後兼用

出典: Amazon.co.jp

sweet mommy 伝説の美乳ブラ 産前産後兼用

開発に3年とかけて完成された拘りの詰まったブラ!

ママのこんなブラの欲しい!っという声から試行錯誤して制作しただけあって、完成度がかなり高い商品となっています。

特徴は、

・日本製

・アンダーの幅広ゴム

・幅広の肩紐

・内側はオーガニックコットン使用

・横流れを防ぐ設計、適度なストレッチ素材

私も1着持っていて、あまりのつけ心地の良さにびっくりしました。

前から見るとハーフトップブラのようですが、背中にちゃんと調整ホックがあって普通のブラのように使用するのです。

特徴でもある幅広のアンダーのゴムはフィット感を高めてくれて、全然苦しくなくてむしろ楽!ノンワイヤーでもここまでしっかりフィットしてくれるとは思いませんでした。

また、サイスアップしていくバストの重さを幅広の肩紐が支えてくれるので臨月近くの時期や授乳中の張ったバストでも下垂したりせず綺麗なバストを保つことができたと思います。

11色展開なので、お好みの色を見つけやすいですし、色違いで揃えるのもいいですよね。サイズ展開も M〜3L、GM、GLサイズ までと驚くほど幅広いので大きいサイズをお探しの方もきっと欲しい1枚が見つかるはず。

授乳時に関しても、クロスオープンタイプで大きく開くことができるので片手でサッと授乳ができてとても便利でした。ストレッチ素材が効いてるので、何度も開いてもヘタりが少なかったのも良かったですね。

最後に、こちらの商品は定価2,900円+taxととても良心的な価格!コスパがいいのが魅力です。マタニティブラも最低3〜4枚は持っていたいところなので、この価格は嬉しいですね。

 

ワコールマタニティ 2Wayマミーブラ ルノアーレ

出典: 楽天市場

ワコールマタニティ 2Wayマミーブラ ルノアーレ

筆者もおすすめの2Wayブラ!

前項にて私のおすすめを記載させて頂いたのですが、ワコールの中の代表的なマタニティブラです。

店舗に行けば採寸も試着もできるのできちんとしたサイズの商品選びができますし、オンラインでも購入可能です。

実はワコールのオンラインショップと百貨店のみで取り扱っている『ルノアーレ』というラインもレース使いがとても綺麗で下着にはこだわりたい!という方おすすめしたいラインです。

ルノアーレも2Wayブラ同様、中心部のみにワイヤーが入っており、カップの裏打ちにストレッチ性のあるウレタンを使用しているので産前〜産後までのバストボリュ-ムの変化(2カップ)に対応しています。授乳に関してもめくって(折って)使用するという方法です。

8,300円〜9,500円+taxと決してお安くはないですが、その繊細な作りは一度つけてみる価値はあるかもしれません。

 

ピジョン ずっと快適ブラ

パット使いが斬新!微妙な変化にも対応しやすいマタニティブラ

日本の老舗メーカーピジョンでおすすめのワイヤー入りのブラはこちらです。

このずっと快適ブラの特徴と言えば、斬新なパット使いが特徴!

カップの内側にツインパットと呼ばれる2つのパットが装備されており、この2つを使って横や下に大きくなってゆくバストに合わせて調整が可能なのです。細かく2つに分かれているので、微調整ができるとはなんて便利なのでしょう。

細かいパット使いでバストを綺麗な形に見せてくれるだけでなく、優しく包み込んでくれるので外出やおしゃれしたい日にはもってこいのアイテムだと思います。

J字のワイヤー入りなので、しっかりとした作りとなっています。

また、産後母乳パットを使用するときにこのセパレートのパット部分が美乳パットのポケットのようになるので、母乳パットがズレにくくなりそうです。

 

ANGELIEBE ママとつくったふんわり授乳ブラ

出典: Amazon.co.jp

ANGELIEBE ママとつくったふんわり授乳ブラ

このコスパで高い機能性なのが魅力!

エンジェリーベの数あるマタニティブラの中でも絶対的な支持を得ているのがこちらのブラです。

・ノンワイヤーなのにしっかりホールドしてくれる

・デザイン性が高く、高見えするコスパの良さ

・楽なのにしっかり美乳をキープしてくれる

・柔らかい肌さわりと作りなのにお洗濯してもヘタリずらい

・授乳用としても使用できる

のがこちらの商品の魅力。

正直言って、この価格帯ですと安くてペラペラ…ブラというより布を胸につけているような商品も多いのです…。こちらの商品はコスパが魅力ですが、機能性も抜群。

サイズ展開はM〜LLとなっているので、HPにてご自分にあったサイズを確認してご購入下さいね。

 

西松屋 きれいなラインのマタニティブラ

出典: 楽天市場

西松屋 きれいなラインのマタニティブラ

脇高設計で横流れを防止!シンプルなデザインでコスパも◎

ベビーや子供向けの商品の取り揃えが豊富な西松屋のマタニティブラ。名前は知っていたけど、妊娠前は訪れたことがないというかたも少なくないのではないでしょうか。
実は西松屋チェーンは全国展開しており、『日本のどこに住んでいても、車や何らかの交通手段で自宅から長くとも20分か30分かければ、満足のゆく品質の商品が安く便利に買える店舗づくり』に取り組んでいます。
そういえば、車や電車からうさぎのシンボルマーク見たことがある!と思いませんか?
西松屋にはオリジナルブランドが数多くあり、お求め安さが売り。今回ご紹介するマタニティブラもオリジナルブランドなのですよ。

その名も「きれいなラインのマタニティブラ」

特徴はこちらです

・ノンワイヤー

・産前産後対応

・ストラップオープンで授乳もらくちん

・脇高設計で美胸をキープ

・カップ裏メッシュでムレ軽減

脇高設計になっているので、ノンワイヤーでもアンダーをしっかりサポートしてくれそうですよね。また、妊娠中は体温が高くなってブラが蒸れてしまう…ということもあるので、カップ裏がメッシュになっているのは良さそう。夏場も活躍しそうです。

シンプルなデザインはお洋服に響かないというのも嬉しいポイント。

サイズ展開はM・L・LL。店舗でもオンラインでも購入可能なので、サイズを確認してみて下さいね。

 

マタニティブラの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、マタニティブラの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

年々進化を遂げているマタニティブラ!使用しないのはもったいない!

マタニティブラ

マタニティブラって本当に必要かな…っとお考えの方や現在購入を検討されていらっしゃる方、今のマタニテブラは年々進化をしているので、まずは1枚マタニティブラを着用してみて欲しいなと思います。

というのも、私が妊娠中に探していたときよりもオシャレで機能性も高い商品がたくさん出てきていると改めて感じたのと、マタニティ期はほんの限られた期間ではあるのですが、限られているからこそ普段使用しないアイテムを使って見るチャンスだも思うのです。

皆様に楽しく快適なマタニティライフを過ごてし欲しいなと思いますので、今回のおすすめ5選がご参考になれば嬉しいです。

 

記事内で紹介されている商品

ワコールマタニティ 2Wayマミーブラ

サイトを見る

sweet mommy 伝説の美乳ブラ 産前産後兼用

サイトを見る

ワコールマタニティ 2Wayマミーブラ ルノ…

サイトを見る

ピジョン ずっと快適ブラ

サイトを見る

ANGELIEBE ママとつくったふんわり授乳ブラ

サイトを見る

西松屋 きれいなラインのマタニティブラ

サイトを見る

関連記事