買うor手作り?ママ経験者が教えるベビーゲートおすすめ8選

かわいい大切なわが子。ずっと見ていたいけど、忙しいママはそうもいきません。育児だけではなく、家事にも追われていますから。

「ちょっと目を離した隙に…」という事故の話を何度か耳にしたことがあります。目を離してしまうのは仕方のないことですが、事故が起きないように、赤ちゃんにとって安全な環境を準備しないといけませんよね。

今回は赤ちゃんが安心、安全な環境で生活するために多くの家庭で使っている「ベビーゲート」についてご紹介します。

このベビーゲート、商品によって色々な特徴があるので、購入前にしっかり吟味する必要がありますよ!

 

ベビーゲートって実際必要?気になるQ&A

ベビーゲート

ベビーゲートは赤ちゃんがいる多くの家庭で使われています。特にキッチンの入口や階段付近など。赤ちゃんが一人で危険な場所に行かないようにガードしておくものです。

実際に使っているママたちからは「ベビーガードなしじゃ危なくて生活できない」という声を聞きますが、まだ使ったことのないママたちからは色々と疑問の声があるよう。

ここからはベビーガードについての代表的な疑問を、Q&A形式でお答えしていきますね。

 

Q1. ベビーガード、あるのとないのでどう違う?

A. ベビーガードを置く一番の理由は「ベビーガードなしじゃ危ないから」。

たとえば一軒家の場合、多くの家庭で階段があるでしょう。赤ちゃんの成長はすさまじいので、昨日までできなかったことが今日急にできることもあります。

「ちょっと目を離した隙に」赤ちゃんが突然ハイハイをはじめて、階段から落ちてしまったら…? 生死に関わる大きな問題です。

また油が飛んできたりするキッチンも危険です。「危ないから来ちゃダメよ」なんて言葉、赤ちゃんには効きません。強制的に壁を作ってガードするしかないのです。

つかまり立ちができるようになったらベランダへの侵入も危険。テレビ周りのコンセントや機械なども危ないですね。

「家の中だから安心」ということは決してなく、赤ちゃんにとっては家の中も危険なことだらけなのです。それらから守るため、ママはいつも気に留めていないといけません。

でもベビーガードがあることでママの不安や心配も必ず減ります。

危ない場所を立ち入り禁止にしてしまうのは親子の安心、安全のために必要なことなのです。

 

Q2. ベビーガードの処分は大変?

A. ベビーガードは赤ちゃんにとって大きな壁。つまり結構かさばります。存在感も大きい。

赤ちゃんのうちはありがたい存在なのですが、だんだん大きくなって必要なくなってくるとジャマになってきますよね。処分の方法は、粗大ごみかリサイクル。

粗大ごみの価格は自治体によって異なりますが、300〜600円程度でしょう。

「まだまだ使えてもったいない」という場合はリサイクルショップに売るか、友人などにあげるか。フリマサイトなどで売ってもいいのですが、大きいので梱包や送料が結構かかってしまうのです。

フリーマーケットなどで出してしまう人も多いようですよ。

 

Q3. 圧迫感が出そうだけど、子供の成長の妨げにならない?

A. 赤ちゃんにとっては圧迫感があると思いますが、成長とともに薄れてくるでしょう。だんだんベビーガードより大きくなるわけですからね。

子供の成長の妨げにはならないはずです。むしろベビーガードがなくて危険な環境にあるほうが、生活していく上でとても不安。

ベビーガードの向こう側にママがいて、ママに会いたくてベビーガードにしがみついて泣く赤ちゃんも多くいます。そのうちベビーガードに足をかけて上ろうとしたりもするかも。

「それってむしろ運動能力の向上につながっているんじゃ…?」と個人的には思いますよ。

だんだん赤ちゃんもベビーガードがあるのが当たり前の生活になって、なんとも思わなくなってくるはずです。

 

ベビーゲートは手作りできる!作るときの注意点とポイント

赤ちゃん

 

最近ではDIYが流行していることもあり、手作りでベビーゲートを作ってしまう人も少なくありません。

作りかたはその人の家庭やアイデアによってさまざま。

100円均一のワイヤーネットや突っ張り棒をうまく利用して安価にすませることもできます。

ホームセンターですのこを買ってきてアレンジしたり、使わなくなったベビーベッドをリメイクしてベビーガードにしてしまう人もいます。材料、アイデア次第で色々なものができそうですね。

ポイントは、

・どこに置くのか

・材質は何を使うのか

・開閉はできるのか

です。

階段付近に置くなら赤ちゃんを守れるように、強度の高いものにしないといけません。テレビ周りに置くくらいでしたら布製ややわらかい材質のものでも大丈夫でしょう。

置く場所によって材質を変えることをオススメします。

また「開閉ができるのか」「またぐ高さのものなのか」これも使い勝手を考えると大切。開閉できるものにするのは少し難しいのかもしれませんが、購入するよりは多少安くすむかもしれませんね。(どのくらいこだわるかにもよりますが…)

 

商品選びに注目するべきポイント3つ

ベビーゲートには色々なタイプのものが販売されていますが、実際子供を育てる親として、私が注目しているポイントを3つほどご紹介しますね。

 

材質には妥協しない

先ほどもお伝えしましたが「どこに置くか」で材質を選ぶようにしましょう。階段付近にやわらか素材のベビーゲートは危険ですし、赤ちゃんはゲートを舐めたりかじったりすることもあります。

個人的には衛生面も気になるところ。お手入れしやすく、扱いやすい材質を選ぶようにしています。

 

開閉のしやすさ

ベビーゲートは大人にとっても結構ジャマな存在です。階段の上り下り、キッチンの出入りのたびにドアが一枚増えると思うと面倒ですよね。ですから片手で開閉できるか、どのくらい開閉しやすいかもポイントです。

赤ちゃんが自分で開けられるくらい簡単では困りますが、ある程度軽く開けられるものがいいですね。数ヶ月、数年単位で使うものですから、使いやすさもよく考慮しましょう。

 

ロック機能があるのか必ずチェック

赤ちゃんがバタバタ動かしているうちに、まれにゲートが開いてしまうこともあります。ですから「ロック機能」が大切。ダブルロックという2つついているゲートもあるくらい、ロックは重要なのです。

簡単に開けられなくするのは赤ちゃんの安全を守るため。大人には少し面倒なときもありますが、ロックは必ずチェックしてくださいね。

 

ベビーゲートのおすすめ6選

ここからは色々なポイントを熟慮し、おすすめのベビーゲートを6つご紹介していきます。

 

1. 日本育児 ベビーゲート 扉開閉式のシンプルな突っ張りゲイト

出典: Amazon.co.jp

本育児 ベビーゲート 扉開閉式のシンプルな突っ張りゲイト

シンプルでスタイリッシュ。使いやすさもシンプルに。

どんなインテリアにも合わせやすい、シンプルなデザインとカラーのベビーゲート。「ごちゃごちゃしたベビーゲートは嫌」「圧迫感があるものは嫌」という人におすすめです。

片手で簡単にロックもでき、前後開閉OK。使いやすさも必要最低限でシンプルな構造です。

突っ張り棒タイプのわりには強度があるとのことですが、万が一を考えて階段用は設置禁止になっています。キッチン入口やリビング出口など、平坦な場所に使うようにしましょう。

 

2. 日本育児 ベビーゲート スマートゲイトⅡ 階段上で使える片開き式のベビーゲート

出典: Amazon.co.jp

日本育児 ベビーゲート スマートゲイトⅡ 階段上で使える片開き式のベビーゲート

ガッチリ固定!階段上で使えるベビーゲート

その名の通り、階段上でも使えるほど強度の高いベビーゲートです。

上下2点でロックができ、さらにロックをカバーするものまでついて超厳重。「うっかり子供がロックを外してしまった」ということは起きないでしょう。

買い物したものを運ぶときや洗濯物を運ぶときなど「今は開放しておきたい」という大人のリクエストにも答えてくれる「扉開放機能」というものまで備わっています。

家族みんなが快適に安心して暮らせるように考えられた商品です。

 

3. 日本育児 ベビーゲート ふわふわとおせんぼ キッズセーフ

出典: Amazon.co.jp

日本育児 ベビーゲート ふわふわとおせんぼ キッズセーフ

壁へのネジ、両面テープが不要なので賃貸住宅にお住いの人にもおすすめのベビーゲート。

高さは60センチ。この高さは大人にはまたぎやすく、子供には突破しにくいそうです。

設置は壁に突っ張るだけなのでとても簡単。すぐに使うことができます。ゲートの向こう側も見やすいメッシュ素材なので、ママも赤ちゃんも安心して過ごすことができますね。

ただこちらも階段上など強度が必要な場所には設置しないようにしましょう。進入禁止の部屋の出入口や、テレビ前のガードとして使用できます。

サイズもS〜Lまで選べるので、家庭にあったものを選ぶようにしましょう。

 

4. リッチェル ママらくソフトゲートRS

高さも取りつけ幅も調節できるベビーゲート!

こちらもソフトゲートですが、高さと幅を調節することができます。

取りつけ幅を合わせることでたるみを防ぐことができ、赤ちゃんの成長段階によって高さを10センチ上げることができます。高さを上げたとき、大人は転ばないように気をつけましょうね。

突っ張り式なので簡単に取りつけ可能。壁や柱を傷つけることはありません。でも階段上に設置するのは危険なのでやめましょう。

サイズはS〜Lの3展開。色はベージュとグレー2色から選べるのも嬉しいポイントです。

 

5. 日本育児 おくだけとおせんぼ

出典: Amazon.co.jp

日本育児 おくだけとおせんぼ

取りつけ不要!置くだけ簡単なベビーガード

なんと「置くだけ」という超簡単すぎるベビーガード。取りつけ不要なので、届いた瞬間から使うことができますね。

簡易的ではありますが、ドアは開閉しますしロックもちゃんとかかります。

折りたたみ式なので使わないときはどけることもできますし、別な場所に必要なときもすぐに動かすことができます。

ただ「置くだけ」ですので階段上は念のため避けたほうがいいでしょう。また赤ちゃんが小さいうちは開けることができませんが、力がついて大きくなってくるとガードごと動かしてしまえるかもしれません。

「とにかく手軽なベビーガードが欲しい」という人にはおすすめです!

 

6. 日本育児 ベビーゲート カラフルで自由度の高いパーテーション

出典: Amazon.co.jp

日本育児 ベビーゲート カラフルで自由度の高いパーテーション

カラフルでかわいい!長さも変えられるベビーガード

子供が喜びそうな、カラフルなベビーゲート。最大361センチまで広げることができます。角度をつけることもできるので、テレビ周りのガードにもピッタリです。また部屋を仕切ってしまうことさえできるのです。

長さが不必要なときは枚数を変え、短くして使うことができます。

扉にはダブルロックがあるので安全面もバッチリ。

ただ軽いので、伝い歩きができる頃には動かしてしまえるかもしれません。危険な場所には設置しないようにしましょう。

 

ベビーゲートの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ベビーゲートの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

ベビーゲートを使って、ママも赤ちゃんも安心して生活しよう

色々なタイプのベビーゲートがあること、お分かりいただけましたか?

取りつけ式、突っ張り棒式、置くだけ式などご家庭に合ったものを選ぶようにしましょう。

階段上やキッチン周り、テレビ周りなど置く場所に合わせた商品を選ぶことも大切ですね。

ベビーゲートがあれば、きっと今よりももっと赤ちゃんとママ、パパが安心して過ごすことができますよ!

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

本育児 ベビーゲート 扉開閉式のシンプル…

サイトを見る

日本育児 ベビーゲート スマートゲイトⅡ …

サイトを見る

日本育児 ベビーゲート ふわふわとおせん…

サイトを見る

リッチェル ママらくソフトゲートRS

サイトを見る

日本育児 おくだけとおせんぼ

サイトを見る

日本育児 ベビーゲート カラフルで自由度…

サイトを見る

関連記事