帝王切開出産経験者が教えるおすすめ産褥ショーツ7選

出産準備品の中で特にわかりにくいのが「産褥ショーツ」ではないでしょうか。

妊娠前には、ほとんどの女性が知らずに産院から入院前に準備するように言われる入院準備品です。

特に、予定帝王切開の方や緊急手王切開になった場合には必要な出産準備品といえます。

ただ、慣れない初めての経験から、どんな商品を購入すれば良いのかや、商品のサイズ選び、商品の価格帯など分からないことだらけだと思います。

そこで帝王切開を経験している私が具体的に「産褥ショーツ」がどのように産院で活躍するものなのか、その商品のサイズ選びの方法やおすすめの産褥ショーツの商品を紹介します。

 

産褥ショーツとは?

産褥ショーツという商品は、わかりやすくいうと生理中に使うショーツの股の部分がマジックテープで開閉できるショーツのことです。

産後は正常出産であっても帝王切開であっても悪露という生理のひどい時の日のような血のようなものが大量にでます。そのため、防水性が優れていること、そして、股の部分が開閉できることで、医者が検診をしやすい。

そして、助産師がパッドを取り替えやすいという産後の医療現場で便利な下着ということになります。こちらは、出産が近づくと助産師や母親学級で産院から出産時に必要なものとして準備するように言われるものです。

 

産褥ショーツは必ず必要なの?

産褥ショーツとは医療現場で診察などのしやすいショーツであるので、もし安産でするりと産まれた場合は、そこまで必要ではないかもしれません。実際にわたしの周りのままでは生理用ショーツで代用している人もいました。

でも、初産の場合は、私は準備するべき出産用品だと思います。緊急帝王切開にならなくても、正常出産でも会陰切開で出産する可能性もあると考えると準備しておいたほうがいいでしょう。

産後の検診はベッドに横になり受けることが多いのですが、そのときに開閉式の産褥ショーツは治療や検診の時間の短縮になります。産後は授乳やおっぱいマッサージ、それからお見舞いなどと、とにかく多忙です。

産後の女性にとってもスムーズに検診治療が早く終了できることは精神的な負担がかなり減ります。それから、帝王切開では腹筋に力を入れると激痛が走ります。正常出産でも今は赤ちゃんが出やすいように陰部を出産中に切る会陰切開をかなり多くの方がされるようなので、その時にも、陰部の消毒や傷の状態をベッドで医者が検診するときにも産褥ショーツであれば、脱ぐ必要はありません。

普通の生理用ショーツであれば、お尻をいったんあげて脱いだり履いたりしなければならないことになります。

それから悪露とは、子宮の中に残っている妊娠中のふわふわ血液のベッドの残りなので、パッドを取り替えるときに量はどうくらいか異常はないかなどのチェックもされていると私は医者から聞きました。産後のママのケアをするときに便利なのが産褥ショーツということになります。

 

産褥ショーツと帝王切開との関係について

最初にお話しましたが、わたしは帝王切開の出産です。

術後に事前に助産師さんに渡しておいた産褥ショーツを履かせてもらいます。帝王切開では、術後は短い時間で、何度も検診があります。その時にお腹の傷をみたり悪露の状態をみたりパッドを変えたり、また尿管をつけているため、その確認などもされていますが、本人は動けないので助産師と医者に任せきりの状態で寝ています。

他にも点滴とか血圧とかいろいろな機械でつながれている状態でいるのでなるべく治療などが受けやすいように産褥ショーツが必要といえます。

帝王切開はずっと寝ていると誤解されやすいのですが、実は違って術後2日目からは正常出産をした人と同じように育児を開始します。点滴を打ちながらになりますが、授乳もおむつ替えも同じようにします。

なるべく早く歩くことが回復の早道だということだそうですが、お腹の激痛と戦っている状態です。検診はベッドの上なので、もし、生理用ショーツだと腰を上げることになりますよね。

笑うだけでも傷が痛むくらいなので、産褥ショーツがあればそのまま治療時に寝たままで済むという面でも必ずあったほうがいい下着だといえます。

 

全開タイプとスタンダードタイプについての構造、特徴の違いは?

産褥ショーツには、二つのタイプがあります。それが、全開タイプとスタンダードタイプです。

股の部分がマジックテープで開閉できるものと股の部分もお腹の部分も横に開けるものです。正常出産ならスタンダードタイプでかまいませんし、帝王切開でもスタンダードタイプでも、かまいません。

緊急帝王切開の場合などはスタンダードタイプしか準備をしていないと思います。それから、全開タイプは特殊なので実店舗では置いてないところも多い気がします。

実際のところ、わたしは全開タイプを知らなくてスタンダードタイプのみ使っていました。実際のところ値段も高くなるので帝王切開だから必ず開閉式でなければいけないということではありません。

ただ、私の経験からするとパッドを替えるときは、スタンダードタイプで寝たままでいいのですが、お腹にはコルセットの柔らかいものを巻かれていてその上に産褥ショーツを履くことになるので、どうしてもお腹の傷の検査のときは腰を浮かさないといけません。そこで激痛が走る。我慢ができないわけでもないですが。今考えると全開タイプだったらもっとあの民は軽減できたかなと思います。

痛みのことばかり書いてしまいましたが、私は三回帝王切開をしていますが、だんだん痛みについての研究も進んでいて、産後も特殊な麻酔を点滴して痛みを軽減できるようになっています。でも、やっぱり痛いですけどね。

 

産褥ショーツの適切なサイズの選び方

では、ショーツのサイズ選びはどのようにすればよいのでしょうか。

ここでは、産褥ショーツのサイズ選びについて触れていきたいと思います。

まず出産したからといってお腹のサイズはすぐには凹みませんので妊娠前のサイズであると少しサイズ感としてきついかもしれません。

産後は締めつけないほうがいいので、迷うなら大きめサイズにしたほうがいいでしょう。

お腹のサイズが少し凹んだとしてもおしりのサイズはそのままのサイズなので、ゆったりめのサイズを買うことををおすすめします。

通常時と違い悪露は生理のひどい時のような量が最初は続きますので、入院中は大きな産後パッドといって生理用ナプキンよりも大き芽サイズで長く厚いものをつかいます。特に帝王切開の場合はコルセットの上に少しかかるので、大きめサイズのほうが無難だと思います。

サイズに関しては、産後用意していたサイズできつい場合は、マタニティショーツを代用するように言われることもありますので洗濯をして退院するまでは持っておくほうがいいですよ。

 

マジックテープの肌触りはどうか?

マジックテープについては、販売メーカーによって異なります。

実際に使ってみて思ったことは、やはりマジックテープはときどき痛いですね。私は、三回出産しているので三回ともときどき肌に当たると痛かったですが、そういうものだと思っていました。全く気にならない人もいるので人それぞれかもしれません。

肌が弱い方などは、少し縫製にこだわっているようなメーカーのものを選ぶと痛さが軽減するとは思います。

それから、産褥ショーツを履くときは大きな産後パットを挟むのでマジックテープの部分をうまく当たらないようにするなどは工夫していたように思います。生理用ショーツと素材的には変わらないので退院後も生理用パンツとして悪露が終わった後に使用しているママも多いです。実際に私も使っていました。

ただ、だんだんマジックテープの部分がくっつかなくなったり素材が痛くなったりするので、長くは使えないように思います。生理用ナプキンを使うなら羽つきでマジックテープが肌に当たらないように工夫するなどすれば気になりません。

1つ良かったことは、自宅に帰っても悪露は続くので量が多いために漏れて下着は案外必要になります。その場合、お洗濯をして干すときに開いて干すと乾く、悪露が終わるまではあってもいいのかなという印象が私はあります。

産褥ショーツは便利グッズであるので、どうしてもマジックテープが痛い場合などは助産師さんに相談すると、マタニティー用のショーツや生理用ショーツでも大丈夫な場合もあるのでつらい時は、我慢せず相談してみるといいですよ。

 

産褥ショーツのおすすめ

産褥ショーツは、赤ちゃん用品や下着メーカーでも様々な種類の商品が販売されています。

実店舗にも商品は販売されていますが、ネットでも多くの商品が販売されています。産褥ショーツで人気のある商品をご紹介します。

 

ローズマダム 産褥ショーツ

まずはこちらの商品から。

妊娠中も健康で何の問題もなく、正常出産予定ならママ下着で有名なローズマダムの商品がおすすめです。こちらの商品は、安価でママ用下着が有名なメーカーから販売されている商品です。

こちらの商品はお徳用三枚タイプの商品です。基本的に産褥ショーツの商品は、産院で便利な下着であるので三枚くらいあれば足ります。なぜなら、お手伝いの人がいればお洗濯をしてくれるでしょうし、出産は病気ではないので大きな病院でも洗濯機と乾燥機がありますし、自分で洗濯することができるからです。

オードドックスな産褥ショーツのまとめ売り商品というところでしょうか。

 

dacco 産じょくショーツ ラクパン

出典: Amazon.co.jp

ローズマダム 出産準備 5点セット

次はローズマダムから販売されている商品です。

こちらの商品は授乳ブラ2枚と産褥ショーツが3枚セットになっている商品です。上下でセットとしてもコーデもできます。

授乳ブラの商品も必ず必要になりますので、一枚ずつ揃えるよりも準備も楽でトータルの商品の値段も抑えることもできます。

ローズマダムの商品は、ドット柄やボーダーの商品、モノトーンの商品といったシンプルで使いやすいデザインの商品であることもおすすめです。

 

産褥ショーツ 大きいサイズ ウエストドットレース

こちらのメーカーの商品は、助産師さんとママの意見を採用した商品を研究され販売されています。

一枚入り商品ということでやや高めな商品ではありますが、縫製などもママの体により使いやすいように開発されている商品なので、商品の使い心地にこだわりがある方はこちらのメーカーの商品はおすすめです。

 

西松屋 2枚組産褥ショーツ

こちらは子育てママなら知らない人はいない西松屋チェーンから販売されている産褥ショーツの商品です。

こちらの西松屋の商品は実店舗もあり、育児用品や子供服の商品、マタニティー商品までに必要な商品が安価で購入できるので人気です。妊娠中から子供が小学生までは、かなりお世話になるお店ですね。もちろん、産褥ショーツの商品も置いてあります。

商品の値段も安く、オーソドックスなタイプの二枚組の商品です。最近では、西松屋の商品はネット販売にも力を入れているのでお子さんの用品と一緒に購入するママが多いお店です。

 

Rosemadame 産褥ショーツ 大きいサイズ ウエストドットレース

出典: Amazon.co.jp

Rosemadame 産褥ショーツ 大きいサイズ ウエストドットレース

こちらの商品は、大きいサイズの産褥ショーツです。

実店舗では売れ筋の商品を販売されていることが多いのでM、LあってLLくらいでなかなか大きいサイズはありません。赤ちゃん用品店ならお取り寄せもできることもありますが、時間もかかるしなんだか頼みにくいこともあると思います。

ネット販売ではサイズが充実しています。妊娠すると太りやすくなります。産後すぐやせるということはないので、ふくよかな方や妊娠中にふくよかになられた方は、無理をして小さいショーツを履くのではなく、自分の体にあった商品を選びましょう。

 

帝王切開におすすめ

trust map 産褥ショーツ 3枚組 帝王切開対応タイプ

出典: Amazon.co.jp

trust map 産褥ショーツ 3枚組 帝王切開対応タイプ

こちらの商品は全開タイプの商品です。全開タイプの商品だと少し値段があがるのですが、こちらの商品は3枚組でお値段はスタンダードタイプと変わらないくらいなので人気があります。

こちらの商品のサイズはワンサイズ大きめのほうがいいという口コミがありました。全開タイプの商品の場合はスタンダードタイプの商品ほど前部分は伸びないし、コルセットの上から履くとおもうとやはり大きめが安心だと思います。

出産準備にはお金がかかるのである程度の部分は許せるならお買い得パックの商品で問題ないと思います。

 

犬印本舗 産褥ショーツ M-L グレー

こちらの商品は、全開タイプの商品なので予定帝王切開の方が使う商品ですね。犬印は、妊婦帯なども多く作っているメーカーなので子供を産んだ女性の研究をよくされています。大きめでゆったりと履ける昔からのタイプの商品です。

産褥ショーツしか書いていないので、正常出産の方のレビューもAmazonで書かれています。

産褥ショーツという商品は産後に医者や助産師が診察または治療をしやすいことが目的ですので、生理用ショーツのように使い心地はいいものではないというのが本音だと思います。

予定帝王切開なら全開タイプの商品を選ぶと診察が楽になりますが、正常出産では直接履くので全開タイプの商品では履き心地が良くないですし、腹部を開く必要もありません。

帝王切開になるかもしれないというのはもちろん誰しも可能性はありますが、先ほどいいましたようにスタンダードタイプの商品でも対応できますので、何も決まっていないうちはスタンダードタイプの商品を買っておくほうがいいかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたか?

産褥ショーツは、一時的に必要なものなので1つのメーカーで商品を買いそろえることも多くなかなか比べることができません。

口コミは参考になりますが、他の産褥ショーツと比べたというよりは生理用ショーツの商品と比べてという感想が主になっているのでネットで選ぶ場合は、商品の悪い口コミだけじゃなく商品の良い口コミと合わせて選びましょう。

育児用品店などで商品を購入する場合、わからなければ店員さんに商品の売れ筋を聞いてみるのもいいでしょう。

早めに商品を準備しましょうと書いてある物も多いですが、実際には助産師や産院からの指示が妊娠後期にあるはずなのでその時に商品を準備すれば充分間に合います。実店舗では商品の種類が限られることが多いので、ネットで授乳ブラの商品と一緒に購入する人が現代は多いようです。

記事内で紹介されている商品

ローズマダム 産褥ショーツ

サイトを見る

ローズマダム 出産準備 5点セット

サイトを見る

dacco 産じょくショーツ ラクパン

サイトを見る

西松屋 2枚組産褥ショーツ

サイトを見る

Rosemadame 産褥ショーツ 大きいサイズ ウ…

サイトを見る

trust map 産褥ショーツ 3枚組 帝王切開対…

サイトを見る

犬印本舗 産褥ショーツ M-L グレー

サイトを見る

関連記事