親子で厳選!比べてわかった夢中になれるお絵描きボードおすすめランキングTOP7

我が家の5歳になる子どもは、小さい時からお絵描きが大好きです!
今は2歳になる下の子どもも上の子どもの影響を受けて、2人ともお絵描き好きです。
鉛筆、色鉛筆、ペン、クレヨン、絵の具、様々な描く道具を持っていますが、あちらこちらに描いてしまう時期は側について見守っていないといけませんよね。
我が家の子ども達はお洋服やおもちゃ、壁にまで落書きをしたこともありました。そしてそれを消すのが大変。
お洋服も壁も完璧に綺麗に消えません。
我が家の壁は子ども達の落書きをされた箇所がたくさんあります。まるでアートです。
でも、ママは毎日やることがたくさんあります。本当は一緒にたくさん遊びたくても、家事もやらなければいけない。そんなときにお絵描きやりたい!と子どもに言われてしまったら、子どもだけでお絵描きをさせるなんて…落書きされないか?と心配になりますよね。
かと言って『今忙しいからお絵描きは後でね!』と子どものやる気を損ねてしまうのも可哀想ですよね。
そんなときにとても便利なのがお絵描きボードです!目を離していても汚れたりあちこちに描かれる心配もありません!
私は普段、子ども達がお絵描きしたい時は出来るだけ見守っていますが、どうしても家事をしたい時もあるわけです。
そんなときにお絵描きボードを出していますよ!
オススメなのが、普段は出しっぱなしにしておかないこと!
たまに出すことで特別感が出ます。
もちろん普段から出しておくのも悪いわけではありません!
おもちゃの特別感は後々に。

 

1歳から使えちゃう!お絵描きボードがおすすめのわけ

お絵描きボードとは?

紙とペンを使わずに何回も繰り返し使用できるおもちゃです。

 

安全なおもちゃだから1歳でも使える

小さい金具などが付属でついていないので、誤飲の心配がありません。
中には小さいスタンプや壊れたりしたらビーズが取れるものもあるので使い方に気を付けたり割れたり壊れたりしたら補修したり直したりしましょう。

 

床やお洋服を汚す心配なし!

ほとんどのものがペンではないので、パパやママが目を離して遊ばせることが出来ます。

 

お絵描きボードの種類はこんなにある!

スタンプも楽しい磁石式

お絵描きボードは磁石式のものが定番ですよね!
スタンプが付いてるものも多く、ボードにペタン!と乗せるだけで形が出てくるので楽しいです!
キャラクターのものはキャラクターの形が多く、定番のものは丸、三角、四角などが多いです。
また、昔は磁石の黒い色がほとんどでしたが今はカラーがたくさんあり、色鮮やかに描けるものもあります。
手が汚れないメリットがありますが、強い力を加えたりするとボードの表面に磁石がついてしまって描いても見にくくなることもあります。

 

水遊び感覚!水で消えるタイプ

定番の磁石式が多い中、水で消えるものは柔らかい書き心地と時間が経つと消える楽しさもあります!
水なのでお洋服を濡らしてしまっても他は汚れる問題なし!
一気にたくさん書いてしまうと書く場所がなくなってしまいますが、水が大好きな子ども達にはかなりおすすめです!

 

ホワイトボード

汚れを気にしないならホワイトボードもおすすめ!
ハッキリとした発色で書けるので、家族間でのメモ代わりにも使えます!
ペンを使うので汚さないで書ける子どもにはいいですが、小さい子どもには不向きかな?と私は思います。

 

描き方に味が出る黒板式

学校で使う黒板がメジャーになりました!チョークを使うタイプのものです。色味や書き方で味が出るので、今はインスタ映えに料理のメニューを書いたり、お部屋の壁の一部を黒板にして子ども達の遊び場としてる人も多いです。
シートタイプのものがあり、DIYでおうちの壁に貼って書くことも出来ますよ!

 

デジタルタイプ

今は会社でも電子メモとして取り扱われてるものです。
商品によってはメモリーを残しておいたり、消したいときは一瞬でパッと消すことができます。
ペンタイプですが、汚れもつかず、普段と違うものに子どもも大喜び間違いなしですね!
電池式なので電池が切れたら使えないのがデメリットです。

 

持ち運べる便利なコンパクトなお絵描きボードがおすすめ

 

私が実際に多用に使ってるのがコンパクトサイズのお絵描きボードです。
お出掛けするときのママバッグの中には必ず子ども2人分の2つ入っています。
病院やバス・電車・飛行機の移動の車内、子どもがうるさくしてしまったらどうしよう、周りに迷惑を書けないようにするにはどうしよう?と悩むパパやママも多いはず。
そんな時にお絵描きボードはとてもおすすめなのです。

・遊ぶのに大きな音がしない
・食べ物みたいにニオイがしない
・バッグの中でかさばらなくて軽い

というメリットがあります。
子どもの声を『賑やかでいいわね!』と喜んでくれる人ばかりではありません。
公共の場では子どもにマナーを教えるのもいい機会ですよね。
ですが、大人みたいにただじっと待ってるのは難しいもの。
お絵描きボードは周りに迷惑を掛けないように遊べるおもちゃです。
ですが、ただ描かせてるだけでは子どもも飽きてしまいます。
最初は自由に描かせて、飽きてしまったらお絵描きクイズなんていうのもいいですね!
パパやママが描いたものを子どもが当てたり、子どもが描いたものをパパやママが当てたりするのも楽しいですし、時間がかなり持ちますよ!
また絵の枠だけ書いて、はみ出さないように塗ってね!というのも楽しいです!
点をいくつか書いて繋げたり、好きな形をいくつか書いて数えたり、工夫次第でたくさん遊べます。
強い力を加えると割れたり、磁石が表面にくっついて書きにくくなったりすることもあります。

先日の北海道胆振東部地震で我が家も被災しました。
避難所へ行った時にはこのお絵描きボードのおもちゃがとても重宝しました。
周りも皆、疲れが出てきている中、子ども達が走り回るというのはやはりイライラしてしまうものです。
ですが、子ども達はおもちゃも何もない。走り回ったりして楽しむしかないのです。
我が家の子ども達はお絵描きボードで遊んでいて、少し飽きたかな?という所で気分転換にテレビを見に行ったりと周りには迷惑が掛からないようにしていました。
かさばらなく軽いので、お子さんがいるご家庭での防災バッグには1つあると子ども達は遊べるものがあっていいかもしれません!

 

お絵描きボードを選ぶポイントはここ!

・使う場所
・汚れにくさ
・子どもが楽しめるか

まず、どんな用途で使いたいか考えてみてくださいね!
自宅で使いたいのか、外出用として使いたいのか。
私は自宅用に水で消えるタイプのものを持っています。
これはおもちゃ屋さんでサンプルとしてこのおもちゃが出ていて、子ども達がとても気に入って遊んで、帰りたくないと駄々をこねるほどでした。子ども達が楽しめるものがいいと、普通の磁石タイプとどちらがいいか聞いたら水で消えるの!と答えたのでこちらを選びました。

また外出用としてコンパクトサイズのものをバッグに2つ、車用に2つあります。
大きいものはダイナミックに書くことも出来ますが、外出用として考えると現実的ではありません。
またiPadを持っていて、お絵描きは出来るのですが、とても重いです。
iPadは飛行機で遠出をするとき用に持っていくことが多いです。

子ども達はまだまだペンだと汚してしまうのでホワイトボードや黒板式は使ったことがありません。

 

親子で厳選!お絵描きボードおすすめランキングTOP7

第1位 100円均一のお絵描きボード

 

こちらの商品は言わずもがな…108円で購入出来ます。
まず試しに…!と買いやすいお値段ですし、軽くてコンパクトで持ち運びしやすくママバッグには必ず入れています。
子どもが2人いるのでバッグには2つ入れています。車用にも2つ入っています。
ペンと本体を繋ぐものがなく、ペンをしまうところもカチッとはまりにくくなっていて無くしやすいので私は紐をつけています。
人気商品で欠品することもあるくらいです。
ただ、やはり100円均一。割れやすいのがデメリットです。
ですが、コンパクトさ・軽さ・手軽さ…総合1位です!

 

第2位 スイスイおえかき かく! きく! かぞえる! おしゃべりトーマス

出典: Amazon.co.jp

スイスイおえかき かく! きく! かぞえる! おしゃべりトーマス

 

上の子どもが大変気に入った商品です。
水を入れるペンは開け方が通常と反対側になっていて子どもが開けられないように工夫されています。
もし開けてしまったとしても水なので、怒らなくてもいい!ママにも嬉しいですよね!
水のペンで線路を書き、トーマスにその上を走らせると音がなります。
この音も3種類ほどあり、線路を書いて遊ぶ以外にも使えます。
片付け方も簡単でペンは中の水を出し乾かす、シートも乾かすだけだす。
ペンは1日置いといたら乾きますしシートは20分ほどで乾きます。
他に色んな色で描けるものもありますよ!

 

第3位 gg*oekaki house

こちらの商品は本当に可愛く置いてあるだけでおしゃれに見えます!
姪っ子の出産祝いに贈りましたが、姪っ子のママの方が喜んでいたくらいです。
出産祝いやお誕生日プレゼントにもとてもおすすめです!
昨年主人の実家に帰省したときに姪っ子に貸してもらいましたが、我が家の子ども達も取り合いになるほどでした。
絵を描く場所で色が変わり、また上にあるビーズは息子がずっと足し算をして遊んでいました。
下の子どもはずっとスタンプを押していました。
木枠で重いかな?と思いましたがそうでもなくしっかりとしていて使いやすかったです。
スタンプを使いすぎたのか磁石のところが外れてしまったようで接着剤でつけたと言っていました。

 

第4位 アンパンマン天才脳らくがき教室

仲良しのお友達が持っていて、アンパンマン大好きな子ども達はいつも遊ばせてもらっています!
左側にあるアンパンマンの顔がとれて、アンパンマンの顔の形がスタンプできます。
子ども達はそのスタンプでボードをアンパンマンの顔だらけにするのがとても楽しいようです。
また下の子どもはまだ上手に顔が書けないですが、スタンプだけでアンパンマンが出てくるのが簡単で飽きずに押して楽しんでいます。
ですが、下の子どもにはこのアンパンマンの顔のスタンプが若干取りにくそうで、いつも取ってあげてます。
好きなキャラクターのお絵描きボードだと飽きずに楽しめるのがいいですね!

 

第5位 電子パッド

こちらの商品は子ども達がもう少し大きくなったら購入したいと思っている商品です。
主人の実家が飛行機で行かないと帰省できない距離なのでお絵描きボードは必須ですが、さすがに小学生くらいになるとこういう電子パッドがいいかな?と考えています。
子どもだけでなく大人まで使えて、さらに持ち運びしやすいサイズ感と薄さ。かさばらないのが本当にいいです!
子どもが持つ分にも大きすぎず小さすぎずに子どものリュックにも入ります。
電子なので、目を痛めないかと気になるところですが、描いた絵や字がグリーンで浮かび出されるので目に優しそうなのも良さそうです。
磁石タイプと違って割れたり壊れる心配も少なそうです。

 

第6位 お絵かきボード WELCOOL

出典: Amazon.co.jp

お絵かきボード WELCOOL

こちらの商品はスタンプが5つもあり子どもは喜んで押しそうです!描く所で色も変わり赤、青、黄色、緑と4色ででてきます。
カラフルで見た目も可愛く、楽しく絵を描けそうです!
お絵かきボードに持ち手がついているので持ち運びしやすく、消すようのレバーも持つ部分の突起があるので子どももスライドしやすく消しやすそう。
スタンプを戻すところが本体にはないのがデメリットですが、セットで置けるように箱を用意してお片付けしやすくするといいかも!と思いました。

 

第7位 お絵かきボード 両面タイプ

出典: Amazon.co.jp

お絵かきボード 両面タイプ

こちらの商品はお絵描き好きの子どもにはたまらない!両面使用できる商品です。
黒板としてチョークで、ホワイトボードとしてペンで、どちらも使えるのが魅力的です!
磁気ボードなのでマグネットをくっつけることが出来ます。市販のマグネットを買って、好きな形に紙を切って裏に張り付けてオリジナルのマグネットを作って使うも良さそうです。
簡単に360℃回転し調節できるのでどちらの面も手軽に使えます。
意外と大きめなので子どもは先生気分で楽しめそうですね!

 

お絵描きボードの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、お絵描きボードの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

お絵描きボードはただのおもちゃじゃない!

お絵描き好きの子どもがいるなら、1つは持っておきたいですよね!
自宅用でなくても外出用としてあるととても便利です!
外食しに行ったお店でご飯が出てくるまで…など、さっと使えるのでとてもおすすめです!
お絵描きボードはおもちゃとして…だけではありません。
家族のコミュニケーションのツールとしても便利です!
是非お気に入りを見つけてくださいね!

始めに書いたように、《おもちゃの特別感》を演出するには少しの工夫で叶います!
おもちゃ全部を出しっぱなしにせずに、例えば半分の量だけ出して、もう半分は子どもの手の届かない所に保管しておくのもオススメですよ!
1~2週間、1ヶ月と期間を決めて入れ替えれば同じおもちゃの量でも子どもには新鮮味があります。
またこれをすることで子どもがどのおもちゃで頻繁に遊んでいるか?どんなおもちゃが好きなのか?ということもわかりやすくなります。
『あのおもちゃで遊びたい!』と言われることもきっとあると思います。
そうしていくことで、本当に必要なおもちゃも見えてきます。
お部屋も散らかりにくくなりますよ。
ママやパパにとって入れ替えることは負担になるかもしれませんが、どんどん新しいおもちゃを買うよりもそのおもちゃでじっくりと遊べたりと嬉しいメリットも多いです!
我が家ではお友達が来たときに遊べる特別なおもちゃもあります。
お絵描きボードもその一つです。
第2位であげた スイスイおえかき かく! きく! かぞえる! おしゃべりトーマスはお友達も大興奮のおもちゃです。

記事内で紹介されている商品

スイスイおえかき かく! きく! かぞえる! …

サイトを見る

アンパンマン 天才脳らくがき教室

サイトを見る

お絵かきボード WELCOOL

サイトを見る

お絵かきボード 両面タイプ

サイトを見る

関連記事