買いたいものを検索してください

アウトドアがさらに快適で楽しくなる!車中泊用マットのおすすめランキングTOP8

わたしの住んでるところは田舎なので車がない家庭はほとんどありません。車じゃないと不便ということですね。それから、県内には遊ぶところも買い物できるところも少ないので、普通の土日で県外に車でバンバン行く人が多いです。買い物に県外にいくたびにどこかに宿泊するというのでは、いくらお金があっても足りないので遅くなった場合は車で寝るという人が結構います。

わたしは県外出身なので最初驚いたのですが、実際にマネをしてみると車内泊も実は楽しいものなんですよね。うちは夫の1BOXがファミリー用なので、県外へ行き遅くなったときはリアシートを全部倒してフラットにして子供たちを寝かしたりしています。

その時に、薄めの家のマットレスを積んでいっていたんですがママ友に車中泊用マットがネットにはたくさんあってとても便利だということを聞きました。実際に調べてみると思っていた以上に賢いアイテムであることがわかりました。今回は、アウトドアやレジャーだけでなくお子さんがいる家庭にも便利な車中泊用シートについてご紹介します。

 

キャンプなどのアウトドアに車中泊用シートは相性抜群!

車中泊用シートは車用品専門店や高速のインターでも売れすぎ商品としてよく紹介されています。実際に大きな商品なのではないかと思われるかもしれませんが、小さくたためる商品がほとんどです。

カーキャンプなどにはとても適していますし、テントを立てたときに中にレジャーシートだけだと痛いですよね。厚めのレジャーシートでもごつごつすると思います。

そんなときに車内泊シートを使うと寝心地もよくなります。寝袋の下に敷くとより快適にテントの中でもぐっずり眠れると思います。さまざまなアウトドアシーンに工夫次第で大活躍するのが車中泊用シートです。

 

車中泊用シートは万能なアウトドアグッズ!

車内だけでなくアウトドアシーンで大活躍する車中泊シートは、持っているととても便利です。家族やお友達とアウトドアを楽しむ方は万能なアウトドアグッズとして持っている方も多いです。どんなふうに使っているのがご紹介します。

 

寝袋の下に敷くとキャンプの際も快適!

キャンプの時はテントを立てて寝袋で寝られる方も多いと思います。寝袋は、あたたかく眠ることはできますが、寝心地はあまりよくないですよね。テントの床に車内泊用シートを引くとマットレスのような寝心地になります。お外でみんなと眠るのは楽しいことですが、ごつごつと寝心地が悪くて夜中目覚めては次の日も疲れがたまってしまいます。快眠のためにつかうのもとても有効です。

 

キャンプ中はソファとしても使える!

車内泊用シートは、寝るだけでなくソファーとしても使えます。ふわっとしているので地面からも少し浮いた感じもあるので暑い日などは土からの高温も避けることができ涼しいです。お尻も痛くなりませんし、たまに横になることもできます。それから小さなお子さんがいる場合、外遊びで疲れて寝てしまうこともありますよね。

そういった場合もテントに引いておくとそのまま寝せることができます。その上にバスタオルなどかけてあげれば快適なお昼寝もできて、眠れないことからくるグズリらずぐっすり眠りやすくなります。

 

自宅のくつろぎ用マットとして

今はフローリングのご家庭が多いですよね。アパートだとちょっと狭かったりしてあまり大きな家具がおけないこともあると思います。そういう時に、お昼寝用やくつろぎ用で車中用シートを活用されている方もいます。小さなお子さんがいるかたなども便利です。必要ないときは片付けることもできるので場所もとりません。

 

車中泊シートを購入する前に確認すること4つ!

車中泊シートはネットでも人気商品であるのでたくさん種類があり選ぶのに迷ってしまいますよね。自分の満足できる車中泊シートを買う前に確認するポイントをご紹介します。

 

コンパクトになるかどうか、収納袋の有無を確認

車中泊シートは、便利なアイテムであるのですが、大きな商品でもあります。まず、ずっと引きっぱなしと言う方はあまりいないと思います。必要なときに使う商品であるので、収納時にコンパクトになるかどうかは大事です。小さくなれば邪魔にならないので車にそのまま積んで置いても邪魔になりません。

必要な時にいつでも取り出せると便利ですよね。それから、収納袋があるとより便利です。しっかりと収納できて片付けやすいというのもありますが、寝具としても使う商品なので収納袋があるとほこりや汚れも防げます。

 

アウトドア用として使うなら水に強いものを

たとえば、海などのレジャーでアウトドア用として車中泊シートを使う場合は、撥水加工など水をはじきやすい商品だと便利です。夜釣りに車で出かけて方も釣りをするまでに車中で眠って置くという方もいらっしゃるようです。そういった場合も魚などを車内に持ち帰るときに濡れたりする場合もありますよね。水辺のレジャーとして使う場合は、水に強い素材の商品を使うと便利です。

 

価格で決める

車泊用シートの価格帯は広いです。安く買える商品から少し高めの商品までネットではさまざまな商品がそろっています。簡易的に使いたいのか長く使いたいのか、それから誰がそれを使うか使う頻度はどれくらいなのかなどを考えながら、自分の出せる金額を考えて購入することをおすすめします。

ネットでは実店舗よりも比較的安価で買えることが多いのですが、あまりにも安いと粗悪品ということもあります。口コミなどを参考にしながら選びましょう。

 

自分の車と商品のサイズ感で考える

車中泊シートは、車の車種を限定していません。全体のサイズは表示してありますので、サイズ確認は必ず下ほうがいいですね。

小さすぎるとリアシートの端に体が落ちてしまう可能性もありますし、大きすぎるとフラットに置けない場合もあります。購入する前は、リアシートを実際に倒してメジャーなどで計り商品サイズと比べてみると間違いがないと思います。

 

軽量でコンパクトな商品ならエアーベッドが人気

車中泊シートの中で1番人気で主流商品といえばエアーベッドタイプです。空気を入れて膨らませるヘアーベットと同じですね。小さく折りたたむことができ、簡単に膨らませて使用できるのが特徴です。自動膨張式のタイプはバルブを開けるだけで自然に膨らむタイプです。手軽ですが、少し空気の入りは少ない傾向にあります。

手動膨張式の場合は、電動ポンプをシガーソケットにつけて素早く膨らますことができるという商品が多いです。少し手間はかかりますが、しっかり空気を入れることができるのでふわっと仕上がります。空気を抜くときもバルブを外せば自然の抜けて小さく収納袋に入れコンパクトにできる商品が人気です。

 

車中泊用マットのおすすめランキングTOP8!

車中泊マットは、ネットでも売れ筋商品です。大きなファミリーで寝られる商品やコンパクトな1人用まで様々なタイプがあります。リアシートだけでなくアウトドアシーンでも使われている方も多い商品です。

今回は、ネットでも話題の人気の車中泊シートを厳選してランキング方式でご紹介します。

 

8位:Levolva スペースクッション シート

出典: Amazon.co.jp

Levolva<レヴォルヴァ> 車中泊マット スペースクッション シートフラットクッション100 段差解消100mm LVFC-2
ブランド

Levolva の車中泊シートは、いわゆる昔からあるクッションそのものですね。小さくたたむエアータイプではなく、高級感のある車内マットレスという感じでしょうか。子供が小さかったりまたは車中泊をよくする方などはそのまま車のリアシートに乗せっぱなしの方も多いものです。いつも使うんだから収納しなくてもいいという考えですね。

硬質ウレタンを採用しているので寝心地がとても良いです。長時間寝ていても沈み込みを抑えるので、おうちのマットレスで寝ているような寝心地です。硬質ウレタンは硬めの寝心地なので腰なども痛くなりにくいです。

外側は難燃PVCレザーを使っているので、タバコなどの灰が落ちても燃え広がりにくく安心です。カバーには水や汚れに強く見た目の高級感にもこだわっています。サイズは長さ455×幅580×厚さ20/100mmです。スリムなので軽自動車やコンパクトカーでも使用できます。カラーはブラックです。リアシートをフラットにした上にのせれば段差もなくなり寝心地もアップします。

7位:WOPOW SUV車用ベッド エアーベッド

出典: Amazon.co.jp

WOPOW SUV車用ベッド エアーベッド エアーマット アウトドア ベッドキット キャンプ用 車中泊ベッド
ブランド

WOPOWの車中泊用マットはなんといっても豪華です。SUV車用エアーベッドですね。アウトドア派の方はこのタイプの車を愛用されている方が多いですよね。99%のSUVタイプの車に適応するように作られています。材質は高級PVC材質を採用しています。付属の電動エアーポンプを利用して約5分間ぐらい車用ベッドには膨らませることができます。

リアシートが引くだけで極上の空間に早変わりします。グリーンを基調としたカラーと高級感のあるデザインも素敵ですよね。使用後は空気を抜いて小さく収納できます。3つ折り式のマットなので女性や子供も簡単に設置できます。空気を入れた状態で190CM×130CMの大きさになります。

厚さもしっかりあるのでキャンプなどのアウトドア使う時も 湿気と寒気も回避できます。リアシート全体が一気にお部屋のように変わるような車中シートなのでお子さんがいればきっと大喜びしますね。大きさもあり厚さもしっかりしているので来客用のベッド代わりにもかなり優秀に使えると思います。

 

6位:マット 5cm厚 自動膨張マットレス

出典: Amazon.co.jp

マット 5cm厚 自動膨張マットレス 連結可能 高反発 高密度ウレタンフォーム 防水 ダブルエアーマットキャンプ 車中泊

Bella Gift Storeの車中泊用シートは2人用ですね。使用しないときは空気を抜いて毛布をくるくる巻いて収納袋で収納できます。小さくなるより細くなるタイプですが、トランクなどに入れておけば邪魔にならないと思います。2人用で広いのですが、ほどよい厚みで枕もついているのでご夫婦やカップルでのアウトドアや小旅行に使うのにちょうどいいかなと思いました。

バルブを開けるだけで、自動で空気を吸込み膨らみます。キャンプなどでは寝袋の下に敷いて使うと快適です。
表面は通気性高いオックスフォードを使用し防湿があり汗をかいても快適です。サイズは約180cm×132cm×5.0cmです。
収納サイズは66cm×20cmです。手軽に2人で使える便利な車中用シートです。

 

5位:エアーマット SGODDE

出典: Amazon.co.jp

エアーマット SGODDE 厚さ12cm 押すだけで膨張 シングル エアーベッド キャンプマット コンパクト アウトドア ピクニック キャンプ 花見 車中泊 防災 軽量 防水 収納袋付き
ブランド
カテゴリ

SGODDEの車中泊シートは、シンプルで使い勝手がいいのでさまざまなシーンで活用されている方が多い商品です。サイズは長さ195cm×幅63cm×厚さ12cmです。素材は弾力性に優れたウレタンフォームを採用しています。特徴としては柔らかくて、通気性が抜群です。

丈夫な190TポリエステルにPVCコーティングを施しているので耐水性に優れて、地面に付いた水分の浸み込みを防ぎます。そのためキャンプなどのアウトドアでも人気ですね。汚れてもサッと抜き取ることができるので、お手入れも楽です。

空気を入れるときはポンプいらずで両手、または足で空気入れバルブを押して、気軽に空気を入れることができます。空気がマットに完全に入ったことを確認して空気注入バルブを閉じるだけです。空気を抜くときが、抜き穴に短いプラスチック のパイプを差し込んで置けば空気抜きやすくなります。

収納バッグもついていて小さく丸めることができます。こういうタイプは防災グッズとしても活躍しますよね。山や海にも座るところがない場合でもすぐ膨らませて使うことができるので休憩場所として引けばみんなで座ることもできて便利だと思います。

 

4位:エアーマット KOOLSEN

出典: Amazon.co.jp

エアーマット キャンプマット キャンピングマット KOOLSEN エアーベッド 自動膨張 連結可能 テント泊 車中泊 耐水加工 アウトドア キャンプ 寝袋 枕が付き
ブランド
カテゴリ

アウトドア用品を開発しているKOOLSEN の車中泊用シートは、アウトドアブランドだけあってうれしい機能がいっぱいです。サイズは187cm*67cm*3cmで1人用です。ミニバンのフルフラットにぴったりおさまるサイズに工夫されています。材質はナイロンです。カラーはブルーとグリーンがあります。

両サイドに連結用のボタンがありますので、同じこちらのシートなら2枚以上つなぐことができて広いシートにもなります。特徴として、なんといっても枕つきということですね。枕がついているシートは少ないので寝心地もさらによくなりますし、クッションや枕を持ちこむ必要もありません。

バルブを開くと自動で空気が入ります。もしマットに穴が空いてしまった場合も応急処置できるように補修シールが付属しています。お出かけやアウトドアシーンでの突然のがっかりを少しでもなくせる工夫がいいですよね。アウトドアブランドだけあってマット生地には耐水加工を採用しています。外で使って汚れても汚れても濡れタオル等で 拭き取るだけで汚れを落とせます。枕つきであるのに小さく収納できる便利な商品です。

3位:Firlar 車中泊 エアマットレス エアーベッド

出典: Amazon.co.jp

Firlar 車中泊 エアマットレス エアーベッド 後部座席 シートクッション  車用ベッド エアマット旅行/キャンプ/ドライブ 休憩 車載用マット 帰省ラッシュ キャンプ 車内で寝て

Firlarの車中泊用シートは、便利で手軽というだけでなく寝る人のことを考えた商品です。見た目も豪華でまるで本当のマットレスを敷いているようですよね。専用の枕も2つ付いていますのでゆっくりと車内でも自宅にいるような寝心地とくつろぎ空間をつくることができます。サイズは約130cm×86×40cmです。カラーはブラックとベージュがあります。

肌に触れる面には起毛素材を使っていて優しい肌触りです。こういったタイプはぜひ小さなお子さんがいる方におすすめしますね。遠方の移動はチャイルドシートに座りっぱなしになりますので、小さなお子さんがとても疲れます。安全のためにしっかりと固定されて座っているので大人より長時間の移動は辛いものだと思うんです。

車内泊だけでなく、長めの休憩などにこのようなシートを引いてあげるのもいいですね。素材は汗をかいてもべたつかず、さらっと気持ちいい肌触りになるように通気性に優れている環境にPVC材料が作られます。

厚みもしっかりあるのでゆったりと休めます。付属の電動ポンプのコードをシガーソケットに繋ぎ空気を入れます。空気弁が二つ付いてるので、膨張時間と排気時間を短縮しました。こんなに大きいのですが、普段は空気を抜いて、コンパクトに収納できます。

2位:iRegro 車中泊 エアーベッド

出典: Amazon.co.jp

iRegro 車中泊 エア-ベッド SUV車用ベッド カー用品 後部座席用ベッド エアーマット キャンプ用品 快適空間 仮眠 2018改良版(ダークブルー)
ブランド

車中マットでネットで人気のIRegroの2018年改良版の車中泊エアーベッドです。サイズは180*128*12 cm ですね。リアシートをフラットにしたときに広く使えるタイプです。普段は空気を抜いて小さくできます。使いたいときも操作は簡単です。付属の電動ポンプをシガーソケットにつけます。

それで自動的に約4分間膨らみます。使う時にすぐ膨らませられるので大変便利です。SUV車用にも対応しています。旧品は通気孔がなかったのですが、2018年改良品はマット全体に通気孔つけることで蒸れにくくさらに快適に使えるようになりました。シンプルなエアーベッドタイプが手軽で寝心地もいいのでおすすめです。

1位:FIELDOOR 車中泊マット

出典: Amazon.co.jp

FIELDOOR 車中泊マット 10cm厚 Sサイズ ブラウン 自動膨張マットレス 連結可能 高密度ウレタンフォーム 大型バルブ エアーマット インフレータブル キャンプ アウトドア
ブランド
カテゴリ

こちらはネットで大変人気のある車中泊シートです。車中泊シートというと大きなサイズが多いのですが、こちら1人用ですね。2個セットなので1人ずつ2人分入っているということです。サイズは約60cm×195cm×10cm ですので大人の男性でも背丈が足りないということはあまりないと思います。

大きい商品も便利なのですが、友人同士など同じシートに寝るのはどうかなというときもありますよね。1人用であれば気兼ねなく寝る人の分だけスペースがあれば使えます。こちらは、手軽なことからキャンプなどのアウトドアやレジャーでも使われていることが多いです。

しかも、自動膨張式タイプです。エアーポンプを使用せず、バルブを開くだけで自然に膨らみ使用できます。寒い時期や収納したままでずっと置いておくと膨らみにくい場合もあります。その時は、口に含んで空気を入れても使用できます。収納時は空気を抜いてバルブを閉めるだけで良いので簡単です。丸めるて収納袋にいれる小さくなります。

バッグに入れて持ち歩いても邪魔にならないサイズです。中材に高密度ウレタンフォームを搭載しているので寝心地もいいという口コミも多いです。カラーもオレンジやブラウン、ブラックカムフラージュなど選べてピロー付きの商品もあります。汚れもさっと拭けばとれるような素材を使っているのでお手入れも楽です。

 

防災グッズとしても避難所で大活躍する車中泊シートはおすすめ

車中泊シートは、車の中やテントの中などを使うだけで一気に極上な空間をつくることができます。小さいお子さんがいる方は車中泊シートを広げるだけでも子供たちはわくわくウキウキ楽しい思い出になると思います。

車やキャンプなど楽しいシーンで活用幅が大の車中シートですが、友人や家族が泊まりに来た時に敷布団のかわりにも使えて便利という使い方をされている方もいます。お客様用の布団をいざというときのために準備するのも場所をとりますし、布団は湿気を含むのでお手入れも大変です。

車中泊シートがあると膨らますだけなので便利ですね。それから、最近の日本は何が起こるかわからなくなってきました。台風や地震、それから大雨などで突然被災するということもあります。その場合に避難所は学校の体育館などが多いですよね。運動をするための施設である体育館は床は硬く夏は暑く冬は寒いです。

広いだけで人が長く暮らしていくのが不便だと思うんです。車中泊シートの1人分タイプの商品は、かなり小さくなります。それで自動的に膨らむ方式を採用しているのでとても便利です。体育館でも自分のスペースにひくと座り心地も寝心地もよくなり、冬などは床から冷えるので高さが出ることで寒さも防げます。防災リュックの中にも入れておくとかなり便利なのではないかと思います。

 

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

Levolva<レヴォルヴァ> 車中泊マット ス…

サイトを見る

WOPOW SUV車用ベッド エアーベッド エ…

サイトを見る

マット 5cm厚 自動膨張マットレス 連結可…

サイトを見る

エアーマット SGODDE 厚さ12cm 押すだけで…

サイトを見る

エアーマット キャンプマット キャンピン…

サイトを見る

Firlar 車中泊 エアマットレス エアーベ…

サイトを見る

iRegro 車中泊 エア-ベッド SUV車用ベッド…

サイトを見る

FIELDOOR 車中泊マット 10cm厚 Sサイズ ブ…

サイトを見る

関連記事