あると便利!旅行に持っていきたいおすすめフットレスト10選

飛行機に乗ったら、靴を脱いで足をリラックス。やっと到着、さて靴を履こう…って足が入らない?????

なんて経験ありませんか?わたしはいつのころからかこういうことが多くなり、旅行にはちょっと緩めの靴を履いていくようになりました。

でもそれじゃあ根本的な足の解決になりません。何しろ、足が浮腫むと辛いんです。

エコノミー症候群もこわいですよね。旅先で快適に過ごせるように、機内ではなるべく体、特に足には負担をかけたくありません。

そこでわたしが行きついた先が、フットレストでした。

フットレストとは、足置きのこと。足を少し高い位置に置いたり、足を動かしたりすることで、足の浮腫み防止につながります。長時間乗り物に乗る場合、あると大変便利な逸品です。ちなみに、飛行機以外の乗り物、新幹線やバスでも足置きとして使える商品もあります。

そしてオフィスでのデスクワークなどにおいてもフットレストが大活躍。デスクワークで座りっぱなしなお仕事の方は、必見です。

足のむくみが気になっていた方は、こちらのフットレストの商品を使うといつもよりリラックスできるかも?

ちょっとした便利商品を使って、足の負担を最小限にしてあげましょう。

 

フットレストのタイプ

「フットレスト」という言葉自体、初めて耳にした方もいらっしゃるはず。ではまず、フットレストにどういった種類の商品があるのかを見ていきましょう。

旅行以外の用途に使える商品もたくさんあります。自分の用途に合わせてタイプごとの商品を見ていただければと思います。

 

オットマンタイプ

まずご紹介するのがこちらのオットマンタイプの商品。

こちらのタイプの商品はデスクチェアをリクライニングしたときに足を乗せて使います。他のタイプのフットレストの商品とは違い、足全体を水平に保つことができるタイプの商品となっています。小さなイスのようなもので、安価なもので4,000円前後。

他の物よりも場所をとるし、お値段も高め。その代わり高級感のあるフットレストです。フットレストとして使わないときは、子供用のイスとしても使えます。自宅やオフィスでデスクワークを長時間する方向けです。

 

 

ハンモックタイプ

次にご紹介するのがこちらのハンモックタイプの商品。

こちらのタイプの商品は見た目もハンモックで遊び心があるので、とってもかわいいですよね。

フットレストの商品は黒一色の物が多い中、こちらのハンモックタイプの商品は色柄の種類が豊富です。お気に入りのものを探しましょう。

難点は布の両端の木の棒が嵩張ること。くるくるっと丸めればそれなりにコンパクトにはなりますが、やはり他のタイプの商品に比べると場所をとります。机に取り付けて使う商品なので、家やオフィスで使うのに適しています。

ただ、見た目としてとってもリラックスして見える商品なので、オフィスなどで使用すると少し場違いかもしれません。

 

 

床置タイプ

こちらの商品はデスクの下に置いておくタイプの商品です。

デスクワーク中はヒールを脱ぎたい…なんてときは、ヒールを脱いでフットレストの上に足を置いておけばストッキングや靴下が汚れることはありません。

角度調節できる商品もありますが、他のタイプのフットレストほど角度は出ません。足の浮腫み対策というよりは、ちょっと靴を脱ぎたいときに、使える商品だと思います。

長時間デスクワークがほとんどの方は、ぜひこちらのタイプの商品を活用してみてはいかがでしょうか。

 

前の座席にかけて使うタイプ

こちらの商品は飛行機、新幹線、夜行バスなどで前の座席の机にかけて使うタイプの商品です。

旅行用を想定されているタイプの商品なので、持ち運びに便利です。折りたたむとコンパクトになるのは利点ですが、そのため他のタイプの商品よりも簡単な造りになっています。

 

 

オフィス用のフットレスト

こちらはオフィス用タイプのフットレストです。

フットレストは旅行中だけでなく、オフィスなどの日常でも使える商品です。

特にオフィスで長時間座りっぱなしのデスクワークの方、足が浮腫んで帰るときブーツがきついんだけど!なんて経験ありませんか?

こちらのフットレストは、オフィスなどのデスクに取り付けて使います。こちらはかわいいボーダー柄です。ハンモックの両端に木の棒が付いており、足を置く部分の布がしっかりとひらいてくれます。

持ち運ぶ想定の旅行用だと、木の棒があると邪魔ですが、オフィス用なら問題なし。この商品は木の棒の長さが21㎝と、他社製品よりも大きめです。

普段使いとして手軽に足をいたわりたい方に是非おすすめしたい商品です。

 

おすすめ旅行用フットレスト

フットレストにもいろいろ種類がありますが、旅行用として使えるものを5つご紹介します。使いやすさはもちろんですが、コンパクトで軽量であることが重要なポイント!

ただでさえ何かと荷物が多くなってしまいがちな旅行。極力荷物は少なくしたい。でも荷物が増えることになってでも持っていきたい、そんなフットレストを集めてみました。

 

WK2 フットレスト

前の座席の机にかけて使用するタイプです。旅行用のフットレストの中ではかなり大きめサイズ。縦も横も大きいです。サイズが大きいと足を広げたり、ふくらはぎに使用できたりと、自由度が上がります。それでいてお求めやすい価格なのも嬉しい。

 

MAZU フットレスト

両足がぶつからないセパレートタイプ。右足用と左足用で、完全にわかれているタイプです。前の座席の机にかけて使用します。

足の裏をフットレストに乗せるので、ちょっと靴を脱ぎたい、でも靴を脱いだ後、足を靴の上に置くと靴が潰れちゃうし、かといって靴下を床につけるのも汚れそうで嫌だ…そんなお悩みを解決してくれます。

右足と左足で完全にわかれているので、中央の留め具を外せば足を自由に広げることが可能です。

 

SmartTravel フットレスト セパレート

両足がぶつからないセパレートタイプですが、こちらの商品は右足と左足を置く場所は同じです。中央に仕切のように紐が付いており、足がぶつからない構造になっています。

標準タイプのフットレストがお気に入りだけど、両足がぶつかるのがちょっと気になるという方は、こちらをお試しください。

 

 

Bagerly フットレスト

前の座席にかけるタイプは嫌、絶対床置きタイプが良い!という方には、これ。ポンプ付きで、短時間で膨らますことができます。空気を抜けばコンパクトになります。空気をいれたり、抜いたりという手間はあるものの、広々と使えるサイズ感は魅力的です。

また、前の座席にかけて使用するタイプのフットレストは、当たり前ですが前にかける場所がないと使えません。飛行機や新幹線、バスの最前列の場合はかける場所がなくて使えないんです。

床置きタイプなら、置くだけで使えるので、座席の場所にかかわらず使用できます。

 

コンサイス フットレストハンガー

空気をいれて使う、ちょっと珍しいタイプです。空気を入れなければコンパクトになるので、持ち運びしやすいです。

前の座席の机にかけて使うこともできるし、床に置いて使うこともできます。その日の足の浮腫み具合によって、どちらのタイプで使うか決められるので便利です。

また、空気を入れて使うので、独特のエアークッション感が癖になります。やわらかめに膨らまして床に置いておけば、その場で軽く足踏みをして足の体操をすることもできます。

 

旅のお供にフットレストを

おすすめの商品をいくつかご紹介してきましたが、気になる商品は見つかりましたでしょうか。

なくてもいいけど、あったら便利。フットレストはまさにそんな存在だと思います。

お手頃価格で売られていますし、足の浮腫みが気になる方は一度使用してみてはいかがでしょうか?

商品によって、足への負担や、足の快適さも大きく変わるのではないかなと思います。

旅先でたくさん歩けるように、機内では足を労わりましょう!

記事内で紹介されている商品

イーサプライ オットマン リラックス足置…

サイトを見る

CamRom フットレスト

サイトを見る

サンワダイレクト フットレスト 足置き台

サイトを見る

LASUAVY フットレスト

サイトを見る

フットレスト フットハンモック LANMU

サイトを見る

WK2 フットレスト

サイトを見る

MAZU フットレスト

サイトを見る

SmartTravel フットレスト セパレート

サイトを見る

Bagerly フットレスト

サイトを見る

コンサイス フットレストハンガー

サイトを見る

関連記事