【旅行シーン別】これで快適な旅ができる!トラベルグッズおすすめ10選

旅行は長期になればなるほど、荷物もかさみますよね。着替えだけでも相当ですし、女性ならスキンケアやメイク道具、観光向けのガイドブックや想い出用のカメラ、移動中に楽しむお菓子や飲み物など、人によっては様々なものが必要となります。

むろん、現地調達もよいのですが、事前に地元のスーパーなどで買ってしまったほうが安いなどの理由で、行きは汗だく覚悟で荷物を増やす人もいるでしょう。

今回は、そんな旅行をサポートするためのトラベルグッズを、ジャンル別にご紹介します。旅行そのものを盛り上げる商品や、必要な荷物を効率よく持っていくサポート商品など、様々なトラベルグッズを集めました。

 

旅行の悩み

トラベルグッズ

旅行は楽しい反面、様々な問題があるのも特徴。最初に挙げた荷物の問題も含め、改めてトラベルグッズで解決したい、旅行あるあるを考えてみました。自分では思いつかないという方も、いざ旅行が始まってから失敗しないよう、チェックしてみましょう。

 

お悩み1 旅行鞄に荷物が入らない!

まずは荷物の問題から。旅行鞄はリュックからスーツケースまで色々ありますが、荷物がかさばると1つには収まり切らなくなってしまいます。2つ3つと持っていては移動も不便ですから、できれば少なくしたいもの。また帰りはお土産を入れる余裕を持たせておく必要もありますよね。

 

お悩み2 移動中は座っていても疲れる

現地につくまでは電車や車、飛行機などで移動しますが、座りっぱなしでも疲れることってありませんか?むしろ座りっぱなしで、姿勢がずっと固定されてしまうから疲労もたまるのかもしれません。せっかく観光地についても、まずはホテルでのんびりしたいなんて心境に陥ることも多いです。

 

お悩み3 行ってみないとわからない宿泊先への不満

最近では宿泊予約もネットででき、公式サイトや旅行サイトでは宿泊施設の情報が細かく載っているので、ホテル選びの失敗は少なくなったと言えます。ただそれでも、事細かに掲載されているわけではなく、実際に行ってみないとわからないことってありますよね。

例えば部屋にある備品の種類や量。1泊程度なら問題ないでしょうが、長期滞在の場合は追加してもらえるのか、自分の肌などに合う成分か。海外旅行の場合は、衛生面も気になるところです。日本の宿泊施設では「消毒済み」の表示が出ていることも多いですが、言い換えればそれらも実際に訪れてからでないと確認できない要素と言えます。

 

to buy インフルエンサーおすすめのトラベルグッズはこれ

toshiのイチオシ!

ミッフィーちゃんの
ネックピローです。
旅行や家でのリラックスタイムに
大活躍しています♪


#miffy #ミッフィー #ネックピロー

ふねのイチオシ!

海に入ったり、暑い国を旅行したりする際は、飲む日焼け止めの「ヘリオケア ピュアホワイト ラディアンス max240」を服用します。

今年のゴールデンウィークは東南アジアに丸1週間以上いて、かなりアクティブに過ごしていたのですが、アスリズムとヘリオケアを併用していたおかげか、目立った日焼けも肌荒れもなく帰国することができました。

non_shiratamaのイチオシ!

出張や旅行の時も変わらず髪の毛をセットしたいけど、自宅で使用しているヘアアイロンを持っていくのは大きい・重い・そして冷めないとバッグに収納できないのが悩みの種???
持ち運べて高機能、蓋付きのものを探しているときにこちらを発見しました❤
小さいのにしっかり髪の毛を挟めてカールがつくのでとっても便利です?
しかも温まるのが早いのですぐに使えます?
ストレートとカールの2wayで蓋付き?
理想の一品です❤

NINOのイチオシ!

モバイルバッテリー界ではトップブランドとなるAnker製品です。
バッテリー容量は20,000mAhと大容量モデルになるので、スマートフォンや手持ちのUSB機器を何度も充電できます。iPhone 8であれば約7回も充電できるほどの容量です。
本体にはPowerIQ 2.0という独自技術を採用し、接続した機器を自動で検知し最適な電流で給電を行います。対応している機器であれば最大18Wの充電となるので、最速での充電が可能です。
大容量・急速充電可能ということで、旅行先では大活躍してくれます。2泊3日ほどの小旅行であれば、これ1台あればコンセントは必要なし。持ち歩く色々な機器をすべてこの1台で充電可能です。
万が一製品に不具合があってもAnkerでは18ヶ月保証があるので安心ですよ。

 

【手荷物編】トラベルグッズおすすめ3選

圧縮袋

 

上記の悩みを踏まえて、持っておきたいトラベルグッズのおすすめをご紹介します。まずは手荷物に役立つトラベルグッズです。

 

ZINZ 旅行便利グッズ バッグとめるベルト

出典: Amazon.co.jp

ZINZ 旅行便利グッズ バッグとめるベルト
ブランド
カテゴリ

荷物の型崩れや突然開くのを防止

まずはカバンの固定に便利なバッグとめるベルトです。バッグやスーツケースを厳重に閉めるのはもちろん、キャリーオンバッグをケースの上にしっかり固定できすのも魅力。特にキャリーオン用のベルトがついていないバッグを持っていきたい方におすすめです。

ゴムとポリプロピレン、エンプラを使った素材で伸縮性はもちろん摩耗にも強いベルトは、キャリーオンバッグを手で押さえる必要がないため、片手が空くのも魅力的です。スーツケース1つで出かける場合も、お土産などが入ったバッグを上に乗せたい場合に重宝します。ベルトの着脱も容易です。

 

CANWAY 折りたたみバッグ

出典: Amazon.co.jp

CANWAY 折りたたみバッグ
ブランド
カテゴリ

大容量の折りたたみバッグ

65Lも入るボストンバッグながら、コンパクトに折りたためるのがCANWAY商品の魅力です。ポケットなど収納数も多いのでメインの旅行鞄として使ってもよいですし、スーツケースに畳んで入れて置き、観光地用のサブバッグにしたり、帰りにお土産や着替えを分けてしまうのもあり。

手持ちのほかショルダーとしても使え、単体でキャリーオンバッグとして固定もでき、手ぶら重視の方にも使いやすいです。撥水加工付きで、雨天時にも安心して使えます。

 

Vacplus 圧縮袋

出典: Amazon.co.jp

Vacplus 圧縮袋
ブランド
カテゴリ

スライダー付きで空気抜きもスムーズに

圧縮袋は便利ですが、空気を抜いてチャックを閉じる際に手間どうと、余計な空気が再び入ってしまうのが厄介。しかしVacplusの圧縮袋は、備え付けのスライダーをずらすだけで開閉できるため、しっかり空気を抜くことができます。チャックは2重につけられており、空気がより入りにくくなっているのも◎。

サイズは40×30cmのSと、50×35cmのLの2通りから選べます。また衣類用ではなく布団用であればより大きな圧縮袋も存在。状況に応じて使い分けましょう。

 

【移動中編】トラベルグッズおすすめ2選

ネックピロー

 

続いては移動中に役立つトラベルグッズです。

 

Trtl Pillow

かさばらないネックピロー

ネックピローというと、コの字型のクッションを想像しますが、TrtlのPillowは一見ネックウォーマーにしか見えない薄さがポイント。首に巻き付けて使いますが、内部に首を寄りかからせられるサポーターが入っているため、薄いのに頭を安定させることができます。

ネックピローが荷物の邪魔になってしまうけど持っていきたいという方におすすめです。

 

コンサイス フライトシート

座席のクッションが硬いと悩みの方に

座っていると気になるのが、電車や飛行機のシートの硬さ。自家用車であれば家からクッションを持ち込むのもありですが、公共の機関を利用する際は置きっぱなしにできませんから、荷物になってしまいますよね。

しかしフライトシートは空気を入れて膨らませるタイプなので、使わない時は空気を抜いてコンパクトに折りたためます。使用時はシートの柔らかさと共に、楽な姿勢をとりやすく、長時間の移動も快適です。

 

【ホテル編】トラベルグッズおすすめ3選

消毒アイテム

ホテルなど、宿泊施設で活躍してくれるトラベルグッズもあります。特にアパートタイプなどセルフサービスが中心の施設、ホテルの備品に不安がある場合は持参しましょう。

 

TESSAN 変換プラグCタイプ 2USBポート付き

出典: Amazon.co.jp

ESSAN 変換プラグCタイプ 2USBポート付き
ブランド
カテゴリ

コンセントのミスマッチを解消!

特に海外で重宝するのが、電源の変換プラグです。日本とはことなる形状の電源プラグが多いので、対策をしていないとスマホなどが充電できません。モバイルバッテリーにも容量限界はありますから、直接電源を確保できれば便利ですよね。

TESSANの変換プラグはUSBポートもついているので、スマホやタブレットはアダプタなしで直接接続することも可能です。荷物が減るのもうれしいですね。

ただ変換プラグはTESSANに限らず、対応している国別に複数種類用意されています。日本の電源に変換するという目的のためか外見の違いはないので、購入前に訪問先用のプラグかは必ず確認してください。

 

miyoshi co.,ltd MCO 折りたためるトラベルケトル

ペタンと潰せるシリコンケトル

このケトルは、水を入れる部分がシリコンでできており、折りたたみコップなどのように潰して持ち運ぶことができます。旅館などお茶用の電気ポットが用意されていることは多いですが、それでは足りない場合や、コテージやマンションタイプの施設など、そもそも用意がない宿泊場所の場合に重宝します。

電気ケトルのため、電源さえ確保できればいつでもお湯が沸かせるのも魅力。お茶はもちろん、みそ汁やカップ麺なども簡単に作れます。宿泊施設での食事はなく、自分でインスタント食品を用意する場合にも便利ですね。

 

Beatife 折り畳み式 携帯用ハンガー

出典: Amazon.co.jp

Beatife 折り畳み式 携帯用ハンガー
ブランド
カテゴリ

小物はクリップで節約!

長期旅行で着替えを節約するために洗濯をする方、家族連れなど大人数で備え付けのハンガーが足りなくなりそうな方に持っていってほしいのが携帯用ハンガーです。

折りたためば最大でも8cmほどにしかならず、カバンの中に入れやすいサイズ。またハンガーは広げると4か所クリップが備わっているのも特徴で、靴下や下着などの小物は1つのハンガーに複数干すこともできます。ハンガーの数を節約できるのもうれしいですね。

 

【観光編】トラベルグッズおすすめ2選

地図やガイドブック

 

最後は観光施設を訪れた際に重宝する、トラベルグッズのランキングです。国内だけでなく海外旅行向けのグッズも充実しています。

 

MYCARBON 旅行はかり

お土産のサイズを簡単チェック!

ついつい買ってしまいがちなお土産ですが、飛行機を利用する場合は持ち込める重さかが気になるところ。そこで役立つのが携帯サイズの電子はかりです。荷物をはかりにひっかけて吊り下げるだけで、重さを調べることができます。宅配便で荷物を送る場合にも、値段を調べるのに役立ちますね。

ちなみに計測においては、袋や容器の重さを除外する風袋引き方法も選択可能。袋ごとではなく、中身だけの重さを知りたい時にも使えます。

 

Mosmee LEDネックライト

出典: Amazon.co.jp

Mosmee LEDネックライト
ブランド
カテゴリ

夜間の観光も手ぶらで明るく

夜のイベントで活躍するのがLEDネックライトです。首にかけて使うので、夜道でも明るさをキープしつつ、手ぶらで行動できます。USB充電式で、スマホなどと同じように電力供給が可能。ライトは3段階調節ができ、野外だけでなく室内用の読書ライトなどとしても使えます。

首にかける部分はフレキシブルアームと呼ばれ、曲げ伸ばし・固定が自在。照らしたいところにきちんと光を当ててくれます。首だけでなく手や脚に巻き付けて使うこともできるので、自分に合った方法を選びましょう。

 

トラベルグッズの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、トラベルグッズの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

トラベルグッズで旅行をより楽しく

旅行は本来楽しいものです。普段いかないような観光地を訪れ、宿泊施設では温泉や豪華な食事など手厚いサービスが受けられます。しかし普段の生活とは異なる場所、暮らしを送るため、不便さが生じることも少なくありません。せっかくの旅行を台無しにしないためにも、不安・不満があるならトラベルグッズで解消しましょう。

旅の想い出を、良いもので埋め尽くしてください。

 

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

[ハピタス] ネックピロー HAPI+TAS 低反発…

サイトを見る

ヘリオケア ピュアホワイト ラディアンス …

サイトを見る

VAV-039 2wayミニヘアアイロン

サイトを見る

Anker PowerCore II 20000

サイトを見る

ZINZ 旅行便利グッズ バッグとめるベルト

サイトを見る

CANWAY 折りたたみバッグ

サイトを見る

Vacplus 圧縮袋

サイトを見る

コンサイス フライトシート

サイトを見る

ESSAN 変換プラグCタイプ 2USBポート付き

サイトを見る

miyoshi co.,ltd MCO 折りたためるトラベ…

サイトを見る

Beatife 折り畳み式 携帯用ハンガー

サイトを見る

MYCARBON 旅行はかり

サイトを見る

Mosmee LEDネックライト

サイトを見る

関連記事