DIYやガーデニングにも使える!腰袋のおすすめランキングTOP8

「腰袋」を使っておられますか?

腰袋は、電気工事作業や建築現場などで従来使われていたアイテムで、工具を腰回りに付けて使用していきます。

必要な工具を携帯することで、作業現場からいちいち工具を取りに戻る必要が無くなり、作業の効率

が上がるため、使用する方が非常に多いアイテムです。

仕事で使うのはもちろん、一般家庭でもDIYやガーデニング時にも大活躍してくれますよ。

ガーデニング時に、複数のハサミやペンチ等の工具、針金類を携帯して移動出来るので、腰袋を使うと便利です。

使い勝手が良いのはもちろん、デザイン性の高い腰袋も多くなってきており、女性向け商品も見つける事が出来ます。

ベルト付きで使いやすい腰袋や、腰当てを使用して腰袋を固定して安全に使う場合が多いですね。

ここでは、「腰袋って何?」「腰袋のタイプ」「腰袋選びのポイント」「腰袋を快適に使うために」「腰袋のおすすめブランド」に関して説明させていただきたいと思います。

そして、ランキング形式で、おすすめの腰袋TOP8を御紹介させていただきます。

 

腰袋って何?

腰袋

そもそも「腰袋」って何なのか、説明させていただきます。

腰袋に工具を入れて、腰に巻き付けて使用します。

主に、電気工事現場や建築現場で使われており、腰回りに必要な工具を揃えておくために、効率よく作業を進めることが出来るというメリットがあります。

バッグを携帯する場合と違って、両手が使えて、工具を置く場所も必要無いので、どこででも作業が可能になります。

腰袋には、小さな小物をメインで入れる商品もあれば、長い工具も携帯出来る仕様の商品も揃っています。

また、素材も軽量化が目的のナイロン製の商品もあれば、重厚感があり工具を安全に入れておける素材で作られた商品もあります。

使用目的によって、使い勝手の良い腰袋を選んでいくと良いでしょう。

 

腰袋に違いってあるの?

腰袋には色々なタイプに分ける事が出来ます。

大きく「分割タイプ」「シングルタイプ」「ショートタイプ」の3ジャンルに分類できるので、ここではタイプ別に1つ1つ特徴を見ていきましょう。

 

分割タイプ

腰袋の袋部分がいくつかに分かれており、使う工具のジャンル別に分けて便利に使うことが出来ます。

前ポケットが付いている腰袋もあり、水平器等の出番が多い小物等も収納出来るタイプです。

工具類をすっきりと整理することが出来るので、使用時にも目的の工具の取り出しが素早くなり効率的な作業につながります。

一般家庭で使う場合にも、細かい工具と大き目の工具を別々にしておくと活用の場が広がり、整理も出来ることから、このタイプの腰袋はおすすめです。

 

シングルタイプ

腰袋が分かれておらず、1つの口が開いているタイプの商品です。

持ち歩く工具の数があまり無い場合や、必要な工具のサイズが同じものが多い場合に重宝します。

腰袋が分かれていないので、一般家庭でDIYやカーでニングに使う商品としても向いています。

一般家庭でも、工具や釘や針金を持ち歩くことが多い場合には、エプロンや衣類のポケットに穴があいてしまうこともあるため、こういったシングルタイプの腰袋を1つ持っておくと重宝すると思います。

 

ショートタイプ

ドリルやドライバー等の電動工具を携帯する場合以外では、工具は案外とコンパクトにまとめる事が出来るものです。

動作を機敏に進めるため、足回りを比較的自由に動かせるショートタイプの腰袋も人気があります。

腰回りの丈に合うショートタイプでも、ポケットが沢山付いている商品などは使い勝手もよく効率的に使用していけます。

ビス等を多く扱い場合に向いているように思います。

 

腰袋選びのポイントはこれ!

腰袋

腰袋を選びたいけれど、数々のメーカーから沢山の商品が出ているので、どれを選んだら良いのかわからなくなってしまいますね。

ここでは、腰袋を選ぶ際にチェックしておきたいポイントを見ていきましょう。

 

入れるものの大きさをチェック

必要な工具や道具は、人によって異なります。

自分が腰袋に入れておきたいと思うもののサイズ感は、腰袋選びには非常に重要になります。

使う工具や道具が取り出しやすい腰袋を選んでいくようにしましょう。

例えば、ドリルやドライバーのような電動工具を腰袋に入れるのであれば、専用の腰袋があるので、それをまず選ぶと良いでしょう。

持ち歩く道具数が多いのであれば、腰袋が多数に分けられていて沢山収納出来る商品や、釘等の小物を沢山収納したいのなら、シングルタイプの小さな腰袋を用意しておくと便利に使えます。

 

入れるものの長さをチェック

金づち等の長さがある道具を入れるのであれば、ある程度の長さがある腰袋が必要になります。

それとは逆に、手元の作業中心であれば、ペンチ等の小さいサイズの工具が入るショートタイプの腰袋で十分になります。

長さがある道具と一緒にビスも使う、という方であれば、長めの腰袋でポケットの付いている商品を選ぶと良いでしょう。

 

ぶら下げた時の長さをチェック

どういった場所で作業をするかに関係しますが、腰袋をぶら下げた時の長さはチェックしておきましょう。

あまり長すぎると、足元の動作に支障が出ることもあるため、動作のしやすさに重点を置くのであれば、ぶら下げた時にそれほど長さが無い腰袋が理想的です。

また、長さのある腰袋の中に、重量感のある金づち等が入っていると、脚に当たってしまう恐れがあるため、機敏な動作が要求される場面では気をつけて使う必要があります。

腰回りに手をおいて、道具が取り出しやすいように腰袋をセットしておきたいですね。

そのためには、腰袋と一緒にベルトや銅当てを使っていき、効率よく安全に作業できるようにしましょう。

 

腰袋を快適に使うために

腰袋

腰袋を快適に使っていくためには、腰袋と一緒に見につけるアイテムも重要になってきます。

長時間、身につける腰袋を安全に、快適に使うためには、「ベルト」と「腰当て」にも注目していきましょう。

 

ベルトも大事

ベルト付きの腰袋も販売されています。

通常の作業時でも腰袋を快適に使うためには、ベルトのサイズや重量は気になりますが、高所での作業時には腰袋が使いやすいように設計されたベルト着用は安全面からも必要です。

ベルトの耐久性や着用時の長さ、重量などをしっかりとチェックしておきましょう。

ベルトにサスペンダーが取り付けられるような仕様となっているベルトもあるので、自分が使いやすい商品を選んでいきましょう。

 

胴当ても大事

腰袋はベルトからさげて使う方が多いですが、高所での安全作業時には胴当てベルトが人気です。

腰袋に様々な工具を入れると重くなってきてしまい、普通のベルトだと身体に食い込むような感触がある方も多いと聞きます。

こういった場合には、胴当てを使うようにすると、厚みで重い腰袋を支える事が出来るようになるため、快適に使っていけるようになると思います。

腰骨が痛くなりにくい形状の胴当てを選ぶと、腰痛防止にもなるので、腰痛に悩んでおられる方にもおすすめです。

 

おすすめのブランドを紹介!

腰袋

腰袋には様々なメーカーの商品があります。

ここでは、おすすめのブランドをいくつかご紹介したいと思います。

 

マキタ

マキタと言えば、日本を代表する電動工具メーカーとして知られています。

創業は1915年で愛知県の老舗企業なので、信頼が持てるところが良いと思います。

プロ仕様の電動工具だけでなく、一般家庭用の園芸商品まで幅広い商品の取り扱いでも定評があります。

マキタの腰袋には、流石は電動工具の老舗だけあり、作業時に使いやすい仕様の腰袋を数多く販売しています。

メーカーブランドで決める、というのであればマキタの腰袋を選ぶのも良いと思います。

 

藤原産業

藤原産業は兵庫県発の日本企業で、創業1897年の老舗です。

大工道具や電動工具、収納や資材などを取り扱っており、オリジナル製品も展開しています。

SK11やE-Value などのブランドも藤原産業オリジナルのブランドで、非常に知名度も高いので御存知の方も多いのでは無いでしょうか。

藤原産業の腰袋には、このSK11ブランドと、E-Value ブランドの2つが人気で、大工道具収納の用途から、家庭用で使えるものまで、幅広いラインナップの用意があります。

商品も使いやすい仕様で、上部にカラビナが付いていてベルトに素早く付けられるタイプなどがあり、使いやすさを追求したモデルが多いという印象です。

 

ニックス

ニックスは腰袋専門に製造している企業で、腰袋を選んだことがある方であれば必ず知っているという程有名です。

一般的な腰袋全般を販売しており、ペンチ&ドライバーホルダーや、腰袋を快適に使える環境にも着目し、ベルトや各種アクセサリーも取り扱っています。

腰袋の素材にもこだわりがあり、革製品のカスタマイズ等にも対応してくれます。

購入後のメンテナンスや、腰袋をうまくフィットさせるためのアクセサリーに力を入れているので、とても安心感があるところが良いと思います。

 

腰袋のおすすめランキングTOP8!

ランキング形式で、腰袋のおすすめ商品8選を御紹介させていただきます。

腰袋をこれから選んでみようという方は是非詳細を見ていって下さい。

 

8位 SK11 SPIDER 鳶用腰袋 SPD-JY03-A

鳶職用腰袋☆デザイン性が高くコスパ良

鳶用の腰袋で、非常に軽量に作られています。

材質はポリエステルです。

SK11 という藤原産業のブランドなので、安心感があるところが良いと思います。

こちらはスパイダーシリーズというラインで、スパイダーの赤いロゴがスタイリッシュな印象です。

ツールの収納はもちろん、携帯水平器、ミニカッター、マーカーなどが収納出来るインナーポケットが付いているので便利に使っていけると思います。

安全コードの取り付けに便利なD環・ハトメを豊富に配置しているところが特徴的です。

シリーズには、「クリッパー&ラチェットケース」「サスペンダー」「サポートベルトL」「サポートベルトM」「サポートベルトS」「ショルダーパッド」「小型腰袋2段」「腰袋3段」「鳶用腰袋L」「鳶用腰袋S」の用意もあります。

こちらは、「鳶用腰袋M」となっています。

ベルトやサスペンダーと一緒に使うと安全性も確保出来ますし、腰回りにもフィットするので快適に使えると思います。

価格帯も非常にリーズナブルな点も買いやすくて良いですね。

 

7位 ニックス D1680 建築用2段腰袋 KC-201D

丈夫でデザインもスタイリッシュ♪

ニックスの建築用腰袋で、ブラックのカラーとなっています。

赤のニックスのロゴが一際目立ち、縫製部分の糸も赤色を使うなど、デザイン性も優れている腰袋です。

2段になっているので、沢山の小物や工具を入れられるところが嬉しいです。

両側D環で落下防止コードにも対応する仕様なので、使い勝手が良いですね。

また、上部袋挿入縁は、非通電補強材が縫い込んであるため、革の垂れを防止してくれます。

袋の内側にも小物入れが付いているところも、色々使えて良いと思います。

縫製もしっかりしており、耐久性があるところも良さそうです。

価格帯は高品質で、有名ブランドの商品の割に、とてもリーズナブルでお得感があります。

 

6位 マキタ ベルト付4点セット A-53855

超重量級ベルトに4つのボルダーがセットに!

マキタのベルト付き腰袋です。

ベルトは非常に耐久性が高く、しっかりとした作りになっているため、安全面に配慮したいという方におすすめです。

「携帯電話ホルダー」「2ポケット付き家具用ポーチ」「ハンマーホルダー4充電インパクト用ホルスター」が付いています。

ベルトのサイズは、幅340mm × 長さ1380mm となっています。

細い方にはベルトのサイズが大き目になるということなので、体型に合うサイズかどうかはチェックしておきましょう。

小物や工具が沢山入る仕様なので、便利に使っていけると思います。

重量感のある装着感を求めている方におすすめしたい商品です。

カラーはブラックで落ち着きもあり、シンプルながらもブルーのラインがキレイなデザインなのも良いと思います。

価格帯は若干高めではありますが、しっかりとしたベルトや様々なホルダーが付いているので、妥当ではないかと思います。

 

5位 タジマ 着脱式腰袋 2段・小  SFKBN-2S

防水加工☆着脱式で便利に使える♪

タジマの腰袋で、2段になっていて着脱式です。

タジマは建築関連商品全般で非常に知名度があるので信頼が持てるところが良いと思います。

こちらの腰袋は、2段で使える仕様なので、沢山の工具が携帯出来、小さい方はポケットのように使えるので非常に出番が多くなりそうです。

用途としては、建築作業現場用ですぐに着脱できることから、必要な時にだけ携帯出来るというメリットがあります。

位置ずれしにくいサイドストッパー付きで、左側面は幅広ベルト付きです。

ベルトを外さずに途中から差せる後付け式ホルダーを採用しています。

対応ベルト幅は50mm と一般的なサイズ。

セフ取付収納物総重量は3㎏で、防水加工が施されています。

PVCフィルムでコーティングしてある高密度ナイロン生地が使用されており、EVA フォーム材をサンドイッチした5層構造のタジマオリジナル生地が採用されています。

価格帯も一般的なので、防水加工で着脱式の腰袋を探しておられる方におすすめです。

 

4位 フジ矢 腰袋スタンダード3段 PS-23BG

水を弾く、擦れにも強い素材採用

フジ矢の腰袋で、3段タイプになっている商品です。

フジ矢と言えば、ペンチを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

フジ矢は、1923年創業の老舗日本企業で、ニッパやペンチ等の工具では定評があるので、信頼出来るところが良いと思います。

こちらの腰袋は3段typeになっており、大物工具から小物までを整理しながら携帯していける仕様です。

本体の素材は、ポリ塩化ビニールで、カラーはブラック。

電工職以外にも、内装業、塗装業、リフォーム業者の方にうってつけの腰袋です。

擦れや破れにも強く、汚れを弾いてくれます。

水を弾く素材なので、雨の日でも重たくならずに快適に作業が出来ます。

前面にペンや小型ニッパを収納出来る小物差し付きで、内側にも小物を収納出来る仕切りが付いています。

サイズは、高さ210mm×幅190mm×奥行130mm となっています。

同シリーズには、「2丁差し」「2丁差し/ドライバー2本差し」「クリッパー1丁差し」「サポートベルトL」「サポートベルトM」「モンキー・シノ2段差し」「ワンタッチベルト」「作業用ベルト」「小型2段」「腰回り8点セット」「腰袋2段」の用意があります。

サポートベルトと一緒に使うと、さらに使い勝手が向上し、安定して使えるのではないかと思います。

こちらは「腰袋3段」の商品で、価格帯も普通ですが、高品質な点を考えるとお得感があります。

 

3位 マーベル WAIST GEAR 腰袋三段タイプ MDP-93AR

三段たっぷり収納で使いやすい!デザインも◎

マーベルの腰袋で、三段タイプです。

マーベルは工具全般を取り扱っている創業1943年の老舗企業で、製品には信頼が持てるところが良いですね。

こちらの腰袋は、3段タイプで、サイズは盾200mm×横210mm×厚さ150mm となっています。

素材は、1690 デニールポリエステルオックス、ターボリンとなっています。

側面にはD環が左右各1個ずつ配置されており、使い勝手が良い商品だと思います。

丈夫で摩擦に強く、耐久性に優れている点が嬉しいですね。

内側生地に明るいカラーを使用してところもオリジナリティが感じられます。

デザインもお洒落な雰囲気で、身につけていても颯爽として見えますね。

Amazon でのレビューも概ね高評価なのも安心感があります。

価格帯も非常にリーズナブルで、3段の収納が出来る腰袋を探している方におすすめです。

 

2位 TRUSCO  腰袋 2段 TWP2-R

コスパ良☆カラー展開も豊富♪

トラスコの腰袋で2段タイプです。携帯ホルダーが付いているので便利に使えそうですね。

トラスコはトラスコ中山のブランドの1つで、トラスコ中山は創業1959年の老舗企業なので信頼も持てるところが良いと思います。

こちらの腰袋は、サイズが高さ190mm×幅150mm×奥行90mmの大きさで、216g と非常に軽量です。

カラーは、レッド以外にも、グレー、ブラック、ブルーの4色展開で、好みのカラーが選べるところも嬉しいですね。

形状は2段腰袋なので、工具のサイズに合わせて便利に活用出来ると思います。

ベルト通し幅は90mm で、携帯電話が収納出来るサイドポケットが付いています。

摩擦に強いポリエステル1680が使用されています。

小型の大きさで、大きな工具を使う方向けでは無いですが、軽作業や一般家庭で使う腰袋として最適ではないでしょうか。

価格も非常に安く、手軽にお試として購入出来る点も良いと思います。

Amazon での口コミも高評価が多いのも安心感がありますね。

 

1位 E-Value 腰袋 ホルダー付き EDK-3D GR

コンパクトながらも必要な工具が入る!コスパ良♪

E-Valueブランドの腰袋で、ホルダーが付いているタイプです。

E-Valueブランドは、藤原産業のブランドなので安心感が持てるところも良いですね。

材質はポリエステルで、非常に軽い作りになっています。

サイズは、幅230mm ×奥行130mm×高さ240mmの大きさで、必要最低限の工具が入るサイズだと思います。

大物は収納出来ませんが、ちょっとした工具ならこの腰袋で事足りるので、重宝するのではないでしょうか。

一般家庭でも、DIYやガーデニング時に大活躍してくれそうです。

カラーは、グレーとレッドの2色展開で、好みのカラーを選べるようになっています。

タイプも、こちらは腰袋ホルダー付きですが、「腰袋2段」「腰袋3段」「釘袋」からも選べるので便利ですね。

価格帯も非常に安く、買いやすいところも良いと思います。コスパ良!

初めて腰袋を使う、という方にもおすすめの商品です。

 

腰袋の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、腰袋の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

使いたい道具をすぐ手元に!

工具

腰袋があれば、作業に必要な工具一式を持ち歩くことが出来るので、作業場からわざわざ工具を取りに戻る必要がなくて効率的!

仕事場で使うのはもちろんですが、一般家庭でも腰袋を使いこなせるようになると非常に便利です。

ガーデニング時には、針金を使って庭木を固定したり、太い茎をカットしたり、と軽作業が連続するものです。

こういったシーンで、腰袋があれば、ハサミやペンチ、針金も一度に持ち歩くことが出来るので、作業も捗ります。

ランキングで挙げた腰袋は、有名ブランドの商品、人気商品、使いやすそうな商品を集めてみました。

少しでも腰袋を選ぶ際にお役に立てれば、と思います。

必要な工具をいつでも手元において使える腰袋を是非使ってみて下さい。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

SK11 SPIDER 鳶用腰袋 SPD-JY03-A

サイトを見る

ニックス D1680 建築用2段腰袋 KC-201D

サイトを見る

マキタ ベルト付4点セット A-53855

サイトを見る

タジマ 着脱式腰袋 2段・小 SFKBN-2S

サイトを見る

フジ矢 腰袋スタンダード3段 PS-23BG

サイトを見る

マーベル WAIST GEAR 腰袋三段タイプ MDP-…

サイトを見る

TRUSCO 腰袋 2段 TWP2-R

サイトを見る

E-Value 腰袋 ホルダー付き EDK-3D GR

サイトを見る

関連記事