4ニャン(4匹の猫)暮らしの主婦が教えるおすすめキャットフード

早速ですが、我が家には18歳雌・17歳雌・16歳雌に加えて、6歳雄の4ニャンがいます。

お婆ちゃん猫はMIXで保護猫ですが、末っ子だけペットショップで一目惚れしたブリティッシュ・ショートヘアーです。

猫も人間と同じく、好き嫌いもするしわがまま気ままな子もいれば、なんでも美味しく頂きますと言う事をよく聞く子もいます。

ペットフードも今まで食べていたのに突然全く食べなくなったりもし、ペットフード選びに彷徨った過去もあります。

ペットフードでも、総合栄養食といわれている商品や、安全性が十分な商品、量が多い商品など、様々な商品が販売されていると思います。

商品選びの際には、誰もが一度は迷うはず。ということで今回は、実際にペットを飼っている私がお教えする、おすすめキャットフードをご紹介いたします。

 

キャットフードの種類

おすすめの商品をご紹介する前に、まずはキャットフードの種類についてご説明していきたいと思います。

キャットフードは、大きく分けてドライタイプの商品とウェットタイプに商品に分類することができます。

ドライタイプとウェットタイプのそれぞれの特徴についてご説明していきたいと思います。

ドライタイプ

キャットフード

まずはドライタイプの商品について。

ドライタイプの商品とは、一般的に「カリカリ」と呼ばれている、乾燥した小粒な形状の商品です。

おそらく、ドックフード、キャットフードなどのペットフードといったときに一番に皆さんが想像されるのがこちらのドライタイプの商品だと思います。

ドライタイプの商品は、比較的安価な物から販売されていて、内容量も多く、開封後も保存がきくので多頭飼いにもおすすめです。

また、ドライタイプの商品は「総合栄養食」として販売されている物が多く、基本ドライフードと水だけで十分な栄養を摂る事が出来ます。乾燥しているドライフードを噛み砕く事で歯磨き代わりとなり、歯石や口内炎などの病気や口臭予防にもつながります。

ただし、水分含有量が極端に少ないため、水をあまり飲まない猫は水分不足に気を付けなければなりません。猫が罹りやすいとされている腎臓疾患ですが、ドライフードの中にはマグネシウムが多く含まれている物もあるので、尿路結石なども心配になります。ドライフードを給餌する時には、必ず水を飲んでいるか確認してください。

 

ウエットタイプ(缶・パウチ)

キャットフード

ウエットタイプは不足しがちな水分を効率よく食事で摂取出来て消化にも良く、嗜好性が高いとされています。

ただ、開封後に長期保存がきかず、価格はドライに比べて高めです。

歯石や口臭の原因となりやすく、便臭も強くなる傾向です。形状は、フレークタイプ・パテタイプ・スープタイプ・シチュータイプがあり、トッピングに使ったりドライフードをふやかせるのにも使用できます。

高齢になって来るとドライフードが固い場合もあるので、ドライフードと混ぜて食べやすくしてあげる事で食欲を高めてくれます。個別パックで販売している事が多いので、試しに1袋買ってみて食べなければ他の物にと、好みによって購入しやすいです。

ウエットタイプの中には「総合栄養食」と書かれていない物もあるので、栄養バランスを考えて、ドライフードを主食にし、ウェットフードは補助食かご褒美食にするのが理想です。添加物が多く含まれている場合もあるので、表示をきちんと確認して購入しましょう。

冬場は寒いので、少し温めて与えるとよく食べます。温める際は袋のままぬるま湯で温めるか、耐熱容器に入れてラップをしてレンジで温めて下さい。

 

ドライフードとウエットフードの比較

ドライ ウエット
価格 安い 高い
保存期間(開封後) 長い 短い
栄養価 低い 高い
水分量 含有量10%前後 高い
歯石・口内炎・口臭予防効果 高い ない
消化の良さ 遅い 良い
添加物 少ない 多い
一食分の量 多い 少ない
嗜好性 低い 高い

 

比較表を見て頂いて分る様に、メリットとデメリットが真逆になりますので、それぞれを上手に使い分ける事も大事かと思います。

大事な事は「総合栄養食」と書かれてある物を選ぶ事と、添加物の有る無しに、猫に必要な栄養素のたんぱく質や脂質の量もチェックしてみてください。

 

年齢によって与えるフードを変える

キャットフード

子猫 生後1年まで

猫は生まれてから約3週間前後で離乳期に入り、約3か月前後で離乳します。

では離乳したばかりだから食べやすいウエットの方がいいかと言うとそうではなく、栄養バランスの取れているドライフードが向いているのです。

開封後に一度で食べ切る事が出来ない子猫には、保存がきくドライフードが向いているのも理由の一つです。

成猫よりも子猫の方が健康状態や成長する為にカロリーを必要としているので、バランス良く栄養を摂取できるドライフードを与えてください。

離乳初期で噛み砕く事が出来ない場合は、ウエットではなくお湯でふやかしてあげてくださいね。

 

成猫

生後1年から6年までを成猫と言い、子猫に比べてそれほどカロリーを摂取する必要は低くなります。

ただし、カロリーは低くても栄養バランスと必要な栄養素は与えてください。

そして好き嫌いなど嗜好性も出て来るので、ドライとウエットを使い分けて、水分の補給や健康状態を保ちましょう。

 

高齢猫

生後6年を過ぎると老猫となり、体に衰えが出て来る猫も増えてきます。

健康面の心配も出て来るので、必要に応じた食事を選ぶ事も大事になって来ます。

ドライフードを噛み砕く事が出来ているならそのまま続けても大丈夫ですが、噛む力が衰えてきているのであればウエットに切り替えましょう。

ウエットで栄養バランスが取れない分は、ドライを少量入れて柔かくして与えてください。

ドライフードも老猫用に小粒の物も販売されていますので、それを利用するのもいいでしょう。

 

 

大事な事は愛猫に合っているかどうか

猫とキャットフード

一概に年齢でフードを選ぶのではなく、飼っている猫の健康状態に合わせて安全性の高い商品を選びましょう。

猫の体調や健康面に気を付けつつ、嗜好性も考慮して安全性の高い最適なフードの商品を選ぶ事が大事です。

 

人気のおすすめキャットフード

猫とキャットフード

ということでここからは実際にキャットフートの商品を使用している筆者がおすすめの商品をご紹介していきたいと思います!

皆さんの猫ちゃん・わんちゃんの条件に合わせておすすめの商品を見ていっていただきたいと思います!

 

ピュリナ ワン 避妊・去勢した猫の体重ケア

出典: Amazon.co.jp

ピュリナ ワン 避妊・去勢した猫の体重ケア

まずご紹介するのがこちらの商品!

こちらの商品は栄養価が高く、消化吸収に優れています。高たんぱく、低脂肪、低カロリーの栄養設計で、毛玉ケアと尿pHケアに配慮されています。

原材料はターキーです。

 

ロイヤルカナン 療法食 消化器サポート可溶性繊維

出典: Amazon.co.jp

ロイヤルカナン 療法食 消化器サポート可溶性繊維

次にご紹介するのがこちらの商品!

こちらの商品は健康的な腸管内輸送を維持する為に、サイリウムなどの可溶性食物繊維が配合されています。

消化器サポートとして、便秘の猫に与える事を目的とした療法食です。原材料はチキンとターキーです。

 

ロイヤルカナン FHN キトン 子猫用

お次の商品はこちら!

こちらの商品は「キトン」で未熟な子猫の成長期に、健康的な消化と便を、そして徐々に発達する免疫と抵抗力の維持をサポートします。

子猫用とは言え、成猫でも大好きな子がいるそうなので、切り替えがしやすいのでしょうね。

 

ニュートロ ナチュラルチョイス キャットフード 穀物フリー アダルト

出典: Amazon.co.jp

ニュートロ ナチュラルチョイス キャットフード 穀物フリー

次にご紹介するのがこちらの商品。

こちらの商品の主原料は生サーモンと言うプレミアムキャットフード。

アレルゲンとなり難いと言われる主原料のみを使用し、食物アレルギーに配慮した総合栄養食です。

生サーモンに乾燥チキン、エンドウタンパクに乾燥ポテトなど、高い栄養バランスに加えて消化性を考えたフードです。

 

サイエンスダイエット インドアキャット アダルト チキン

出典: Amazon.co.jp

サイエンスダイエット インドアキャット アダルト チキン

次にご紹介するのがこちらの商品です。

こちらの商品の原材料はチキンとターキーです。

体重管理を目的とし、高栄養と毛玉ケアもーにも配慮されているフードです。

タウリンを含み、心臓と目の健康もサポートします。

人工の着色料・香料・保存料・チキン副産物ミールは一切使用していないので安心です。

 

フィリックス やわらかグリル 成猫用 ゼリー仕立て ツナ

出典: Amazon.co.jp

フィリックス やわらかグリル 成猫用 ゼリー仕立て ツナ

次にご紹介するのがこちらの商品。

こちらの商品の原材料は肉類(ビーフ、チキン、家禽ミール等)、穀類(小麦グルテン等)、魚介類(ツナ、いわし)です。

うまみのゼリーがたっぷり入り、やわらかくほぐされたツナを包み込んでいます。

フィリックスの商品は種類も多いので、猫の好みを色々探すのも楽しいですよ。

 

はごろも 無一物パウチ かつお

次にご紹介するのがこちらの商品。

こちらの商品は食品添加物・飼料添加物を加えていないフードです。

かつお本来の旨みを味わえるようかつおと水だけで仕上げています。

原産国が日本で、昔からのお馴染みはごろもの製品です。

他社製品と比べると若干量は少なめですが、食べ切りサイズだと思えばOKかも知れません。

 

モンプチ プチリュクス パウチ 成猫用 まぐろのささみ添え

出典: Amazon.co.jp

モンプチ プチリュクス パウチ 成猫用 まぐろのささみ添え

次にご紹介するのがこちらの商品。

こちらの商品の内容量はかなり少なく35gですが、ちょっと贅沢をしたい時やご褒美におすすめの商品です。

いつものフードと比べて、猫の食べっぷりが良い様に思います。

スープ大好きな猫なら大喜びな商品だと思います。

 

カルカン パウチ 12か月までの子ねこ用 まぐろ

出典: Amazon.co.jp

カルカン パウチ 12か月までの子ねこ用 まぐろ

次にご紹介するのがカルカンから販売されているこちらの商品。

カルカンの商品は特製出汁で煮込んでいます。

成長期の子猫にバランスの良い栄養素の総合栄養食です。

子猫に合わせた小さめフレークで、たんぱく質をタップリ配合しています。

長年愛され続けている「猫まっしぐら」はうなづける食い付きです。

 

黒缶 パウチ ささみ入りまぐろとかつお

出典: Amazon.co.jp

黒缶 パウチ ささみ入りまぐろとかつお

次にご紹介するのがこちらの商品。

こちらの商品はペットフード公正取引協議会の定める給与試験の結果、総合栄養食と証明されたフードです。

白身より多くの栄養素が入っている血合い肉をベースに使い、ゼリータイプです。

善玉菌を増やしてくれるオリゴ糖配合なので、腸内の健康維持もサポートしてくれます。

中身に対してお値段がお安いので、コスパは高いです。

 

ロイヤルカナン療法食 腎臓サポートフィッシュテイストウエットパウチ

出典: Amazon.co.jp

ロイヤルカナン療法食 腎臓サポートフィッシュテイストウエットパウチ

最後にご紹介するのがこちらの商品。

こちらの商品は慢性腎臓病の猫用の療法食です。

リンの含有量を制限し、たんぱく質や必須脂肪酸の含有量を制限しています。

原材料は豚肉、鶏肉、鶏レバー、豚レバー、ツナで、腎臓病による食欲低下に配慮する、猫の好む香りで食欲を刺激してくれます。

我が家の18歳と17歳の2匹は腎臓の数値が少し危ないのでこのFISHとRENALとを交互に与えています。

 

まとめ

様々な商品をご紹介してきましたが、気になる商品は見つかりましたでしょうか?

愛する家族である猫達の毎日の食事だからこそ、健康はとても気になりますよね。

毛玉ケアの吐き戻し軽減フードなどの機能フードや、最近では猫種別のフードも出ていますので、取り入れたいものです。

美味しくて食いつきが良いだけでなく、素材や原材料に栄養バランスも考えながら、愛猫の気元気を支えるキャットフードの商品を選んであげてくださいね。

記事内で紹介されている商品

ピュリナ ワン 避妊・去勢した猫の体重ケア

サイトを見る

ロイヤルカナン 療法食 消化器サポート可…

サイトを見る

ロイヤルカナン FHN キトン 子猫用

サイトを見る

ニュートロ ナチュラルチョイス キャット…

サイトを見る

サイエンスダイエット インドアキャット …

サイトを見る

フィリックス やわらかグリル 成猫用 ゼリ…

サイトを見る

はごろも 無一物パウチ かつお

サイトを見る

モンプチ プチリュクス パウチ 成猫用 ま…

サイトを見る

カルカン パウチ 12か月までの子ねこ用 ま…

サイトを見る

黒缶 パウチ ささみ入りまぐろとかつお

サイトを見る

ロイヤルカナン療法食 腎臓サポートフィ…

サイトを見る

関連記事