買いたいものを検索してください

2019年度最新版!購入前に知っておくべきポイントは?小型犬のためのドッグフードのおすすめランキングTOP6

私は、トイプードルを飼っているのですが、目移りしてしまうほどドッグフードの種類が豊富で、次々と新作もでてくるので、驚きました。

今回は、実際に、あらゆるドッグフードを試してきた私が、これまでに購入した小型犬用ドッグフードの中から本当に買ってよかったと感じた、おすすめの小型犬用ペットフードをご紹介します!

 

そもそもなぜ小型犬・大型犬で分けるべき?

犬

ここでは、なぜ小型犬、大型犬でドッグフードを分けるべきなのか疑問に思っている方向けに各犬の特徴、分ける理由についてご紹介していきます!

 

小型犬

日本では、マンションでも犬を飼う方が多く、小型犬の人気が高いです。

小型犬は、大型犬より代謝が激しいので、小型犬用のドッグフードはカロリーが高めに作られています。

小型犬は口が小さいので、小さめの粒で食べやすくしてあるのも特徴です。小型犬は食いムラが多い傾向にあるので、嗜好性の高いドッグフードも多くでています。

 

大型犬

大きな体の大型犬は、関節や心臓に負担がかかります。関節ケアや心臓サポート成分配合のドッグフードが良いとされています。

大型犬は特に、あまり噛まずに飲み込んでしまうため、大粒で噛みやすい形状のものもあります。

 

いつ成犬用に切り替えるべきなの?

ここでは、子犬用ドッグフードからどのタイミングで成犬用ドッグフードに切り替えるべきなのかについて、ご紹介していきます!

 

小型犬の場合は、6〜9ヶ月のタイミング

小型犬は、約6〜9ヶ月までは子犬用のドッグフードを与えましょう。子犬は成長過程にあるので、成長するために最適な栄養を、この時期にとることが重要です。

子犬の時期は、骨格や筋肉の成長に必要なカルシウムやタンパク質も十分に与えなくてはなりません。

また、成犬用に切り替える時は、1週間ほどかけながら今までの子犬用のドッグフードと成犬用のドッグフードを混ぜて徐々に、少しずつ切り替えるのがポイントです。

 

ドッグフードの種類

ここでは、ドッグフードの種類についてご説明していきます。愛犬がどのタイプに合うか、ぜひ参考にしてみてください。

 

ドライフード

ドライフードの水分量は、10%ほどでカリカリとした食感のものです。ドライフードを与えている方が多いですが、それは、日持ちすることと、比較的安価なところで利用されやすいです。

ただ、愛犬によっては食いつきが悪いこともあるので、ウェットフードを上にかけたり、併用したりしても◎

水分量が少ないので、いつでも新鮮な水が飲めるようにして、水分補給は必ずしてあげましょう。

 

ソフトドライフード

半生タイプのドッグフードです。匂いも良いので、愛犬の食いつきも良くなります。

ただ、ドライフードと比べると高価で、保存期間も短いので注意が必要です。

半生タイプで安価のものだと、保存料の香りがきついものもあり、便が緩くなった経験もあります。ドライフードを食べれる愛犬には、それだけでなく併用するか、短期間だけソフトドライフードを与えるようにしたほうが◎

 

ウェットフード

ウェットフードは、見た目が美味しそうで、嗜好性もバツグンです!また、水分量も多いため、あまり水分補給をしてくれない愛犬にもおすすめ。

ただ、ウェットフードで「総合栄養食」と表記されているものが少ないので、成分表をよく見て判断しましょう。

柔らかく、食べやすいので老犬でも与えやすいです。

 

ドッグフード、これをチェックしよう

犬

ここでは、ドッグフードを購入したいが、商品がたくさんあってどれを選んだら良いかわからないという方に向けて、ドッグフードの選び方や選ぶ際に最低限おさえておきたいポイントのご紹介をしていきます♡

 

対応犬種・年齢

犬種によって、異なる特徴と栄養バランスに配慮した対応犬種別のドッグフードや、子犬用、成犬用、シニア用と年齢別のドッグフードが主流になっています。

中でも、子犬用はハイカロリー、成犬用は、ダイエットに配慮したもの、シニア用は、脂肪やタンパク質を抑えたものなど特に健康に配慮されているので、愛犬に合ったドッグフードを選びましょう。

 

メイン食材

ドッグフードには、様々な種類があり、メイン食材も種類が豊富になっています。魚ベースや肉ベースの良質なもので、ヒューマングレードなら人間も食べられるほどの食材を使用しています。犬の主食は、炭水化物や穀物類ではないので注意が必要です。小麦やトウモロコシといった穀物が入っているドッグフードは、避けるようにしましょう。

 

安全性

原材料の表示を見て、〜ミールや、〜副産物といった表記のものは、人間が口にできない肉片である場合が多いです。

犬は、穀物を消化するのが苦手な動物です。したがって、グレインフリーや、グルテンフリーのドッグフードだと◎

また、人間への食べ物の使用が禁止されていても、ドッグフードには規制されてないため、そのような人工添加物が使用されているものもあります。

人工添加物不使用と明記してあるドッグフードが、安心して食べさせられます。

 

【子犬向け】小型犬用ドッグフードのおすすめランキングTOP2

私自身が使用している商品や、知人が使用している商品などを中心に、2019年度の最新版として、子犬向け小型犬用ペットフードのおすすめ商品をランキング形式でご紹介していきます♡

 

2位 ニュートロジャパン シュプレモ

出典: Amazon.co.jp

ニュートロジャパン シュプレモ
ブランド
カテゴリ

15種類の厳選自然素材と栄養素で子犬の発育をサポート

第一主原料に、チキンを使っています。原産国は、アメリカ合衆国です。

噛み砕きやすい形状で、小粒なので子犬でも食べやすいです。消化率の良さにこだわっている商品で、子犬の体調にも配慮しています。

製品は、すべて自社の工場で生産されているので、安心して食べさせられます。

 

1位 ブルーバッファロー ドッグフード ライフプロテクション・フォーミュラ

出典: Amazon.co.jp

ブルーバッファロー ドッグフード ライフプロテクション・フォーミュラ
ブランド
カテゴリ

原材料にこだわった高品質の自然素材のドッグフード

第一主原料に、骨抜き鶏肉を使っています。原産国は、アメリカ合衆国です。

鶏や家禽の副産物ミールや、コーン、小麦、大豆不使用で、合成着色料、合成香料、合成保存料も不使用の、徹底したドッグフードです。

私の愛犬も、食いつきが良く、高品質のタンパク資源を使用していることから、1位となりました。

 

【成犬向け】小型犬用ドッグフードのおすすめランキングTOP6

ここでは、私自身が使用している商品や、知人が使用している商品、今気になって購入を検討している商品等を中心に、2019年度の最新版として小型犬用ペットフードのおすすめ商品をランキング形式で、ご紹介していきます。

 

6位 ヒルズのサイエンス・ダイエット ドッグフード 小型犬用

ペット栄養学を基にして作られたドッグフード

第一主原料に、トリ肉(チキン、ターキー)を使っています。原産国は、チェコです。

獣医師と栄養学者が研究して開発された商品で、CMなどでも話題です。

人工の着色料・香料・保存料・チキン副産物ミールは使用していません。

コスパ重視の方におすすめです!

 

5位 ピュリナプロプラン 小型犬 成犬用 繊細な肌のスキンケア

出典: Amazon.co.jp

ピュリナプロプラン 小型犬 成犬用 繊細な肌のスキンケア
ブランド
カテゴリ

皮膚へのスキンケアを考えたドッグフード

第一主原料に、サーモンを使っています。原産国は、フランスです。

アレルギーの観点から、魚を主原料にしたドッグフードを与える方が増えていますが、サーモンは免疫力アップや、ガン予防に良いとされています。

こちらの商品は、良質なサーモンを使用していて、さらに皮膚をサポートしてくれるスキンケア成分を配合しています。

皮膚に問題がある愛犬にも、おすすめです。

 

4位 ニュートロジャパン ワイルド レシピ

肉食を重視した高タンパクのドッグフード

第一主原料に、ラム生肉を使っています。原産国は、アメリカ合衆国です。

他にも、ビーフや、サーモン、チキン、ターキーと種類が豊富なワイルドレシピ。

ラム肉がおすすめなのは、タンパク質の他にも、ビタミンB12、鉄、カルニチンが豊富で、老化予防や、被毛の健康、貧血予防に役立ちます。

穀物フリーで安心して食べさせられます。

 

3位 サンライズ スタイルズ犬種別やわらか半生フード

出典: Amazon.co.jp

サンライズ スタイルズ犬種別やわらか半生フード
ブランド
カテゴリ

犬種別で愛犬をサポート!国産の半生ドッグフード

第一主原料に、肉類(チキン等)を使っています。原産国は、日本です。

極小粒で、食べやすく、半生タイプなので食いつきも良いです。小袋タイプなので、使い切りで保存しやすいです。

半生タイプですが、コスパ◎なので、ドライフードで食いつきが悪かった愛犬に、ぜひ試してみてください!

犬種別の健康維持に最適な成分が配合されています!

 

2位 ナウフレッシュ ドッグフード

新鮮素材を使用し100%フレッシュミートが主原料のドッグフード

第一主原料に、ターキー(生・骨抜き・七面鳥)を使っています。原産国は、カナダです。

小粒で、丸呑みしにくく、クローバー型の粒になっています。オイルは、ココナツオイルやキャノーラ油のみを厳選して使用しているため、安心して食べさせられます。

グレインフリーで、アレルギーにも配慮されています。

価格は気にせず、フレッシュな素材を与えたい方におすすめです。

 

1位 アカナ ドッグフード

自社キッチンで調理している新鮮な食材を使用!安心して与えられるドッグフード

第一主原料に、新鮮鶏肉、鶏肉ミール、七面鳥肉ミールを使っています。原産国は、カナダです。

数々の賞を受賞している、有名メーカーのアカナ。他社に製造を任せないという徹底ぶりで、安心して愛犬にも食べさせられます。

また、放し飼い鶏肉、天然魚を使用していて、新鮮な原材料でも有名です。

自然派で、人間用食材として認定も受けている、こだわりのドッグフードを与えたい方におすすめです。

 

小型犬専用のドッグフードで愛犬の健康をサポート

いかがでしたか?

種類が豊富で、目移りしてしまうほど、数あるドッグフードですが、小型犬専用だったり犬種別だったり、愛犬に合ったドッグフードを探して、ぜひお気に入りを見つけてくださいね。

可愛い愛犬と、末長く一緒にいたいので健康管理は、まずはドッグフードから!

そして、ドッグフードを美味しそうに食べてくれるのが一番なので、ドッグフードを食べる姿や、そのあとの便の調子なども見つつ、選んでいきましょう!

 

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

ニュートロジャパン シュプレモ

サイトを見る

ブルーバッファロー ドッグフード ライフ…

サイトを見る

ヒルズのサイエンス・ダイエット ドッグフ…

サイトを見る

ピュリナプロプラン 小型犬 成犬用 繊細な…

サイトを見る

ニュートロジャパン ワイルド レシピ

サイトを見る

サンライズ スタイルズ犬種別やわらか半生…

サイトを見る

ナウフレッシュ ドッグフード

サイトを見る

アカナ ドッグフード

サイトを見る

関連記事