0

クリップ

0

いいね

ルナソル シャインフォールアイズ03 Elegant

(1)出会い
2017年の冬コフレの中で惹かれるアイシャドウパレットが無く、たけど何か買いたいという衝動にかられ(コスメ好きにありがちな思考)、実物を見たことがないし、タッチアップしたこともないこちらをネットで購入するという暴挙にでました笑
発売から2ヶ月ほど経過しており、既にブルベ夏正解シャドウと話題だったので、まあ大丈夫だろう、画像の色みもかわいいし何とかなるだろうと安易な気持ちで購入しました。

(2)開封直後
パレットを開けた瞬間、心を奪われました♡
公式HPの画像では、可憐な少女という出で立ちで可愛らしい印象が強かったのですが、実物は小悪魔オーラが半端ない大人の女アイシャドウでびっくり!いい意味で期待を裏切られて大満足でした。

(3)肌にのせてみると…?
透明感のある可愛らしい仕上がりといえば、そうなのですが、発色が淡く、消えそう…儚げなのかもしれないけれど、こう、もっとぐわーっとした何かが欲しい!どうすればいい?タッチアップしていないので、正しい使い方も分からない!うわ〜困った!一先ず、公式HPに戻って、再度使い方を学ぶことにしました。

(4)公式HPにて
公式の使い方は、濃いカラーを初めにのせて、淡いカラーに向かって徐々に重ねていく方式を推奨していました。
…となると、右下のブラウンを目のきわに入れるところから始める訳ですが、完全にかぶせて塗らないにしても、このブラウンが3色を重ねても尚、目を締めきるほどの濃い発色とは思えないし、右上のピンクの発色も中途半端で、私の目には、公式の使い方は合わないのかもしれないと気がつきました。

(5)自分に似合う使い方を探す
私以外の人は、公式の使い方でかわいいのかもしれないけれど、このままでは使いこなせない!悔しい!ということで、メイクレシピを見直しました。

①薄いカラーから塗る
根本を覆すことになり、アレなのですが、そこは致し方なし。左上のライトカラーを上下まぶた全体にのせます。
目周りのくすみが飛んでいい感じです。白っぽくなり過ぎるという方は、塗り過ぎかもしれません。チップではなく、ブラシに持ち替えてみてください。

②メインカラーを塗る
左下のシャインフォールカラーをアイホールにのせます。このカラーはパール感が美しいので、たっぷり塗ります。発色は淡いので、ケバくはなりませんが、お好みで重ねてください。

③ピンクを塗る
この難しいピンクをアイホール全体に入れると、よく分からなくなるので、黒目の上にだけ入れます。目の盛り上がっているところ?にブラシを滑らせてください。光よ!ここに集まれ〜という気持ちで楕円を意識します。

④ブラウンを塗る
最後に、目のキワにブラウンを細く入れて完成です。最後に塗ることで、発色もキープできますし、何より色みがかわいいので、活かせます。アイライン無しでもいいくらい。

(6)まとめ
仕上がりはご覧の通りです。
アイライン無しで、マスカラはブラウンをチョイスしました。ローズリップを塗ると、ブルベ夏顔の完成です♡スモーキーアイなのに重た過ぎず、だけど深みはある目元になりました。公式の使い方でうまくいかないなという方は、上記の逆走メイクをお試しくださいね!1年間、この使い方で安定しています。

この口コミで紹介されているアイテム