0

クリップ

1

いいね

‪アディクション ザ アイシャドウ‬ 131 Pink River (ピンクリバー)

(1)前提
ピンクのアイシャドウって、単色でもパレットでも、ブラウンと同じくらい所持率が高い色だと思っています。
ピンクといえど様々なピンク色が存在するので、複数所持している方が多いのでは?
…例に漏れず、私もそのひとりなのですが、またまたピンクのアイシャドウを買ってしまいましたと。
なぜなのでしょう笑。ピンクって不思議。いつ見てもときめくし、似ているピンクはあっても、同じピンクは無いのですよね♡

(2)出会い
アディクションの10月発売の商品は、完全スルーしており、1点も予約していませんでした。たまたまアディクションに立ち寄った際、アイシャドウ再入荷していますよ〜とBAさんに言われて、ああ…と思ったくらい。
せっかくなので、TLであるフォロワーさんの購入品を見て、かわいいなと思った、ピンクリバーを見せて頂くことにしました。予約時期から大人気でしたよ!在庫が復活したタイミングで良かったです!とBAさんに言われ、運命を感じたのと、少し触っただけで、とってもかわいいことが十分伝わってきたので、購入に至りました。

(3)ミスユーモアとシンパシーを感じることについて
ピンクリバーは、くすみピンクで多色パールが美しい色出し。ふんわり上品な印象。重ねることで、濃い発色も可能。パールは微細なので、ギラギラし過ぎず、大人っぽい。

ミスユーモアは、青みが強い鮮やかなピンクで、大粒のラメがざくざく。ひと塗りで、濡れたようなじゅわっとした仕上がり。セクシーさと可憐さをあわせもつ、魅惑的なカラー。重ねても色づきはほんのりで、ラメが主張する。

私の各色に対する心象を見る限りでは、全然似ていないじゃんと思われますよね?実際、似てはいないのですが、うーん、なぜか結びつきを感じます。顔も性格も似ていない姉妹みたいな笑

共通点は、
①どこに塗ってもかわいいこと
②他のアイシャドウと相性がいいこと
③20代後半以降の女性におすすめだと言うこと

①に関しては、濃淡の調整が、簡単にできるので、まぶたの上下問わず、目尻、目頭、涙袋…どこに塗ってもキラキラかわいい。
②は、ブラウンやオレンジ、ネイビーのベースや仕上げ、パールやラメを足しても、メインカラーの邪魔をしないところが良い。アディクションのアイシャドウ以外でも反発しません。
③は、ただギラギラするアイシャドウだと、目尻の小じわや目頭の元涙袋の線に溜まり出すお年頃。でも、キラキラかわいいアイシャドウを付けたい!上品さはキープしたい!というお姉様方の味方だなと思うからです。

(4)一番お気に入りの塗り方
涙袋メイクです!
ミスユーモアだとまぶたの上下に囲むように塗り、うさぎメイクにしますが、こちらは涙袋だけ、もしくは上まぶただけ、が好きです。どちらかを別のカラーにした方が繊細なパールが作り出す、ふっくら感、ふんわり感が際立つ気がします♡

(3)①で述べた通り、どこに塗ってもかわいいのですが、迷った時は、涙袋に塗ってみてください!目尻多めにのせるとかわいいですよ。