0

クリップ

0

いいね

コットンの使用目的は、ほぼクレンジング。
メイク汚れをすっきり絡めとりつつ、肌あたりは優しいことは絶対条件。
程よく大判で、ハサミで半分に切ってもバラバラにならず、パッティングや摩擦による毛羽立ちはNG、大量に使用するためプチプラで…
これらの注文をかなえたのが、@cosme storeが作った ミカエルのよくばりコットン。
1枚2.37円だから、一度に2枚、3枚と使っちゃいます。
ポイントメイクはもちろん、ベースメイクのオフにも全てこちらを使います。

1)クリームクレンジングをウェットコットンで拭き取り
ぬるま湯を含ませて絞っても、ぐでぐでにならず、コットンの形状を保ちます。
固めに絞って、コットンが平らになっても、肌にすべらせた時に痛いと思ったことはありません。

2)リキッドクレンジングでベースメイクを拭き取り
乾いたコットンに、たっぷりクレンザーを含ませます。量はそこそこ必要ですが、吸い過ぎる感覚はありません。真ん中に含ませて外側に揉み込むか、全体的にクレンザーをかけるかですが、どちらでも液体が床に落ちにくいと思います。

3)ポイントリムーバーでアイメイクをオフ
ラメが多いアイシャドウの時は、コットンをハサミで半分に切り、両まぶたに置いて少しなじませてから落としています。
マスカラやアイライナーも一緒に落とす時は、コットンを半分に折り、両目をオフ。

4)ポイントリムーバーでリップをオフ
コットンの真ん中にリムーバーを出して、半分に折ったら、唇でくわえて抜き取る。そうすると、口の周りにリップが広がりません。勢いよく抜き取っても、コットンが毛羽立たないので安心です。

この口コミで紹介されているアイテム