買いたいものを検索してください

きめ細かいたっぷりモコモコ泡。泡だてネットのおすすめランキングTOP11

洗う際にしっかりとモコモコ泡で洗うのが良いというのは有名な話でキレイな素肌を作るための第一歩といっても過言ではないことなのですが、毎日泡立てるのは面倒だったり、疲れている時には適当になってしまったりすることもあると思います。

やっぱりそうすると、のちのちお肌にサボったことが出てしまうので、頑張らなきゃなぁと思いつつも手で泡立てるのってコツがいりますし、手間もかかります。そんな時はやっぱり泡立てネットを使うのが一番です!ボディソープを泡立てたり、洗顔料を泡立てたりと使える泡立てネット。

きめ細かいモコモコの泡で洗うことで、しっかり洗えたという満足感も得られますし、やっぱり気持ちがいいものです。リラックスタイムと美肌を手に入れるために自分にピッタリ泡立てネットを探していきましょう!

 

泡だてネットの種類

 

袋タイプ

泡立てネットの中で一番数が多く人気も高いのが袋タイプです。ネットが多重になっているため、とても泡立てやすいタイプです。表面積が広いので摩擦面が多く効率よく泡立てることが出来ます。含ませる水の量など少々慣れが必要なので最初のうちは上手に泡を作りにくいかもしれませんが、慣れてしまえば上質なクリーミーな泡を作ることができます。

ただ、細かい網を擦り合わせるため網がほつれやすく劣化しやすい傾向があります。引っ掛けるためのフックが付いているものにすれば浮かせて収納することが出来るのでしっかりと水を切って衛生的に使うことができます。

 

ボールタイプ

見た目も可愛く一見泡立てるアイテムに見えないのがボールタイプです。慣れていない方でも簡単に泡を作ることができます。ボール型のネットがいくつもついている泡立てネットもあります。

ふわっとしたフォルムが可愛いのでバスルームに置いておいても見た目を損なわないのがボールタイプだと思います。デザイン性に富んでいるため、バスアイテムをプレゼントする際に付けてプレゼントのボリュームを出したりとプラスアイテムで使うのも効果的です。

 

泡立て器

最近とても人気が高いのが泡立て器になります。主に網で作られている上記2タイプと違って、泡立て器はプラスチックで作られているものがほとんどです。そのため、価格は高くなりますが丈夫でたっぷりの泡を作ることができます。

少し作業が要りますが単純作業で泡を作ることが出来るのでとても便利です。洗顔料だけでなくボディーソープなどを泡立てるのにも活用できます。

小さい子どもが遊び感覚で泡を作ってくれたりするのでお風呂に誘うきっかけやお風呂タイムを楽しむことができるので幼児がいるご家庭で一度は試してみてもらいたいアイテムです。ただ、乾かすスペースが必要になるのでバスルーム内や脱衣所などに場所を確保できる方におすすめです。

 

泡だてネットの選び方

 

短時間で泡立つネットを選ぶ

洗顔やボディーソープをしっかり泡立てて使う方が良いので泡立てる方がいいとわかっていても毎日のことなので手間がかかるのは嫌だと思います。そのため、短時間でささっと泡立てて洗う工程に移っていけるネットを選びましょう!

速く泡立てるにはやはりサイズが大きいネットの方が効率が良く泡を作りやすいです。また多重にネットが重なっている方が摩擦が多くなるため、効率よく水と空気を洗顔フォームや石鹸に混ぜ合わせることが出来るので表面積が広くネットが重なっているものを重視して選ぶことをおすすめします!

 

網目が細かい物を選ぶ

せっかく泡立てネットを使うのならば、手では作れないきめ細かい泡を作りたいと思うはずです。しっかりと洗えるきめ細かい泡を作るには泡立てネットの網目が細かいものを選ぶのがおすすめです。

網目が大きいものでもきめ細かい泡を作ることが出来る商品はありますが、それを探し当てるのは大変なので、網目の細かいという点を重視して選ぶ方がわかりやすいと思います。

 

サイズを確かめる

洗顔料やボディ洗浄剤が石鹸の場合はしっかりと石鹸を包みこめるような大きさのネットがおすすめです。また、サイズが大きい方が手早く効率的に泡を作ることが出来るので大き目のサイズの泡立てネットを使うのがよいと思います。

ただし、洗顔ネットを乾かすということを考えるとあまり大きいと場所を取ってしまいかねないのでバスルームのスペースを考えて選ぶことも重要です。

 

素材をチェック

ポリエチレン

泡立てネットのほとんどがポリエチレンで出来ています。丈夫で網目がボロボロになりにくいという特徴があります。そのため、耐久性を求めている方におすすめの素材になります。

ただし、熱には弱いのでポリエチレンの泡立てネットを乾燥させる場合には日陰で自然乾燥させるの方が長持ちします。

ポリエステル

ポリエステルはポリエチレンと比べるとコストパフォーマンスが高く、値段重視の方はポリステルがおすすめです。耐熱性もポリエステルの方があるので浴室で洗濯物を乾かすという方におすすめの素材です。

オーガンジー

上記二つの素材と比べてオーガンジーは網目が細かく、きめ細かい泡を作りやすいという特徴があります。ただし、お値段は少し高くなってしまいますので泡質重視!という方におすすめの素材になっています。

 

【洗顔用】泡だてネットのおすすめランキングTOP6

 

第6位 貝印 泡立てネット

素材 ポリエチレン サイズ 170×50×30mm
リング プラスチックのリング 特徴 抗菌ネット使用

シンプル。でも技ありの一品

見た目はかなりシンプルで100円ショップにあるものと大差ないように見えますが、こちらのほうがきめ細かいもっちりとした洗い応えのある泡が作れると根強い人気があります。

リングがあるので引っ掛けて乾かすことが出来るので便利です。見た目がシンプルなので可愛さなどデザイン性を求める方には物足りないと感じるかもしれませんが、洗顔するのに適した泡をしっかりと作ることが出来るので一度使ってみて欲しい泡立てネットです。ドラッグストアで購入できます。

 

第5位 TerGOOSE 石鹸ネット

出典: Amazon.co.jp

TerGOOSE 石鹸ネット
ブランド
カテゴリ
素材 プラスティック純糸 サイズ 10×12cm
リング ひも 特徴 石鹸袋

石鹸を愛用中の方におすすめ!

石鹸を使って泡立てると大きい時は良いのですが、小さくなってくると泡立てにくくなってきます。そんな時に袋タイプなら小さくなってしまった石鹸を落とすことなくしっかり泡立てることが出来ます。

また、石鹸を入れたまま吊るしておけばよいので石鹸置き場も必要なく水をしっかり切って乾燥させることが出来ます。紐の色が豊富なので洗顔用・ボディ用や家族それぞれ好みの石鹸を入れたりと見分けることが出来ます。

 

第4位 ファンケル 濃密もっちり泡立てネット

出典: Amazon.co.jp

TerGOOSE 石鹸ネット
ブランド
カテゴリ
ネットの形状 プリーツ状 サイズ 16×18cm
リング あり(シリコーンゴム) 特徴 パウダー洗顔料計量皿付き

パウダー洗顔料愛用者におすすめ!

ぱっと見は普通の洗顔ネットですが、ひっくり返すとパウダー洗顔料を計量できるお皿付きになっています。そのため、パウダー洗顔料の使用量を見た目でわかりやすく知ることが出来ます。

ファンケルの泡立てネットなのでファンケルのパウダー洗顔料に適しているのだと思いますが、他のパウダー洗顔料を使用したとしても使用量を知ることが出来るのとこぼすことなくしっかり泡立てることが出来るので扱いやすいと思います。

 

第3位 DHC 泡立てネット

構造 ギャザー構造 サイズ 180mm×230mm
リング あり 特徴 きめ細かいネット

きめ細かいネットでふわふわ濃密泡

ふわふわの泡を作り出せる原料から製品加工まで国内生産された泡立てネットです。石鹸を泡立てることを目的として作られているのでかなりきめ細かいネットです。

なので洗顔料に石鹸を使っている方は特に向いている泡立てネットです。メレンゲのようなふわふわで洗い心地が良い泡をしっかり作れることが人気の秘密なようです。丈夫さもあり、長く使い続けられると評判です。

 

第2位 無印良品 洗顔用泡立てネット

購入タイミング 年数回ある無印週間がおすすめ! サイズ 21cm
リング あり 特徴 きめ細かいもちもち泡が作れる

弾力あるもこもこ泡で思いっきり泡洗顔

かなり人気の高い無印良品の泡立てネットです。サイズが大きめなので慣れないうちは扱いにくいと感じる方もいますが、慣れてしまえばもこもこの泡がたっぷり作れるので気持ちよく泡洗顔することができます。

少々コツがいりますが弾力のある泡を作ることが出来るので人気のアイテムの一つです。中に石鹸を入れることもできます。水はけがとてもよく乾燥も速いのでそのまま石鹸を乾かすのにも使えます。

 

第1位 BULK HOMME THE BUBBLE NET 泡立てネット

構造 4重構造 サイズ 20cm
リング リボン 特徴 オリジナルの特大ネット

1度使ったら離れられない!理想の泡を作れる

他の洗顔ネットと同じように思っていたとしたら驚くほどもこもこの泡を作ることが出来ます!少量の洗顔料でかなりもこもこの泡を作ることが出来るので洗顔料の消費量を抑えることが出来そうです。

きめ細かくボリュームたっぷりの泡を作ることが出来るのでCMのような泡洗顔の体験が出来ちゃいます。600円台なので高いと思いがちですがその分の働きをしっかりして返してくれる洗顔ネットです。

 

【ボディ用】泡だてネットのおすすめランキングTOP5

 

第5位 オカ プリス シルキーウォッシュ

素材 ポリエスチレン サイズ 15×15×20cm
リング 特徴 メッシュ素材

きめ細かい泡をたっぷり作れる

低密度のポリエスチレンを使用していることで柔らかくきめ細かい泡をたっぷりと作ることが出来る泡立てネットです。サイズがSサイズとLサイズがあるのでSは洗顔にLはボディ用と使い分けることが出来ます。

またメッシュ素材になっているので水切れも早く衛生的に使うことが出来るので使い続けやすいネットになっています。カラーバリエーション豊富なので他のバスアイテムと色を合わせることでインテリアに統一感を出すこともできます。

 

第4位 マーナ ボディスポンジ 背中も洗えるシャボンボール

出典: Amazon.co.jp

マーナ ボディスポンジ 背中も洗えるシャボンボール
ブランド
カテゴリ
素材 ポリエチレン サイズ 12×50×12cm
リング 両側にひも 特徴 ネットが伸びる

背中洗いもらくらく!隅々まで洗っちゃおう!

両手で紐を持ち背中を洗うことが出来ます。びよーんと泡立てネットが伸びるので泡立ててそのまま洗うボディスポンジとして使うことが出来ます。

泡立てネットとして少量の洗浄剤でしっかり泡立つのでカラーバリエーションも豊富なので色違いを購入して気分を変えたりして楽しむことが出来ます。二重構造ネットで耐久性アップしてあるのでガンガン使いたい人にぴったりの泡立てネットです。

 

第3位 オーエ ホイッぷる ボールふつう

素材 ポリエチレン サイズ 10×10×8cm
リング 特徴 大きく泡立ちがよい

見た目以上に大きく泡立ち抜群!

ボディーソープを1プッシュで全身洗えるほどの泡を作ってくれる泡立てネットです。サイズはけっこう大きめなので洗顔に使うというよりはボディ用に使った方がいいと思います。

水切れや泡切れは速く乾燥するのも速いので清潔に保てそうです。カラーはグリーンのみですがすごくさわやかなカラーなので男女問わずに使えます。たっぷりの泡でしっかり洗いたいという方にぜひおすすめな泡立てネットになっています。

 

第2位 無印良品 のびのびボディーネット

公式を見る

 

素材 ポリエチレン サイズ 50cm
リング 両側に紐 特徴 のびるので背中も洗いやすい

びよーんと伸びるので洗いやすい

無印良品の泡立てネットはボディ用も人気のアイテムです。ネットが伸びるようになっているので背中も洗いやすく、全身をくまなく洗うことが出来ます。また、しっかりと泡立つので泡立てネットとしても活躍してくれるアイテムです。カラーは真っ白なのでバスルームにカラーを入れたくないモノクロ好きさんにはピッタリになっています。店頭でもネットでも購入できるので入手しやすい泡立てネットになっていると思います。

 

第1位 炭素ボディースポンジ フラワーボール

出典: Amazon.co.jp

炭素ボディースポンジ フラワーボール
ブランド
カテゴリ
素材 竹炭・ポリエチレン サイズ 12×12×12cm
リング リボン 特徴 60gの柔らかいネット、抗菌、竹炭パウダー入り

竹炭入りの泡立てネット

竹炭パウダーが配合された他とは違う泡立てネットです。真っ黒なので汚れも目立たずに使えます。抗菌作用もあり、湿気が多い浴室で使う泡立てネットにはもってこいのアイテムです。

とても柔らかく軽いので女性や子供でも泡を作りやすく使いやすいという特徴があります。竹炭パウダーの成分で角質除去の作用もあるようです。モノクロ好きさんにはぴったりな泡立てネットになっていると思います。

しっかりしたボリュームがあるため、へたりにくいという特徴があるようです。

 

泡立てネットの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、泡立てネットの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

お風呂をより楽しめる時間にするために

kousui

たっぷりのもこもこ泡で洗うと気持ちがいいですし、すごく贅沢な気分になって心が満たされるように思います。しっかり泡立てることでお気に入りのボディソープの香りがしっかりとバスルーム全体に広がって楽しむことが出来ますし、もちろんしっかりと洗うことで肌の汚れや皮脂なども取り除けてキレイになることが出来ます。

体も心もしっかりと洗ってすっきりさせるために、もこもこの気持ちの良い泡を作りましょう!手軽に泡を作れる泡立てネットを活用することで負担なく毎日モコモコ泡を存分に満喫することが出来ます。

普段から使っているという方も、今使っているネットを再確認してみましょう。へたって泡立ちが少なくなっていませんか?定期的に変えることで衛生的でしっかりと満足できる泡を作ることが出来るので、チェックが必要です。

もこもこ泡で洗顔やボディ洗いをぜひしてみてくださいね!

記事内で紹介されている商品

貝印 泡立てネット

サイトを見る

TerGOOSE 石鹸ネット

サイトを見る

無印良品 洗顔用泡立てネット

サイトを見る

BULK HOMME THE BUBBLE NET 泡立てネット

サイトを見る

オカ プリス シルキーウォッシュ

サイトを見る

マーナ ボディスポンジ 背中も洗えるシャ…

サイトを見る

オーエ ホイッぷる ボールふつう

サイトを見る

炭素ボディースポンジ フラワーボール

サイトを見る

関連記事