日用品ライターが教える!おすすめ風呂水ポンプ10選

洗濯にお風呂の残り湯を使うことには2つのメリットがあります。ひとつは洗濯に使う水を節約できること、もうひとつはぬるま湯で洗濯するため汚れ落ちがよいことです。

しかし、いくらお風呂の残り湯を有効利用するためとはいえ、バケツなどで少しずつ運んで溜めるのでは効率が悪すぎます。そこで、便利に活用したいのが風呂水ポンプです。

この記事では、ふろ水ポンプを選ぶときにおさえておきたいポイントを解説したうえで、おすすめの風呂水ポンプを10種類紹介します。

 

用途別のおすすめ風呂水ポンプ

 

洗濯機とお風呂が近いとき

浴室のすぐ横に洗濯機があるときは、最初からポンプに付属のホースが付いているタイプが便利です。付属のホースは専用に作られているため、折れやねじれに強い芯が入っています。

ポンプとホースを別に買うよりも、最初からセットになっているもののほうが安いので、付属のホースで長さが足りるときはセットになっているタイプを購入したほうがお得です。また、浴室から近い場合は、洗濯機にホースを固定しておき、すぐ下に収納ケースを置く場所を作っておけば、使いたいときにすぐに使えます。

 

洗濯機とお風呂が遠いとき

浴室と洗濯機の置き場所が遠いときは、お風呂ポンプを使うときだけ出してきて、洗濯機と浴槽にセッティングして使います。ポンプとホースがセットになったタイプでは長さが足りない可能性が高いので、ポンプだけを購入して、別売りで長さの合うホースを買うようにしましょう。

使用するときはどこからポンプやタイマーの電源を取るか、どこに置いて使うかなどを考えて購入する必要があります。普段使わないときの収納スペースもどこにするかを決めてから購入しましょう。購入したものの、実際使おうと思ったらスペースが足りなくて使えなかったというのでは意味がありません。

 

風呂水ポンプを選ぶときのポイント

 

モーターの容量

 

洗濯用の水を節約するためとはいえ、ポンプで水をくみ上げるのに時間がかかると、その分だけ電気代が余分にかかってしまいます。お風呂から残り湯を手早く汲み上げて洗濯機に移すためには、ポンプの容量に注目する必要があります。

1分間に何L汲み上げられるかが書かれているので、洗濯槽にお湯を組み入れるのにどのくらい時間がかかるのかを計算してみるとよいでしょう。

 

ホースをどうするか

洗濯機とポンプのあいだに取り付けるホースが付属しているタイプを選ぶか、ポンプが別売りになったものを選ぶかは、洗濯機とお風呂との距離によって違ってきます。ポンプはお風呂の底に沈めて使います。ホースの長さは風呂水の深さも考慮して計算するようにしましょう。

 

タイマー付きかどうか

 

ポンプの容量によって汲み上げにかかる時間はほぼ決まります。風呂水ポンプを使っているあいだに別の作業をするのであれば、タイマー付きが便利でしょう。設定した時間で自動的に汲み上げをストップするので無駄がありません。しかし、どこでも使えるタイマーを別に用意し、鳴ったときに自分で電源を止めるというのであれば、わざわざタイマー付きの風呂水ポンプを選ばなくてもかまいません。

 

風呂水ポンプのおすすめ10選

 

バスポンプ 湯ポポン ホース付属型

4mの専用ホースとホースホルダーが付属している風呂水ポンプです。揚程1mで1分間当たり8Lの吐水量なので、40Lの洗濯槽を5分でいっぱいにすることができます。ホルダーが付いていることで、吸い上げた残り湯を確実に洗濯槽に注ぎ入れ、浴槽への逆流も防げます。付属の専用ホースは汚れに強い抗菌仕様で、ねじれにくいらせん芯入りです。

 

バスポンプ 湯ポポン

ホースが付属していない、10型ポンプと電源器だけのセットです。使う場所に応じて必要な長さのホースを購入し、ポンプや電源器と組み合わせて使います。ただし、給水性能をフルに活かして使用するためには、別に購入するホースの長さは5m以内に抑えるのが理想です。お風呂の残り湯を、1分間当たり8L、5分間で40L洗濯槽に移せます。

 

センタック 湯渡り上手2

洗濯機に常時セットしておけるアーム付きの風呂水ポンプです。給水口のアームは回転させられるので、給水時以外は向きを変えて洗濯機の蓋を閉められます。電源器とポンプをつなぐコードが専用ホースの中を通っているので、コードが絡まる心配がありません。吐水量は高低差が1mで1分間に7.5L、差がないときは9.5Lです。高低差1mなら40Lの洗濯槽は約5分でいっぱいにできます。

 

ミツギロン バスポンプ ポットベリー

タイマー付きの風呂水ポンプです。タイマーであらかじめ止めたい時間をセットしておけば、ポンプの稼働を自動で調整できます。4m専用のホースと給水用のアームがセットになっているタイプです。高低差1mのときに、40Lの洗濯槽をいっぱいにするのに約3分間かかります。専用ホースはぬめりの発生や雑菌の増殖を防ぐ抗菌仕様です。

 

バスポンプ ミニポンディ

4mのホースと給水用のノズルがセットになった風呂水ポンプです。電源コードの長さは3mなので、コンセントの位置に合わせて延長コードと組み合わせて使います。4kgタイプの洗濯機を約5.7分でいっぱいにできるポンプ容量です。ポンプ本体が軽めなので、しっかり風呂水に沈めてからスイッチをONにするとうまく利用できます。

 

仲佐 小型ポンプ NBP-10

789gのコンパクトサイズですが、1分当たり8Lもの吐水量を誇る風呂水ポンプです。50Lの洗濯槽でも約7分でいっぱいにできます。浴槽の水面とホースの最高点の高低差が2mまでならしっかり給水できます。ただし、ホースやホルダーは別売りです。設置場所に合わせて十分な長さのホースを購入して組み合わせる必要があります。

 

センタック Msポンプセット

3.4mの専用ホースが付いている風呂水ポンプです。コードが1mと短いので、設置予定の場所で使えるかどうか確認してから購入する必要があります。洗濯機にアームと電源器を固定できるので、手でホースを押さえなくても確実に残り湯を洗濯槽に移せて便利です。首振りのアームなので、向きを変えれば洗濯機の蓋を閉めるときに邪魔になりません。

 

センタック オンリー湯~

お風呂の水面とホースの高低差が1mのときに毎分9.5L、高低差がないときは毎分11Lの吐水量を誇るハイパワーな風呂水ポンプです。ポンプと電源器に4mの専用ホースと洗濯機に固定できるアームがセットされています。電源器とポンプをつなぐコードが専用ホース内を通っているので、コードが絡まりません。すっきりと使えて収納も楽です。

 

センタック Msポンプ タイマー

容量の大きな洗濯機にも使いやすいハイパワー仕様の風呂水ポンプです。浴槽水面とホースの高低差が1mの時に1分間あたり10L、高低差がないときには1分間に13Lという吐水量を期待できます。高低差1mのときで、40Lの洗濯槽を約4分でいっぱいにできる大容量です。ホースやホルダーは付属していないので、別に用意する必要があります。

 

仲佐 バスポンプ

4mの給水ホースと洗濯槽への給水に便利なノズル、ノズルを固定するホルダーが付いている風呂水ポンプです。必要なものがすべて揃っているので、購入してすぐに使えます。揚程1mのときで1分間に8Lの吐水が可能なので、60Lの給水にかかる時間は約8分です。電源コードは1m、ポンプコードは3mなので、設置場所に応じて適宜延長コードと組み合わせて使用します。

まとめ

風呂水ポンプはポンプ本体と電源器の組み合わせが基本です。しかし、実際に使用するときには給水のためのホースや、洗濯機に残り湯を注ぎ込むためのノズルやホースのホルダーなどが必要になります。

すぐに使うなら、専用のホースやホルダーなどがポンプや電源器とセットになっているタイプを選ぶと便利です。しかし、設置場所によっては付属のホースでは長さが足りないこともあります。

そのようなときは、ポンプと電源器のみのタイプを購入し、別売りのホースと組み合わせるとよいでしょう。注意が必要なのは、ポンプの容量とコードの長さです。ポンプの容量は給水にかかる時間に直結します。コードの長さが短いときは、必要に応じて市販の延長コードを組み合わせるようにするとよいでしょう。

記事内で紹介されている商品

バスポンプ 湯ポポン ホース付属型

サイトを見る

バスポンプ 湯ポポン

サイトを見る

センタック 湯渡り上手2

サイトを見る

ミツギロン バスポンプ ポットベリー

サイトを見る

バスポンプ ミニポンディ

サイトを見る

仲佐 小型ポンプ NBP-10

サイトを見る

センタック Msポンプセット

サイトを見る

センタック オンリー湯~

サイトを見る

センタック Msポンプ タイマー

サイトを見る

仲佐 バスポンプ

サイトを見る

関連記事