いつでも簡単・手軽にお掃除できるおすすめのハンディークリーナー

平日はお仕事、土日はプライベートでお出かけ。現代を生きる人々の生活は大変忙しいものです。

充実した忙しい毎日を過ごしている人も多いと思いますが、部屋のお掃除は捗っていますか?

毎日生活する環境だからこそ、常に部屋が清潔であると気持ち良いですよね。

なかなかオフタイムに時間をとることができず、ゆっくりとまとまってお掃除する時間がとれないということはよくあります。

しかし、お部屋でふと片隅の方をみてホコリだまりを発見してしまった際には、見逃さずにはいられないですよね。

そんな時に便利なのが「ハンディークリーナー」です。

今回はハンディークリーナーのおすすめを紹介したいと思います。

 

ハンディークリーナーを使うメリット

掃除をするときの必須アイテムともいうべき掃除機。

大型で吸引能力の高いものから、小型で小回りが利くタイプまでさまざまな製品が展開されています。

そんな中でも今回紹介するハンディークリーナーは、手元にもって簡単に使うことができるお手軽な掃除機として活躍してくれます。

部屋の隅にあるホコリや、細かな粉をこぼしてしまったとき、さっと簡単に取り出して掃除できるハンディークリーナーは大変便利です。ベッドのマットレスや布団の中のホコリやダニ汚れまで吸い取ってくれるような本格的なハンディークリーナーもあります。

ハンディークリーナーは、基本的にコードレスの充電式で行う製品なので、面倒なコードの取り回しが存在しません。コンセントからの距離を考える必要もなく、自由に持ち出せるので、自宅内の各部屋はもちろんのこと、車の中の掃除機として使うこともできます。

また、手元に持ち出すクリーナーなのでサイズや重量感も非常にコンパクト。1kg〜2kgくらいの重さの製品が多く、手元に持ちながら長時間使用しても体に大きな負担はかかりません。

通常使うような大型の製品と比べると見劣りしてしまいがちですが、吸引力も大型モデルに匹敵するほどの能力を持つものもあり、本体サイズからは想像できないような仕様で、日常的なお掃除に利用するアイテムとして最適です。

 

ハンディクリーナーの選び方

各メーカーからいろいろなハンディークリーナーが販売されていますが、ここではハンディークリーナーを選ぶ際のポイントを紹介します。

 

吸引力

掃除機の吸引能力を示す値に吸引仕事率というものがあります。主にスティックタイプの掃除機であれば100W〜200W、紙パックやサイクロン式の大型タイプになると400〜600Wほどある製品もあります。

ただし、この吸引仕事率というものはJIS規格によって定められた計測法で出る値であり、実際にゴミやホコリを吸うときの状況は、床から掃除機吸い口までの距離や、ゴミ集塵ボックス中身の汚れ具合、床面の素材など、あらゆる環境が異なります。

吸引仕事率そのものの値が掃除機の吸引力として感覚的に実感できるとは限りません。

吸引仕事率というものはあくまでも目安の値として考えた方が良いと思います。

実際に、家電量販店などでは体験コーナーが設置されているものもあるので、どの程度の吸い込み能力があるかどうか比較してみるのも良いですね。

 

本体サイズや大きさ

ハンディークリーナーの形状もさまざま。軽量に特化したタイプのものもあれば、ハンディーサイズであっても十分な吸い込み能力を持ち、がっしりとした本体形状であるものも存在します。

ハンディークリーナーを使ってどのような場所を掃除したいのか、目的を明確にしておくと良いかもしれません。

自宅の中だけでなく、車の中にも持ち出して使用したいということであれば、なるべく軽量でコンパクトな製品の方が良いですし、自宅の部屋の中だけで使用するということであれば、そこまで軽量サイズに特化していない価格が比較的安いタイプの製品もおすすめです。

価格と使用するシーンのバランスを考慮しつつ、本体サイズを選ぶと良いでしょう。

 

集塵方式の違い

掃除機には大きくわけて、紙パック式とサイクロン式の集塵方式が存在します。

どちらにもそれぞれメリットとデメリットがあります。

紙パック式は、紙パックをセットし容量が許す限りゴミをため込むことができ、捨てる時も紙パックごと捨てれば良いだけなので衛生的です。デメリットとしては、紙パック内を通過した排気が掃除機から出るため、ゴミのにおいや細かな粉塵が気になってしまうこともあります。

一方、サイクロン式の場合は、紙パックを都度セットする必要がなくそのままの状態でゴミを吸い込めるので紙パック代がかからず経済的であり、排気もゴミの中をとおることがないので、クリーンに保てます。デメリットとしては、ゴミを捨てる時にホコリやチリといった粉塵が舞ってしまうことや、定期的なフィルターのメンテナンスが必要となります。

メリットやデメリットを理解した上で、どちらの集塵方式が良いか事前に決めておくとよいでしょう。

 

運転音

ハンディークリーナーを気軽に使いたくても、周囲への騒音は気になるもの。

特にマンションやアパートなどで仕事終わりの夜間に使う場合には、少し気が引けてしまいますよね。

吸引力が高い掃除機を選ぶと、必然と本体の運転音も大きくなってしまいます。しかしながら、音を気にしすぎるあまり、静音タイプの掃除機を選んでしまうと満足のいく吸引力を得られないかもしれません。

 

筆者おすすめのハンディークリーナー「dyson DC61」

NINOのイチオシ!

高性能タイプの掃除機としてユーザーからも評価の高いダイソン製のハンディークリーナーです。

DC61は非常にコンパクトサイズな本体でありながらしっかりとした吸引力を持っていることが特徴です。

本体重量は1.55kg。手に持っても気にならないサイズで、長い時間使用しても体に負担がかかることもありません。

電源はコードレス方式なので、コンセントからの電源コードの取り回しを考える必要もなく、どこでも自由に持ち出せます。家中の部屋の中の細かな汚れをサッと吸い取れるので便利です。

充電時間は3.5時間で約20分間稼働してくれます。稼働時間は短くなりますが、より大きな吸引力を必要とするときには、強モードでの運転も可能です。

付属品には、モーターヘッド、ミニモーターヘッド、コンビネーションノズル、隙間ノズル、フトンツールという豊富なツールで状況に応じた最適な掃除を実行できます。

特におすすめしたいのはフトンツール。

これを装着してベッドマットレスや羽毛布団など、寝具類に当てて吸入すると、普段は絶対に目に見えない寝具の中のホコリや汚れをかなり吸い取ってくれます。毎日使う寝具だからこそ、目に見えない部分まで常にキレイにしておくと、とても気持ちが良いです。

コンパクトな本体、サイズから想像できない驚きの吸引力、コードレスで気軽にどこでも使えることなど、DC61は毎日のお掃除には必要不可欠なツールであると考えています。

※DC61は旧モデルです。

 

他にもまだある!おすすめのハンディークリーナー

ツインバード工業 ハンディージェットサイクロン

しっかりとした性能を搭載しながらもリーズナブルである価格の製品を多く扱うツインバード工業製です。

電源接続はコード式ですが、付属コードの長さは最大6mあるので、コンセントから遠い場所でも比較的自由に取り回しできます。

ごみを集塵するダストケースはそのまま外して丸洗いすることもできるので、衛生的な構造です。

隙間ノズルやソフトブラシなど、付属品も充実しています。

 

パナソニック ハンディークリーナー MC-B20JP

家電製品ではお馴染みの安心メーカー、パナソニック製のハンディークリーナーです。

充電式のハンディークリーナーなので、コードの取り回しがなく自在に持ち出して使用できます。急速充電に対応していて2時間で充電を完了できます。本体重量も1.3kgと軽量です。

付属品にはけブラシ付きの隙間ノズルがあり、細かな隙間の掃除にも最適です。

 

アイリスオーヤマ ハンディークリーナー

紙パック不要で1.3kgの軽量タイプのハンディークリーナーです。

掃除機先端のヘッドが180°回転して自在に動くので、場所にあった最適な掃除ができます。

電源はコード接続ですが4.5mあるので部屋中でフレキシブルに動かせます。

集塵ボックスはそのまま水洗いもできるのでゴミ捨ても簡単です。

出典: Amazon.co.jp

アイリスオーヤマ ハンディクリーナー

 

ツインバード工業 ハンディージェットサイクロン

コンパクトなデザインが特徴的なツインバード工業のハンディークリーナー。

吸引仕事率は60%と高効率で、高速遠心分離サイクロンを採用しているので、パワフルな性能を持っています。

ダストボックスは紙パック不要なので、都度紙パックを設置する必要もなく、お財布にも優しくランニングコストを抑えられます。

付属品には布団ノズルもついてくるので部屋の掃除だけでなく、寝具周りも掃除できます。

出典: Amazon.co.jp

ツインバード 掃除機 ACハンディークリーナー

 

まとめ

大型やスティック型の掃除機に比べてコンパクトなサイズであるハンディークリーナーですが、吸引能力も高く簡単に持ち回りできるなど、メリットも大きいです。

日常的なちょっとしたお掃除にもピッタリなハンディークリーナーをぜひともお試しください!

記事内で紹介されている商品

ツインバード ハンディークリーナー

サイトを見る

パナソニック ハンディークリーナー

サイトを見る

アイリスオーヤマ ハンディクリーナー

サイトを見る

ツインバード 掃除機 ACハンディークリー…

サイトを見る

関連記事