家庭での園芸にも使える!おすすめのチェーンソー5選

一軒家住まいの人で庭がある家の場合、緑化や景観のために植樹している家庭が多いのではないかと思います。

夏真っ盛りにもなると、植樹した木はぐんぐんと生長し、瞬く間に枝が伸びて生い茂る状態になります。これでは見た目が少し不格好になってしまう他、木が成長しすぎることにより日当たりが悪くなってしまい、枝や葉同士で悪影響が出てしまいます。

このように、庭に植樹した木々は定期的なメンテナンスが必要です。

そんな時にあると便利なのが「チェーンソー」です。

今回はチェーンソーを使うメリットや選び方、おすすめを紹介したいと思います。

 

家庭でチェーンソーを使うメリット

チェーンソーという言葉を聞くと、林業のプロが使うような本格的なものをついつい想像してしまいますよね。一般の家庭用には必要ないと思われてしまうかもしれません。

実はチェーンソーには小型のものから大型のものまであり、小型のものであれば、家庭でも気軽に使える十分な機動性があるツールです。

冒頭で書きましたが、庭がある家庭でな植樹した木々の成長に伴い、枝や葉が次々と伸びていきます。特に、太陽の光が強くふりそそぐ夏の成長はすさまじいもの。

せっかくキレイに整えてあるお庭も、枝や葉が大きく生い茂りボサボサの状態になってしまうと、見た目がかなり悪くなってしまいます。

枝ばさみできるのもよいですが、生い茂った木を手入れするのは一苦労です。

そこで家庭用の小型チェーンソーを使うことにより、スイッチを握るだけで簡単に枝の剪定を行うことができます。

それ以外にもチェーンソーの用途はさまざまです。

例えば、木材のゴミを捨てるときにも役に立つ場面があります。

自治体にもよりますが、木材ゴミはある程度の大きさまで小さくしたものを縛ってゴミ回収に出さなければなりません。

ノコギリで切断するのでは大変ですよね。

チェーンソーがあると、長者尺ものの木材も力要らずで簡単に切ることができます。木材のゴミ出しも苦になりません。

家庭でもお手軽に使えるようなチェーンソーはあるので、1台持っておくと何かと便利で役に立つ機会も多いと思います。

 

チェーンソーの選び方

チェーンソーの使い道を考えた大きさ

チェーンソーには手軽に使える小型モデルから、大木を伐採するような大型モデルまで、さまざまなラインナップがあります。

家に大きな木が何本も生い茂るような環境にある方は大型モデルのチェーンソーでも良いと思いますが、家庭で使うことに限定するということであれば、大型モデルでなくても小型モデルで十分活躍してくれるでしょう。

小型モデルであれば、チェーンソーの刃先もそこまで長くはないので、初心者が使う分にも安全度が増します。

チェーンソーを継続的に使っていくのであれば、まずは小型モデルから使い始め、チェーンソーの取扱いに慣れてきたら、大型モデルへと買い換えるというのも1つの手です。

 

動力の種類

チェーンソーの刃を動かす動力には、大きく分けて、エンジンタイプ・電動タイプ・充電タイプの3種類があります。

エンジンタイプ

エンジンを搭載したタイプでは、専用の混合燃料を注入して発電機を回すようにスターターを引くと、エンジンがかかり刃先が周り始めます。

発電機の動かし方に慣れていないとチョークの操作やスターターなど、クセのある操作を少し難しく感じるかもしれません。

また、エンジンタイプの唯一のデメリットは騒音です。フルスロットルでチェーンソー動かすと、工事現場のような轟音が一体に鳴り響きます。閑静な住宅街に住んでいるような人には正直あまりおすすめはできません。

その分、エンジンを搭載したチェーンソーは比較的大型モデルとなる製品が多く、パワフルな作業を行うことができるラインナップです。

 

電動タイプ

電動タイプのチェーンソーは、電源コードの接続が必要なため、コードの取り回しを考慮すると作業環境に制限が出てしまいますが、エンジンタイプのものより、大きく騒音を抑えることができます。

エンジンタイプのものより電動チェーンソーの方がトルクも落ちてしまいますが、家庭用で使うのであれば十分なもの。

さらに、エンジンタイプの様に混合燃料も必要ないので、電気の力だけで動かすことができます。

 

充電タイプ

3タイプある動力の内、一番機動性が高いのが充電タイプのチェーンソーです。

動力にはあらかじめ充電しておいた充電電池を使うので、電源コードの接続も、混合燃料の注入も必要ありません。

充電が切れてしまうと、再度電池の充電が完了するまで使えなくなってしまいますが、家庭用で利用する使用時間を考慮すれば十分活躍してくれるツールであると思います。

充電タイプのチェーンソーも電動タイプのチェーンソー同様に、動作音が非常に静か。住宅街で使用するのも最適です。

 

筆者おすすめの家庭で使えるチェーンソー「BLACK+DECKER コードレスチェーンソー GKC1825L2」

NINOのイチオシ!

充電タイプの手軽に使えるチェーンソー。

刃の長さは25mm、チェーンスピードは3.5m/秒で、エンジン搭載した大型タイプのチェーンソーと比べるとそこまで切断能力が高いわけではないですが、小回りの利く操作性で作業効率が非常に高く、家庭で使うのには最適なツールです。

充電タイプなので、作業時に発生する騒音も非常に静か。近隣に住宅が密集するような環境でも大きな音をたてることなく、木を切ることができます。

充電電池に付属の電池が2個ついてくるので、作業中に電池が切れてしまっても予備のバッテリーを満タンに充電しておけば、作業を止めることなく続けて行うことができます。

エンジンをかけるというような応用的な使い方も必要なく、充電電池をセットすればすぐに使えるので、チェーンソーを使ったことがない初心者の人にもおすすめです。

 

他にもまだある!おすすめのチェーンソー

RYOBI チェーンソー

電動式のRYOBI製チェーンソーです。

スイッチを切ると自動で停止する電気ブレーキ式で安心です。

有効の切断長さは360mmで比較的大きな物体も切断することが可能。チェーン刃には切れ味がよい素材が使われているので、しっかりと切断作業が行えます。

価格も手頃なので入手しやすいチェーンソーです。

 

RYOBI ガーデニングソー GCS-1500

出典: Amazon.co.jp

RYOBI GCS-1500 DIY工具

庭にある木の枝といったガーデニングに特化したタイプのチェーンソーです。

電動タイプでコード接続によって簡単に起動できます

有効切断長さは95mmという長さで、本体重量が1.4kgなので、とてもコンパクト。長時間作業しても疲れないサイズです。

チェーン刃は工具なしで取り付けや取り外し、調整といった作業が可能。

庭先でチェーンソーを手軽に利用したいという人におすすめです。

 

マキタ 充電式チェーンソー MUC204CDGR

電動工具メーカー大手であるマキタ製のチェーンソー。

充電タイプのチェーンソーなのでコードの取り回しも必要無く、自由な作業環境で切断ができます。

ガイドバーの長さは200mmなのでサイズはコンパクト。

23mLのエンジンタイプと同等の使用感があるチェーンソーで、充電タイプでありながらもパワフルな作業が可能です。

フル充電では40分間作業可能で、1度の充電で長い時間使用することができます。

 

日立工機  マルチボルト コードレスチェーンソー CS3630DA

出典: Amazon.co.jp

日立工機 マルチボルト コードレスチェーンソー CS3630DA

切断能力300mmの日立工機製コードレスチェーンソー。

マルチボルトの蓄電池を搭載したことにより、従来品よりも19mm短くなったコンパクトな設計。

充電タイプのチェーンソーなので、コードを接続する必要がなく、電池さえセットすればあらゆる場所での切断作業が可能です。

本体先端にはLEDライトがついているので多少くらいような場所でも、作業しやすくなります。

 

まとめ

いろいろなチェーンソーを紹介しましたが、私自身が家庭用のチェーンソーとしておすすめしたいのは、充電タイプのチェーンソーです。

電源コードを屋外で接続したりするのは大変なので、充電タイプであればコードを気にすることなく作業できるので快適。さらに、充電タイプであれば、動作音も非常に静かなので、近所迷惑になることなく、切断作業が行えます。

作業環境や性能を考慮した上で、最適なチェーンソーを探してみてください!

記事内で紹介されている商品

リョービ チェンソー

サイトを見る

RYOBI GCS-1500 DIY工具

サイトを見る

マキタ 充電式チェンソー

サイトを見る

日立工機 マルチボルト コードレスチェー…

サイトを見る

関連記事