ピアノ好きが教える!ピアノ補助ペダルおすすめランキング8選

子どもがピアノを習いたいと言い、習い始めてしばらく経って必要になってきたのがピアノ用の補助台と補助ペダルです。

主に私の子どもの用途は、普段ピアノ教室ではピアノ補助ペダルや補助台が用意されていますが、発表会やコンクールでは用意されていないため、必要になり購入しました。

私も子どもの頃ピアノを習っていた経験がありますが、発表会などで使うピアノ用補助ペダルは貸してもらうことが多かったので、購入する必要はありませんでしたが使用していました。

ピアノ教室の先生の意向によっては購入してくださいと言われる場合があります。

 

ピアノ補助ペダルを活用するメリット

主にピアノ補助ペダルの目的は、子どもだと大人用に作られているピアノのペダルに足が届かないために、ピアノ補助ペダルを踏むことで、ピアノのペダルも踏むことができるようになります。

また、ピアノ補助ペダルは足台の役目もあり、ペダルを使わない場合でも足を安定させて演奏できる目的もあります。より演奏に集中できるようになるようですね。

 

ピアノ補助ペダルの選び方おすすめ

私が子どもにピアノ補助ペダルを購入する際に選んだポイントについて説明します。

 

補助台のみか補助台にペダルが付いているか

ピアノ補助ペダルと言っても、様々な種類があり、ペダルが付いていないもの補助台もありますし、補助台にペダルが付いているタイプもあります。

身長が高くなると、ピアノのペダルに直接ペダルアシストをつけるタイプもあります。

私は補助台のみとペダルが付いている補助台と迷ったのですが、ピアノ教室の先生に聞くと、長く使いたいならペダルが付いている方がいいと言われたので、そちらを購入しました。

ただし、補助台のみだとペダルが付いている補助台より、安価なので求めやすい場合が多いです。

こちらではペダルが付いている補助台、主にピアノ補助ペダルについて説明します。

 

子どもの身長に合っているか

ピアノ補助ペダルを使う身長はおよそ110センチ~130センチ代程なので、身長に合わせて1番ぴったりとくる商品が違ったりします。

商品によって調節できる高さが違ったりするので、子どもの身長に合ったピアノ補助ペダルを選ぶようにします。

また、ピアノを置いている場所によって高さが少し変わってきたりします。

フローリングか畳かなどピアノを置いている室内環境でも違ってくるでしょう。

実際にピアノの前に座ってもらい、床からかかとまで高さを測ってから購入すると確実でしょう。

 

調節ができない商品、段階調節の商品、無段階調節の商品

ピアノ補助ペダルと言っても、高さを変えることができない商品、何段階かに分かれて調節できる商品、無段階で好きな高さに調節できる商品があります。

子どもの成長が早いので、長く使うことができるよう、無段階のネジ式で高さが調節できるタイプを購入しました。

また、段階調節できる商品、無段階調節が素早くできるフリーストップ式がありますので、兄弟など何人かで使うので、素早く調節したい方やピアノ教室で使う場合にはこちらがおすすめです。

しっかりと安定できる重量があるかどうか

重さがある程度あるピアノ補助ペダルだと、安定していて、ずれにくくなります。

軽量の商品よりある程度重さがある方がいいでしょう。

私が購入した商品も6.5キロ程あるものでずっしりと重いです。

発表会やコンクール時には持ち運びが少し大変ですが、安定して使うことができる商品を選ぶようにします。

 

ペダルを抑える金具の違いについて

ピアノのペダルを押さえるピアノ補助ペダルの金具は、接着面が四角くなっていて手前にストッパーがついている商品と、接着面が丸くなっていて広い商品があります。

接着面が四角い商品はストッパーも付いているので、ずれにくいのが特徴です。

接着面が丸い商品は、面積が大きいため2本ペダルにも対応できる特徴があります。

ピアノのペダルの幅とピアノ補助ペダルの幅が合うか確かめてから購入するのがいいでしょう。

また、ピアノ補助ペダルには、金具が傾きが垂直になっているものと斜めにになっている商品があり、通常ピアノのペダルは斜めに踏み込むように使うため、斜めのピアノ補助ペダルの方が途中でずれにくいというメリットもあります。

 

ピアノ補助ペダルおすすめ8選

子どもが愛用しているピアノ補助ペダル、また身長によっても使うピアノ補助ペダルが違ったりするので、他にも気になっているピアノ補助ペダルを紹介します。

身長で110センチ前後の方と130センチ以上の方ではピアノ補助ペダルの種類が違ったりします。

 

アサヒピアノ ピアノ補助ペダル AS-18

出典: Amazon.co.jp

アサヒピアノ ピアノ補助ペダル AS-18

私が子どもに購入したピアノ補助ペダルです。

価格がお安く手に取りやすい価格です。

それでいて、ネジ式で少し時間がかかりますが、無段階調節できるピアノ補助ペダルです。

踏み込みも斜めになっているので、踏み込みやすいと思います。

また、重量も6.5キロ、色は黒でつや感があります。

14.5センチから19センチまで調整可能ですが、私の子どもが身長130センチで使用しているので、身長も高めのお子様向けだと思います。

日本製ですが、お値段は手に取りやすく、日本製でなるべくお安く購入したい方におすすめです。

 

吉澤 ピアノ補助ペダル ブラック M-60

出典: Amazon.co.jp

吉澤 ピアノ補助ペダル ブラック M-60

身長が110センチ前後のお子さんにおすすめのピアノ補助ペダルです。

高さが13.5センチから26センチまで伸びるので、小さなお子様にも使いやすいピアノ補助ペダルになっています。

ネジ式で無段階調節でき、接着面が四角くストッパーも付いているので、ずれにくく、ペダルも軽くなっています。

重量は約7キロと安定感もありそうです。

お値段が他の商品と比べると高価になっています。

 

吉澤 ピアノ 補助ペダル AX-100

出典: Amazon.co.jp

吉澤 ピアノ 補助ペダル AX-100

ピアノ補助ペダルでよく使われている商品です。

自宅でもコンクール、発表会でも使うことができ、以前販売されていた商品と比べてペダルが軽くなっているので、扱いやすくなっています。

高さは約13.0センチから約23.0センチまで調節することができ、ネジ式の無段階調節ができるピアノ補助ペダルです。

重さも6.5キロで重さもあり、安定感もありそうです。

形状はヤマハのピアノ補助ペダル HP-705と同じなのですが、お値段がこちらの方がお安いので選ぶ方も多そうですね。

定番の商品なので、迷ったらこちらを検討してみるのもいいかもしれません。

 

ヤマハ ピアノ補助ペダル HP-705

出典: Amazon.co.jp

ヤマハ ピアノ補助ペダル HP-705

ヤマハと言えば、ピアノのメーカーなので、安定感があるピアノ補助ペダルです。

以前のモデルよりペダルが軽くなっています。

無段階調節ができるピアノ補助ペダルで、高さも12.5センチから22.5センチと調節することができます。

ネジ式ですが、調節しやすいネジを採用してあり、メモリーシールも付いているので、調節を楽にすることができます。

ヤマハということもあり、お値段も他の商品より少し高くなっていますが、安定感があり、高さ調節を頻繁にする方にもおすすめです。

 

甲南 ピアノ補助ペダル KP-W1

出典: Amazon.co.jp

甲南 ピアノ補助ペダル KP-W1

ピアノの関連商品を作っているメーカー、甲南のピアノ補助ペダルで、以前のモデルKP-DXの改良版です。

以前の商品より高さを調節できる幅が大きくなり、ネジ式無段階調節で約14.5センチから約23.5センチまで上げることができます。

重さは約8キロとしっかりと安定していて、足台の幅も広くなり、自宅だけではなく発表会やコンクールなどでも使いやすく改良されています。

お値段も高くなく、コスパも良く感じられます。

自宅だけではなくコンクールや発表会にも使いたい方におすすめです。

 

イトーシンミュージック ピアノ 補助ペダル

出典: Amazon.co.jp

イトーシンミュージック ピアノ 補助ペダル

こちらのピアノ補助ペダルの特徴は、足台の上から補助ペダルが見えるので、設置を楽にすることができ、素早く設置したい発表会やコンクールの時におすすめの補助ペダルです。

高さは約13.0センチから約22.5センチまで調節でき、少し調節できる範囲も大きいと思います。

重さは6.5キロありますので、安定感もありそうです。

お値段は少ししますが、安定感のある商品で、コンクールや発表会に使いたい方におすすめです。

 

アルプス 日本製ピアノ補助ペダル  SP-D

出典: Amazon.co.jp

アルプス 日本製ピアノ補助ペダル  SP-D

こちらのピアノ補助ペダルは、すぐに高さを変えることができるので、複数で使いたい場合におすすめのピアノ補助ペダルです。

8段階ワンタッチ式で高さを変えることができ、約1.5cm間隔で変えることができます。

高さは14.5センチから約24.5センチまで高くすることができ、重量は約7キロほどです。

お値段も高くない印象で、複数で使いたい方におすすめです。

 

吉澤 アシスト3点セット

出典: Amazon.co.jp

吉澤 アシスト3点セット

こちらは今までの補助ペダルと足台の一体型と違い、足台と別になっているアシストペダルという商品で、主に身長130センチ以上ので足が付かないお子さんが使用する目的で作られています。

アシストペダルは直接ピアノのペダルに付けて使うので、ピアノ補助ペダルに比べ、動きも直接的でスムーズです。

アシストペダル、ハイツールは5段階で調節することができ、ピアノのペダル位置を0として約4.5センチから約13.6センチ、アシストスツールも5段階で調節をすることができ、約2.5センチから約11.5センチまで調節することができます。

3点セットだということを考えるとお値段もそこまで高くない感じもします。

私の子どもが130センチ、補助台の高さが14センチほどなので、いずれ必要になればこちらも購入検討中です。

 

まとめ

ピアノ補助ペダルと言っても色々な種類があり、お子様の身長はもちろん、ピアノやピアノを置いている室内環境によっても使うピアノ補助ペダルの種類は変わってきます。

成長期に使うものなので、期間は少しになってしまいますが、私の場合ピアノ補助ペダルを購入してから、子どもがスムーズに曲を弾いているように見えます。

用意するとなった場合にはピアノ教室の先生にも相談しながら、お子様に合ったピアノ補助ペダルを用意するといいでしょう。

記事内で紹介されている商品

アサヒピアノ ピアノ補助ペダル AS-18

サイトを見る

吉澤 ピアノ補助ペダル ブラック M-60

サイトを見る

吉澤 ピアノ 補助ペダル AX-100

サイトを見る

ヤマハ ピアノ補助ペダル HP-705

サイトを見る

甲南 ピアノ補助ペダル KP-W1

サイトを見る

イトーシンミュージック ピアノ 補助ペダル

サイトを見る

アルプス 日本製ピアノ補助ペダル  SP-D

サイトを見る

吉澤 アシスト3点セット

サイトを見る

関連記事