洋服・下着の型崩れを防ぐ!洗濯ネットおすすめランキング7選

私が小さい頃は、実家では洗濯ネットを使っていなかったような気がします。一人暮らしを始める時も特に意識しなかったような…?

気がついたら使っていた洗濯ネットですが、今では洗濯するたびにお世話になっています。衣類の保護という意味でもですが、個人的には、靴下など小物が洗濯機の底に取り残されないで済むのが良いですね。うっかりすると、次回の洗濯時まで放置なので。

実際そこまで必要?と思われる方もいるかもしれませんが、意外と役立つ洗濯ネットの魅力をご紹介します。

 

洗濯ネットの魅力は?

洗濯表示付きの衣類

 

引用元https://www.photo-ac.com/main/detail/1344965

洗濯ネットとは衣類を入れるネットで、洗濯時に使います。主に下着などの小物をまとめたり、ワイシャツ、おしゃれ着など、洗濯機にかけることで型崩れする可能性がある服が対象です。小物にもブラジャーなど、形が大事なアイテムもありますね。

以前からあったのかもしれませんが、衣類によっては「ネットに入れて洗うべし」を意味する表示マークもあるほどで、実際に服のダメージを防いでくれるアイテムとして役立っています。

 

洗濯ネットの種類

洗濯ネット

 

洗濯ネットはその形状も様々です。服のサイズや種類、どれだけ入れるかによっても使い分けることをおすすめします。

 

小物は丸形でシャツは角型

洗濯ネットの形状は主に球形の丸型や円筒形のドラム型、もしくは角形のような四角いタイプに分かれます。洗濯ネットによっては○○用と使い道が記されていることもありますが、そうでない時は丸型に小物、角形にシャツ1枚と分けるのがおすすめ。

洗濯時の印象ですが、円筒状の丸型なら小物が洗濯機内で回りやすくなりますし、反対にシャツ1枚なら余白をなくせる角形の方が型崩れしにくいのでしょう。

 

網目は汚れを落としたいなら粗く中身の繊維優先なら細く

続いては洗濯ネットの目の細かさです。よく見ると、洗濯ネットの網目は穴があいているのかわからないほど細かいタイプもあります。空気や水は通すけれど、大きなゴミや繊維などは通さないわけですね。

もしおしゃれ着など服の品質を保ちたいなら、網目は細かい方にしましょう。粗い目のネットでは、洗濯機に入れたほかの洋服のゴミが入り込んでしまう可能性があるためです。反対に、型崩れを気にせず汚れをしっかり取りたいなら、多少荒くてもOK。ネットの中に汚れが蓄積ににくく、脱水時に洗濯槽の水とともにしっかり排出してもらえます。

 

洗濯ネットの選び方

洗濯ネットと洗濯用品

 

引用元https://www.photo-ac.com/main/detail/895689

洗濯ネットを購入する際は、自分の洗濯状況や服の種類、また以下のポイントを踏まえて選ぶと使いやすくなりますよ。

 

専用タイプの方が型くずれしにくい

上で専用タイプもある、としましたが、型崩れ防止を重視するなら何でもOKの洗濯ネットより専用タイプの方が便利です。対象となっている衣類の形をキープしやすいようにネットも形が決められているため、洗濯機の中でも安定します。

ほかの用途には使いにくいデメリットもありますが、服を守るためには欠かせません。

 

型崩れ防止を考えるならネット1枚に衣類1枚のサイズ

最後は洗濯ネットの大きさ。大きいサイズであれば小物をたくさん入れることができますが、あまりに詰め込み過ぎると、今度はきちんと洗浄されません。

シャツなど大きなものは1着につきネット1枚、小物でも全体の半分程度を目安にサイズを決めましょう。下着で型くずれを防ぎたい場合は、専用タイプを1着につき1枚がおすすめです。

 

洗濯ネット、使用の注意点!

洗濯

 

引用元https://www.photo-ac.com/main/detail/493488

洗濯ネットを長持ちさせるために、購入後、使用時における注意点も知っておきましょう。

 

詰め込み過ぎると洗濯ネットも劣化が早い

上でマルチタイプの洗濯ネットでも、たくさん入れてしまうのはNGという話をしました。上ではギュウギュウに詰めることで洗濯物がきちんと洗われない点を理由にしましたが、一方で洗濯ネットにも気をつけなくてはいけません。

ネットと言っても針金でできているわけではないため、たくさんの衣類を詰め込むと破損の原因に。さほど高額な商品はありませんが、買ったばかりで破れてしまうのはもったいないです。

 

ジッパーの留め具は収納型を

洗濯ネットに衣類を入れたら、ジッパーでネットの口を閉じます。しかしジッパーの留め具がむき出しだと、これまた洗濯機の中で外れたり壊れる可能性があるんです。

対策として、最近ではジッパーの端に留め具を押し込み、プラプラしないようできるタイプも存在。適したサイズ・形の洗濯ネットを見つけたら、ジッパーの留め具の収納部もあるか確認しましょう。

 

私のイチオシ!洗濯ネット

洗濯ネットの開け口

 

私のおすすめは、Qualsenの角形、特大サイズの洗濯ネットです。2枚セットで1枚あたり60cm×70cmもあり、1回の洗濯物が多い人や、家族の分などもある場合に便利。もちろん入れ過ぎは注意ですよ。

チャックカバーと呼ばれる、上で触れたジッパーの留め具を固定できる場所もあるので、洗濯ネットの破損防止としても期待大。ネット本体はポリエステル、ジッパーはプラスチックです。

 

洗濯ネットおすすめランキング7選

ほかにもたくさんの種類がある洗濯ネット。最後にその一部を、ランキング形式でピックアップしました。特定の衣類専用のタイプは、私が普段使うかどうかも順位の根拠になっているので、もし該当する衣類がある場合は、マルチタイプよりも専用のネットを重視してくださいね。

 

第7位   毛布洗いネット

最初は日立の毛布用洗濯ネット。毛布というと、だいたい洗濯機1回使うのに1枚という印象ですが、洗濯機そのものでダメージを受けないよう、専用ネットに入れます。干すだけのケアしかしていないなら、たまには洗濯してみては?

ただし対応機種があるため、対象外の洗濯機で使う際は自己責任で。

 

第6位   ふくらむ洗濯ネット

ふくらむ洗濯ネット

6位も毛布が洗えるタイプですが、専用ではなくほかの衣類もOKの洗濯ネットです。大きさは中身を入れて球体になったとき50cmの直径があるほど。フェイスタオル程度なら15枚も入れて洗うことができます。

ジッパーは大きく開けることができ、また留め具も収納箇所あり。小物を1つにまとめたいけど合う洗濯ネットのサイズがないならおすすめです。

 

・第5位   ドーム型ブラジャーネット

ドーム型ブラジャーネット

直径がおよそ18cmx高さ12cmの円錐形ネットが5位。形状からもわかるように、ブラジャー専用のネットです。バストをしっかり固定して欲しいなら、ブラへ専用ネットを使うのが吉。

サイズはFカップまで対応しています。円錐を割開くように開閉できるジッパーも使いやすいですね。

 

第4位   丸型ランジェリーネット

丸型ランジェリーネット

続いては直径約24cmの円形ネット。専用ではありませんが、こちらもランジェリーとあるように、下着を入れる洗濯ネットです。パッド付きキャミソールなら2枚、パッドなしなら4枚入るサイズ。

ジッパーは収納箇所があるほか、留め具とチャックの部分とで色が異なるため、遠目にも区別しやすいです。どこから開ければいいか悩む手間が省けます。

 

第3位  丸形 洗濯ネット

3位はも丸型の洗濯ネット。サイズも4位同様直径約24cmです。魅力は洗濯物をネットの中に入れたまま乾燥機、ないし乾燥機能が使えること。逐一取り出すのが面倒な人に向いています。

ネット部分には重ね縫いやテープを利用した補強がされており、耐久性も良いです。

 

第2位   角型 大 洗濯ネット

2位は3位の角形版。サイズは50cm×60cm、トレーナーが2枚も入ってしまう大きさです。網目は細かいので、外からのゴミが入りにくい設計。またジグザグに縫うなどネットの補強もされています。

ジッパーの留め具は大きくつかみやすいのに、収納部分もきちんと作ってあって洗濯中に外れにくいのも良いですね。コスパも◎。

 

第1位   GLAMOURIC 細目角型 洗濯ネット

出典: Amazon.co.jp

GLAMOURIC 細目角型 洗濯ネット

私が1番気になったのは、GLAMOURICのセットタイプ。サイズ別に4タイプ、合計6枚が1つになった商品で、これから洗濯ネットを使い始める方におすすめです。

靴下のような小物は小さいネットに、最大サイズならば毛布までOK。ちなみに大きさは60cm×50cmの白が1枚、50cm×40cmが黒白1枚ずつ計2枚、40cm×30cmも黒と白で計2枚、そして30cm×20cmの白が1枚となっています。

 

洗濯ネットの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、洗濯ネットの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

大切な衣類は洗濯ネットに入れて♡

洗濯ネットは無くても困らないかもしれませんが、あれば衣類へのダメージを減らしつつ洗濯ができるなどメリットもたくさん。

もし服のほつれを見つけたり、洗濯でくたびれているような印象を受けたら、ネットを使っていたわった洗濯に切り替えてあげましょう。

記事内で紹介されている商品

Qualsen 洗濯ネット

サイトを見る

ふくらむ洗濯ネット

サイトを見る

ドーム型ブラジャーネット

サイトを見る

丸型ランジェリーネット

サイトを見る

角型 大 洗濯ネット

サイトを見る

GLAMOURIC 細目角型 洗濯ネット

サイトを見る

関連記事