適当に選ぶのはもったいない!こだわりのカレンダーおすすめランキングTOP6

携帯やパソコン、手帳などでも毎日のスケジュール管理はしている私ですが、どうしても忘れる時は忘れてしまうもの。できるだけ忘れないようにと講じた対策が、カレンダーへのメモでした。

カレンダーは壁に掛けたりデスク周りに置いたりと、とかく目に付きます。なんとなくでも視線を向けることで、「あ、○月×日にあれがあったな」と意識することができるんです。

日付の確認だけでなく、スケジュール管理としても意外と役立つカレンダーの、魅力や活用方法をご紹介します。

 

目次

毎日使える、カレンダーの魅力

たくさんのカレンダー

引用元https://www.photo-ac.com/main/detail/868391

 

ではまず、カレンダーが持つ魅力を見てみましょう。

 

ぱっと見ればすぐに間近の予定がわかる

例外はありますが、カレンダーの多くはマンスリー型で、1ページにひと月分が掲載されています。そのため、カレンダーを見ればその月の予定は即座に把握できるのが魅力。ほかのスケジュールとバッティングしないよう、調整するのも容易です。

 

見るだけでも忘れ防止に

冒頭でも触れましたが、カレンダーは壁に掛けたり机に置いたりとある種インテリアのように使います。カバンや押入れの奥にしまいっぱなし、なんてことはないため、何日も全く目を向けないという人は少ないのではないでしょうか?

言い換えれば、無意識でも1度は目を向けているのがカレンダーです。ゆえに自ずとカレンダーにメモされた予定も脳が記憶し、忘れるリスクを下げてくれます。もちろん確実ではないので、意識的にチェックすることはお忘れなく。

 

紙のカレンダーなら電源を入れる必要なし

特にアプリやソフトのような電子系と比べて優秀なのが、電源を入れずとも確認できること。最近は北海道で自身に伴う停電がありましたが、災害でなくとも、肝心な時にスマホやパソコンの充電切れは嫌なものです。

しかしカレンダー、特に紙媒体のカレンダーならば、電気の有無とは無関係にいつでも確認できます。逐一起動する手間もないので、確認作業自体も目を向けるだけのほんの一瞬あれば十分です。

カレンダーの種類はたくさん!複数そろえるのもアリ

日めくりカレンダー

引用元https://www.photo-ac.com/main/detail/1212615

 

カレンダーはまた、設置方法などによっていくつかの種類に分類できます。ここでは代表的な3パターンの特徴を比較し、どんな人におすすめかをご紹介します。複数のタイプを用意して、使い分けるのもおすすめですよ。

 

インパクト抜群で目を向けやすい壁掛けカレンダー

まずは壁掛けタイプのカレンダーです。なんとなく視線を向けるため、予定を忘れにくいのがこのタイプ。ほかのタイプに比べて大きいのが特徴で、存在感があるのも忘れにくさに役立っています。

場合によっては写真やイラストが1枚のほとんどを締めているカレンダーもありますが、壁にカレンダーが掛かっている事実だけでも、「来週はどんな予定を入れていたかな?」と気になり、確かめる行為に繋がります。

 

手作業中のチェックに便利な卓上カレンダー

続いては卓上カレンダー。壁掛けタイプが目に付くとは言っても、自宅にいる時は机で仕事や勉強などをしている人だとあまり意識が向かないかもしれません。

リビングなど、自室以外の場所に掛けてあるなら尚更です。もし当てはまるなら、卓上タイプのカレンダーを使いましょう。壁掛けタイプよりは小さいですが、その分スペースを取らないためデスク周りにはぴったり。

近くに置いてあるので、カレンダーや書き込んだ予定の文字サイズが小さくでも問題ありません。

 

スケジュールよりも娯楽目的の日めくりカレンダー

ラストの日めくりカレンダーは、上記2つに比べると最近はあまり使われていないイメージがあります。1ページ分が1日分と考えると、日めくりタイプを見たことがない方はスケジュール帳のデイリー欄のように、記入スペースがいっぱいと思うかもしれません。

しかし実際は日付がでかでかと表示されていたり、写真やイラスト、ことわざや格言などデザイン的な要素で占められているため、予定の書き込みには適さないからです。

どちらかといえば記載の絵や文を楽しむ目的で使う人が多いでしょう。また、むしろ特定の予定の日時をしっかり覚えているからこそ、その日までのカウントダウンを楽しむ感覚で、毎日めくる使い方に向いています。

 

飾ってるだけにしてない?上手なカレンダーの使い方を伝授

カレンダーの日付

ただカレンダーはスケジュール帳や予定表と比べると、記入用に作られていないことも多いです。余白の多いカレンダーを別途用意しても良いですが、せっかくなので省スペースのカレンダーも有効活用しましょう。

 

付箋で足りないスペースをカバー

まずは付箋を利用しましょう。付箋自体も小さいとはいえメモが記入できるので、カレンダーに書き込めないものは付箋に書いて貼り付けるのがおすすめ。

付箋は糊のない部分がカレンダーからはみ出してもOKですから、イラストなどの邪魔をすることもありません。

また付箋の色やデザインを複数用意しておき、黄色なら仕事、ピンクならプライベートと使い分けるのも良いですよ。なにが書かれているかは解らない離れた場所でも、日付と付箋のデザインでおおよその内容が推測できます。

 

スタンプやマークで印だけつけておく

付箋ではなく、スタンプやマークで印をつけておくのもおすすめです。付箋と違ってメモそのものは難しいですが、予定があることだけは伝わります。

やはり色や形で内容を分けておき、詳細はスケジュール帳などに記しましょう。同じ日の予定を確認されたとき、カレンダーに印があれば、改めてスケジュール帳を見ればOK。印がなければフリーの証なので、新しい予定を組むことができます。

万が一色や形での区別方法を忘れてしまっても、予定の存在は理解できますから、その都度確認すれば良いんです。

 

可愛いものから面白いものまで!部屋に飾りたいインテリア風カレンダー

カレンダーはそれ自体が部屋を飾るインテリアでもありますが、ポスターのようなデザイン面だけでなく、機能面でも充実した商品が見られます。

私が見聞きしたのは、イヤリータイプで、月ごとに収納ポケットになっているカレンダーです。収納ポケットは小物入れに使えますが、その月に必要なものを入れておくと忘れることがなく便利。特定の年度用とは限らず、次年度以降も継続して使えるエコロジーさも特徴です。

出典: Amazon.co.jp

ウォールポケット 吊り下げ 収納 スケジュール 12数字 カレンダー キャンパス風 壁掛け収納 インテリア 4段12個ポケット 小物 キー 手紙 ニュース 文房具 雑貨収納 便利 省スペース 帆布 汚れにくい 2色(ブラック)

入れられるものは限られますが、手紙などの書類、薬などが代表的です。小さなメモ帳を入れておき、その月の詳細な予定を記入する使い方もできます。

収納ポケットは布製が多いですが、バッジを留めたりアップリケを縫い付けるなどして付箋やスタンプの代わりにでき、特定の日に予定があることを示せます。

 

カレンダー選びにチェックしたいポイント

卓上カレンダー

引用元https://www.photo-ac.com/main/detail/299610

 

もし上記を踏まえても自分にあうカレンダーが無い、あるいはありすぎて迷ってしまうようなら、さらに以下のポイントをチェックしてみてください。

 

予定を書き込むスペースが必要ならシンプルデザインのカレンダーがおすすめ

カレンダーはデザインを見るのも楽しいですが、デザインが原因で予定を書き込めなくなってしまっては意味がありません。あくまでスケジュールの書き込みを重視するのであれば、日付のみ記載されたシンプルなカレンダーを優先しましょう。

絵や写真はもちろんのこと、不要なら六曜や二十四節気などの情報もカットしてOKです。

 

左端は月曜日か日曜日か

今使っている予定表や、カレンダーアプリは月曜始まりと日曜始まりのどちらになってますか?アイテムによってバラバラだと、ぱっと見で区別することが難しく、予定を取り違えてしまう可能性が高いです。

ちなみに私は日曜日が左端のタイプを使っています。使いやすさは慣れているかどうかですから、まずは普段見ている日付関係の商品をチェックしてみましょう。

 

日付までは確認しやすいサイズを選ぶべし

最後は文字の大きさ。分からなかったら近寄れば良い話ではありますが、壁掛けタイプなら同じ部屋の中、卓上タイプなら姿勢を正して座った状態で確認できるサイズがベストです。

少なくとも年月日の確認ができれば、その欄内に何か文字が書いてある=予定が入っている日なのだなと認識ができます。

 

予定管理から癒しまで♡ライター厳選のカレンダーおすすめランキングTOP6

カレンダー

「具体的なカレンダーってどんなものがあるの?」と思ったら、以下のランキングを見てみてください。順位はデザインや機能性など私の好みで選びましたが、おすすめカレンダーを並べました。

 

第6位 平凡社 日めくり! 毎日シャンシャン365日カレンダー

出典: Amazon.co.jp

平凡社 日めくり! 毎日シャンシャン365日カレンダー

まずは6位から。日めくりタイプのカレンダーで、毎日パンダのシャンシャンの姿が楽しめます。癒しやリラックスを求めたい方におすすめです。

毎日異なるシャンシャンが見られるので、パンダ好きにはたまりません。日めくりがもったいないと感じてしまうかも。過ぎた日のシャンシャンは、捨てずに保管しておくのも良いですね。

 

第5位 ねこのきもち特別編集 ねこのきもちカレンダー

出典: Amazon.co.jp

ねこのきもち特別編集 ねこのきもちカレンダー

5位も癒しを求める方におすすめ。いぬのきもち・ねこのきもちでお馴染みの雑誌から、ニャンコたちの愛くるしい姿を収めたカレンダーが登場です。猫派の方はぜひ。

タイプはマンスリー形式。写真は日付とは別に、カレンダーの上半分に掲載されているため、スケジュールの書き込みもOKです。ただし日曜日スタートなので、月曜日スタートのカレンダーに慣れている方はご注意ください。

 

第4位 キュービックス  ベーシック カレンダー 卓上

出典: Amazon.co.jp

キュービックス ベーシック カレンダー 卓上

4位は機能重視ながら、どこか愛嬌を感じさせる3ヶ月セット型の卓上カレンダーです。3ヶ月が1セットになっているとは言っても、めくるのは1月ごとに可能。

例えば2月になったら1月の分はめくり、次の4月分を表面に出すことができるんです。並びは4月、2月、3月となりますが、常に3ヶ月先の予定まで把握できるのは魅力。ちなみに2月の次は5月、3月の次は6月が表示されます。

カレンダー自体が、月ごとに6色で分けられている(1月と7月など半年間隔で同色)ため、デザインにもメリハリが生まれるほか、把握できれば遠目にも、どの月の予定なのか区別しやすいです。

 

第3位 プロプロ堂 ボーナス付  ファミリー壁掛けカレンダー

3位はA3壁掛けタイプのカレンダー。こちらは月曜はじまりが特徴です。日付のほか、大安や仏滅と言った六曜が記入されているので、気になる方にはおすすめ。

曜日欄がカラー分けされているので区別が容易になるほか、全体がA3ゆえに1日分の記入スペースが広いのも魅力。ただし9月スタートなので、1月や4月スタートのカレンダーを使っている人は、中途半端に重なってしまうことは把握しておきましょう。

 

第2位 新日本カレンダー 家庭のスケジュール カレンダー 壁掛け

出典: Amazon.co.jp

新日本カレンダー 家庭のスケジュール カレンダー 壁掛け

2位は自分だけでなく、家族の予定管理もおすすめの壁掛けタイプです。日付は上から下へと並んでいるので、曜日スタートも気になりません。

また各日付ごとに横6マス分のスペースが用意されており、家族ごとに1マスと使い分けることが可能。互いのスケジュールを把握しておきたい時に便利です。

1人暮らしや、家族が6人に満たない場合は、1人2マス以上使えますから、よりたくさんの予定がかけるメリットもありますよ。

 

第1位 新日本カレンダー  カラーインデックス カレンダー 卓上

出典: Amazon.co.jp

新日本カレンダー カラーインデックス カレンダー 卓上

2位のブランドと同じですが、卓上版を1位にしました。私もデスク周りで過ごすことが多いので、間近に置ける卓上版は便利なんです。絵柄もなく、日付下のメモ欄は予定を入れるのにぴったり。

日曜日スタートのほか、月単位でインデックスが設けられているため、最大半年先の予定をすぐ確認できます(表面上は1月から6月まで半年分のインデックスが並んでいる)。

サイズはA4の半分ほどで、デスクを占拠してしまう心配もありません。またメモは不可能ですが、確認だけならひと月分のページに前月・翌月・翌々月も小さく描かれています。

 

カレンダーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、カレンダーの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

カレンダーでワンランク上の大人に

デザインに癒されるのも良いですが、せっかく日付を知るためのカレンダー。その日のスケジュール管理にも役立てましょう。手帳だけ、アプリだけに書き込んで、当日にうっかり忘れてしまう可能性を少しでも減らしてあげてください。

記事内で紹介されている商品

ウォールポケット 吊り下げ 収納 スケジュ…

サイトを見る

平凡社 日めくり! 毎日シャンシャン365日…

サイトを見る

ねこのきもち特別編集 ねこのきもちカレ…

サイトを見る

キュービックス ベーシック カレンダー …

サイトを見る

新日本カレンダー 家庭のスケジュール カ…

サイトを見る

新日本カレンダー カラーインデックス カ…

サイトを見る

関連記事