芳香剤のモニター経験者が教える芳香剤おすすめ6選

日々生活をする上で「香り」はとても大事なポイントになって来ました。
お客様をお迎えするシーンだけではなく、香りによる癒しの意味でも暮らしに芳香剤は必要で、最近では香りだけでなく用途別に種類も豊富です。

また、お部屋は無意識のうちにも嫌な臭いとなってしまう可能性が十分にあります。

ペットの臭い、料理の臭い、体臭、カビの臭い、、、。

などなど、臭いは自分では気づかなくとも意外とお客様などには気づかれてしまうものです。

香りで臭いをごまかすことはよいことではありませんが、消臭・脱臭のできる芳香剤は多く販売されています。

また、部屋の臭いが特別機にならない人は、消臭・脱臭はなくとも香りを楽しむことで心もリラックスすることができます。

販売店の売り場を見ても、色々な香りがあって何を選んだらいいか悩み所だったりします。

そこで今回は是非ともおすすめな芳香剤をご紹介します。

 

芳香剤と消臭剤の違い

芳香剤

芳香剤と近しい商品として、「消臭剤」があります。

どちらも同じような扱いになるのですが、細かく分けると消臭剤と芳香剤は違うのです。

ではどのように違うのかご存知でしょうか?

実は消臭剤と芳香剤の違いとは、その目的になります。

香りでにおいをごまかしたり、香り自体を好んで購入される場合が多いのが芳香剤です。

芳香剤は気分をリラックスさせたい場所など、香りを楽しむために使うことが主な目的です。

匂いの元となる原因臭を消し去ることができるものが消臭剤です。消臭剤はトイレやごみ箱、下駄箱などでよく使われ、不快なにおいを発する場所で消臭効果を発揮してくれます。

用途に合わせて使いたい香りや、においを消したい場合など、使い分けて効果をしっかりと得られるよう、購入する際は表示をチェックされてください。

 

芳香剤のタイプ

芳香剤

芳香剤は、大きく分けて以下のタイプに分類することができます。

 

  1. 置き型用タイプ(液体・ゲル状・スティック・センサー)
  2. スプレータイプ
  3. 吊下げタイプ
  4. タンクタイプ(トイレ用)
  5. 携帯用タイプ

 

それぞれのタイプごとに、メリット・デメリットがあります。

では、タイプごとの特徴を見ていきたいと思います。

 

置き型用タイプ(液体・ゲル状・スティック・センサー)

まずは置き型用タイプについて。

置き型用タイプの商品は、置くだけで長期的に香りを保ってくれるのがうれしい点だと思います。

置き型用タイプの商品は、液体タイプ、ゲルタイプ、スティックタイプ、センサータイプに分類することができます。

液体タイプの商品だと、お部屋の消臭元シリーズなんかがイメージがわきやすいと思います。液体が空気中によい香りとなって分散されるタイプの商品ですね。

そしてゲルタイプの商品は、見た目がとても特徴的ですよね。丸いゲルはキラキラして少し触ってみたくなります。

スティックタイプの商品は何よりも香りを楽しみたい方におすすめしたいタイプの商品ですよね。そしてスティックタイプはおしゃれなデザインなので比較的価格が高い印象を受けるタイプの商品です。

センサータイプはセンサーで反応して自動的に香りを放出してくれるタイプの商品となっています。非常に画期的なタイプの商品ですが、電池が必要となってくるので少し手間なタイプの商品かもしれませんね。

 

スプレータイプ

スプレータイプは、非常に即効性があるタイプの商品です。

こちらのスプレータイプなら急な来客が来た際やトイレ用などとして、瞬時に嫌な臭いを消してくれます。

ただし、そのスプレータイプは都度自分でスプレーを吹きかけるという手間があるので、置き型用タイプよりスプレータイプのほうが少し面倒な点だと思います。

また、スプレータイプはインテリアとして使うのは不向きなので、コンパクトさを求める方や、即効性を求める方におすすめですね。

 

吊下げタイプ

吊り下げタイプは、その名の通り吊り下げるタイプの商品です。

吊り下げタイプのうれしい点は場所をとらないということ。吊り下げタイプなら車などにかけておくのもいいですよね。

また、吊り下げタイプは見た目もステッカーのようなかわいいデザインの商品が多くありますよね。

ただ、香りの強さとしては非常にほんのりとしたタイプなので、香りをとにかく楽しみたい方には物足りないタイプの商品です。

 

タンクタイプ(トイレ用)

こちらはトイレ用タンクタイプの商品です。

トイレ用なので、トイレの独特なにおいを消すために強力な香りのタイプの商品がほとんど。

狭いトイレや、湿気が強いトイレとなると、香りの強さから相性が良くない可能性があります。

タンクタイプは特に香り選びが重要なポイントとなっています。

 

携帯用タイプ

こちらは携帯用タイプで、非常にコンパクトなタイプとなっています。

こちらのタイプも場所をとらず、移動の際にも向いています。

ただ、携帯用タイプということから広い部屋などには向いていないタイプです。

 

自動センサー付きの便利な芳香剤も

グレード 消臭・芳香剤 人感スプレー式 お部屋・トイレ用 消臭センサー&スプレー

出典: Amazon.co.jp

グレード 消臭・芳香剤 人感スプレー式 お部屋・トイレ用 消臭センサー&スプレー

自動センサー付き機能で無駄な消臭を効率的に最後まで使える!

ろ紙に吸収させるタイプの芳香剤やゼリータイプのものが多く流通していると思いますが、ろ紙タイプもゼリータイプも最初はよく香りが強く効果を感じるのでが、数日すると香りが薄くなり、効果が徐々に減ってきます。

そんな悩みを解消してくれるのが自動センサータイプの芳香剤です。

本体にセンサーがついていて、消臭が必要な時や香りが少なくなった時など、必要に応じてシュッと霧状に本体から吹き出すので、香りが最後までしっかりとあり、効果を実感できます。

ろ紙タイプやゼリータイプに比べると価格は高くなります。

 

芳香剤の香りの種類

アロマオイルなどの調合で自分の好きな香りにもできますが、一般的に販売されている芳香剤の香りについておおまかに4つに分けて紹介いたします。

 

ムスク系

ムスク

甘く、エキゾチックなフェロモンを感じるような何とも言えないうっとりする香りで、リラックスしたい時、寝るときなど、に使われる方が多いようです。

 

ローズ系

ローズ

女性に人気のあるローズの香りは女性らしさをアップさせてくれ、リラックス効果をもたらしてくれます。エレガントで上品な香りのローズ系は芳香剤としてよく使われています。

 

ウッド系

ウッド

名前の通り、ウッド(木)の香りを基本としたさっぱり系の香りが多いです。

爽やかな気分になりたい場所や、皆がくつろぐリビングなどで使われていることが多いです。

 

ソープ系

ソープ

せっけんの香りのもので、清潔感のある印象を受けます。

清潔感のある香りで気分をリフレッシュさせたい場所に置くと香りとマッチしやすいです。

 

ジャスミン系

ジャスミン

古くからよく使われている芳香剤の香りですが、ブレンドもしやすく香りの中では一番よく使われている系統になります。

香りが強く、ジャスミンの花の香りが優雅な気分をもたらしてくれるので、リラックスしたい場所などに置くことが良いでしょう。

 

フルーティー系

フルーティ

気軽に楽しめる、フルーツの香りです。

ちょっぴり元気になれるような、ほんのりした甘さとフルーツの優しい香りで気分も上がります。

 

芳香剤を置くベストな場所はどこ?

芳香剤

見た目が良くないからといって部屋の隅の見えにくい場所に置くのはNGです。香りの効果を最大限に引き出すなら、まずは風通しの良い所がおすすめです。
ドアを開けるたびに空気が入り込み、効果的に香りが広がります。

そして香りは空気より重い性質なので、出来るだけ高い位置に置く事で部屋全体で香りを感じる事が出来ます。

また、スティックタイプは特におしゃれなデザインの商品は隅に隠すのではなく、インテリアとしても使えるので自由な置き場所を決めることができるのでおすすめですよ。

 

芳香剤は平均どれぐらいの期間使える?

実際の香りの期間はお部屋の温度や風通しなど環境によって変化しますが、目安はおおよそ1.5~2ヶ月程です。風通しが良かったり高温になりやすい場所や、暑い季節などは早く香りの効果が切れてしまいます。

 

スティック状の芳香剤と、普通の芳香剤の違いは?

スティックタイプとは、リードと呼ばれる木製のスティックで香りのオイルを吸い上げて、スティックの表面からオイルの香りを拡散させる芳香剤です。

スティックタイプはまず見た目がオシャレなデザインで、そのデザインをインテリアに合わせて、香りの違うオイルの瓶を選ぶのも楽しいです。

ただし、そのデザインと、香りのもととなるフレグランスが液体の為、小さいお子さんがいるご家庭では倒したりこぼしたりの心配があるので不向きかも知れません。
香りの調節がスティックの本数で調節でき、はじめはゆるやかに香ります。

では普通の置き型用芳香剤ですが、こちらはスティックタイプに比べて容量が大きい分、香りが長持ちします。
しかし、その分香りに飽きてしまうと言う事もあるので、香りの容量はお好みに合わせて選ぶのがおすすめです。

 

芳香剤を選ぶ際のポイント

使用したい期間で選ぶ

期間

大容量だと香りが長持ちする代わりに、香りに飽きてしまう場合があります。気分によって香りを使い分けたり、パーティー向け用の香りややくつろぎ目的用の香りなどお部屋のシーンによって香りを変えたい時は香りの容量の少ない物や、スプレータイプやセンサータイプがいいでしょう。

 

香りの強さで選ぶ

香り

ゆるやかに風が動く時にふんわりと香りを感じたかったり、しっかりと香りに包まれたいなど、お好みで香りが調節出来るタイプを選びましょう。
置き型用タイプの商品でも香りの調節出来るタイプもたくさん出ていますので、香りが強すぎて香りによって気分が悪くなるなんて事は無いようです。

また、もともと臭いが気になるお部屋に香りが強すぎる商品を置いてしまうと、臭いと香りが混ざって不快な臭いとなってしまうことがありますので注意が必要です。

好きな香りだから、というだけではなく、慎重に香りの強さも考えるようにしてくださいね。

 

用途や目的で選ぶ

タバコ

芳香だけか消臭や脱臭も兼ねてるのかという目的で香りのタイプ選ぶのも一つの方法です。

嫌なタバコの臭いや生ごみ臭、ペット臭や料理の匂いなどがフレグランスの香りと混ざってしまうと言う場合もありますので、
玄関用や寝室用と、用途に合わせて各お部屋で香りのタイプを選ぶのもよいでしょう。

最近は場所ごとの商品が多く販売されています。

玄関用だと、靴の臭いに効果的な脱臭・消臭を目的とした商品が多く販売されていますよね。

また、トイレ用だとトイレ独特の消臭を強みとする商品と様々です。即効性の特徴から、スプレータイプの商品も合うと思います。

自分の臭いの対処や香りを楽しみたい、などの様々な用途や目的を明確にして商品選びをしましょう。

 

芳香剤のおすすめ6選

ここからは、私が厳選した香り・機能性ともに優れた芳香剤の商品をご紹介していきたいと思います。

上記でも述べたように、自分の目的や用途を考えながら、自分に合った商品を見つけてみてくださいね。

 

ランドリン ルームディフューザー クラシックフローラル

出典: Amazon.co.jp

ランドリン ルームディフューザー クラシックフローラル

こちらはランドリンから販売されているデザイン性のある商品です。

こちらの商品は、そのデザインの雰囲気と調和したうっとりする様な優雅な気分をイメージすることができます。

上品でクラシカルな香りのスティックタイプです。

こちらのタイプの特徴としては、香りは香水の様な上品さを感じ、上級サロンの様な香りで癒されます。

香りはふわっと香るので、優しい香りが好みの方はおすすめです。

ただ、お値段は他の商品に比べてお高めな印象です。
デザインはお洒落で気品があるので、カジュアルなお部屋には合わないかもしれません。

また、香りを楽しむ商品なので、どちらかというと消臭や脱臭目的にはあまり向いていませんので注意が必要ですね。

今回はクラシックフローラルの香りをご紹介しましたが、そのほかにもたくさんの香りが販売されていますので、ぜひ様々な香りから

自分のお気に入りの商品を見つけてみてくださいね。

 

お部屋の消臭元パルファムノアール 消臭芳香剤 部屋用

出典: Amazon.co.jp

お部屋の消臭元パルファムノアール 消臭芳香剤 部屋用

お次はお部屋の消臭元シリーズからの商品です。

こちらの商品は華やかなローズをベースに安らぎを感じるサンダルウッドをブレンドした、上質な癒しを感じるようなフローラルウッディ調の香りです。
ろ紙を引き上げてお好きな強さに香りを調節出来るのが良いですね。

「消臭元」ということもあり、しっかりと消臭をしてくれます。

大容量なので長持ちし、シャバシャバすれば香りが復活して最後まで香りが長続きします。
香りが比較的強めなので、トイレ用としても使うことができます。

トイレなど狭い空間で使用する場合は、ろ紙を短めに使うのがいいかもしれません。少し香りが強い感じがします。

ノアールの香りのほかにも、ルージュの香り、ブランの香りの商品が販売されています。

 

ラボン 部屋用 芳香剤 シャンパンムーン

出典: Amazon.co.jp

ラボン 部屋用 芳香剤 シャンパンムーン

こちらはラボンシリーズから販売されている商品です。

重厚なガラス容器にゴールドキャップの高級感あるデザインでインテリアでも楽しめる、置き型タイプの部屋用フレグランスです。

爽やかで心地よいフローラルグリーン系です。試用期間の目安は30~45日ぐらい。本体にセットするだけの詰め替えタイプです。

香りは強くなく、部屋全体に一気に香るのではなく、ゆるやかに香る感じです。

今回はシャンパンムーンの香りをご紹介しましたが、このほかにもラグジュアリーリラックスの香りのシリーズや、フレンチマカロンの香りのシリーズも販売されているようです。

これ一つで、お部屋のインテリアとしても、空気感としてもがらりとデザインしてくれますね。

ロマンティックなデザインなので女性のお部屋にぴったりなのではないかと思います。

シーンに合わせて香りを楽しんでみてくださいね。

 

グレード 芳香剤 置き型 お部屋・トイレ用 ソリッドエアフレッシュナー エンジェルウィスパーの香り

出典: Amazon.co.jp

グレード 芳香剤 置き型 お部屋・トイレ用 ソリッドエアフレッシュナー エンジェルウィスパーの香り

こちらはグレードから販売されているお部屋用・トイレ用の商品です。

海外で発売されているデザインをそのまま取り入れた、シンプルで洗練されたデザインですね。
やさしく包み込むようなフローラルと、ゆったりした気分を演出する甘やかなフルーティーがブレンドされた、普段の生活をちょっと幸せに演出してくれる香りに感じました。

お値段の割に香りは強力で、開封後から直ぐに香りが広がりますが、持ちが弱く、使用期間は2週間から1カ月程度です。

臭いのこもる部屋や、狭い部屋は香りが強すぎて不快に感じる可能性があるので注意が必要です。

グレードからは、本当にたくさんの香りの種類の商品が販売されています。

自分のお気に入りの香りを見つけてみてください。

 

ランドリン 部屋用フレグランス クラシックフローラル

出典: Amazon.co.jp

ランドリン 部屋用フレグランス クラシックフローラル

こちらはランドリンから販売されているお部屋用の商品です。

ランドリンで人気な香りの、うっとりするような優雅な気分をイメージで、上品な香りとデザイン性のお部屋用フレグランスです。

従来の「隠す」置き型用芳香剤から、玄関やお部屋のインテリアになじむ、「見せる」部屋用フレグランスへの変化を代表する商品だと思います。

確かに、デザイン性としても非常に魅力的な商品ですよね。

お部屋用・車用・柔軟剤・スプレーと、統一して揃えられますし、香りはろ紙の露出量で調節出来ます。

香りは優しめで、お部屋全体に広がるほどではありませんが、ふんわり香るのが好みの方にはおすすめです。

今回はクラシックフローラルの香りをご紹介しましたが、この香り以外にはエレガントブーケの香りと、クラシックフィオーレの香りの商品展開がなされています。

 

ノルコーポレーション ルームフレグランス Johns Blend フレグランスジェル ホワイトムスク OA-JON-4-1

出典: Amazon.co.jp

ノルコーポレーション ルームフレグランス Johns Blend フレグランスジェル

こちらはノルコーポレーションから販売されている商品です。

おしゃれなガラス製のジャム瓶のようなデザインが特徴的。ジェルタイプのルームフレグランスです。

また、おすすめの理由はそのデザイン性だけではありません。

爽やかでほのかに甘いソープ系の香りがし、お値段は少々お高めですが、香りは弱めながらも持ちは良く、長く楽しめます。

ほのかに香るのがお好みの方には満足出来そうですね。

今回はホワイトムスクの香りをご紹介しましたが、このほかにも、ラベンダーの香り、コーヒーの香りが販売されています。

見た目もかわいらしいのでお部屋用にぴったりかと思います。

ぜひお試しください。

 

to  buyオフィシャルインフルエンサーおすすめの芳香剤もご紹介!

サワデー香るスティック 消臭芳香剤 本体 パルファムノアール

提供品

くまさんのイチオシ!

バニラがベースの高級感ある香り♡モノトーンなインテリアによく合います! #sawaday香るstick #サワデー #芳香剤

 

Santa Maria Novella シルク サシェ

たむたむのイチオシ!

いい芳香剤ないかなー、と探していた時に、石鹸も愛用していたサンタ・マリア・ノヴェッラで見つけた、ポプリのサシェです。

クローゼットなどに入れておくのが一般的ですが、僕は車の中に置いています。

車用のファブリーズとか、吊るしておく芳香剤って、Jaguarに置きたくないんですよね。もう3年は使ってます!

 

芳香剤の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、芳香剤の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

芳香剤で癒しの空間を

芳香剤

使いたいシーンや用途、お部屋の広さ、そして香りの強さで選ぶ事をおすすめします。

そして温度やご使用条件によって使用期間が異なるので、コスト的に満足いくかも大きなポイントになります。

好きな香りでも強く香るのか、ほのかに香るのかで好みが分かれると思うので、香りの調節が出来るのは必要だと思います。

お部屋でリラックスする為、癒しの空間のお手伝いに色んな香りに挑戦してみるのも楽しみですね。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

グレード 消臭・芳香剤 人感スプレー式 お…

サイトを見る

ランドリン ルームディフューザー クラシ…

サイトを見る

お部屋の消臭元パルファムノアール 消臭芳…

サイトを見る

ラボン 部屋用 芳香剤 シャンパンムーン

サイトを見る

グレード 芳香剤 置き型 お部屋・トイレ用…

サイトを見る

ランドリン 部屋用フレグランス クラシッ…

サイトを見る

ノルコーポレーション ルームフレグランス…

サイトを見る

サワデー香るスティック 消臭芳香剤 本体 …

サイトを見る

Santa Maria Novella (サンタ・マリア・ノ…

サイトを見る

関連記事