芳香剤のモニター経験者が教える「芳香剤おすすめ6選」

日々生活をする上で「香り」はとても大事なポイントになって来ました。
お客様をお迎えするシーンだけではなく、癒しの意味でも暮らしに芳香剤は必要で、最近では香りだけでなく用途別に種類も豊富です。

販売店の売り場を見ても、何を選んだらいいか悩み所だったりします。

そこで今回は是非ともおすすめな芳香剤をご紹介します。

 

芳香剤の基本情報

では私が普段使用している芳香剤を例にして、一般的な基本情報を解説しましょう。

 

芳香剤の種類は?

  1. 置き型タイプ(液体・ゲル状・スティック・センサー)
  2. スプレータイプ
  3. 吊下げタイプ
  4. タンクタイプ(トイレ用)
  5. 携帯タイプ

 

芳香剤を置くベストな場所はどこ?

見た目が良くないからといって部屋の隅の見えにくい場所に置くのはNGです。効果を最大限に引き出すなら、まずは風通しの良い所がおすすめです。
ドアを開けるたびに空気が入り込み、効果的に香りが広がります。

そして香りは空気より重い性質なので、出来るだけ高い位置に置く事で部屋全体で香りを感じる事が出来ます。

 

芳香剤は平均どれぐらいの期間使える?

実際の使用期間はお部屋の温度や風通しなど環境によって変化しますが、目安はおおよそ1.5~2ヶ月程です。風通しが良かったり高温になりやすい場所や、暑い季節などは早く減ります。

 

スティック状の芳香剤と、普通の芳香剤の違いは?

スティックタイプとは、リードと呼ばれる木製のスティックで香りのオイルを吸い上げて、スティックの表面からオイルの香りを拡散させる芳香剤です。スティックタイプはまず見た目がオシャレで、インテリアに合わせてオイルの瓶を選ぶのも楽しいです。

ただし、フレグランスが液体の為、小さいお子さんがいるご家庭では倒したりこぼしたりの心配があるので不向きかも知れません。
香りの調節がスティックの本数で調節でき、はじめはゆるやかに香ります。

では普通の置き型芳香剤ですが、こちらはスティックタイプに比べて容量が大きい分、香りが長持ちします。
しかし、その分香りに飽きてしまうと言う事もあるので、容量はお好みに合わせて選ぶのがおすすめです。

 

芳香剤を選ぶ際のポイント

使用したい期間で選ぶ

大容量だと長持ちする代わりに、香りに飽きてしまう場合があります。気分によって香りを使い分けたり、パーティーやくつろぎなどお部屋のシーンによって香りを変えたい時は容量の少ない物や、スプレーやセンサータイプがいいでしょう。

 

香りの強さで選ぶ

ゆるやかに風が動く時にふんわりと香りを感じたかったり、しっかりと香りに包まれたいなど、お好みで香りが調節出来るタイプを選びましょう。
置き型タイプでも香りの調節出来るタイプもたくさん出ていますので、香りが強すぎて気分が悪くなるなんて事は無いようです。

 

目的で選ぶ

芳香だけか消臭も兼ねてるのかという目的で選ぶのも一つの方法です。タバコや生ごみ臭などがフレグランスと混ざってしまうと言う場合もありますので、
玄関や寝室用と、用途に合わせて各お部屋で選ぶのもよいでしょう。

 

芳香剤のおすすめ6選

 

ランドリン ルームディフューザー クラシックフローラル

うっとりする様な優雅な気分をイメージした上品でクラシカルな香りのスティックタイプです。香りは香水の様な上品さを感じ、上級サロンの様な香りで癒されます。

香りはふわっと香るので、優しい香りが好みの方はおすすめです。ただ、お値段は他の商品に比べてお高めな印象です。
デザインはお洒落で気品があるので、カジュアルなお部屋には合わないかもしれません。

 

お部屋の消臭元パルファムノアール 消臭芳香剤 部屋用

華やかなローズをベースに安らぎを感じるサンダルウッドをブレンドした、上質な癒しを感じるようなフローラルウッディ調の香りです。
ろ紙を引き上げてお好きな強さに香りを調節出来るのが良いですね。

大容量なので長持ちし、シャバシャバすれば香りが復活して最後まで香りが長続きします。
香りが比較的強めなので、トイレなど狭い空間で使用する場合は、ろ紙を短めに使うのがいいかもしれません。

 

ラボン 部屋用 芳香剤 シャンパンムーン

重厚なガラス容器にゴールドキャップの高級感あるデザインでインテリアでも楽しめる、置き型タイプの部屋用フレグランスです。爽やかで心地よいフローラルグリーン系です。試用期間の目安は30~45日ぐらい。本体にセットするだけの詰め替えタイプです。

香りは強くなく、部屋全体に一気に香るのではなく、ゆるやかに香る感じです。

 

グレード 芳香剤 置き型 お部屋・トイレ用 ソリッドエアフレッシュナー エンジェルウィスパーの香り

海外で発売されているデザインをそのまま取り入れた、シンプルで洗練されたデザインですね。
やさしく包み込むようなフローラルと、ゆったりした気分を演出する甘やかなフルーティーがブレンドされた、普段の生活をちょっと幸せに演出してくれる香りに感じました。

お値段の割に香りは強力で、開封後から直ぐに香りが広がりますが、持ちが弱く、使用期間は2週間から1カ月程度です。

 

ランドリン 部屋用フレグランス クラシックフローラル

ランドリンで人気な香りの、うっとりするような優雅な気分をイメージで、上品な香りとデザイン性のお部屋用フレグランスです。

従来の「隠す」置き型芳香剤から、玄関やお部屋のインテリアになじむ、「見せる」部屋用フレグランスへの変化を代表する商品だと思います。お部屋用・車用・柔軟剤・スプレーと、統一して揃えられますし、香りはろ紙の露出量で調節出来ます。

香りは優しめで、お部屋全体に広がるほどではありませんが、ふんわり香るのが好みの方にはおすすめです。

 

ノルコーポレーション ルームフレグランス Johns Blend フレグランスジェル ホワイトムスク OA-JON-4-1

おしゃれなガラス製のジャム瓶に入った容量多め、ジェルタイプのルームフレグランスです。爽やかでほのかに甘いソープ系の香りがし、お値段は少々お高めですが、香りは弱めながらも持ちは良く、長く楽しめます。

ほのかに香るのがお好みの方には満足出来そうですね。

 

まとめ

使いたいシーンやお部屋の広さ、そして香りの強さで選ぶ事をおすすめします。そして温度やご使用条件によって使用期間が異なるので、コスト的に満足いくかも大きなポイントになります。

好きな香りでも強く香るのか、ほのかに香るのかで好みが分かれると思うので、香りの調節が出来るのは必要だと思います。

お部屋でリラックスする為、癒しの空間のお手伝いに色んな香りに挑戦してみるのも楽しみですね。

記事内で紹介されている商品

ランドリン ルームディフューザー クラシ…

サイトを見る

お部屋の消臭元パルファムノアール 消臭芳…

サイトを見る

ラボン 部屋用 芳香剤 シャンパンムーン

サイトを見る

グレード 芳香剤 置き型 お部屋・トイレ用…

サイトを見る

ランドリン 部屋用フレグランス クラシッ…

サイトを見る

ノルコーポレーション ルームフレグランス…

サイトを見る

関連記事