たこ焼きパーティー好きが教える!たこ焼き機おすすめランキング!

たこ焼きパーティーを略して”タコパ”など、何かのイベントごとによく使用される「たこ焼き機」!実際、私も大学生の頃は多く使用していました。

特に、大人数でお泊りする際にはたこ焼きがコスパも良いですし、盛り上がる。「具材何入れよう?」「チョコレートを入れるの、美味しいらしいよ」と、買い物から楽しめます。

そんな、お金もそこまでかからず、楽しめる、万能アイテム「たこ焼き機」について、今回はご紹介していきたいと思います。

 

たこ焼き機のタイプ

電気のたこ焼き機

たこ焼き機のタイプも、幾つかあります。ホットプレート上に火をガスでつけるもの、電気でつけるものがまず選択として考えられます。電気を使用してたこ焼きを焼く場合ですと、1000円〜2000円と低価格でたこ焼き機を購入することが可能です。

しかし、お値段は安いけれども、電気代がかなりかかってしまうという難点も・・・。特に、家のブレーカーが落ちやすい方はなるべく、電気タイプのたこ焼き機を使用するのは控えたほうが良いでしょう。

また、熱を一定に当てているわけではないため、温度にムラができてしまいます。そのため、たこ焼きが半生だったり、場所によっては焦げていたりする場合もあります。電気を使用してたこ焼きを焼く場合はプレートと本体が取り外しが効かないものが多いです。

洗うときは、一苦労ですが、キッチンペーパーなどを使用してふき取る作業をしていれば、まだ使用することは全然可能です。もともとのたこ焼き機が安価ゆえに、途中で壊れたり少し汚くなってしまったり、汚れがこびりついてしまったとしても、そんなに損をした感覚はないですしね!

 

ガスボンべ付きのたこ焼き機

逆にガスボンベ付きのたこ焼き機の場合は、お店で売られているような、外はカリッと、中はふんわりとろける、たこ焼きが作りやすいです。ガスで熱しているので、どの位置に置かれているたこ焼きに対しても均一の熱量を加えることができます。

そして、場合によってはガスのほうが電気タイプのたこ焼き機よりも、費用対効果が良い場合もあります。全体的に、電気よりもガスコンロがあるたこ焼き機のほうが、金銭面でも、出来上がるたこ焼きの質的にも良さそう!

 

ガスコンロのたこ焼き機

また、鉄板だけで販売がされているたこ焼き機も存在します。こちらはガスコンロで使用します。メリットとしては、収納に便利な事、火力を一定にして焼ける事などです。そして、お値段も安いので、少人数でたこ焼きパーティーをする際に便利なものだと言えますね!

ただ、デメリットしては、初めの使用する際には空焚きが必要になる事、後片付けが大変、たこ焼きを初めてする方にはお勧めできない商品です。

 

ホットプレート

ホットプレートで行うたこ焼き機は、”使いやすい”というメリットが存在しています。つまり、若い女性の方や小さなお子様の方に作られたものなんですね。

電源をポチッと入れてさえおけば、たこ焼きが自動に焼き上げられ作られているので、とても楽!待っている間にたこ焼きを見ながらそわそわ・・・なんて、しなくて良いですしね。

また、たこ焼き以外の料理も作りやすい事もメリットだと言えます。例えば、ホットケーキミックスをたこ焼き機の丸い空洞に入れて、中にチョコレートなどを入れ、ふんわり焼きます。

すると、あら不思議!小さくて可愛いお菓子もできちゃうんです。これは、ホットプレートならではのメリットですね。ただ、デメリットとしては、やはり熱が一定に行き渡らないので、焼き加減が異なるという点です。

でも、そもそもたこ焼き機自体がそこまで高くなく安いので、そこは目をつぶってしまってもいいような気もしますね。

 

たこ焼き機を選ぶ時のポイント

私がたこ焼き機を選ぶ際に見ているのは、金額、サイズ、火力です。毎日使用する機会があまりないたこ焼き機だからこそ、そこまでお値段を張らなくても良い気がします。ですので、目安は2000円〜3000円くらいのものを選択しています。

あとは、パーティーで使用する頻度が多いからこそ、大人数でも楽しめるたこ焼き機が良いです。そう考えると、ホットプレート型の、多くのバリエーションが楽しめ、あまり手間がかからないものがベストです。

また、火力は火が通りやすいものが良い方は、ガス式のものを。それよりもワチャワチャみんなで楽しめる雰囲気の方が良い!という方は、電気式のものをお勧めします。

 

これがあるともっと楽しくなる!おすすめたこ焼きグッズ

たこ焼きをより、おしゃれに彩るために、あるに越したことがないグッズをご紹介いたします。

この皿によそるだけで、本当にお店で購入したかのような「本当にお店で購入したかのような」たこ焼きを完成させることができます。

 

油引き

たこ焼きをイメージしたタコが油引きについており、見た目も可愛く、女性受け抜群です。

たこ焼きの具材だけではなく、使用をする機材などからも、ワクワクするようなものを試してみてくださいね!

 

実際に買ってよかった たこ焼き機

山善 たこ焼き器 YOA-240

こちらの商品は実際使用してみて、機械音痴な私でもかなり使用しやすかったと感じました。特に、プレートが電気を入れるだけで温まり、あとは具材を入れるだけなので、操作が簡単な部分が魅力の一つです。

また、プレートは取り外しが可能となっている点がかなり魅力的でした。プレートが本体とは取り外しが可能となっているので、楽に洗うことが可能です。ただ、上からさっとキッチンペーパーなどで服だけですとさすがに汚いので、取り外してしっかりと洗えるものが良いですね。

サイズ感としては、4〜6人ほどで囲って食べるのにはちょうどいいサイズ感です。私はいつも家族4人でこのたこ焼き機を囲んで食べていますが、みんながちょうど食べ終わって一息ついた頃に、次のたこ焼きが完成しています。

早すぎず遅すぎず、ちょうど良い焼きスピードなのではないかなと思います。

火力は、端の方ですと、焼けていない・・・半分生だ・・と思うときも多いですが、しっかり時間をかけて焼けば食べられるのであまり気にしないです。私は少しとろっとしているくらいも好きなので、逆にそのような焼き途中のたこ焼きも美味しくてパクパク食べてしまいます。笑

このたこ焼き機は家族や友人とパーティーをする人向けにお勧めしたいです。ひっくり返すのも楽チンですし、器用ではない人でも使用しやすいと思います。

 

たこ焼き機気になるランキング

アイリスオーヤマ ホットプレート APA-135-T

6000円超えのたこ焼き機は珍しいですよね。少しお高めですが、それだけ機能性は抜群。余分な油をそぎ落とす、穴あきプレートを使用しており、長い間使用できるたこ焼き機です。

 

アイリスオーヤマ ホットプレート APA-135-T

丸いたこ焼き機で、少人数でも楽しむことができます。18個しか一気に焼くことができないのですが、ゆっくり会話を楽しみながらする落ち着いた大人なパーティーにぴったりですね。

消費電よくは650Wと平均くらいですので、焼きにくいなどのデメリットはないと思います。

 

和平フレイズ たこ焼器 YR-4259

重量が650gあるので、少し女性が持つには重いかなと思います。

大学生の男の子たちがパーティーをする際には、ぴったりですが、若い方は持ち運びも難しいかなと感じます。

 

D-STYLIST ふっくらメガたこ焼き

かなりでかいたこ焼き!二つしか焼くことはできませんが、これを持っているだけで話題性と面白さはありますね。

ホットプレート式なので、簡単に焼くことも出来ますし、持ち運びにも便利です。

 

MT.CEDAR 自動返し式たこ焼き器 KS-2614

まるで、工場で大量生産が行われているかのようにたこ焼きをポンポンと生産してくれる機械。自分でたこ焼きを焼く時間を省けるので、仕事などで疲れて帰ってきた方にお勧めです。

 

タイガー ホットプレート CRC-A300-T Tiger

30個のたこ焼きを一気に焼ける、大人数に適したプレートです。安全性と食べやすさを確保した、スクエアタイプのフォルムが魅了的。

三段式で、より美味しさを詰まらせたたこ焼きが出来上がります。

 

まとめ

たこ焼き機は日々のイベントごとに欠かせないものです。そして、大学の新歓や、友達とのお泊まり、家族での夕食などでも時たま目にすることが多いです。

だからこそ、長年使えるたこ焼き機を購入するのが良いですね。

自分の使用頻度や用途によっても、たこ焼き機の選択する基準が変わってきますので、ぜひ一度お手にとって確かめてみてくださいね。

記事内で紹介されている商品

経木舟皿6寸 木舟6寸

サイトを見る

貝印 まいど本舗 タコやん キッチンぺーパ…

サイトを見る

山善 たこ焼き器 YOA-240

サイトを見る

アイリスオーヤマ ホットプレート APA-135…

サイトを見る

アイリスオーヤマ たこ焼き器 ITY-18A-R

サイトを見る

和平フレイズ たこ焼器 YR-4259

サイトを見る

D-STYLIST ふっくらメガたこ焼き

サイトを見る

MT.CEDAR 自動返し式たこ焼き器 KS-2614

サイトを見る

タイガー ホットプレート CRC-A300-T Tiger

サイトを見る

関連記事