毎日キッチンで料理をする主婦が教える! まな板おすすめ7選

まな板普段、お料理をする上で何気なく使っているまな板(=カッティングボード)。料理をする中でまな板によって包丁へ刃こぼれなどのダメージがあったり、包丁を使っている腕への負担があったりするのはご存知ですか?

また、表面の凸凹は食材を切って料理する時に滑り止めの役割をし、包丁で綺麗に切ることができます。料理の際に裏方のような存在のまな板ですが、実はキッチン用品の中でも重要な商品なのです。

また木製が主流だったまな板の種類ですが、最近ではプラスチック製やゴム製のまな板も商品として出始めました。また、抗菌加工がなされている商品やざるにも使用できる便利商品など、商品によって特徴も様々。こだわりの商品を使うことで、きっと料理の完成度も高く、より楽しく料理をすることができるでしょう。

ということで今回はそんなまな板の種類とおすすめの人気商品、おすすめポイントまでを詳しくご紹介します。

 

まな板の種類

昔は料理に使うまな板と言えば木製が主流でしたが、現在ではプラスチック製まな板を店頭などで多く見かけるようになりました。

また、最近ではゴム製のまな板も販売されています。この3つのまな板の素材はそれぞれに、メリット・デメリットがあります。

木製

木製のまな板は、柔らかいのでプラスチック製のまな板に比べて料理の際に腕や包丁へのダメージが少ないので、よく料理をする女性の人気商品となっています。そして、料理の時にまな板が動くことがないのでストレスなくキャベツの千切りなどを作ることができます。

木製まな板を使用する際には、料理に使用する前と使用中に、水に濡らしてまな板に水分を含ませるので、料理後も食材の匂いが付きにくいのも特徴になります。

その反面、使用後は水分をしっかり乾かさないとカビが生えます。

ただ、木製ですので直射日光で乾燥させたり、乾燥機にかけたりするなど、急激な温度変化による乾燥は厳禁なので注意しましょう。日陰の風通しの良い場所などで乾燥するのが木製まな板の乾燥方法としては最もよい方法と言えるでしょう。

また、黒カビが生えても木製なので漂白剤が使えない点も木製ならではの注意点です。(商品によっては漂白剤使用可能の商品もあります。)

料理後の手入れとしては、木製の商品はあまり万能でないということが分かりますね。

ただ、木製なのでカビが生えたり汚くなったりした場合にはカンナなどで削ると綺麗になります。そういう意味では長く使えるまな板の材質です。

また、木製といっても、商品によっては木の材質によって柔らかさや速乾性などの特徴が異なります。

今回は、抗菌効果を発揮してくれる上質な素材としても有名なひのきの商品をご紹介していますので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

プラスチック製

プラスチック製まな板プラスチック製のまな板は、サイズや色が豊富で購入しやすい価格で販売されていますので、非常に人気商品となっています。

キッチンのインテリアの一環としてカラーやデザインを重視したいかたにプラスチック製まな板はおすすめの種類と言えます。

また、プラスチック製のまな板は料理の際も水はけがよく、プラスチック製まな板自体が軽く、そしてプラスチック製まな板は料理後のお手入れに漂白剤が使えるので抗菌の為のメンテナンスが簡単なまな板です。

そのため、料理をほとんどしたことがない方や普段料理をあまりしない方にもおすすめなのが、このプラスチック製まな板です。

また、木製のまな板と比べて、プラスチック製まな板は耐熱加工がなされているタイプのものが多いので、乾燥機などの機器を乾燥させる際に使用することが可能です!

ただ、プラスチック製まな板は表面が固いので料理の際に腕や包丁へダメージが大きいです。そして食材が滑りやすいだけでなく、まな板も動いてしまうので包丁を早く動かして切る作業には不向きです。

また、一般的に使用できる期間も長命の木製と比べると数年までと言われており、短命なのがプラスチック製まな板の特性の一つといえます。

プラスチック製まな板のメリット、デメリットを理解したうえで、賢く商品を使ってほしいですね。

 

ゴム製

ゴム製まな板続いてはゴム製の商品について。

ゴム製のまな板は最近出始めたので知らない方も多いのではないでしょうか。ゴムなので柔らかさがあるため料理の際に女性でも腕や包丁へのダメージが少なく、まな板自体への傷も付きにくいです。

そして木製やプラスチック製のまな板と比べてゴム製の商品は抗菌加工されているものが多く、料理後もカビが生えにくい点はゴム製まな板の見逃せないメリットです。料理後の食材の匂いも付きにくいという点もゴム製ならでは。

ただ、挙げられるデメリットとしましては、ゴムの匂いがし、重さがある点です。また、プラスチック製ほどではありませんが、まな板自体が使用時に動いてしまうのも気になるところです。

加えて、木製やプラスチック製のまな板と比べると、ゴム製の商品は熱に弱い点も気を付けたい点です。熱い食材などに使用する際などは、ゴム製ではなく木製やプラスチック製のまな板を使用した方が変形などを未然に防ぐことができ、賢明と言えるでしょう。ゴム製ならではの特徴と言えますね。

 

まな板を選ぶときのポイント3つ

まな板を選ぶときのポイントをまとめてみました。

以下ポイントを参考に、ご自身に合った商品選びを行ってみてください!

 

ポイントその1:抗菌加工がされているか

除菌シートまずが抗菌加工がなされている商品かを確認するのがポイント。

口の中に入るお料理の多くはまな板の上で調理されています。生野菜料理やお刺身料理などに関しては、まな板の上からダイレクトにお皿に盛りつけられます。まな板に雑菌が繁殖しているとそのまま口に入ってしまう可能性があります。

ですので抗菌加工がされている商品が安心して使えます。上記の木製、プラスチック製、ゴム製まな板の三種類の中では、ゴム製まな板が最も抗菌加工されている場合が多いですので参考になさってください。

例外として、木製のまな板の、材料がひのきの場合、ひのきに強い抗菌性があるので、抗菌加工をあまり気にしなくても大丈夫です。

素材に頼らずとも、商品によっては抗菌加工が施されている商品もありますので、気になる方は抗菌がなされているかどうか商品表示をチェックしてみてください。

また、一番は抗菌加工がなされている商品を選ぶだけでなく、ご自身で抗菌をされることをおすすめします。

抗菌は、キッチン用漂白剤や熱湯をかけることが一番手軽な方法なのではないでしょうか。季節や切る食材によっても、雑菌の繁殖スピードは変化しますので、あまり抗菌加工にとらわれすぎず、ご自身で抗菌手入れをされることが第一だと思います。

ただ、漂白剤不可の商品もありますから、確認が必要です。

 

ポイントその2:使いやすいサイズか

まな板サイズ感をチェックするのもポイント。

まな板を購入する時はサイズが一番大事です。まずは収納場所に収まるサイズか確認をして下さい。そして洗浄方法として食洗機を使うのなら食洗機可能な物なのか、食洗機に入るサイズなのか確認が必要です。そして、手洗いする時のことを考えてシンクに入る大きさでなくてはいけません。

ちょっとしたことですが、まな板は毎日使う商品なのでシンクに入るかどうかで、そのまな板の使いやすいさが変わってきます。使用時のことを考えると、あまり小さい物は食材が乗りきらなかったり、切った食材がまな板から落ちたりと不便になるので、B3かA4サイズ位の大きさはあった方がよいと思います。

 

ポイントその3:メンテナンスの仕方は自分にあっているか

そして、メンテナンスの仕方を考えるのもポイントです。

まな板は包丁により多くの傷が付くものです。その傷に雑菌が繁殖しないように日々のメンテナンスが必要になります。上記のまな板の種類をご紹介する際にも、述べましたが、一般的には木製なら熱湯消毒、プラスチック製ならキッチン用漂白剤、ゴム製には煮沸となりますが、商品によってはプラスチック製でも料理後に熱湯消毒ができるものもあります。

まな板はメンテナンスをきちんとすると雑菌が繁殖することはないので、購入時にメンテナンス方法を確認しご自分が無理なく続けられるメンテナンス法の物を選びましょう。

 

主婦ライターが選ぶ、まな板おすすめ商品

ということでここからは筆者おすすめの商品をおすすめポイントも交えながらご紹介していきたいと思います!

今回は天然の抗菌を期待できるひのき製や雑菌が繁殖しにくいゴム製などの素材の違いや形状など、特徴的な商品をいくつか厳選させていただきましたよ!

気になる商品はぜひチェックしてみてください!

 

パール金属 抗菌 まな板

まずご紹介するのがこちらの商品。

こちらの商品は食洗機対応のプラスチック製まな板。サイズ展開が豊富な商品です。抗菌加工がされており、キッチン用塩素系漂白剤はもちろん、プラスチック製ですが熱湯消毒もOKなのでお手入れが簡単で衛生的に安心して使う事ができるというのがおすすめポイント。厚さがあるのでまな板自体が比較的滑りにくく、包丁の刃も傷めにくいです。

 

トンボ NEW ラバー付 耐熱 抗菌 まな板

続いてはこちらの商品。

こちらの商品は食洗機対応、抗菌加工されているプラスチック製のまな板です。こちらの抗菌まな板の商品はサイドにラバーが付いているのでまな板が滑りにくく調理しやすい商品です。

厚さ8mmと薄く管理しやすい点がおすすめポイントの抗菌まな板ですが、料理中にプラスチック製特有の包丁へのダメージはあります。

しかし、こちらの抗菌まな板はサイズ展開が豊富なので2個目のまな板におすすめの商品になります。

 

 

貝印 kai 関孫六 桧 まな板

続ていてはこちらの商品。

こちらの商品はこれぞ昔ながらのまな板という言葉がピッタリな木製の商品です。抗菌加工はされていませんが、材質がひのきなので天然の抗菌効果が期待でき、抗菌効果に加えなによりも自然木の香りが良い商品という点がおすすめポイント。

しっかりした大きさなので本格的なお料理の下ごしらえに使うのにも事足ります。木製のまな板ならではの包丁に優しく、料理中に食材を切っているときもまな板が包丁の刃をふんわりと吸収してくれるようで切りやすい商品です。

 

食器洗い乾燥機対応 ひのきまな板

そして次はこちらの商品。

ひのきから作られている木製のまな板です。なので、先ほどの商品と同じく天然の抗菌効果を期待することができます。

こちらのひのきの商品は天然ンの抗菌効果だけではなく、木製のまな板の中では珍しく食洗機対応でキッチン用の漂白剤を使うことができ、漂白剤によってまめな抗菌ができますので、ひのき素材ながら非常に衛生面での管理がしやすい商品という点がおすすめポイント!

また、こちらのひのき製商品に加え回転式のスタンド付きなので場所を選ばず自立させることができます。

使用感としてはひのきの素材ということで包丁の刃のあたりが優しいので、包丁のダメージも少なく、腕も疲れにくい商品で女性にも嬉しいです。

ひのき製のこだわりある商品をお探しの方はこちらの商品を検討してみてはいかがでしょうか。

 

ゴムまな板アサヒクッキンカット 家庭用

続いてはこちらの商品。

ゴム製のまな板になります。抗菌加工はありませんが、ゴム製なのでまな板が吸水しないので水切れがよくカビの発生が少ないのがおすすめポイント。

また、熱湯消毒やキッチン用漂白剤での消毒が可能なのでメンテナンスが簡単です。使用感としてはまな板自体の重さが少し気になるところですが、弾力があるので包丁へのダメージが少なく刃こぼれがしにくくなっています。

 

Joseph Joseph 折りたためるまな板

続いてはこちらの商品。

スタイリッシュな見た目のプラスチック製のまな板です。まな板だけでなく、ざるとしてもキッチンで大活躍してくれるのがおすすめポイント!というのも、薄くて軽く、真ん中で折れてザルのようにも使える機能的なまな板。使用感は食材を切る時に多少滑るものの、まな板はあまり動かないので使いやすさを感じられる商品です。

抗菌加工はされていませんが、定期的にキッチン用漂白剤で消毒していると黒カビが発生するようなことはありません。料理中に包丁のあたりは固いので刃こぼれなどの心配はあります。

 

Joseph Joseph インデックスまな板 アドバンス

出典: Amazon.co.jp

Joseph Joseph インデックスまな板 アドバンス

続いてはこちらの商品。メーカーの中でも人気商品となっています。

こちらの商品は小ぶりなプラスチック製まな板が4枚、収納ケース付きという点が何といてもおすすめポイントです。

カラフルなまな板は食材により使い分けるので衛生的です。なによりも見た目がおしゃれなので、オープンキッチンやカウンターキッチンなどリビングからキッチンが見えやすいご家庭にピッタリの商品です。

使用感としてはまな板自体が固いので包丁や腕へのダメージはありますが、普段使いには気にすることはないと思います。

 

to buyオフィシャルインフルエンサーおすすめのまな板!

IKEA APTITLIG まな板 竹

塩沢愛海のイチオシ!

大きめのまな板です。
昔は小さなまな板で調理していましたが、やっぱり大きくて丈夫なものの方がみじん切りなどする時に使い心地が良いです。
IKEAのまな板は値段も安いのでとてもおススメです☺️

edenのイチオシ!

本来まな板ですが、フラットなので 食品を置くのに適しています。まな板なので衛生的にも安心して使えます。

 

まな板の人気売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、まな板の人気売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認いただけます。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

まとめ

まな板のおすすめ商品から、おすすめポイントまで詳しくご紹介しました。包丁にこだわる方は多くいますが、まな板まではなかなか考えないものです。しかし、まな板は雑菌が繁殖しやすい物なので、抗菌加工の商品かどうかなど、使いやすさはもちろんですが衛生的に自分が管理しやすい物を選びましょう。

筆者は木製とプラスチック製のまな板2枚持っています。木製は一生物と思っています。使用法は大きな物を切るときや長時間の調理のときに使います。プラスチック製は小さいサイズを選び2年位での使い捨てと思っていて、キッチンのすぐに取り出せるところに置き、普段使いに使用しています。

 

記事内で紹介されている商品

パール金属 抗菌 まな板

サイトを見る

トンボ NEW ラバー付 耐熱 抗菌 まな板

サイトを見る

貝印 kai 関孫六 桧 まな板

サイトを見る

食器洗い乾燥機対応 ひのきまな板

サイトを見る

ゴムまな板アサヒクッキンカット

サイトを見る

Joseph Joseph 折りたためるまな板

サイトを見る

Joseph Joseph インデックスまな板 アドバ…

サイトを見る

関連記事