料理好き主婦が教える!ホーロー鍋おすすめおすすめ3選!

「欲しいお鍋といえば?」と、聞かれ何を思い浮かべますか?圧力鍋や無水鍋、そしてホーロー鍋を代表するカラフルなルクルーゼを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。筆者もそうでした。正確に言えば見た目かわいいホーロー鍋です。

実際にいくつか所持していますが、まだ他の形や大きさのホーロー鍋が欲しいです。ホーロー鍋で作る料理は素材の旨みが引き出せるので美味しく、調理時間は火にかける時間が短いので時短なんです。今回はホーロー鍋についてご紹介します。

「鋳物」と「鋼板」

ホーロー鍋の材質には「鋳物」と「鋼板」があります。「鋼板」は購入しやすい価格ですが、保温性や機密性が低く、性能面で「鋳物」に大きく劣ります。ホーロー鍋を求める方の多くは少々お値段がしても一生物として優れた鍋が良いと考えているので、「鋳物」のブランドホーロー鍋を求める方が多いです。

 

ホーロー鍋(鋳物)の特徴

ホーロー鍋とは、鉄などの金属の鍋に、ガラス質のうわ薬を高温で焼きつけて作られた鍋のことす。

 

メリット

厚みと気密性がある金属の鍋なので、保温性に優れ火の通りが早いです。普通の金属素材の鍋は酸に弱いのでお酢はあまり使えませんが、ホーロー鍋は酸に強いのでお酢を使ったお料理も使うことができます。

煮る、揚げる、炒める、お米を炊くなどマルチに使え、熱の伝導率が良いので食材の煮崩れがしません。そして気密性が高いので無水調理ができる鍋もあります。

ガラス質のうわ薬でコーティングされているので、食材や料理のニオイや色移りがなく汚れも落としやすいのでお手入れが簡単で、カラフルなデザイン性に優れているオシャレな物が多いです。

デメリット

金属でできているため重いです。ホーロー鍋の中でも重いもの軽いものとあるますが、軽いものでも普通のお鍋に比べると重さを感じます。そして、鍋のフチなどぶつけると欠けやすく、急激な温度変化にも弱いです。欠けたり割れたりするのはガラス質のコーティング部分なので、破損すると金属部分が出てしまいサビが生じる可能性があります。

 

ホーロー鍋のブランド

ホーロー鍋はそのブランドにより特徴があります。よく見かける、ルクルーゼ・ストウブ・野田琺瑯・バーミキュラについてその特徴をご紹介します。

ルクルーゼ

鍋をはじめとするキッチン用品を扱うフランスのブランドで、世界中で人気があります。ルクルーゼの1番の魅力は、やはりカラフルな見た目。様々な色があり、インテリアに馴染むオシャレな鍋です。機能面でも、コンセプトとして「100年鍋」を掲げているので、その丈夫さは一生物の鍋となります。

 

ストウブ

プロの料理人の愛用者が多いことでも有名なストウブ。ホーロー鍋を中心に扱うフランスのブランドです。フタの裏のピコ(突起)が特徴の鍋。このピコがあることにより食材から出た水蒸気がピコを伝って食材の上に水滴になり降り注ぎます。

その為、無水調理でも食材の表面が乾くことなくジューシーに仕上がります。

 

野田琺瑯

野田琺瑯は日本の調理器具の老舗ブランドです。野田琺瑯の代名詞の商品と言えば白いシンプルなシール容器ですが、鍋のカーブ具合や持ちやすさなど、よく考えられているホーロー鍋は愛用者が多数います。

 

バーミキュラ

愛知県にある日本の鋳物の老舗ブランド、バーミキュラ。バーミキュラのホーロー鍋は特殊な蓋の形状で、本体の接合部分が0.01mmというまさに日本の職人の仕事により出来上がる鍋です。

その為、気密性と保温性が高く無水調理を得意とする鍋です。

 

ホーロー鍋が活かせる料理

煮る、揚げる、炒める、炊くなどマルチに使えるホーロー鍋。それぞれのブランドにより特徴はあるもののホーロー鍋全般に言えることは保温性が高く、熱伝導率が良いのでムラなく熱を通します。それなので、じっくりと火を入れ余熱で味を染み込ませる料理は、その特徴を最大限に活かせます。

カレー

じっくり火を通してムラなく熱を通す料理の代表と言えばカレーです。ゆっくり火が入ってじっくり煮込むことができるのでコクと旨みが出ておいしいカレーが出来上がります。

 

肉じゃが

ホーロー鍋は気密性が高く、鍋とフタに重みがあるので無水調理ができます。無水調理の利点は水を使わないので食材の味が薄まらずそのままの旨みを味わうことができます。

無水調理で作る肉じゃがは、玉ねぎの優しい甘味とじゃがいものホクホクとした食感がたまらなく美味しいです。

 

お米の炊飯

熱伝導率がよくムラなく熱を通すので、お米が美味しく炊けます。熱伝導率が高いことで沸騰までの時間が早く、ムラなく熱を与えるので、全体に均一に火が通りお米の粒が1粒1粒立ちツヤのある美味しいご飯が炊き上がります。

 

私の愛用中ホーロー鍋おすすめ3選

ストウブ   ココット ラウンド グレナディンレッド

ストウブの18cmココットになります。ストウブはずっしりとした重さのある鍋ですが、このサイズでしたら重さに困ることがなくお手入れができます。ピコを生かした無水調理は、野菜だけでなくお肉やお魚も素材の味が最大限に引き出せ、お塩だけの味付けでもとても美味しく出来上がります。

また、揚げ物にも活用しています。熱伝導率の良さは揚げ物でも発揮してくれ、フタができるので油の飛び跳ねも怖くありません。それなので、朝の忙しい時間、お弁当作りの揚げ物には大活躍してくれます。

ストウブ   ココット ラウンド ブラック

ストウブの20cmココットになります。ブランドホーロー鍋には珍しいツヤ消しタイプに惹かれ購入しました。気密性と素材にムラなく熱を通してくれるので、こちらで作る煮物は美味しく、もう普通の鍋では作れません。購入時に22cmの物と悩んだのですが、このサイズを選んだのは収納場所の問題もありますが、重さの問題です。

これ以上の重さになると筆者はお手入れが負担になり、そのため出番が減るかなと思いました。また、18cmの物をすでに持っているので、カレーやシチューなど大量の料理は2つの鍋で作ればいいので大きい物でなくてもよいという選択をしました。

この鍋でよく作るのはポトフです。お肉の塊と野菜とお塩だけで作ります。臭み消しも入れず、それぞれの素材の甘味と旨みがお肉の脂と相成るととても美味しいポトフが出来上がります。

 

ルクルーゼ ココット ロンド ホーロー 鍋

ルクルーゼの16cmココットになります。上で紹介したストウブに比べるとルクルーゼは軽いですが、やはりそれなりの重さはあります。筆者は4人家族なので16cmだと小さいかなと思いましたが、お味噌汁などの汁物は4人分ならピッタリサイズ。

ちょっとした煮物や炊飯もこのサイズのお鍋を使うと面倒なことがなくササッとできます。また、こびり付きや焦げ付きにくいのでお手入れも簡単です。

 

気になっているホーロー鍋

ル・クルーゼ シグニチャー ココット・ロンド

ルクルーゼの24cmココット鍋です。収納場所が確保できれば欲しいひと品。それなりの重さはありますが、ストウブほど重量感がないので、ルクルーゼなら24cmでも持てるかなと思います。見た目の可愛さもインテリアに映えるので欲しい理由です。

 

DANSK コベンスタイルII 両手鍋

鋼板のホーロー鍋です。DANSK社のホーロー鍋でここ最近、見た目のオシャレさからメディアで紹介されているのをよく見ます。鋼板なので保温性や気密性などは期待できませんが、スパチュラやヘラがフィットするように考えられた形なので使いやすそうです。

そして、ふたが鍋敷きになる変わったデザインなので、オシャレなだけでなく機能性にも魅力があります。

 

野田琺瑯 両手鍋 キャセロール ルーク

鋼板のホーロー鍋です。鋼板なので鋳物ほどの保温性や気密性がありませんが、厚みがある鍋なので普通の鍋よりも保温性があります。そして、汚れやニオイがつきにくいのでお手入れが簡単で、鋳物ではないので大きさのある鍋でも扱い重さです

バーミキュラ オーブンポットラウンド

バーミキュラの18cmラウンド鍋です。バーミュキュラの鍋は重さがネックになり購入するに至っていませんが、このサイズの重さなら筆者でも扱えるだろうと思って購入を検討しています。なによりもこのミントグリーンがかわいい!

性能面では、日本の職人技だからこそできる1mm単位で考えられたフタと本体の密閉性。それにより無水調理が可能で、バーミュキュラこその食材の旨味・水分が逃げずに素材本来の味が楽しめるお料理が作れるのが魅力です。

 

ストウブ  ココット ラウンド

ストウブの22cmココットです。重さが気になりまだ手が出せないでいますが、機会があればこのサイズ・このカラーのストウブ鍋が欲しいと思っています。4人分のスープ多めの煮込み料理ですと、やはりこのサイズがあると便利だと思います。

鮮やかなブルーは他のメーカーでは見かけない色なのでこの色に惹かれるのであればストウブになります。

 

ストウブ  ココット オーバル グレー

ストウブの23cmオーバル鍋になります。魚や肉を丸々調理するのに便利なオーバル型の鍋は1つあると便利です。長い食材をそのまま調理する事ができ、オシャレな鍋なので、そのまま食卓へ出すことができます。落ち着いたカラーのグレーはお料理の彩を際立たせ美味しく魅せてくれそうです。

 

ストウブ  ココット ラウンド チェリー

ストウブの18cmココット鍋になります。鮮やかな色が可愛らしいココット鍋で、筆者自身も欲しいですが、先日こちらの商品を友人の新築祝いにプレゼントしたらとても喜んでいただきました。ストウブと言えばプロも愛用する商品で、こちらの色は目を引く可愛さなのでプレゼントにも最適です。

 

まとめ

ホーロー鍋についてご紹介しました。筆者はストウブ鍋の見た目が好きなので、商品のご紹介の時にどうしてもストウブ鍋が多めになってしまいました。しかし、普段使うものは性能面で優秀であるに越したことはありませんが、自分とのフィーリングも大事です。

それなので、見た目が好きというのだけでも充分なのです。そして、その「好き」と思う物が一生物として使えるので自信を持ってご紹介させていただきました。

記事内で紹介されている商品

ルクルーゼ ココット ロンド ホーロー 鍋 

サイトを見る

 ストウブ ココット ラウンド 

サイトを見る

野田琺瑯 レクタングル深型S+M+L 

サイトを見る

バーミキュラ オーブンポットラウンド  

サイトを見る

ストウブ  ココット ラウンド グレナディ…

サイトを見る

ストウブ ココット ラウンド ブラック 

サイトを見る

ルクルーゼ ココット ロンド ホーロー 鍋 

サイトを見る

Le Creuset ル・クルーゼ シグニチャー コ…

サイトを見る

DANSK コベンスタイルII 両手鍋

サイトを見る

野田琺瑯 両手鍋 キャセロール ルーク  

サイトを見る

バーミキュラ オーブンポットラウンド  

サイトを見る

ストウブ ココット ラウンド

サイトを見る

ストウブ ココット オーバル グレー

サイトを見る

ストウブ ココット ラウンド チェリー

サイトを見る

関連記事