圧力鍋は優れもの!主婦が教える圧力鍋のおすすめ

圧力鍋に興味はあるけれど、使い方が難しそうで敬遠されている方は多いと思います。しかし、実際に使ってみると意外に簡単で、慣れてくると手放せなくなります。圧力鍋は硬い食材を短時間で柔らかくしてくれるので、火を使う時間が大幅に短くなります。

それなので調理時間の節約だけでなくガスや電気代の節約もできる優れ物なのです。そんな優れ物の圧力鍋の選び方や、おすすめの商品についてご紹介します。

 

圧力鍋に向いている料理、向いていない料理

圧力鍋

圧力鍋で料理が出来上がる仕組みは、密封して加熱することにより鍋の中の温度が上がり、圧力がかかります。

圧力がかかることにより、水の沸点は通常100℃ですが120℃位まで上がります。高温で調理するので、短時間で料理を完成させることができるのです。

 

向いている料理

圧力鍋を活用すると便利な料理は「茹でる」「煮る」「蒸す」を10分以上するお料理です。10分以下なら圧力鍋を使う必要はありません。

主に、豚の角煮・チャーシュー・カレー・煮豆・豚汁・ブリ大根・秋刀魚の生姜煮・蒸し芋、そしてご飯の炊飯もできます。大きいな肉は短時間でホロホロの柔らかさになり、魚は骨まで食べられます。

 

向いていない料理

圧力鍋は圧力により短時間で素材を柔らかくするので、調理時間が短時間でするものや炒め物、シャキシャキとした歯ごたえを楽しみたい物には向いていません。

例えば、野菜炒め・チャーハン・野菜のお浸し・きんぴらごぼうです。

 

圧力鍋の種類

圧力鍋

圧力鍋には、「おもり式」と「スプリング式」があります。

おもり式

蒸気の噴出口におもりが付いていて、圧力がかかり沸騰した状態になると、「シュッシュッ」と音が鳴り蒸気を出し、おもりが揺れます。

「シュッシュッ」という音が大きいのでこの音が嫌だという方が多くいますが、音で圧力がかかったことが分かるので鍋から目を離すことができるので便利です。

 

スプリング式

スプリング式は、おもり式とは違い音が静かです。圧力がかかると表示ピンが上がるので、圧力がかかっていることは分かるのですが、それまで見ていなくてはいけません。

スプリング式の良いところは、圧力を調整できることです。

 

材質の種類

圧力鍋にはアルミ、ステンレス、アルミとステンレスを使った多層構造のものの3種類があります。

アルミ

アルミは、熱伝導率が良いので圧力がかかるのが早く、軽いので扱いやすいです。しかし、圧力値が低い物が多く、保温力が劣るため余熱調理は期待ができません。

 

ステンレス

ステンレスは、圧力値が高く、保温力があり高い温度を保てるため、余熱調理ができます。ただ、重いので扱いづらく、熱伝導率が悪いので火にかけてから圧力がかかるまで時間がかかります。

 

多層構造

多層構造のものは、アルミとステンレスの両方で作られているので、ステンレスの物より軽く圧力が早くかかり、アルミよりも保温力があるので余熱調理に向いています。ただ、万能な代わりに高価になります。

 

 圧力鍋の選ぶときのポイント

圧力鍋を購入するときに、これだけは押さえておきたいポイントは「サイズ」「重さ」「安全性」の3つです。

サイズ

圧力鍋はパッケージに何人用と記載されているものが多いので、それを参考に購入してもよいと思いますが、目安として「家族の人数+1L」と言われています。

圧力鍋は、圧力をかけて調理するため、普通の鍋とは違い、豆の場合は鍋の1/3以下、それ以外の食材の場合は2/3以下しか調理することができません。それなので、煮込み料理など数日分の量を作る予定でしたら、目安よりも大きめのサイズを選んでおいた方がよいと思います。

 

重さ

圧力鍋は普通の鍋に比べて想像以上に重さがあります。先ほど材質によっても重さが違いアルミなら軽いとお伝えしましたが、それは圧力鍋としてはということなので、それなりに重さはあります。

使用している時はいいのですが、収納場所が棚の上だと余計に重さは重要になるので、購入時には重量もチェックした方がいいと思います。

 

安全性

圧力鍋は爆発するかもしれないから怖いと思っている方は少ながらずいます。圧力がかかっている状態で鍋の蓋を開けると鍋の中身が爆発したように飛び散るみたいです。圧力がかかるということは、そのような爆発も頭の中に入れておかなければなりません。

怖くなるようなことをお伝えしましたが、最近の圧力鍋にはそのような爆発がおこらないように、加圧中には蓋が開かない、蓋がしっかり閉まっていないと圧力がかからない設計になっている物が多いです。念のためにもこの点と、SGマーク(安全性の認証)があるかどうかの確認をした方が良いと思います。

 

圧力鍋のおすすめ

フィスラー 圧力鍋

圧力鍋と言えばフィスラーです。正直ネームバリューの大きさがありますが、安全性や消耗品の販売などを考え、メンテナンスは必要になりますが一生物の圧力鍋です。

IHにも対応しており、重さはありますが、サイズ展開が豊富なのでご家庭にあった物を選べます。フタの開閉位置が分かりやすいので初めて圧力鍋を使う方でもすぐに使いこなせると思います。

 

魔法のクイック料理 両手圧力鍋 5.5L

日本製の圧力鍋で日本最高クラスの圧力なのでブロック肉やすじ肉などより短時間で調理することができます。重さはありますが、IHをはじめとするあらゆる熱源に対応しています。

初心者の方でも扱いやすい「おもり式」ですが、スチームカバーで蒸気の噴出を制御しているので大きな音はしません。

 

WMF パーフェクトプラス 圧力鍋

日本ではフィスラーが人気ですが、ドイツではWMFが人気です。スタイリッシュなデザインでIHに対応しています。ローストビーフやお米の炊飯が短時間でできるだけでなく、蓋のハンドルが取り外しできるので衛生的に使うことができます。

5kgほどの重さがあるので収納場所はあまり高い場所にしない方がよいと思います。

 

パール金属 圧力鍋 5.5L IH対応 クイックエコ H-5042

こちらの商品の一番の魅力は低価格ということです。そして、ただ安いだけでなく、IHに対応していて多層構造ながら他の圧力鍋に比べると圧倒的に軽いです。圧力の切り替えもできるので、肉や魚を柔らかく調理するだけでなく、根菜類や茶碗蒸しなどを作るのも簡単にできます。

 

クリプソ アーチ パプリカレッドP4360732 T-fal

T-falの圧力鍋の特徴は、ワンタッチの開閉式の蓋なのでカンタンに片手で蓋を開けることができます。圧力鍋はパッキンなど消耗品を交換することで何十年も使い続けることができます。

T-falであれば量販店での取り扱いがあるので簡単に手に入れることができます。安全設計もきちんとしているので安心して使い続けられる圧力鍋です。

 

ヘイワ アルミ 片手 圧力鍋 PC-45A

IHには対応していませんが、日本製の圧力鍋で、蓋の開閉が簡単なスライド式です。

そして、圧力がかかっている間はフタが開かない安心安全設計なので初心者の方でも安心して使いやすい圧力鍋だと思います。

 

まとめ

おすすめの圧力鍋をご紹介しました。通常の鍋の調理は煮込んでいる最中に味見をして味付けを完成させるものですが、圧力鍋は加圧中、鍋の蓋を開けることができないので味付けの調整は加圧が終わってからです。

それなので、圧力鍋は基本、食材を短時間で柔らかくする鍋だと思うと良いと思います。牛すじ煮込みなど長時間コトコト煮込まないとトロトロにならない食材も圧力鍋ならほんの十数分で長時間煮込んだように柔らかくなります。

圧力鍋があると、今まで長時間煮込む時間がないからと思って作らなかった物も作れるようになります。普通の鍋に比べて圧力鍋はどれも重たいですが、時間の短縮になる便利な調理器具なのでぜひ購入の検討をしてください。

記事内で紹介されている商品

フィスラー 圧力鍋

サイトを見る

魔法のクイック料理 両手圧力鍋

サイトを見る

WMF パーフェクトプラス 圧力鍋

サイトを見る

パール金属 圧力鍋 5.5L IH対応 クイック…

サイトを見る

ティファール 圧力鍋 6L IH対応

サイトを見る

ヘイワ アルミ 片手 圧力鍋

サイトを見る

関連記事