買いたいものを検索してください

ご飯を長時間おいしく保つ!おひつおすすめランキングTOP18

皆さん、お米大国の日本が昔から活用している調理器具「おひつ」のすばらしさをご存知でしょうか。おひつは昔ながらのイメージがありますが、最近の商品は非常に使い勝手に優れた商品やデザイン性の高い商品など様々な面白い商品がたくさん販売されているんです。

はるか昔から愛されているおひつの秘密は、どこにあるのでしょうか?

ということで今回は、おひつの特徴から商品の選び方、人気の商品について詳しくご紹介していきたいと思います!

 

おひつとは?

炊飯器でごはんを保温していると、ごはんが黄色くなったりニオイが気になったりということはないでしょうか。このごはんが黄色くなる原因は、アミノ・カルボニル反応と言われるごはんの化学反応によるもの。

ごはんの糖とアミノ酸が反応することによって「メラノイジン」という褐色の物質が作られることが原因です。このごはんの反応は温度が高いほど起こりやすいため、炊飯器のように高温で長時間保存した場合にごはんに起こりやすくなります。

最新式の炊飯器だと、保存にも非常に優れた商品がありますが、そのような長期保存が得意な炊飯器となると、なかなか価格が張ることがほとんどですよね。

そんな中で、おすすめしたいのがおひつ。おひつはお米を保存するのに適したキッチンアイテム!炊飯器のような家電商品ではないので、手が届きやすい価格なうえに、お手入れも自分でしっかりとすれば長く使用することができますよ。

せっかく美味しく炊いたごはんを、長期保存してもその美味しさをキープしたいですよね。おひつは商品によって特徴や魅力が様々ですから、しっかりと理解したうえで自分に合った商品を選んでいただきたいと思います。

 

おひつの素材と特徴

おひつ

 

天然の殺菌成分でおひつを衛生的な木製

歴史の長いものは木製のおひつです。

木製のおひつは炊飯器が無い時代に炊いたご飯を保存するために考えられた手段で、今の時代でも木製のおひつは理にかなっていてご飯が美味しく食べられる状態を保てることが人気です。

木製のおひつは素材の中では水分バランスの調節が一番良く、天然の殺菌成分でおひつを衛生的に守ってくれます。

ただし、お手入れをしなければ長く使えませんので、いかにお手入れをするかが重要です。

お手入れ方法は、使い終わったらすぐに洗って干して乾燥させることです。柔らかいスポンジなどで米粒が残らないように洗ってからしっかりと乾燥させましょう。

湿った状態が一番危険ですので、ご注意されてみてください。

 

陶器・セラミックは丈夫で保存に便利

木製のおひつの次に保温性や湿度の調整をしてくれる素材が陶器・セラミック製のおひつです。

陶器・セラミックのおひつは丈夫なので冷凍や冷蔵、また、電子レンジにも使用可能なものが多いです。

お手入れも簡単で普通の食器と同様に洗剤で洗えますし、食洗器使用可能なものが多いので、お手入れが簡単なので、木製のお手入れに自信がない方にはぴったりです。

また、つるっとした磁器製品よりもざらっとした陶器製品のもののほうがより水分調節が自然で美味しく保存できます。

ただし、割れやすいので扱いに注意する必要があります。

 

樹脂製は軽くて洗えるので扱いやすい

軽くて初めておひつを購入されるか方も非常に扱いやすい素材です。

冷蔵・冷凍保存も可能で、洗剤を使っての丸洗いも出来るのでお手入れがとにかく簡単です。

落としても割れる心配もないので割れることが心配な方は樹脂製品のおひつがおすすめです。

炊き立てのご飯の湿度のバランスはあまりよくなくて、おひつに触れた場所はご飯がつぶれやすく、じっとりしていることもあります。

ある程度ご飯の熱が取れてからおひつにしまうようにするなど、ひと工夫すれば美味しく保存できます。

 

ステンレスは保温に優れている

ステンレス製のおひつなら、電源に繋ぐことなく温かさをキープすることが可能。温かい飲み物にステンレスボトルを使っている方も多いと思いますが、おひつもステンレス製を選ぶことで、ご飯の温度を保ちやすくなります。

レンジでの加熱などによる光熱費を抑えたい方におすすめ。またステンレスは錆びにくい素材でもあるので、利用後の洗浄やメンテナンスも手軽に。家計が気になる主婦の方や、頻繁におひつを使う方は要チェックです。

 

おひつ選びのポイントとは

おすすめの商品をご紹介する前に、おひつ選びのポイントをご紹介したいと思います。

一言でおひつの商品といっても、商品によってその特徴や魅力は異なります。ご自身の条件に合わせて、目的にぴったりの商品を選びたいですよね。

 

保存性

おひつの目的の一つが、ごはんをおいしく保存するということです。ごはんを長時間温かい状態で保ってくれる炊飯器は一見便利ですが、実は保存しているうちに炊飯器の内部で雑菌が繁殖したり、化学反応が起こって見た目や味が落ちてしまったりというデメリットもあります。

また、炊飯器によって温め続けることでごはんの水分が失われてしまうので、炊き立ての状態に比べてパサつきも気になります。

おひつの商品は、木製素材やセラミック素材など、使われている商品の材質にもよりますが、ごはんに含まれる余分な水分を吸収することによってべたつきを防ぎ、おいしい状態で保存することが可能です。

ある程度保温したい場合には、ふたつきの商品で保温機能が優れた材質の商品を選ぶようにしましょう。

保存の際も冷蔵庫でそのまま保存できる商品を選ぶと便利です。

 

素材

おひつの素材を見て商品を選ぶのもポイントです。

おひつの素材としては、昔ながらの木製素材の商品か陶器製素材のものがメジャーです。最近では、セラミック製の商品なんかもあります。

木製素材の商品は自然本来の力を生かして吸水性には優れていますが保温性はあまりありません。木製素材の商品は、食べきれる量のときやごはんを冷まして食べるチラシ寿司や寿司飯を作るときの使用に向いています。

炊き立てのごはんをなるべくおいしい状態で保温・保存・温め直しがしたいという人は、手軽に使えて便利なセラミック製素材のおひつがおすすめです。

このように、商品を買う前に素材の特徴を把握してから購入すると失敗が少ないと思います。

 

電子レンジ対応商品かどうか

長時間保存したごはんを食べるうえで、冷めたごはんが美味しくないと感じる方も多いのではないでしょうか。そのような方は特に、電子レンジ対応の商品かどうかを確認するようにしてください。

木製のおひつの商品では、温め直しはいったん別の容器に移してから電子レンジなどでする必要がありますが、セラミック製のおひつの商品ではふたを閉めたままそのまま電子レンジで温めることが可能です。

電子レンジで温めるときはおひつが吸収した水分が再放出されるので、ふっくらと炊き立てのようなおいしさがひろがります。

また、ごはんを食べきれないことが多い家庭では、温め直すことも考慮に入れて電子レンジ対応のおひつを選ぶと便利ですよね。

 

サイズ

おひつのサイズは、ごはんが1合入るサイズの商品からごはんが3合入るサイズの商品を選ぶ人が多いようです。

炊き立てのごはんをちょっと保存したい、できるだけおいしくごはんを保存したいという使い方に向いているため、ごはんの保管場所やごはんの温め直しの仕上がりを考えると、ごはん3合サイズまでの大きさの商品のほうがが使いやすいです。

毎回どの程度のごはんが余ってしまうかを考えて、必要なサイズの商品を選ぶようにしましょう。一人暮らしの人ならごはんが1合入る用のサイズの商品、夫婦二人ならごはんが2合入る用のサイズの商品、家族みんなで使うならごはん3合用サイズの商品が便利です。

 

形状

おひつは通常丸型の商品が多いですが、角型の商品やそのまま器として使用できるデザインの商品もあります。

テーブルに出してもごはんがおしゃれに見えるおしゃれなデザインの商品を選ぶようにすれば、商品の使い道の幅も広がります。

ただし、おひつには多孔構造の商品が多いので、商品が軽くて割れやすいという欠点があります。

このため、ごはんの持ち運びの際に便利な形状の商品やふたがフィットしてずれにくい商品を選ぶようにしましょう。

 

筆者おすすめのおひつをご紹介

土鍋でご飯を炊くことが多いので、おひつは必須アイテムと感じています。ずっと欲しいと思っているおひつをご紹介致します。

 

西山製陶所 インディゴブルー ふしぎな保存容器

容量 3合
材質 耐熱陶器
電子レンジ対応か ◯(食洗機使用不可)
冷蔵・冷凍 冷蔵可

高級感のある美しいおひつ!西山製陶所の陶器製のおひつで、デザインとカラーの美しさが魅力の商品です。商品重量は1.15kg と重さはあります。

カラーがインディゴブルーのおひつは珍しいので、ちょっと人とは変わったおひつを使いたい、という方に向いています。ホームパーティー等でテーブルの上に出しておくおひつとしては最適ではないでしょうか。

デイリー使いにも向いており、レンジにも対応しているので便利に使用出来るところが良いと思います。セラミックなので、水分を吸収してくれ、加熱時には吸収した水分を蒸発させる働きが期待出来ます。

おひつでご飯を保存することは美味しさ優先のように思われがちですが、セラミック素材であれば、そこそこのご飯の美味しさと便利なレンジでの加熱とが両立出来るところが良いと思います。

価格帯もリーズナブルなので、買いやすいところも良いと思います。

 

おひつのおすすめランキングTOP18

商品選びのポイントをご説明したところで、ここからは実際に商品を使用した経験のある私がおすすめのご商品をご紹介していきたいと思います。

ごはんをより楽しめるように、とびっきりのおひつを選んでいただきたいと思います!

 

第18位 i-WANO おひつ

容量 2合
材質 陶器
電子レンジ対応か
冷蔵・冷凍

まず18位は、i-WANOの2合おひつ。2合と容量は少なめなので、ちょっと余ってしまったご飯の保管用に向いています。

素材は陶器を使っており、電子レンジでの加熱が可能。さらにオーブンやコンロなど直火にも対応することができ、持っている調理家電などが限られる、1人暮らしの方などにも使いやすいです。

ただしIHクッキングヒーターだけは非対応なので、オール電化の方はレンジで対応しましょう。利用後は食洗器に入れることもでき、お手入れも楽です。

 

第17位 シートゥーシー ジャパン 波佐見焼 おひつ

容量 3合・1.5合
材質 セラミック(磁器)
電子レンジ対応か
冷蔵・冷凍 冷蔵可

17位は、波佐見焼を用いたセラミック製おひつ。こちらは3合と一般的なサイズですが、半分の1.5合も選べます。家族分や1日分のご飯などを、予めまとめて炊いておきたい時におすすめ。

ちなみに1日から2日程度であれば、おひつ内の水分をキープしてくれます。小人数分を何度もこまめに炊くのが手間という方にもぴったりですね。

ただおひつの大きさの関係上、電子レンジや冷蔵庫を使用する際は、入るかをチェック。小さい電子レンジや、食材がパンパンの冷蔵庫だとしまいにくいかもしれません。

 

第16位 サーモス 高性能保温おひつシャトルジャー いなほ

出典: Amazon.co.jp

サーモス 高性能保温おひつシャトルジャー いなほ
ブランド
カテゴリ
容量 5合
材質 ステンレス・ポリプロピレン(蓋)
電子レンジ対応か ×
冷蔵・冷凍 ×

16位はサーモスのステンレス製おひつを選びました。最低でも2時間は、おひつ内の温度を75度以上に保ってくれます。サーモスはステンレスボトルでも有名なメーカーなので、ブランド重視の方にもおすすめです。

おひつ自体が保温性に優れているため、電子レンジ及び冷蔵庫などの利用はできません。電子レンジのサイズなどを確認する必要はないものの、別途置いておく場所を用意しましょう。

またおひつは内面にフッ素コーティングがされており、ご飯のべたつきにも対処。利用後のお手入れも楽ちんです。

 

第15位 タイガー保温びつこげちゃ

容量 4合
材質 丸洗いできるフッ素加工の内容器(アルミ製)
電子レンジ対応か
冷蔵・冷凍

レストランや旅館の客室に最適のコンパクトタイプの保温びつです。片手で持ち運びができる取っ手付きで、積み重ね収納も可能です。電気を使わなくても保温が可能で、2時間経っても食べごろの温度である約70℃をキープできる優れものです。

家族でご飯の時間が異なるけれど冷たいご飯を食べるのはいや、という家庭にも重宝する商品です。

 

第14位 竹炭丸型真空おひつ 新型ポンプ付

容量
材質 容器(ポリプロピレン樹脂)、ふた(AS樹脂)、真空ポンプ・ストッパー(ABS樹脂)、パッキン・弁・パイプ(シリコンゴム)
電子レンジ対応か ◯(蓋をしたまま)
冷蔵・冷凍 冷蔵可(1~2日の常温保存可)

竹炭と真空パワーがうまさと節約を助ける高性能な真空おひつです。真空密封でうまみ成分を逃がさず、酸化・黄ばみ・ニオイを防いで、炊き立てのおいしさを保ちます。

真空度が簡単にわかる真空ポンプで、約0.15気圧という高気圧の真空状態を作り出せるので、1日~2日の保存なら常温保存も可能です。炊飯器での保温のムダを省き、年間約4,030円の節約効果も期待できます。

 

第13位 日立 おひつ御膳

容量 2合・4合
材質 鉄・アルミ(炊飯器型)
電子レンジ対応か
冷蔵・冷凍

現代的な楽ちんアイテム!IH式おひつ。こちらは一気に現代的なおひつになりますが、おひつのお手入れに自信のない方や、家事の時短を考えていらっしゃる方におすすめです。

2合用と4合用があります。

ご飯を炊いて食卓にそのまま運ぶことができます。ご飯だけでなく、雑穀米、玄米、おかゆなども作れます。

外しても2時間は65度をキープできます。

 

第12位 パール金属 あじわいおひつ 2合用

容量 2合
材質 陶器(中国製)
電子レンジ対応か ◯(700W以下)
冷蔵・冷凍 冷蔵可

陶器製のおひつで水分を適度に吸収してご飯をおいしく保存してくれます。炊飯器で保存すると黄ばみやニオイが発生しますが、これは保温し続けることによって水分が失われたり、中で水分がこもってしまったりすることが原因です。

おひつを利用することでべたつき・乾燥・黄ばみ・ニオイを防いで、ご飯をおいしい状態のまま保存することができます。リーズナブルで使いやすいサイズの商品です。

 

第11位 イシガキ産業 ほっこりぐるめ セラミックおひつ

出典: Amazon.co.jp

イシガキ産業 ほっこりぐるめ セラミックおひつ
ブランド
カテゴリ
容量 1.5合/3合
材質 陶器(中国製)
電子レンジ対応か
冷蔵・冷凍 冷蔵2日間可

ファミリーに対応できるご飯が3合入るタイプのおひつです。セラミック製でご飯のこもったニオイを吸収し、黄ばみを防いで余分な水分を取り除く効果に優れています。おひつの中にご飯を入れた状態のまま冷蔵庫で2日間保存可能なので、あまったご飯を無駄にする心配もありません。

温めるときは、ラップを使わずに電子レンジで温めできるので経済的です。

 

第10位 木曽工芸 木製 おひつ 江戸型 木曾 さわら

出典: Amazon.co.jp

木曽工芸 木製 おひつ 江戸型 木曾 さわら
ブランド
カテゴリ
容量 3合
材質 さわら
電子レンジ対応か
冷蔵・冷凍

昔ながらのさわらのおひつ。木曽の桶職人がさわら材の赤柾材だけで作っている厳選された素材のおひつです。

昔の人が当時、ご飯を炊いた後の美味しい保存方法を!と考え抜かれたアイデアの詰まった商品で、ご飯の水分をうまく調整してくれる役割があり、美味しいご飯ができる仕組みになります。

 

第9位 キッチン工房 おひつ君 3合 ブラック

容量 3合
材質 木製・セラミック
電子レンジ対応か
冷蔵・冷凍

冷蔵保存可能!そのまま電子レンジで温められるセラミック製のおひつ。3合入る大きさで、冷蔵保存可は嬉しいですね。また、冷蔵庫から取り出してそのまま電子レンジで温められることは手間が減るのでとっても便利。

木製の次に人気なのが有田焼のセラミック製です。

どっしりとした重量感はありますが、お手入れが簡単で美味しく保存できることで陶器製も人気が高いので、一度使ってみてはいかがでしょうか。

 

第8位 キッチン雑貨 ごはんジャー ライスジャー おひつ

出典: Amazon.co.jp

キッチン雑貨 ごはんジャー ライスジャー おひつ
ブランド
カテゴリ
容量 1.5合
材質 陶器
電子レンジ対応か
冷蔵・冷凍

清潔感のある白くてかわいいデザインのおひつです。調湿に優れた多孔質の陶器の特徴により、保存中のご飯の蒸気をジャーが吸収し、温めるときは逆に水分を放出してご飯を最適な状態に保ちます。

保温性にも優れているので、食卓に出した後も温かさが長続きします。ご飯が2合程度入る手頃な大きさの商品で、冷蔵庫の中でも場所をとらずにご飯を保管できます。

 

第7位 トーセラム セラミックスおひつ君 白 1合用

容量 1合
材質 耐熱セラミック
電子レンジ対応か
冷蔵・冷凍 冷蔵可

こちらのご飯が1合入るタイプの商品は、ご飯の乾燥を防いでニオイを吸着し、おいしく保存することができるセラミックス製素材のおひつです。ふたも同じ耐熱セラミックを使用しており、冷蔵庫で保存してそのまま電子レンジで加熱することができます。

セラミック製のおひつは温めたときに蒸気が落ちにくく、べたつきを抑えておいしく温め直すことができます。

 

第6位 竹製しゃもじ付 有田焼 遠赤セラミックス ご飯用保存容器 おひつ君

出典: Amazon.co.jp

竹製しゃもじ付 有田焼 遠赤セラミックス ご飯用保存容器 おひつ君
ブランド
カテゴリ
容量 3合
材質 ニューセラミック
電子レンジ対応か
冷蔵・冷凍

竹製のしゃもじがついた遠赤外線セラミック製のおひつです。家族で使えるご飯が3合入るタイプで、余ったご飯をおいしく保存するのに適しています。

炊き立てをすぐにおひつへ移しておけば、おひつがご飯の余分な水分を吸収し、ニオイや黄ばみを防いでくれます。温めるときもプラスチック製と比べてべたつきがなく、炊き立てと変わらないおいしさを味わえます。

 

第5位 漆器かりん本舗 おひつ

出典: 楽天市場

漆器かりん本舗 おひつ
容量 約5合
材質 木製
電子レンジ対応か
冷蔵・冷凍

木、本来のぬくもりを感じたい方には!ひのきで作られたおひつです。

素材を楽しみたい方や、本物志向の方で電子レンジ可能なものをお探しの方にはおすすめ。

楽天の漆器かりん本舗さんの販売されている木のシリーズはカフェ向けなものから、家庭向けなものまで豊富なので一度チェックされてみてください。

 

第4位 有田焼 万能角型おひつ君 ブラック 3合用

出典: Amazon.co.jp

有田焼 万能角型おひつ君 ブラック 3合用
ブランド
カテゴリ
容量 3合
材質 耐熱セラミック
電子レンジ対応か ◯(オーブン可)
冷蔵・冷凍 冷蔵可

こちらの商品は、ご飯が3号入るタイプの商品。

セラミックス本体・ふたともに耐熱セラミックを使用しており、冷蔵庫で保存してそのまま電子レンジを使って温め直すことができます。多孔質の素材でできているため、炭と同様の脱臭効果や保水効果があります。

炊飯器で炊きあがったご飯をそのまま保温していると、黄ばみが発生してぱさぱさになってしまいますが、こちらの商品を使えば気孔がほどよく水分を吸収し、ニオイを防いでご飯をおいしく保つことができます。

 

第3位 萬古焼黒釉おひつ鉢2合用

容量 1合/2合
材質 耐熱陶器
電子レンジ対応か
冷蔵・冷凍

こちらの商品はご飯が2合入るタイプの商品。

和の佇まいがすてきな万古焼土鍋です。陶器素材がご飯の水分をほどよく吸収して、べたつきを抑え、冷めてもおいしく食べることができます。

また、炊き立てのご飯を冷蔵庫で保存することも、残ったご飯をレンジで温め直すことも可能なので、いつでもおいしいご飯が食べられます。食卓においても邪魔にならないデザインが人気の商品です。

 

第2位 HARIO ご飯釜のおひつ

容量 2合
材質 耐熱陶器
電子レンジ対応か ◯(食洗機使用不可)
冷蔵・冷凍 冷蔵可

ご飯釜のおひつ2合用GO-2B角型のスタイリッシュなおひつです。角型なので収納しやすく、一般的なしゃもじの形状に合わせた設計でご飯がすくいやすいのがポイントです。

炊き上がりをすぐにおひつへ移しておけば、ご飯の余分な水分を吸収して粒の立ったおいしいご飯になります。温め直すときは、逆に吸収した水分を放出してふっくらしたご飯に仕上がります。スタイリッシュなデザインで、そのまま食卓に出せます。

 

第1位 木曽工芸 電子レンジ対応 曲げ輪おひつ 3合用

出典: Amazon.co.jp

木曽工芸 電子レンジ対応 曲げ輪おひつ 3合用
ブランド
カテゴリ
容量 3合
材質 ひのき さわら
電子レンジ対応か
冷蔵・冷凍

そして最後にご紹介するのが木曽工芸のこちらの商品。木曽工芸は上質な木製素材を使用した商品展開を行っていて、木曽工芸の商品としてはお風呂のフタやお風呂用の椅子など、木製素材の魅力を引き出した温かみのある商品を多く出しています。

そのような中でも、木曽工芸のこちらの商品は曲げ輪職人が一つ一つ丁寧に作り上げた木のぬくもりを感じることのできるデザインとなっています。曲げ輪職人の伝統的な製法で、金属釘を使用せず作られています。

こちらの商品は木製のなかでもさわらが使用されていて、木製素材なのに電子レンジ対応という点が魅力的です。商品の素材から機能性まで、こだわりぬかれた木曽工芸ならではのこちらの商品。

手軽さと伝統を取り入れたこちらの商品をぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

 

プレゼントにもおすすめなおひつをご紹介

おひつはプレゼントにも向いているアイテムだと思います。特に、お料理が好きな方や土鍋を使ってご飯を炊いている方には喜んでもらえますよ。プレゼントにおすすめなおひつをピックアップしてみました。

 

TOJIKI TONYA おひつ 一膳

容量 1膳
材質 耐熱陶器
電子レンジ対応か ◯(食洗機使用不可)
冷蔵・冷凍 冷蔵可

一膳のおひつ!そのままお茶碗にも使えて便利。TOJIKI TONYAのおひつで、ご飯一膳分のコンパクトサイズです。伊賀の耐熱土を使っており、軽くてスタイリッシュなデザインが特徴的です。残ったご飯をこのおひつに入れて保存出来て、電子レンジで温めてすぐに食卓に出せます。

普通のお茶碗としても使用出来る優れもの。

一善用のおひつ兼お茶碗という感じで、二人暮らしの方には二膳プレゼントすると喜んでもらえると思います。

ご飯を温める際に手間が省けるので、時短料理が好きな方へのギフトに最適ではないでしょうか。サイズは直径125mm×高さ80mm 。萬古焼き(三重県四日市)に興味をお持ちの方への贈り物にも向いています。

 

栗久 曲げわっぱ

出典: Amazon.co.jp

栗久 曲げわっぱ
ブランド
カテゴリ
容量 3合
材質 天然秋田杉
電子レンジ対応か
冷蔵・冷凍

曲げわっぱで有名な栗久の曲げわっぱタイプのおひつです。曲げわっぱのおひつの大きな特徴は、金属のタガがついていないため、金属劣化により使用出来なくなるということが無い点です。丁寧に扱えば、何年も使用出来るところが嬉しいですね。

天然秋田杉が使用されており、杉の木のタンニン酸効果により食べ物が傷みづらいです。軽くて使いやすい形状で、余分な水分を吸収してくれるのでご飯の旨味が増します。

こちらは3合タイプですが、2合の用意もあります。しゃもじがついているところもプレゼントにはぴったりだと思います。

栗久のおひつの内底隅は丸みがあるので、ご飯が詰まらない仕様となっていてお手入れもしやすいところも魅力です。

丁寧な作りのおひつで磨かれたような外観の木目も高級感があります。お値段はかなり高めですが、大切な方へのプレゼントに選ぶと喜んでいただけるように思います。

 

おひつを使用する際のポイント

おひつ

 

おひつに入れたごはんはどれくらい持つの?

おひつにごはんを入れることで、常温でもかなり長い時間美味しく食べられるようになります。ごはんは20度~40度の間で食べるのが最も美味しいとされているので、炊き立てよりもおひつに入れた後のごはんを好む方も多いですね。

おひつに入れたごはんは、2度~4度まで下がってしまうと一気に劣化がはじまります。美味しく食べようと思えば、常温で夏場には半日程度、冬場でも20時間程度が限度のようです。

味に関わらず、「食べられるかどうか」であれば、常温で夏は20時間程度、冬でも1日程度ではないでしょうか。

おひつに入れたご飯を、冷蔵庫で保存する場合でも、1日程度で食べ切るようにとの記載があるので冷蔵庫を過信しないようにしましょう。

 

タッパーとおひつの違い

タッパーにご飯を入れて冷凍保存しておく使い方はかなりメジャーですね。ただ、タッパーにご飯を入れる時には、ある程度ご飯が冷めてから蓋をします。ご飯は冷めないまま蓋をしてしまうと、水滴が蓋裏についてしまい、次にご飯を温めて食べる時に美味しさが半減してしまいます。冷凍保存でなく冷蔵庫で保存する場合にも同じです。

これに対して、おひつにご飯を入れれば、ご飯があたたかいうちに蓋をしても大丈夫なんですよ。特に、木製のおひつには吸水性が優れているため炊き立てのご飯をすぐに保存することが出来て時短にもなります。

朝にご飯を炊いて、昼にも食べるといった場合には、おひつに入れて保存しておけば常温で美味しく食べられます。タッパーに入れて保存した場合には、温度を保つことが出来ないため冷蔵保存になるので味も劣化してしまうでしょう。

 

温め方のポイント

冷めてしまったご飯は温めて食べたいですね。ご飯の美味しさは水分をどうやって維持できるかにかかっています。パサパサになったご飯を美味しいと感じる方はまずいないでしょう。ここでは、温め方のポイントを見ていきましょう。

 

電子レンジを使って温める

おひつにご飯を入れて冷蔵庫保存した時等には、ご飯を耐熱皿に移してふわっとラップをかけて温める様にしましょう。温める前には、水分を加える必要があるので、少量の水を回しかけておくと美味しく食べられます。また、水より日本酒を使うとさらにふっくらとした感触が得られます。

木製のおひつは耐熱皿に移す必要がありますが、セラミックや陶器のおひつはそのまま電子レンジで加熱出来ます。この場合にも水を加えて蓋をして加熱しましょう。

タッパーやポリプロピレン製のおひつでご飯を保存している場合にも、耐熱皿に移してから電子レンジで温める様にすると良いと思います。ポリプロピレンの耐熱温度は100~120度程度なので、製品によっては電子レンジでの加熱に向かない商品があるので注意しましょう。

 

蒸し器で温める

蒸し器が家にある場合おすすめなのが、蒸し器でのご飯の温めです。たっぷりの蒸気に包まれてご飯が温められるので、ふっくらとした仕上がりが期待出来ます。蒸し器の蓋に布を巻いておき、水滴が落ちるのを防いでおくようにしましょう。

蒸し器を使ってのご飯の温めは、手間がかかりますがワンランク上の仕上がりになるのでおすすめしたい方法です。

 

おひつのお手入れ方法をご紹介!

おひつのお手入れどうするのか、疑問に思う方もいらっしゃると思います。セラミック製や樹脂製のおひつであれば、簡単にお手入れが出来ますが、木製のおひつのお手入れは敷居が高そうなイメージがあるかもしれません。

ここでは、木製のおひつにスポットライトを当てて、お手入れ方法をご紹介致します。

 

1.まずは布で拭きましょう

おひつを水洗いする前に、布を使って内側を拭いておきましょう。ご飯粒等を取り除いて洗いやすい状態にしておきます。

 

2.基本は水洗い

清潔なスポンジを使って、水洗いしていきます。普通に炊いた白飯を入れているのなら洗剤を使う必要はありません。ベタつきが気になる場合には、塩や磨き砂を使って丁寧に水洗いします。

 

3.水を切って日陰で乾燥させましょう

洗った後は水気を切っておき、日陰に置いて乾燥させることが重要です。蓋部分と本体部分とを一緒にせずに、別々に乾燥させましょう。

 

4.長期間使わない場合は布に包んで保管を

おひつを洗った後、長期間使用する予定が無い場合には、布に包んで保管をしておくようにするとおひつの品質が長持ちします。高温になる場所や湿気のある場所は避けておくと良いでしょう。

また、消毒用アルコールを全体に吹き付けておいて保管しておくと、カビ等のダメージからおひつを守ることが出来ます。

 

おひつの関連商品もご紹介!

曲げわっぱって?

曲げわっぱ

 

曲げわっぱを御存知でしょうか。曲げわっぱのお弁当箱が少し前にブームになったこともあるので、持っておられる方も多いのではないかと思います。

曲げわっぱとは、スギやヒノキなどの薄板を曲げて作られる円筒形の木製の箱のこと。曲物であり、本体とふたで一組になる。主に米びつや、弁当箱として使われることが多い。

スギやヒノキを使用しているので木製独特の香りと風合いを楽しむことが出来るので、昔から伝わる伝統工芸品として扱われることも多いですが、実用性にも長けています。

中にご飯を入れるとご飯の美味しさが持続することもあり、近年再び曲げわっぱのお弁当箱に注目が集まりました。従来は白木のままの作りだったため、水分吸収に優れていたという特徴があります。

最近販売されている曲げわっぱは、お手入れのしやすさや耐久性を重視して塗装が施されています。

 

曲げわっぱの名産地

曲げわっぱの名産地はどこでしょう。曲げわっぱの名産地は全国各地にあり、主に材料となる木材が豊富に入手できる地域で作られています。伝統工芸品として国の指定を受けていてお土産にも向いているのでチェックしておきたいですね。

最も有名なのが、「青森県藤崎町のひばの曲げわっぱ」ではないでしょうか。青森のひばと言えば、国内高級木材として知られています。

また、「秋田県大館市の曲げわっぱ」も天然秋田杉を使用している逸品として抜群の知名度を誇ります。

「長野県奈良井宿の曲げわっぱ」は400年以上もの歴史を持り、木曽ヒノキと木曽サワラの2種類の材料が使用されていることが特徴的です。

三重県尾鷲では、尾鷲ヒノキが有名ですが、この尾鷲ヒノキを使用した「尾鷲の曲げわっぱ」も曲げわっぱを語る上では忘れてはいけません。

 

曲げわっぱ弁当

 

一緒に使いたい!おすすめしゃもじをご紹介

ご飯をお茶碗によそう時に必ず使うのが「しゃもじ」ですね。しゃもじも年々進化しており、カラフルな商品や素材のこだわりが感じられる商品もあります。おすすめしたいしゃもじを3点ほどご紹介致します。

 

和平フレイズ しゃもじ 立つんです!

自立するしゃもじでダブルエンボス加工の和平フレイズのしゃもじで、大人気商品です。自立するしゃもじなので、スペースが無いところでも衛生的にしゃもじを立てておけるところが良いですね。しかも、ご飯粒がつきにくいエンボス加工が施されているところも魅力です。

スプーン型の形状をしており、ごはんが盛りやすい点も嬉しいですね。使用する際には、一度水につけてから使う事で、ご飯粒がつかないようになっています。

しゃもじの表面に凹凸があり、さらに凹凸の全面に微細な起伏がついている「ダブルエンボス加工」が採用されているので、ご飯がつかなくなっており使ってみて驚くかもしれません。

カラー展開は全3色で、ホワイトの他、ピンクやグリーンからも選べるようになっています。本体重量は20gで、素材はポリプロピレン(耐熱120℃/耐冷-20℃)です。素材の性質から、炊飯器の中に長時間入れておくのは厳禁です。

価格がとても安く、定期的に買い替えられるところも良いと思います。

 

マーナ  立つしゃもじ

カラーバリエが豊富!キッチンを楽しく演出するマーナのしゃもじで、自立するタイプです。立てて置いておけるので衛生的に使えるところが人気。すくう部分が他の物に触れることがないので安心感があります。

縁部分が薄いので、炊けたご飯をすくう時にも潰すこと無くさくさくっとすくえます。ヘラ面は特殊エンボス加工が施されているので、ご飯がこびりつきにくい構造になっています。ヘラ面がお米にスッと刺さるような新感覚で使えて、グリップ部分が太く握りやすい形状となっています。

カラーバリエーションが豊富で全7色展開となっています。ホワイトの他、イエロー、オレンジ、グリーン、ピンク、ブラック、レッドの用意があります。

サイズは200mm×77mm×36mmで、本体重量は40gです。材質はポリプロピレンで原産国は日本。使いやすくカラーバリエが豊富なだけでなく、価格が安いところも嬉しいしゃもじです。

 

きくすい 国産スス竹 しゃもじ

出典: Amazon.co.jp

きくすい 国産スス竹 しゃもじ
ブランド
カテゴリ

高級感のあるスス竹のきくすいのしゃもじで、鹿児島県産のスス竹を使用して作った商品です。見た目がとても高級感があるので、キッチンアイテムにこだわりのある方におすすめです。竹素材なので、お茶碗にも傷がつきにくく、熱さが伝わらないという特徴があります。

軽くて使いやすいところも良いと思います。木製のおひつを使う方は、こういった高級感のあるしゃもじも揃えて使いたくなるのではないでしょうか。

木の温かみのあるしゃもじを使ってみたいという方におすすめの商品です。価格帯は若干高めですが、しゃもじは毎日使うキッチンアイテムで長く使うことを考えれば、価格以上の価値があるように思います。

 

おひつの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、おひつの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

おひつで保存して炊きたての用はご飯を

炊飯器で保存したご飯は、黄色くなってしまったり固くなってしまったりと、保存時間が長くなるほど味が落ちてしまう傾向にあります。一旦変化してしまったご飯は温め直してもおいしさが損なわれてしまっているため、炊き立てのおいしさには戻りません。

毎日の食事の際におひつを使うようにすると、余分な水分を吸収し、べたつきを抑えてご飯をおいしく保存することができます。

ご飯をおひつに移してもしばらくは温かさを維持できるので、おかわりをしたいときも席を立つわずらわしさがありません。また、電気をつかわないので電気代の節約にもつながり経済的です。

今までご飯の保存は炊飯器で行っていたという人は、ぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか。

 

記事内で紹介されている商品

西山製陶所 インディゴブルー ふしぎな保…

サイトを見る

シートゥーシー ジャパン 波佐見焼 おひつ

サイトを見る

サーモス 高性能保温おひつシャトルジャー…

サイトを見る

タイガー保温びつこげちゃ

サイトを見る

竹炭丸型真空おひつ 新型ポンプ付

サイトを見る

日立 おひつ御膳 

サイトを見る

パール金属あじわいおひつ 2合用

サイトを見る

イシガキ産業 ほっこりぐるめ セラミック…

サイトを見る

木曽工芸 木製 おひつ 江戸型 木曾 さわら

サイトを見る

キッチン工房 おひつ君 3合 ブラック

サイトを見る

キッチン雑貨 ごはんジャー ライスジャー …

サイトを見る

トーセラム セラミックス おひつ君 白 1合用

サイトを見る

竹製しゃもじ付 有田焼 遠赤セラミックス …

サイトを見る

漆器かりん本舗 おひつ

サイトを見る

有田焼 万能角型おひつ君 ブラック 3合用

サイトを見る

萬古焼 黒釉 おひつ鉢 2合用

サイトを見る

HARIO ご飯釜のおひつ

サイトを見る

木曽工芸 電子レンジ対応 曲げ輪おひつ 3…

サイトを見る

TOJIKI TONYA おひつ 一膳

サイトを見る

栗久 曲げわっぱ

サイトを見る

和平フレイズ しゃもじ 立つんです!

サイトを見る

マーナ 立つしゃもじ

サイトを見る

きくすい 国産スス竹 しゃもじ

サイトを見る

関連記事