キッチン映えする万能アイテムはこれ!料理がさらに楽しくなるフライ返しおすすめランキングTOP8

お料理に欠かせないキッチンツールと言えば「フライ返し(ターナー)」が第一に挙げられると思います。

フライ返し(ターナー)は、調理中の食材をひっくり返したり、フライパンの上で食材を炒めたり、焼きあがった料理をお皿に盛りつける時にも使います。

私は毎日料理を作りますが、毎日出番があるのがこのフライ返し(ターナー)です。

フライ返し(ターナー)と一口に言っても、様々な素材の商品があり、それぞれ使うのに向いている料理があるのも特徴の1つです。

また、フライパンや鍋の素材との相性にも注目したいですね。

ここでは、フライ返し(ターナー)をこれから揃えようという方、どのフライ返し(ターナー)を選んだら良いのか迷っている方に向けて、フライ返し(ターナー)について説明していきたいと思います。

ターナー

種類豊富なフライ返し(ターナー)は万能なキッチン用品!

お料理をする時に、フライ返し(ターナー)を上手く使えるようになるかどうかが、その日のお料理の出来栄えを左右すると言っても過言ではありません。

何しろ、フライ返し(ターナー)は、「炒める」「混ぜる」「ひっくり返す」「皿に盛る」という役割を担ってくれる大切なキッチン用品です。

フライ返し(ターナー)があれば、作れる料理のレパートリーも広がりますし、使い慣れれば美しい盛り付けも出来るようになります。

カレーなどを作る時には、フライ返し1つで、最初に野菜と肉を炒めるところから、シチューをかき混ぜるまでの工程が出来るので、とても重宝しますよね。

卵焼きを作る時にも、フライ返し(ターナー)があればキレイに仕上がりますし、ホットケーキやパンケーキを作る時にも役立ってくれます。

白身魚のムニエルを作る場合にも、フライ返しを使えば、くずれやすい身もキレイに裏返すことが出来るので、料理の腕もぐっと上がったように感じられるのも良いですね。

最近では、左利きの方のためのフライ返し(ターナー)も用意されているので、左利きの方も是非使ってみて欲しいと思います。

 

素材で見るフライ返し(ターナー)の特徴とは

フライ返し(ターナー)には、素材による特徴が見られます。

その特徴を理解した上で、自分が使いたいと思う素材のフライ返し(ターナー)を選んでいくと良いでしょう。

ここでは、「ステンレス製素材」「シリコン製素材」「ナイロン製素材」「木製素材」の4つの素材に注目して説明していきたいと思います。

ステンレス製素材

ステンレス製素材は、熱に強く丈夫な作りをしているので、昔はフライ返し(ターナー)と言えば、このステンレス製素材のタイプが多く見られました。

軽くて使いやすいのですが、一緒に使うフライパンに気を付けなければいけません。

鉄製のフライパンを使う時に、このステンレス製素材のフライ返し(ターナー)を用いるのはOKですが、テフロン加工を施してあるフライパンとの相性は良くありません。

折角のテフロン加工を傷つけてしまう恐れがあるので、テフロン加工のフライパンを使う場合には、このステンレス製素材のフライ返し(ターナー)は避けた方が無難です。

しかし、ステンレス製素材のフライ返し(ターナー)の耐熱温度は700℃~800℃なので、耐熱性という点からすると圧倒的に優れています。

ステンレス製

シリコン製素材

シリコン製素材のフライ返しは、弾力性があり軽く、誰でも簡単に使えるところが良いと思います。

テフロン加工を施してあるフライパンとの相性がとても良く、フライパンの表面を傷つけることがほとんど無いので、1つ持っておくと重宝する素材のフライ返し(ターナー)です。

ただ、耐熱性という点では、シリコン製素材のフライ返し(ターナー)は、200℃~400℃の耐熱温度です。

表面が300 ℃になることもあるフライパンと一緒に使うと溶けてしまう可能性もあります。

長時間放置することは絶対にせずに、必要な時にだけ使用するようにしましょう。

また、油分がシリコン製素材についてしまうと落としにくいのも難点です。

 

ナイロン製素材

ナイロン製素材のフライ返し(ターナー)は、シリコン製と同様にフライパンのテフロン加工を傷つける心配が少ないので、使い勝手が良い素材のフライ返し(ターナー)と言えましょう。

しかし、シリコン製以上にナイロン製素材のフライ返し(ターナー)は、耐熱温度が低いため、高温で調理する場合などにはナイロンが溶け出してしまう危険性が考えられます。

ナイロン製素材のフライ返し(ターナー)の耐熱温度は、180℃~200℃ となっているので、ナイロン製素材のフライ返しを使う時には十分注意して下さい。

 

木製素材

木製素材のフライ返し(ターナー)は、使えば使うほど味が出てきて愛着がわいてきます。

昔からある素材なので安心感もあります。

テフロン加工のフライパンに使っても、木製なので傷をつけにくいので、フライパンの素材を選ばずに使えるところが良いですね。

木製素材ですが、耐熱温度は意外と高いです。

木製素材フライ返し(ターナー)の耐熱温度は、200℃~250℃ですが、木が燃えることはありません。

フライパンが高温の場合に、先端の方が焦げてしまうという恐れはありますが、溶け出してくるという危険性は無いため、比較的安心して使っていける素材のフライ返し(ターナー)です。

木製

私も長年、この木製素材のフライ返し(ターナー)を使っていますが、使っていくうちに手の形に馴染んでくるような優しい温もりが好きです。

よく木製のフライ返し(ターナー)はお手入れが大変じゃないの、という声がありますが、毎日使う度にすぐに洗って水気を切っておくようにするだけで大丈夫です。

フライパンの種類を問わずに使える点が便利ですし、長く使えて安全性も高いので、木製素材のフライ返し(ターナー)は使い慣れると手放せないですね。

 

料理によってフライ返し(ターナー)を使い分けるのもアリ!

色々な素材のフライ返し(ターナー)があることがわかりました!

作るお料理によって上手く使い分けていくと、さらに便利に使えそうですね。

ここでは、お料理ごとにおすすめのフライ返し(ターナー)を挙げていきます。

 

炒め料理には

野菜やお肉、魚介類を炒めるお料理の場合に、油を使わずに済むようにテフロン加工のフライパンを使う方も多いと思います。

その場合には、木製素材のフライ返し(ターナー)やシリコン製素材のフライ返しが向いていますね。

テフロン加工を傷つけずに済みますし、炒め料理は短時間で行うものなのでシリコン製素材の耐熱温度でも充分ではないかと思います。

鉄のフライパンに油を引いて炒め料理を作る場合には、ステンレス製素材のフライ返し(ターナー)を使うのもアリですが、分量が多い場合の炒め物には木製素材のフライ返し(ターナー)が力を入れやすいのでおススメです。

炒め料理

崩れやすい料理には

白身魚のムニエルなどの崩れやすい料理の場合には、薄くて素材を裏返しやすいステンレス製素材のフライ返し(ターナー)が向いています。

フライパンの表面温度が高くなるので、ステンレス製を使うと安心感があります。

魚焼き

また、同じ崩れやすい料理でも、ハンバーグなどを複数焼いて作る場合には、ナイロン製素材のフライ返しを使うと、横のハンバーグを誤って切ってしまうこともなく優しく裏返せるので便利に使えると思います。

 

中華鍋を使う料理には

中華鍋を使う料理には、火力の強い料理が多いので、耐熱温度が気になりますね。

チャーハンなどは、一気に強火で材料を混ぜていくので、力を入れやすい木製素材のフライ返し(ターナー)が向いています。

御飯粒などがついても、木製素材だと洗いやすいというメリットもあります。

以前、ステンレス製のフライ返し(ターナー)を使って、チャーハンを作ったことがありますが、御飯が付着したまま放置すると取れにくくなってしまい、結果失敗したなあと思いました。

やはり、料理ごとに使うフライ返しを変えていくと上手くいくように感じます。

 

お皿に盛りつける時には

お料理をお皿に盛りつける時にも、フライ返し(ターナー)がお役立ちしてくれます。

ステーキやオーブンで焼いたチキンなどをお皿に盛りつける時には、サーブしやすいシリコン製素材かナイロン製素材が向いています。

また、お洒落なフライ返し(ターナー)もあるので、そういった商品だと尚盛り付ける時に良さそうです。

 

フライ返し(ターナー)を購入する前に注目するべきポイント4点

お料理の必需品、フライ返し(ターナー)ですが、購入する前にチェックしておきたいポイントを挙げておきます。

 

サイズ感

フライ返し(ターナー)のサイズはとても重要です。

普段使っているフライパンのサイズに合わせて選んでいくと使い勝手が良いでしょう。

あまりに小さなサイズのものだと、炒め物を作る時には何度もフライ返し(ターナー)をフライパンの上で往復させなくてはならず、料理が終わる頃には手が疲れ果ててしまう、ということも。

サイズが大きすぎると、小回りがきかず、上手く材料を裏返し出来ないということも考えられます。

 

耐熱温度

フライパンの表面温度は300℃にも上がることがあるという点を考えて、フライ返し(ターナー)を選んでいきましょう。

強火でお料理をする時には、耐熱温度が高めのステンレス製のフライ返し(ターナー)を揃えておくと安心出来ます。

シリコン製素材の耐熱温度は200℃~400℃、ナイロン製素材の耐熱温度は180℃~200℃、木製素材の耐熱温度は200℃~250℃ 、ステンレス製素材の耐熱温度は700℃~800℃となっているので、フライ返し(ターナー)を選ぶ際には、十分気をつけておいて下さい。

 

手入れのしやすさ

素材によって、お手入れ方法が違ってきます。

ステンレス製素材は、丈夫に出来ており、特にお手入れも必要ありません。

焦げ付きが付いてしまうと、なかなか取れないという事はありますが、基本的にはステンレス製素材はお手入れしやすい素材です。

木製素材は、使った後ですぐに洗うようにしていかないと雑菌が繁殖するという恐れがあります。

使ったらすぐに洗って乾かすことが木製素材には必要となります。

シリコン製素材は、においが移りやすく油分がなかなか落ちにくいので、時々重曹を入れた鍋の中で煮沸すると良いでしょう。

ナイロン製素材も、油分がなかなか落ちないという点ではシリコン製素材と同様です。

 

グリップ部分

フライ返し(ターナー)のグリップ部分も、選ぶ際の重要ポイントになります。

ステンレス製素材のフライ返し(ターナー)は熱に強いのですが、グリップ部分がナイロン製になっているものも多いです。

実際に、私も失敗してしまいました。

ステンレス製だから長時間フライパンの上に放置しても大丈夫だろうと思っていたところ、グリップ部分がフライパンに触れていて、熱で溶けてしまっていました。

溶けたナイロン

グリップ部分も熱に強い素材で出来ているフライ返し(ターナー)を選ぶと安心出来そうです。

 

おすすめの家庭用フライ返し(ターナー)ランキングTOP8!

8位 柳 宗理 バタービーター(フライ返し) 日本製

柳宗理デザインということで人気が高い商品です。

シンプルで柔らかいフォルムはとても美しく、キッチンに置いてあるとお料理も楽しくなりそうです。

ステンレス製のバタービーターで、フライ返しとして使うのはもちろん、泡立て器としても使える優れ物です。

サイズは8.0cm×30.8 cmと、使いやすい平均的なサイズになっています。

重量は0.12kgと、とても軽く使いやすそうな感じですね。

ステンレス製なので、テフロン加工のフライパンとの相性は良くありませんが、鉄のフライパンを使う方におススメです。

持ち手部分もステンレス素材になっていますが、熱くて持てなくなるという心配は無いようです。

柳宗理ブランドが好きな方にもおススメの商品です。

価格帯は、フライ返し(ターナー)の価格としては若干高めですが、デザイン性に優れ、高機能で知られる柳宗理シリーズの商品なので、妥当なところだと思います。

 

7位 KEVNHAUN シリコン エッグターナー KDS.986

出典: Amazon.co.jp

KEVNHAUN シリコン エッグターナー KDS.986
ブランド
カテゴリ

ケヴンハウンのフライ返し(ターナー)です。

シリコン素材なので、テフロン加工のフライパンに使うには相性が良く、手に馴染むデザインも使いやすそうです。

卵焼きがキレイに作れるというエッグターナーですが、卵焼き作りだけでなく、パンケーキを返す時や焼き魚を裏返すなど、色々な調理に使っていけます。

カラーもホワイトがキレイなキッチンツールなので、使っていて気分が上がるのも嬉しいですね。

サイズは23cm×11.9cmなので、小さめのサイズですが、卵焼きを作るにはジャストサイズではないかと思います。

ただ、シリコン素材なので、長時間高熱のフライパン料理では使わないように気を付けましょう。

お皿にお料理を盛り付ける時にも使えるお洒落な外観も良いですね。

価格帯もいたって普通なので、買いやすいところも良いと思います。

卵焼きをよく作るという方や、テフロン加工のフライパン用のフライ返し(ターナー)を探している方におススメです。

 

6位 ティファール フライ返し キッチンツール インジニオ K21328

出典: Amazon.co.jp

ティファール フライ返し キッチンツール インジニオ
ブランド
カテゴリ

ティファールのインジニオシリーズのフライ返し(ターナー)です。

材質はヘッド部分はナイロン製で、持ち手部分はABS樹脂です。

ヘッド部分の耐熱温度は220℃なので高温調理には向いていませんが、テフロン加工のフライパンを傷つけたりしないので、肉や魚を裏返したり、盛り付け時に使うのに適していると思います。

サイズは幅8cm×奥行5cm×高さ30.5cmと、一般的なフライパンのサイズに合わせて使いやすい大きさとなっています。

本体重量は70gで軽くて使いやすい点も良いと思います。

デザイン性が高く、とてもスタイリッシュでカラーはブラック。

鍋の縁からすべらないシリコンストッパーがついているので、使い勝手が良さそうです。

価格帯も有名ブランドの商品にしてはリーズナブルで、2つ目のフライ返し(ターナー)を探している方におススメの商品です。

 

5位 高儀 Well Made  オールステンレスターナー

建築用品や電動工具で知られている「高儀」のフライ返し(ターナー)です。

高儀は新潟県三条市に本社を構える、日本が誇る老舗企業です。

材質はステンレス鋼(サテン仕上げ)なので、熱に強いという特徴があります。

テフロン加工のフライパンには使わない方が良さそうですが、一般的な鉄のフライパンでは温度が上がっても溶ける心配が無い素材なので、使っていて安心感があります。

サイズは30cm×7.5cm×3cmと、とても使いやすい大きさになっています。

本体重量は0.099kg と、とても軽量で使い勝手が良さそうです。

生産国が日本という点もとても信頼出来て嬉しいですね。

鉄のフライパンで、肉や魚を焼いた時や、パンケーキを作った時に使うと重宝します。

価格もとても安く、買いやすいところも良いと思います。

鉄のフライパンに合わせてフライ返し(ターナー)を購入したいという方には、うってつけの商品です。

 

4位 OXO  シリコン  ターナー  ミニ  セサミ 1170303

OXO( オクソー) のフライ返し(ターナー)です。

素材はシリコン樹脂、グリップはポリプロピレン、柄はステンレススチールです。

シリコン樹脂ながらも、耐熱温度が310℃と記載されているので、簡単には溶けることが無いと思います。

先端がスパチュラのように使えるのが便利で、小回りがきくサイズです。

サイズは24cm×7cm×3cmなので、ややミニサイズですが、小さいものを裏返しするのに重宝しそうです。

適度な弾力があり、食材を返すだけでなく、ソースなどをかき集めることが出来るので便利に使えます。

テフロン加工のフライパンとの相性も良い素材なので、普段テフロン加工のフライパンをよく使用するという方におススメです。

お好み焼きを作る時や、ハンバーグを作る時に使うのに向いています。

価格帯も普通に買える範囲なのも良いと思います。

 

3位 パール金属 へら ナチュラル 木製 クッキング C-523

出典: Amazon.co.jp

パール金属 へら ナチュラル 木製 クッキング C-523
ブランド
カテゴリ

パール金属の木製フライ返し(ターナー)です。

樹脂加工やホーロー製の鍋、テフロン加工のフライパンを傷つけにくい素材の木製なので、とても出番が多いと思います。

炒め料理にはうってつけですね。沢山の材料があっても、一気に力を入れて混ぜながら炒めることが出来ます。

中華鍋を使う、チャーハンや回鍋肉などの料理も、この木製フライ返し(ターナー)があれば、キレイに作れます。

サイズも幅65mm× 全長300mm と使いやすい大きさなので長く使えそうですね。

カレーやシチューを作る際にも、最初に玉ねぎやお肉を炒めるのに使い、混ぜるのにも使用出来るので、色々な料理に使えて便利です。

炒め料理が多いけれども、木製フライ返し(ターナー)をまだ持っていない、という方におススメです。

価格帯もとても安く、試しに買っても損は無いと思います。

 

2位 サンクラフト ナイロン ミニターナー GF-14B

サンクラフトのミニサイズのフライ返し(ターナー)です。

材質は、グラスファイバー強化ナイロンで、耐熱温度は230℃ です。

鍋やテフロン加工のフライパンを傷つけること無く使っていけるのはとても良いですが、フライパン等を高熱で使う場合には溶けないように注意して使う必要があります。

オールナイロン製の継ぎ目が無い洗いやすい形状で衛生的に使えるのが良いですね。

食器洗い乾燥機での使用も可能なので、片づける際の手間が要りません。

サイズは、60mm×230mmと小ぶりのサイズですが、40gと軽量なので小回りがきいて使いやすさ抜群です。

持ち手からヘラ部分が急角度で曲がっているという特徴があり、卵焼きやハンバーグをひっくり返すのにとても使いやすい仕様になっています。

テフロン加工のフライパンを傷つけないためのフライ返し(ターナー)を探している方におススメです。

価格帯もとても安く、気軽に買えるところも良いと思います。

 

1位 貝印 SELECT 100 ターナー DH-3012

貝印のSELECT100ブランドのフライ返し(ターナー)です。

ステンレス製のフライ返し(ターナー)で、鉄のフライパンとの相性が抜群です。

しなやかな弾力を持つターナーで、0.25mmの薄くて丈夫な造りになっています。

弾力があるので、フライパンに沿って食材の下にス~ッと入ります。

返しやすさを考えて、ターナー部分は72mm×115mmのロングサイズになっています。

ハンドル部分は、モニター調査によって決められた、持ちやすい形状になっています。

重量は75gと軽量で使いやすく、サイズも35mm×275mm×72mmと大き目のフライパンに丁度いい大きさです。

餃子を焼く時や、パンケーキを焼く時に使うとキレイに仕上がるということなので、鉄のフライパンを持っている方におススメです。

主に、裏返し、剥ぎ取りに特化して使うのに適しているということです。

amazonの口コミでも概ね高評価なのも信頼が置けると思います。

価格帯もリーズナブル。品質も良さそうですし、安心の貝印の商品なので、とてもお買い得感があります。

 

まとめ

お料理の名脇役、「フライ返し(ターナー)」は、主に素材によって使う用途が違うことがわかりました。

普段よく作る料理を中心に、どういったフライ返し(ターナー)があれば、より上手に料理を作ることが出来るのかを考えてみましょう。

お魚を裏返すのも、餃子を作るのにも、使いやすいフライ返し(ターナー)があれば心強いですね。

毎日のお料理を、ワンランクアップさせるためにも、フライ返し(ターナー)を選んでみて下さい。

ランキングで挙げたフライ返し(ターナー)は、人気が高い商品を集めてみました。

お気に入りのフライ返し(ターナー)を使って、美味しいお料理を作ってみませんか。

この記事が、フライ返し(ターナー)選びの参考になれば幸いです。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

柳 宗理 バタービーター

サイトを見る

KEVNHAUN シリコン エッグターナー KDS.986

サイトを見る

ティファール フライ返し キッチンツール …

サイトを見る

高儀 Well Made オールステンレスターナー

サイトを見る

OXO シリコン ターナー ミニ セサミ 11703…

サイトを見る

パール金属 へら ナチュラル 木製 クッキ…

サイトを見る

ナイロンミニターナー GF-14B

サイトを見る

貝印 SELECT 100 ターナー DH-3012

サイトを見る

関連記事