買いたいものを検索してください

【タイプ別】自宅で美味しくワッフルを!ワッフルメーカーおすすめランキングTOP10

お菓子はフライパンなど家にある器具だけで作ろうとすると大変な反面、専用器具が多く、それさえあれば作りやすいものが多いです。

ワッフルもその1つでしょう。今回は、ワッフルの独特な形状を作りやすいワッフルメーカーのおすすめランキングや、意外と知られていないワッフルメーカーの特徴についてご紹介します。

 

ワッフルメーカーのタイプは2つ

ワッフルメーカーは、大きく分けて2つの種類に分けられます。

 

電気式はボタン操作で簡単!

1つは電気式。本体をコンセントなどに接続し、電力で稼働させるタイプです。コンロや火が不要なので、火傷や空焚きなどの心配がありません。反面火加減の調節など細かい操作はできないワッフルメーカーも多く、アレンジや微妙な焼き加減と言った変化は出しにくいです。その分初心者でも失敗しにくいタイプと言えます。

 

直火式はカリっと美味しく!

一方直火式は、フライパンを向かい合うよう重ねた形のワッフルメーカーがほとんど。本体が自動で熱するのではなく、コンロなどの上に置いて使います。電気式とは逆に、好みの焼き加減ができるほか、火のあるところならキャンプなど屋外でも楽しめます。

ただ電気式でも触れたように、火を扱うため火傷のリスクや放置しないよう注意が必要。また油を敷いてから生地を入れるため、完成までひと手間分時間がかかります。

 

ワッフルメーカーの選び方のポイント

ワッフルメーカー

好みの種類のワッフルメーカーを決めたら、その中でも自分の好みや使いやすい商品を探しましょう。今回はタイプごとに選び方を分けてご紹介します。

 

電気式ワッフルメーカーの選び方

ワット数をチェック

まずは電気式。電気式のワッフルメーカーは焼き加減の微調整ができないとしましたが、商品ごとに加熱の程度が異なります。そこでチェックするのがワット数。電気をたくさん使うワッフルメーカーはその分高火力になるため、しっかりした焼き上がりが期待できます。

おすすめは1000W前後ですが、コスパも高まるので値段も気にしたい方は800Wほどから探してみましょう。

 

タイマー機能や電源スイッチ式があるのがおすすめ

火力の調整はできませんが、そのほかの部分でサポート機能のあるワッフルメーカーを選ぶことは可能です。例えばタイマー。オフタイマーで時間が来れば自動で電源オフとなり、電源を入れたまま放置するリスクを下げられます。電源スイッチがあるだけでもリスクは下がるので、初心者の方や小さいお子さん、ペットがいる家庭なら検討しましょう。

 

付属プレートもチェック

電気式ワッフルメーカーは、いわば直火式のプレートに加熱するパーツを加えた形状。プレート部分は取り外すことができ、商品によっては複数のプレートが同梱されていることもあります。ワッフルの模様を変えるだけでなく、ホットサンドなどほかの料理が作れるプレートも多いので、ワッフル以外の料理も興味があるなら見てみましょう。

 

直火式ワッフルメーカーの選び方

Lisa

IH対応かチェック

続いて直火式の選び方です。直火式の中には、IHヒーターに対応したワッフルメーカーもあります。言い換えれば、ガスコンロにしか対応していないワッフルメーカーもあるので、家でIHヒーターを使っている方は要注意です。ガスコンロのみのワッフルメーカーではIHヒーターで使おうとすると火事などの危険性があるので、必ず確認してから購入してください。

 

鉄板・持ち手の素材をチェック

ワッフルメーカーの素材にも注目。ワッフルを焼く鉄板部分は火が通りやすい素材、反対に持ち手は熱が伝わりにくい素材か、コーティングがあると便利です。鉄板は合金アルミニウムが多いですが、鋳鉄であればキャンプなどでも活躍します。持ち手はフッ素樹脂だと軽量で、扱いやすいメリットもあります。

 

大きさもチェック

直火式は焼き上がりまでに時間がかかるので、もしたくさんのワッフルを焼きたいなら、大きいワッフルメーカーで手間を省くのもおすすめです。1つのワッフルメーカーで複数のワッフルが焼ければ、1個ずつ焼いていく場合よりもはるかに早く料理を終えられます。

参考までに、四角い10cm程度のワッフルなら1度に4枚、ミニサイズの丸いワッフルなら7枚ぐらいまで、対応したワッフルメーカーがあるようです。

 

【電気式】ワッフルメーカーおすすめランキングTOP5

ワッフルメーカー

では電気式ワッフルメーカーのランキングから見ていきましょう。好みのタイプがある方は、そちらからチェックしてみてください。

 

第5位 Kealive ホットサンドメーカー

出典: Amazon.co.jp

Kealive ホットサンドメーカー
ブランド
カテゴリ
サイズ 220×240×72mm 消費電力 700W
付属プレート ホットサンド・バーベキュー 付属機能 スイッチ付き

バーベキュープレートで肉料理にも

5位はKealiveのホットサンドメーカー。ワッフルのほか、ホットサンドと肉などに使えるバーベキュープレートが同梱されており、様々な料理に使えるのがポイントです。商品電力は700Wとやや低めですが、それでも5分ほどで調理は完了。

コスパも低く、ちょっとしたフライパン並みに活躍するので、手のかかる料理は面倒という独り暮らしの男性などにおすすめです。プレートは丸洗いできますから、利用後の後片付けも楽に行えます。

 

第4位 アイリスオーヤマ マルチサンドメーカー

出典: Amazon.co.jp

アイリスオーヤマ マルチサンドメーカー
ブランド
カテゴリ
サイズ 246×約257×110mm 消費電力 700W
付属プレート ホットサンド・ドーナツ 付属機能

揚げずにドーナツも作れるワッフルメーカー

4位はアイリスオーヤマのマルチサンドメーカー。こちらはワッフルメーカー、ホットサンドメーカーに加え、ドーナツを作れるプレートが備わっています。ドーナツは成型から揚げるまでが手間ですから、好物という方には嬉しいポイントですね。

5位同様、コスパは低い分消費電力も低め。ワッフルと同じくスイーツであるドーナツが作れるという点で上位としました。スイーツ用のクッキングアイテムを求めている方におすすめです。プレートは取り外せばやはり丸洗い可能で、お手入れも簡単に済みます。

 

第3位 ビタントニオ ワッフル&ホットサンドベーカー

サイズ 251×243×107mm 消費電力 900W
付属プレート ホットサンド 付属機能

シンプルだけど高火力

3位のVitantonio製ワッフルメーカーは、ワッフルとホットサンドのみのシンプルな商品です。商品電力は900Wと高めなので、しっかり焼き上げたい方にはぴったり。注意点としては、長時間の使いすぎに気をつけたいところ。1時間以上連続して稼働し続けるとヒューズが飛んでしまうので、大量のワッフルを作りたい方には向かないかもしれません。

ちなみにワッフルプレートは深型で、凹凸がよりくっきりしたワッフルを作ることができます。窪みにチョコやクリーム、フルーツなどを入れて楽しみたい方にはおすすめです。

 

第2位 デロンギ  マルチグリル エブリデイ ホットサンド ワッフルメーカー

出典: Amazon.co.jp

デロンギ マルチグリル エブリデイ ホットサンド ワッフルメーカー
ブランド
カテゴリ
サイズ 295×250×105mm 消費電力 800W
付属プレート ホットサンド・グリル 付属機能 スイッチ付き

普段の焼き料理をグリルでヘルシーに

2位はデロンギのワッフルメーカー。ホットサンドプレートのほか、グリルプレートが付属しています。グリルプレートは油を落とせる構造で、本体には油受けトレーも付属。グリルで脂っこいメニューを作っても、ヘルシーに仕上げることができます。カロリーや脂肪が気になる方はぜひ。

一方電力は800Wと、ここまでご紹介してきた中では平均的。電源はスイッチでオンオフができるため、万が一に備えたい方にもおすすめです。

 

第1位 ビタントニオ ワッフル&ホットサンドベーカー VWH-500

出典: Amazon.co.jp

ビタントニオ ワッフル&ホットサンドベーカー VWH-500
ブランド
カテゴリ
サイズ 251×246×98mm 消費電力 900W
付属プレート マルチサンド 付属機能 タイマー機能

10分のオフタイマーでうっかりさんにも安心

1位は再びVitantonioから、VWH-500型のワッフルメーカーを選びました。3位やほかのワッフルメーカーとの最大の違いは、10分のオフタイマーが利用できること。900Wの高火力で、うっかり必要以上に焼き続けてしまうリスクを防ぐことができます。

タイマーがついても3位と同じぐらいの値段、見た目。しいて言えばワッフルが、3位の方が深型になっているぐらいでしょうか。プレートの種類も、ワッフルのほかはホットサンドなどに使えるマルチサンドプレートの2種類ですから、ワッフルの形状にこだわりがなければこちらの方が便利です。

 

【直火式】ワッフルメーカーおすすめランキングTOP5

ワッフルメーカー

次に直火式のワッフルメーカーおすすめランキングをご紹介します!

 

第5位 和平フレイズ みんなでチアーズ

サイズ 約354×142×32mm IH対応
プレートの素材 アルミニウム合金(フッ素樹脂加工) 持ち手の樹脂加工

クローバー型の可愛いワッフルを楽しもう

直火式5位は、変わった形のワッフルメーカーをチョイス。1つのワッフルメーカーで4枚焼けるのですが、1つ1つがハートのような形で、4つ合わせたワッフルメーカーはクローバーのような形になっています。四角いワッフルでは味気ないと感じている方におすすめです。

ただガスコンロ専用であるため、IHヒーターを使っている方は利用することができません。一方持ち手は焼く部分の素材をそのまま延長させたものではなく、別に作られているので扱いやすいです。

 

第4位 イタリア商事 ワッフルトースター

サイズ 125×357×28mm IH対応
プレートの素材 アルミダイキャスト・フェノール樹脂・フッ素樹脂 持ち手の樹脂加工

深さのあるワッフルが作れるメーカー

4位もIH非対応です。ただ四角く大きな形状で仕切りがないため、全体に生地を流してよくある四角いワッフルを焼くもよし、生地の流し方を工夫すれば、丸などほかの形にワッフルを焼くことも可能です。ただ1度にたくさんの数は作れないので、量重視の方は注意しましょう。

またプレート部分は厚みがあり、じっくり火を通してもワッフルが焦げることなくきれいな焼き色にしやすいのも魅力。直火式でワッフル初心者の方にもおすすめです。

 

第3位 EPPICOTISPAI ワッフルメーカー

サイズ 410×122×6 IH対応
プレートの素材 アルミニウム 持ち手の樹脂加工

屋外での利用にもおすすめ

3位からはIHでも使えるワッフルメーカーをご紹介します。EPPICOTISPAIのワッフルメーカーはアルミ製。食洗器非対応のため手洗いが必要ですが、比較的軽めでアウトドアにも持ち歩きやすいです。

ちなみに、持ち手は加工無しとしましたが、そもそも素材が木であり、プレートの素材そのままではありません。プレートは熱が伝わりやすいですが、持ち手部分は長さもあり、熱が伝わりにくく持ちやすいのも魅力ですね。

 

第2位 杉山金属 スナック ワッフルメーカー

サイズ 338×138×33mm IH対応
プレートの素材 アルミニウム合金(フッ素樹脂加工) 持ち手の樹脂加工

中央も端も均一な焼き色に

2位は杉山金属のワッフルメーカー。アルミ合金で3位よりもさらに軽く、扱いやすいのが魅力です。ただIHは100Vタイプのみ対応しているワッフルメーカーなので、200Vなどほかのタイプのクッキングヒーターの場合は注意してください。

プレート部分はアルプレッサ構造と呼ばれるタイプで、熱の伝導性と共に均一さも特徴。コンロの火に近い中央だけ焼きすぎたり、端が生焼けだったりと言ったミスが少ないです。失敗が不安なワッフル初心者の方に向いています。

 

第1位 タイガークラウン ベルジャン ワッフルメーカー 1590

出典: Amazon.co.jp

タイガークラウン ベルジャン ワッフルメーカー 1590
ブランド
カテゴリ
サイズ 225x125x30mm IH対応
プレートの素材 アルミダイキャスト(フッ素樹脂加工) 持ち手の樹脂加工

1度に2枚焼ける大型タイプ

直火式1位は、2枚一緒に焼けるタイガークラウンのベルジャンワッフルメーカーです。プレートは焦げ付きを防ぐマーブルコーティングが施されており、仕上がりの良さや調理後のお手入れをスムーズにしてくれるのが魅力。アルミを含む素材によって、表面はムラもできにくく、2枚のワッフルに差ができにくいのも嬉しいですね。

直火式は油を使っていることもあるでしょうが、焼き上がりにこびりつくことなくワッフルを取りだせます。自分用はもちろん、家族用や、友人など客人向けで見た目も重視したいスイーツとしてもおすすめです。

 

to buyインフルエンサーおすすめのワッフルメーカーをご紹介!

ビタントニオ バラエティサンドベーカー VWH-4100-W

だいぶ年季の入ってきた、愛用のサンドベーカー。
ベルギーワッフルと焼きドーナツが多めな我が家ですが、プレートを替えて鯛焼きやホットサンドも。

#料理が捗るキッチングッズ #ほっこりおうちカフェグッズ #作って楽しいエンタメ調理家電

 

ワッフルメーカーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ワッフルメーカーの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

ワッフルメーカーで楽しいティータイムを

mari

ワッフルメーカーと一口に言っても、加熱の手段や火力、プレートの種類や形状など、商品ごとに様々な特徴を持っています。せっかく自宅でのティータイムですから、自分にぴったりのワッフルメーカーを見つけて、好みの焼き方にしたり、別の料理も作ってみるなど、色々試してみませんか?ワッフルメーカーでより楽しい時間を過ごしましょう。

記事内で紹介されている商品

Kealive ホットサンドメーカー

サイトを見る

アイリスオーヤマ マルチサンドメーカー

サイトを見る

ビタントニオ ワッフル&ホットサンドベー…

サイトを見る

デロンギ マルチグリル エブリデイ ホッ…

サイトを見る

ビタントニオ ワッフル&ホットサンドベー…

サイトを見る

和平フレイズ みんなでチアーズ

サイトを見る

イタリア商事 ワッフルトースター

サイトを見る

EPPICOTISPAI ワッフルメーカー

サイトを見る

杉山金属 スナック ワッフルメーカー

サイトを見る

タイガークラウン ベルジャン ワッフルメ…

サイトを見る

Vitantonio (ビタントニオ) バラエティサ…

サイトを見る

関連記事