買いたいものを検索してください

製菓専門学校卒業生が教える、お菓子作りの必須アイテム!ケーキ型おすすめ8選

製菓の専門学校を卒業して早10年…(ちょっとサバ読み)。いまでは二児の「お菓子づくりが好きなお母さん」です。

現在ではそんなに頻繁にお菓子を作っているわけではありませんが、誕生日やクリスマス、誰かの家に遊びに行くときの手みやげなどには簡単なケーキを作ることがあります。

子どもが大きくなるにつれて、リクエストも出るようになってきました。「誕生日はいちごのケーキがいい!」「パウンドケーキが食べたい!」など。

意外とリクエストは嬉しいもので、色々なケーキを作り出すうちに気づいたらケーキの型も増えていきました。型が増えるとケーキのバリエーションもかなり増えるんですよね。

そこで今回は「おすすめのケーキ型」についてご紹介していきます。ケーキ型といっても、色々なケーキがあるのでかなり幅広いですけどね!

 

バリエーション豊かなケーキ型

「ケーキ型」といっても色々な形のものがあります。たとえば型の形からできるケーキを挙げるとします。

 

丸形

スポンジケーキ、チーズケーキ(レア・ベイクド)

 

 パウンド型

パウンドケーキ、パン(ロールパン、食パン)

 

スクエア型

スティックケーキ、スコップケーキ、ブラウニー、ちぎりパン

 

タルト型

タルト、キッシュ、パイ

 

シフォンケーキ型

シフォンケーキ、パン

 

ロールケーキ型

ロールケーキ、伊達巻き、クッキー

 

ざっと挙げただけでもこんなに!

「ひとつの型で1種類のお菓子」というわけではありません。

型が増えると一気にケーキ作りのレパートリーが増えるのです。これ、お菓子作り好きにはたまらないですよね。

 

ケーキ型を選ぶときはココをチェック!

ケーキ型は本当に色々な種類があるので、何を選べばいいかわからない、という人も多いはず。チェックしておきたいのは以下のポイントです。

 

素材

シリコンゴム

やわらかく軽く、扱いやすい素材。型にくっつきにくいので外しやすく、熱に強い。一方で熱伝導率が金属に比べるとよくないので、焼きムラや焦げができやすい。小さめのお菓子向け。

 

アルミ

熱伝導率がよく、焼きムラや焦げができにくい。価格もお手頃なものが多い。やわらかく変形しやすいので、扱いに注意が必要。傷もつきやすい。

 

耐熱ガラス

焼き菓子だけではなく、冷菓にも使える。そのままテーブルに出してもおしゃれに見える。一方で熱伝導率が低いので、焼きムラやふくらみが金属に比べて劣る。

 

ブリキ

焼き色がきれいに出て、プロが使用することが多い。価格はお手頃なものが多いが、手入れが面倒。

 

フッ素加工樹脂

テフロン加工やシルバーストーン加工とも呼ばれる。お手入れが簡単で型からも外しやすい。取り扱いかたによっては傷がつきやすいので、注意が必要。

 

ステンレス

固くサビにくいので、お手入れが簡単。合金は熱伝導率が悪いので焼きムラや焦げに注意。

 

 底タイプ

底が取れるタイプ

スポンジケーキなどを焼いた後にまわりだけ先に型を外すことができる。型を外すときの失敗が少ないのが特徴。

 

共底タイプ

まわりの底が一体化しているタイプ。底が取れるタイプと比べると価格はお手頃。湯せん焼きをする場合はこちらがおすすめ。

 

よく使うのはどの大きさ?おすすめケーキ型のサイズ

きっと一般家庭の場合、一番よく使うケーキ型はやはりホールケーキに使う丸型のタイプでしょう。
これって「4号」「6号」などサイズがあるのですが、見分け方ってご存知ですか?
数え方としては、「1号=1寸」という決まりがあります。1寸は3cm。つまり「号数×3」で求めるcmがわかります。たとえば
4号=直径12cm
6号=直径18cm
8号=直径24cm
という具合です。

 

「○人家族の場合、何号のものを買えばいいの?」という疑問もあるでしょう。
目安としては
3号=1〜2人
4号=2〜4人
5号=4〜6人
6号=6〜8人
7号=8〜10人
8号=10〜12人
です。
もちろん目安ですので、スポンジの厚さやトッピングの内容によってはもっと人数が増えてくることもあります。
わける人数は「1号大きくなるごとに、2人分の量が増える」と覚えておくといいかもしれません。

自分の家族が何人か、来客の頻度はどれくらいか、などを考え、一番よく使うサイズのものを購入するようにしましょう。
ちなみにわが家は4人家族なのですが、4号と6号を使用しています。

 

ケーキ型を使ったおすすめケーキレシピ

ケーキ作り初心者のかたのために、基本のショートケーキのレシピをご紹介します。これは私が製菓の専門学生時代からずっと使っているレシピなのでおすすめです。

材料(15cm1台分)

【スポンジ】卵…2つ、上白糖…80g、薄力粉(ふるっておく)…75g、無塩バター…14g、牛乳…14g、バニラエッセンス…少々

【シロップ】水…50g、グラニュー糖…25g→合わせて火にかけ、グラニュー糖を溶かしておく。

【クリーム】生クリーム(46%)…300g、グラニュー糖…30g→デコレーション前に立てておく。

【デコレーション】いちご12粒

 

作りかた

①  無塩バターと牛乳は合わせて湯煎にかけておく。

②  卵をボウルに割りほぐし、上白糖を入れて溶けるまで混ぜる。

③  45℃くらいの湯煎で38℃くらいまで温度を上げる。

④  温度が上がったら湯煎から外し、一気に泡立てる。

⑤  30℃くらいまで冷めるまで混ぜる。

⑥  バニラエッセンスを加え軽く混ぜる。

⑦  薄力粉を加えざっくりと混ぜる。混ぜすぎに注意。

⑧  バター、牛乳を加え全体に軽く混ぜる。ここでも混ぜすぎに注意。

⑨  型に流し、オーブン140〜150℃で40分焼く。プリンカップに水を入れて一緒に入れておくと蒸気が出るのでおすすめ。

⑩  焼けたら型ごと一度20cmくらいの高さから落とす。型から外して冷めるまで待つ。

⑪  冷めたらスポンジを横半分にカット。カットした面とデコレーションする上面にシロップをうつ。

⑫  生クリームといちごで好みのデコレーションをする。

 

基本の工程は上記の通りです。薄力粉、バター牛乳を入れた後は混ぜすぎると膨らまなくなってしまうので注意しましょう。

 

定番ケーキ型メーカーおすすめ3選

ここからはケーキ型(主にホールケーキの丸型)の中から、有名メーカー別のおすすめ商品をご紹介します。

 

貝印

貝印 フッ素加工 ホールケーキ型 15cm

多くのケーキ型を生産している貝印。「Kai House」という料理やお菓子作りを楽しむという専門ブランドもあり、かなり専門的にケーキ型にも力を入れています。
ホールケーキ型もかなり豊富で、底取れタイプと一体型とどちらも多く取り揃えられています。
この商品は15cmの底取れタイプ。フッ素樹脂加工がされており、型離れがしやすくお手入れも簡単です。ケーキ作り初心者の人にもおすすめですよ。

 

パール金属

出典: Amazon.co.jp

パール金属 EEスイーツ ステンレス製 デコレーション ケーキ焼型

パール金属 EEスイーツ ステンレス製 デコレーション ケーキ焼型

独創的な製品作りに力を入れているパール金属。製菓材料では「EEスイーツ」というブランド名もつけられており、多くの製品が扱われています。
こちらの商品はステンレス製のホールケーキ型。底取れタイプで取り出しやすく、ステンレス素材なので耐久性にも優れています。錆びにくく長く使用できるのにこの価格はかなりコスパよし! 主婦としてもうれしいポイント満載です。

 

タイガークラウン

出典: Amazon.co.jp

タイガークラウン バネ式 デコ型
ブランド
カテゴリ

タイガークラウン バネ式 デコ型

とにかく素材と品質にこだわっているタイガークラウン。製菓器具専門ブランドの「CAKE LAND」を立ち上げています。型の種類はもちろん、素材にもかなりこだわっているので種類も豊富。
こちらの商品は最近では少し珍しいバネ式。バネ式の留め具を緩めるとリングが外に広がるので、よりスポンジなどを取り出しやすくなっています。「型から外すのが苦手」という人には特におすすめの商品です。

 

ケーキ型おすすめ8選!

ここからはデザインや素材などを熟慮し、おすすめのケーキ型を8こご紹介します!

 

 パール金属 ケーキ焼き型 底取れ式

出典: Amazon.co.jp

パール金属 ケーキ焼き型 底取れ式

パール金属、底取れタイプの丸型ケーキ型です。テフロン加工でお手入れ簡単なのが主婦には嬉しいポイント。

6号サイズ、6〜8人用なので一番使いやすい大きさかと思います。底が取れるタイプなので、焼き菓子だけではなくムース作りにも応用可能。

底が取れるタイプは隅々まで洗えるので衛生面も安心。使い勝手のよさとこの価格を考えればかなりおすすめの商品です。

 

  iwaki スポンジ型

耐熱ガラス製のケーキ型。冷蔵庫にそのまま入れることも、オーブンで焼くこともできて万能のケーキ型です。

透明で美しい見た目はそのままテーブルに出してもオシャレ。ケーキだけではなく、料理にも使うことができます。側面までよく見えるのでアイデア次第で色々な料理に応用できそうです。

オーブンから出した熱いまま急冷などしてしまうと、ガラスが割れてしまうので注意が必要。ガラスは扱いに気をつければお手入れは簡単なので、アレンジを増やしたいという人には特におすすめです。

 

貝印 フッ素加工タルト型 底取れ式

タルトやパイ、キッシュ作りに使うタルト型。フッ素樹脂加工で型にくっつきにくく、お手入れも簡単です。

スポンジケーキ同様、タルト型も底が取れるタイプのほうが、失敗が少ないと感じます。特にタルト型は洗うときが大変なので底が取れるほうが楽。

油やバターを型に塗らなくてもくっつかないので、スムーズに焼くことができます。素材を選ぶだけで成功率がグンと上がるなんて魅力的ですよね。

 

貝印 テフロン スリムパウンドケーキ型

出典: Amazon.co.jp

貝印 テフロン スリムパウンドケーキ型
ブランド
カテゴリ

テフロン加工のパウンドケーキ型。クッキングシートを敷かなくてもスルッと取れるので面倒なひと手間から解放されます。

パウンドケーキはもちろん、最近ではパウンド型を使ってパンを焼く人も増えています。ロールパン、食パン、ケークサレなど、この型ひとつでアレンジの幅がかなり広がります。

パウンドケーキは「混ぜて焼くだけ」というレシピが多く失敗しにくいので、お菓子作り初心者の人にもおすすめです。

 

下村企販 ロールケーキ型

ロールケーキを作るときはオーブンの天板を使う場合が多いですが、ロールケーキ作りに適していない天板の場合はこちらをおすすめします。

フッ素樹脂加工された型はロールケーキだけでなく、伊達巻きやクッキー用トレー、オーブン用の料理にも使えます。

深めのつくりになっているので、汁物料理にも使えそうです。ピザ作りにも応用可能とのことなので、お料理にも使いたいという人にはおすすめです。レシピもついてくるそうなのでそれも楽しみ。

 

貝印 Kai House Select スイーツが楽しくなるデザイン自在のスクエア型

出典: Amazon.co.jp

貝印 Kai House Select スイーツが楽しくなるデザイン自在のスクエア型
ブランド
カテゴリ

スコップケーキ、スクエア型ケーキ、スティックケーキなど幅広い種類のケーキが作れるスクエア型。オリジナルのケーキも色々作れそうです。

フッ素樹脂加工で型から離れやすく、失敗もしにくいのがポイント。使い終わった後のお手入れも簡単です。

最近ではちぎりパンもこのスクエア型で作れると人気です。底は抜けないので、レアチーズやムースを作るときはクッキングシートを使うようにしましょう。

そのままスクエアで使ってもよし、カットして小分けにラッピングすればバレンタインなどのときも大人数分作れます。お菓子作り上級者の人にはより楽しめる商品かもしれません。

 

タイガークラウン シフォンケーキ型

ふんわりと軽いケーキが作れるシフォンケーキ型。シフォンケーキはふんわりが特徴なので、熱伝導率のいい金属製がおすすめです。

かなりしっかりした型でこの価格はとてもコスパ良しかと思います。最近ではシフォンケーキ型を使ってパンを焼く人も増えています。シフォンケーキ型で作るちぎりパンは、まるでお花の形のよう。

シフォンケーキが好きな人、パン作りの幅を広げたい人に特におすすめです。

 

パール金属 エンゼルケーキ焼き型

持っている人は多くはないかもしれませんが、意外とかわいくて使えるのがこのエンゼルケーキの型。もはや名前すらかわいすぎると思うのは私だけ?

テフロン加工ではがしやすく、お手入れも簡単。焼き菓子だけではなく、ムースやゼリー作りに使ってもとてもかわいいです。

混ぜて焼くだけの簡単レシピや、ミートローフなどの料理もエンゼル型を使うだけでかなり見た目がはなやかになります。パーティーなどのおもてなしのときには特におすすめ。

焼き菓子、冷菓、パンと本当にアレンジがきくのでかなり使えますよ。18cmというサイズも色々展開しやすい大きさなのでこれが丁度いいかと思います。

 

ケーキ型を代用することはできる?

ケーキ
出典: liee

もしも急に「ケーキを作りたい!」と思ったとき、型がなくても、じつは色々なアイテムを使って代用できるのです。

いくつか代用できるアイテムをあげてみますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

バット、天板を使う

料理によく使うバットやオーブンの天板は、簡単にケーキの型として代用できます。

素材はステンレス、ホーロー、アルミなど。耐熱のものを使うようにしましょう。

上にクッキングシートを敷いて使えば、ロールケーキやスクエアケーキのスポンジなどを焼くのにピッタリです。

シンプルな形なので、お菓子作り初心者の人にもおすすめですよ。

バットだったら冷やして固めるムースにも使えますし、ひとつあるとかなり便利ですね。

 

缶を使う

よくおみやげなどでいただく焼き菓子の缶。食べ終わった後、使い道に困ったことありませんか?

ツナ缶や鯖缶などの小さな缶詰でも、ステンレス製であればクッキングシートを敷いてケーキの型として使うことができます。

パンの型として使うこともできますよ。

プチケーキがいくつもできたらかわいいので、あえていくつか缶をとっておくのもいいかもしれませんね。

素敵なリサイクル方法です!

 

紙コップ・牛乳パックを使う

紙コップや牛乳パックでもケーキを作ることができます。

紙コップや牛乳パックが燃えないか心配になる人もいるかと思いますが、紙が発火する温度にはオーブン内では基本的には到達しません。

(バターや油などの油分を加えて長時間加熱すると、まれに危険が伴う可能性があるので注意してください。)

紙コップを使えばパーティーにもおすすめなカップケーキができますし、牛乳パックを使えば好きな形、高さで型を作ることができます。

四角のまま使わなくても、切り開いてホチキスなどで止めれば丸やハートなど、好きな形の型を作ることができます。

牛乳パックのコーティングが熱で溶けてケーキについてしまった場合は、その部分をカットしてくださいね。

 

クッキングシートを使う

クッキングシートは「型に敷くもの」と思っている人もいるかもしれませんが、クッキングシートだけでも型になることができます。

はさみで切って、少し厚くなるまで折るだけ! ふんわりとした生地を作りたいときにピッタリです。

好きな形、大きさで作れるので、自分だけのケーキを作りたいと思っている人には特におすすめです。

 

ケーキ型の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ケーキ型の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング

 

ケーキ型を賢く使ってまるでプロのような完成度を目指そう

ケーキ型はケーキの種類だけではなく、素材や大きさなどでかなり多くの種類があるのがお分かりいただけたでしょうか?

型がひとつ増えるだけで、お菓子や料理のバリエーションは一気に増やすことができます。

 

自分の趣味のためにも、家族の喜ぶ顔のためにも、お気に入りのケーキ型に出会えるといいですね!

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

貝印 フッ素加工 ホールケーキ型 15cm

サイトを見る

パール金属 EEスイーツ ステンレス製 デコ…

サイトを見る

タイガークラウン バネ式 デコ型

サイトを見る

パール金属 ケーキ焼き型 底取れ式

サイトを見る

貝印 フッ素加工タルト型 底取れ式

サイトを見る

貝印 テフロン スリムパウンドケーキ型

サイトを見る

下村企販 ロールケーキ型

サイトを見る

貝印 Kai House Select スイーツが楽しく…

サイトを見る

タイガークラウン シフォンケーキ型

サイトを見る

パール金属 エンゼルケーキ焼き型

サイトを見る

関連記事