主婦が選んだ「5本の指に入る」キッチンツール!米とぎボウルおすすめランキングTOP5

毎日の洗米にプチストレスを感じていらっしゃいませんか?

私は、洗米して水を切るときにお米が流れてしまわないように、毎回神経を使うのがプチストレスに感じつつも購入するまでは「なくても何とかなってるしなぁ」としばらく悩んでいたのですが、実際に使ってみると「なんでもっと早く買わなかったんんだろ!」と後悔したくらい、今ではなくてはならないお気に入りのキッチンツールのひとつとなりました。

もし同じように洗米にプチストレスを頻繁に感じているのなら、ぜひ取り入れてほしいのが今回紹介する「米とぎボウル」。

ちなみに私にとって購入の最終的な決め手になったのは、「お米を研ぐ」という用途以外にも、麺類の水切りなどなど多用途に使えるという点でした。今回はそんな活用方法も合わせて紹介していきたいと思いますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

 

米とぎボウルの何が便利なの?

米とぎボウル-1

 

楽に素早く水切りができる

お米の研ぎ始めの白く濁った水は、素早く切るのが基本ですが、米がこぼれないように…としているとなかなか手際よく切れないですよね。米とぎボウルを使うと、素早く水を切ることができるので、米とぎが「簡単&効率的」に出来るようになりますよ。

 

炊飯釜を傷めない

炊飯釜の中で、米をとぐという人は意外と多いと思いますが、内部のコーティングを傷めてしまう恐れがあるので、メーカーでは推奨されていません。美味しくご飯を炊き続けるためにも、米とぎボウルがあると便利。

 

ザルがいらない

炊飯釜の中で研がない方の多くは、ボウルとザルの2アイテムを使っていると思います。その2アイテムが、米とぎボウルを使えば1アイテムになるので、洗い物が減ります。

 

ボウルとしても、ザルとしても使える

ボウルに水を切るという機能がプラスされたツールなので、米を研ぐ以外にも、使いかた次第で様々な用途に使えますよ◎

 

米とぎボウルって実際の使い勝手はどうなの?

米とぎボウル-2

 

「米とぎボウルって、実際どう?」と聞かれることがありますが、自信を持って「便利だよ!」と答えています。

ボウルや炊飯釜の中で研いで、そのまま傾けて水を切る人にとっては、お米がこぼれてしまわないように神経を使わなくてよいので、断然水切りが楽になり、手早くお米が研げるようになります。

ボウルで研いで、別に用意したザルで水を切るという人にとっては、「ボウル+ザル」の2アイテムから、「米とぎボウル」の1アイテムに減らせ洗い物が減ります。洗い物が減るということは拭く手間、出し入れする手間も、すべて1/2になるということ。

どちらの洗い方をしている人にとっても、家事の時短になり、毎日のことと考えると主婦にとっては、とても大きなメリットに感じられると思います。

また後述でも触れますが、米とぎボウルは米を研ぐ用途だけでなく、乾物を戻して水を切るなど、ボウルとザルを使うようなときにも1アイテムで済ませられるのも大きな魅力のひとつ。

個人的には主婦になって購入したキッチンアイテムの中で「5本の指に入る」買って良かったキッチンツールです。

 

私の愛用している「米とぎボウル」はこれ!

私が愛用している米とぎボウルは、米とぎボウルの中でも特に人気の高い「藤井器物製作所 3WAY水切りボール」です。

 

米とぎボウル-3

 

たくさんの似たような米とぎボウルからこの商品を選んだポイントは…

信頼できる日本製

新潟県燕市で作られている日本製です。

 

18-8ステンレス製

ステンレスの中でも18-8のステンレスは錆びにくく品質が良いので、長く使うキッチンツールは18-8以上のステンレスと決めています。

 

いちどに5合研げる大きさ

我が家の1回の炊飯がいつも5合なので、小さなサイズの商品は除外しました。

 

口コミの件数が多い

amazonでの口コミの件数が非常に多く、参考になりました。

 

実際に使ってみて感じたメリットとデメリットは…

≪メリット≫

・水きり用の穴がパンチングメタル(パンチング加工)

→ 穴にお米が引っ掛かりにくい。

 

・外側がツヤ有で内側はツヤなし加工

→ 外側から見ると鏡面で美しく、内側はキズが目立ちにくい。

 

・軽い

→ 想像以上に軽かったので、水が入った状態でも扱いが楽。

 

・ボウルとしてもザルとしても使える

→パンチングの水切り穴は片側だけなので、傾ける方向を変えることで、ボウルとしての機能とザルとしての機能を使い分けることができる。例えば、ボウル側で乾物を戻したあと、そのままザル側で水を切れば、洗い物がひとつで済みます。

 

≪デメリット≫

・意外と大きい

→ 炊飯器の内釜と同じくらいの大きさで、形状も似ているので、手持ちの他のボウル類との重なりが悪く収納場所を取る。

 

・勢いよく傾けると、お米がこぼれる

→ 気を付ければ問題ないのですが、急いでいるときなど、つい勢いよく傾けて水を切ってしまうとお米がボウルから出てしまうことがあります。

 

こんな人におすすめしたい!

こちらの商品の魅力は何と言っても、「丈夫さ」と「多用途」に活用できること。

米とぎ以外にも、「野菜を洗って、水にさらして、水を切る」「茹でた野菜の湯切りをして、絞ったあと調味料を入れて和える」「根野菜のアク抜きをして、水を切る」「乾物を水でもどして、水を切る」などなど、ボウルとザルの両方の機能を1つで賄えるのです。

また「ステンレス製」は「プラスチック製」よりも、耐熱性に優れているので、「茹でた麺の湯切り」にも使えたりたりと非常に活用の幅は広いのがポイント。

というわけで、「一生モノ」の「多用途に使える米とぎボウル」を探しているひとにおすすめです。

サイズ:φ235x深さ125mm
本体重量:334g
素材・材質:18-8ステンレス
板厚:0.5mm
容量:約3300cc
原産国:日本/燕市

 

米とぎボウルを選ぶ「ポイント」は5つ!

 

いちどに何合研ぐ?大は小を兼ねる?

米とぎボウルの容量の種類は、大きく分けて「3合まで」と「5合まで」の2種類。

大は小を兼ねるという言葉もあるように、収納スペースが許すならば、大き目なサイズを選択するのがベスト。

ただし、収納場所が限られている場合は、サイズを確認してから購入しないと置き場所に困ることになるので気を付けましょう。

 

素材は「ステンレス製」「プラスチック製」どっちがいいの?

個人的には耐熱製、耐久性に優れている「ステンレス製」がおすすめですが、「プラスチック製」は「ステンレス製」と比べると、価格が押さえられている商品が多く、また「ステンレス製」よりも軽量で、アイデアが光る商品があるのが魅力です。

自分が使いたい用途に合わせて選ぶようにしましょう。

 

耐熱温度は大丈夫?

「プラスチック製」を購入する場合は、プラスチックの種類によって、耐熱温度が異なるので「耐熱温度」もチェックするようにしましょう。

耐熱温度が低い商品の場合は、湯切り等に使うのは避ける必要があります。

 

水切り、米とぎのしやすい形状か?

米とぎを研ぐために購入したボウルなのに、米が研ぎにくかったり、水切りがしにくいようではなんにもなりませんね。

手で研ぐタイプのボウルは、自分の手を入れたときに窮屈でないかを確認することがいちばんのポイントに。

米とぎ棒も使う場合や、水の勢いを利用して研ぐなど、自分の手で直接研がないタイプのボウルは、水切りの穴の大きさ(大きすぎるとお米が引っかかります)を注意するようにしましょう。

 

米とぎボウル自体のメンテナンスのしやすさも重要

手を濡らさずに研げて便利そうだなと思っても、実はその分洗うパーツが多かったり、形状が複雑になっていることがあります。

何を優先するかにもよりますが、個人的にはシンプルな形状や仕様になっている商品の方が、壊れたりするリスクも低いという点で、おすすめ。

 

愛用者が選ぶ!米とぎボウルおすすめランキングTOP5

第5位 Homeland 水切りボール 米洗いボール 水きりボウル 洗う

出典: Amazon.co.jp

Homeland 水切りボール 米洗いボール 水きりボウル 洗う

とりあえず安価なものでお試ししたい人におすすめ!

実際に便利か使ってみないと分からないから、とりえぜう安価に試してみたいという人におすすめなのがこちらの商品。なんとお値段ワンコイン以下!

amazonの商品情報ではサイズや耐熱温度などの詳しいスペックが確認できなかったので、5位とさせていただきましたが、口コミによると、3合くらいが研げるコンパクトサイズのようです。

100円ショップの米とぎボウルは透明だったりしますが、こちらの商品は不透明でストーンのような模様が入っているので、キズが目立ちにくそうですね。

 

第4位 水流式米とぎ器 米こさん

水に触れずにお米を研ぎたい人におすすめ!

冬になると、冷たい水でお米を研ぐのが億劫になりませんか?また、手荒れや怪我をしているときなどにも、水に触れずにお米が研げるのはありがたいですね。

水を勢いよく注入口から注ぐことで、お米がカップの中で回り、お米が研げる仕組みになっているのだとか。

いちどに研げるのが3合までと少な目ですが、お米を洗うだけでなく、お米の計量や、水の計量のためのメモリがついてるのも便利そう。

また、150×125×140mm(幅×奥行き×高さ)とコンパクトなサイズなので、収納スペースを取らないのも◎

一方で、コンパクトがゆえに、お米を研ぐ以外には使い道が少なそうな点と、水圧が低いとうまくお米が対流しないという口コミが多かったことから、4位とさせていただきました。

 

第3位 KINGZUO 水切りボール 米とぎ 米洗いボール 水きりボウル ライスボール プラスチック

出典: Amazon.co.jp

KINGZUO 水切りボール 米とぎ 米洗いボール 水きりボウル ライスボール プラスチック

水切りのしやすさを重視する人におすすめ!

今までにない新しい形状をした、特に水切りのしやすい米とぎボウルです。

側面だけに水切り用の穴が開いている商品が多い中、こちらは上面にも付いているので、勢いよくボウルを傾けてもお米がこぼれる心配がほとんどないのがポイント。

さらにハンドルも付いているで、傾ける際にうっかり手が滑ってしまうというリスクも低くくよく考えられているなと思います。

大きさ的には5合くらいまで余裕で洗米できる大きさなので、野菜を洗ったあとの水切りにも◎

水切りのしやすさで言えば、ナンバーワンだと思いますが、本体がプラスチック製なのと、収納するのに場所を取りそうな点から3位とさせていただきました。

 

第2位 和平フレイズ SUIフリッシュ 米とぎボール SUI-3056

出典: Amazon.co.jp

和平フレイズ SUIフリッシュ 米とぎボール SUI-3056

収納性にこだわる人におすすめ!

料理研究家で有名な有元葉子さんのブランド「la base(ラバーゼ)」の商品も作っている和平フレンズさんだけあって、こちらの米とぎボウルも、シンプルで美しいデザインとなっています。

こちらの商品のいちばんの特徴は、底面が斜めにカットされていない点。普通のボウルと同じような形状なので、他のボウル類と重ねて収納しておけそうなのがいいなと思いました。

素材は「18-8ステンレス」で、大きさは直径25cmで5合いちどに研げるといった点で耐久性と実用性にも優れていると思います。

1位にしようか非常に迷いましたが、底面が斜めにカットされていることの実用的なメリットも実際に使っていると大きく感じられるので2位とさせていただきました。

実用面で1位の商品よりほんの少し劣ったとしても、収納性と耐久性を重視するのであれば、こちらの商品をおすすめします。

 

第1位 藤井器物製作所  3WAY水切りボール 米とぎセット

出典: Amazon.co.jp

藤井器物製作所 3WAY水切りボール 米とぎセット

やっぱりナンバーワンはこれですね!

先に紹介した私が愛用している米とぎボウルに、米とぎ棒である「米トギーナ」がセットになった商品です。

ボウルの魅力については上記にてたっぷり紹介しているので割愛しますが、米とぎ棒を使えば、水が冷たい冬でも、洗米をするのが億劫にならなさそうでいいなと思いました。

また、手に怪我していたり、ネイルを保護したい場合などにも便利ですよね。

米とぎ棒なんて使ったら、しっかり研げないんじゃ?と思っていたのですが、調べてみると手で研ぐよりも実は効率的にしっかり研げるようになっているのだそう。

また米とぎ棒自体の研ぎ部は分解して洗えるようになっており、メンテナンス面もしっかり◎

実際に使っていて、自信を持って使いやすいと言える点から1位とさせていただきました。

 

米とぎボウルは、マルチに家事を効率化する優秀なキッチンアイテム

米とぎボウルは「米とぎ」とあるので、お米を研ぐときにだけ使う便利アイテムなのかな?と思いがちですが、実際はお米を効率的に研げるだけでなく、パスタの湯切りからソースを和えるまでボウルひとつで済ませられるなど、マルチな使い道ができる点でも、とてもに便利に活用できるキッチンアイテムです。

実際に愛用している私も、お米を研ぐのに使うのはもちろんのこと、乾物を戻して水を切るのに使ったり、野菜のあくぬきをしたりと使わない日はないくらい活用しています。

購入前の私と同じように「なくても何とかなるしな~」と迷っている人には、ぜひ便利さを実感してほしいなと思います。

記事内で紹介されている商品

藤井器物製作所 3WAY水切りボール

サイトを見る

Homeland 水切りボール 米洗いボール 水き…

サイトを見る

水流式米とぎ器 米こさん

サイトを見る

KINGZUO 水切りボール 米とぎ 米洗いボ…

サイトを見る

和平フレイズ SUIフリッシュ 米とぎボール…

サイトを見る

藤井器物製作所 3WAY水切りボール 米とぎ…

サイトを見る

関連記事