アイス大好きライターが教えるおすすめアイスクリームメーカー

子供のころから、家でよくアイスクリームを作っていました。最初は、金属製のトレイに材料を入れて冷凍庫で冷やし、何時間かおきにスプーンでかき混ぜるというなんとも原始的な方法だったのですが、そのうち、母がアイスクリームメーカーを買ってくれました。

母が買ってくれたアイスクリームメーカーは、容器を冷凍しておいて、その中に材料を入れてかき混ぜるタイプのものでした。

それを冷凍庫に入れると結構なスペースをとるので、当時はたまにしか出番はなかったのですが、週末などに妹と作ったアイスクリームを家族全員で食べたりして、楽しい思い出です。

まぁ、実験感覚でいろんなものが入ったアイスクリームを食べさせられていた家族はどうだかわかりませんが。

 

アイスクリームメーカーのここが良い!

暑い夏はもちろん、冬、温かい部屋の中で食べるアイスクリームが大好きなので、結局年中食べているのですが、意外とアイスクリームって太るんですよね。

そこで、アイスクリームを自分で作ることを思い立ち、アイスクリームメーカーを買いました。アイスクリームメーカーがあれば、短時間で、自分好みのアイスクリームが簡単に作れます。

牛乳を低脂肪乳や豆乳に代えたり、砂糖を減らしたり、工夫すればカロリーも減らせるし、自分で作るので原材料もすべてわかって安心して食べられます。どうしても冷たいものが食べたいときは、野菜ジュースをアイスクリームメーカーでシャーベットみたいにしてみたり。意外とこのシャーベットが美味しかったりするんです。それに、やっぱり自家製のほうが安上がりです。

また、家族団らんの際に、アイスクリームをみんなで作るのも楽しく、意外にも結構盛り上がります。小さいお子様をお持ちのお母さん方は、お子様に無添加のアイスクリームを食べさせてあげたいと、ご自分で作る方も多いようです。

どうせ食べるなら、安心して美味しいものを食べたいと思うものですよね。

 

アイスクリームメーカーのタイプ

アイスクリームメーカーには、大きくわけて「冷凍容器を利用するタイプ」と「コンプレッサー内臓タイプ」の2種類があります。それぞれの特徴などをご紹介しますね。

冷凍容器を利用するタイプ

冷凍容器を利用するタイプは、構造がシンプルで故障しにくく、価格が安いのが魅力です。

ただし、材料を入れる容器をあらかじめ冷凍庫である程度の時間冷やす必要があるため、冷凍庫のスペースを取りますし、1日に何度も作ることはできません。
このタイプは、材料を入れて作り始めてからは20分~30分ほどでアイスクリームが完成します。

 

コンプレッサー内蔵タイプ

コンプレッサー内蔵タイプは、冷凍容器を利用するタイプよりも価格は高く、アイスクリームメーカー自体も大きめです。
このタイプは、材料を入れたら、本体容器内で冷やしながらかき混ぜることでアイスクリームが出来上がります。

一番のメリットは、事前に容器を冷やす必要がないため、冷凍庫に容器を入るスペースは不要です。予備冷凍の必要がないため、1日に何度も作れます。材料を入れてから30分~60分程度で出来上がります。

ただ、このタイプは海外製の並行輸入品も多いため、国内での保証がなかったり、説明書が英語だったりする点は注意が必要です。

 

おすすめアイスクリームメーカー

ハイアール アイスクリームメーカー アイスデリ プラス

一番のポイントは「予備冷却」の必要がないということです。つまり、事前に冷却ポットを冷凍庫で冷やしておく必要がないため、冷凍庫のスペースも必要なければ、好きなときにアイスクリームを作れます。

また、「かため」「やわらか」「シャーベット」「フローズン」「ジュレ」「冷スープ」と6段階切り替え機能がついているため、料理の幅が広がります。冷凍容器を利用するタイプに比べると価格は上がりますが、このタイプにしてはお値段が抑え目だと思います。

アイスだけではなく、冷製スープなども作ることができるので、個人的には一番のおすすめです。容量はそれほど大きくはありませんが、ご家族4人くらいであれば十分ではないでしょうか。

ただし、本体と容器を取り外せないので、お手入れがすこししにくいと思います。

 

貝印 アイスクリームメーカー DL0272

貝印のアイスクリームメーカーです。言わずと知れた国内のキッチン関連用品ではトップクラスのメーカーで、刃物においては海外でも高く評価されています。

そんな貝印のアイスクリームメーカーは、冷凍容器を利用するタイプで、お値段もお手頃です。国内メーカーなので、故障したときなどのサポートも安心して受けられます。

ただ、やはりこの冷凍ポットを冷凍庫に入れるスペースはそれなりに必要になります。容量は、一般のご家庭なら十分だと思います。

BRUNO デュアルアイスクリームメーカー

2つのカップで同時に作れるので、一度に2種類のフレーバーが楽しめるのが魅力です。見た目もかわいく、カラーはアイボリーの他、グリーンがあります。

容器を冷凍するタイプなので、カップ2個を冷凍するスペースが必要になります。ただし、作れる量はそれほど多くないため、兄弟で1カップずつ作って食べたり、少量を楽しみたい方におすすめです。

貝印 アイスクリームメーカー ホワイト DL-5929

コロンとした丸い形がかわいらしいアイスクリームメーカーです。こちらも貝印のアイスクリームメーカーですが、容量が300mlと少な目なので、少量ずつ作りたい方におすすめです。

価格的にもお手頃なので、とりあえず「アイスクリームメーカー」というものを使ってみたい方や、ちょっとしたプレゼントにもいいと思います。

Cuisinart クイジナートアイスクリームメーカー

キッチン家電では日本でも有名なクイジナート製のアイスクリームメーカーです。見た目がおしゃれなので、キッチンに置いてあってもちょっと自慢できる商品です。

こちらは冷凍容器を利用するタイプで、直径19.5cm高さ16cmの冷凍容器を立てて冷凍庫に入れる必要があるため、冷凍庫のスペースはかなりとります。

容量が大きいので、ご家族が多く、たくさん作りたい方にはおすすめです。材料を入れてから30分程度でアイスクリームができます。
価格は他の冷凍容器を利用するタイプのものに比べると高いです。

Cuisinart アイスクリーム・ジェラートメーカー

こちらもクイジナート社のアイスクリームメーカーですが、コンプレッサーが内臓されたタイプになります。コンプレッサーが内臓されているタイプのいいところは、材料さえそろっていれば、思い立ったらすぐ作れるところです。

このアイスクリームメーカーは、コンプレッサー内臓タイプで、容量の多いタイプをお探しの方にはおすすめです。置き場所をとるので、キッチンにそれなりのスペースを確保する必要があります。

ただし、並行輸入品の場合は、日本国内での保証がなく、取扱い説明書も英語なのが少し不安です。日本国内での動作確認済みですが、電源プラグが米国仕様のため、3Pから2Pへの変換プラグが必要にんるようです。

まとめ

容器を利用するタイプと、コンプレッサー内臓のタイプのアイスクリームメーカーをご紹介しましたが、どちらもメリット、デメリットがあります。

アイスクリームをつくるときは、あらかじめ材料もしっかり冷やしておくとよいようです。アイスクリームメーカーが家にあれば、無添加で、お好みのアイスクリームを簡単に作ることができます。

レシピを工夫して、市販の高級アイスにも引けを取らないアイスを作るのも楽しいですし、食後に家族でわいわい楽しくアイスクリームを作るのもいいですね。私も久しぶりにアイスクリームメーカーを引っ張り出して作ってみようと思います。

読者の皆様も、自家製のアイスクリーム作りにチャレンジしてはいかがでしょうか。

記事内で紹介されている商品

ハイアール アイスクリームメーカー アイ…

サイトを見る

貝印 アイスクリームメーカー DL0272

サイトを見る

BRUNO デュアルアイスクリームメーカー ア…

サイトを見る

貝印 アイスクリームメーカー ホワイト DL…

サイトを見る

Cuisinart ICE-60W Cool Creationsアイス…

サイトを見る

Cuisinart アイスクリーム・ジェラートメ…

サイトを見る

関連記事