主婦歴35年が教える使いやすい菜箸おすすめ10選

かづ

かづ

手広くアクティブに活動する主婦歴35年目を超えたライターのかづです。
to buy編集部

to buy編集部

自己紹介ありがとうございます。笑(主婦歴35年目を超えたってすごいベテランだ。私の人生よりも長い・・・。汗)
今回は何について教えてくれるのでしょうか?
かづ

かづ

料理をする際に欠かせない道具の一つ「菜箸」です。普段料理をする人にとっては、毎日使う物だからこそ、自分に合った使い勝手の良い菜箸が欲しいと思うのではないでしょうか。
to buy編集部

to buy編集部

そうですね!毎日使う商品が自分にフィットすることは重要です。
私も最近料理をするようになったのでぜひ参考にさせてください。それではよろしくお願いします!

使い勝手だけでなく、最近は機能的な商品も販売される様になりました。従来の商品だけでなく、色々な素材や機能付き菜箸をご紹介します。

 

菜箸の長さ

to buy編集部

to buy編集部

いきなりなんですが、菜箸ってどれぐらいが一般的なんですか?
かづ

かづ

菜箸の長さは、30cm前後が一般的です。もちろんそれより長い、短い商品はありますが。
to buy編集部

to buy編集部

かづ様は、どれぐらいの長さの菜箸が一番使いやすいと思いますか?
かづ

かづ

個人で違うと思いますが、私は30cmより少し長い商品の方が使いやすいと思いますね。短いとそれだけ、熱い商品に近づきますし、油が跳ねることもありますので、なるべく長い商品を使うようにしていますね。
to buy編集部

to buy編集部

そうなんですね!当たり前ですが、長ければ長い商品ほど危険性を回避できますが、箸が扱いにくそうですよね。逆に、短い箸は危険性は増しますが、扱いやすくはなりますよね?
かづ

かづ

そうです!なので、料理に合わせるだけでなく、使いやすさを考えて長さも自分に合った商品が便利です。!

 

菜箸は使い分けるべき?

to buy編集部

to buy編集部

一般的にですが、よく主婦の方って何本も菜箸を持っていますよね?何のために菜箸を何本ももっているんですか?
かづ

かづ

基本的には、料理用と盛付用などにわけているので、何本も菜箸があるわけですね。
to buy編集部

to buy編集部

なるほど、そういうことで何本も菜箸があるんですね!ということは何のためにこの菜箸を購入するかということを意識して購入した方が良いわけですね!
かづ

かづ

その通りです。

菜箸は、お鍋やフライパンから距離を取る事が出来る30cmの商品から、盛り付け用の短い商品と、用途に合わせた何組かを用意しているととても便利です。

私が毎朝、朝食と夫の弁当を同時進行で料理をする際には、味の移りを気にせずに何組かを使い分ける事もあります。まな板でも「魚用・肉用」と使い分けるのと同じく、菜箸も「揚げ物用・炒め物用・盛り付け用」と用意しておくと便利です。

出来れば同じサイズで同じ柄の菜箸を何組か揃えておくと、1本だけ折れてしまった時や急ぐ時に探す事無く、使い回せるので助かります。

 

菜箸の種類と特徴

to buy編集部

to buy編集部

実際に、菜箸を選んで行きますが、菜箸にもいろいろな種類がありますね。竹から、シリコン、ステンレス、、、
かづ

かづ

そうなんです!以前のように、竹だけが菜箸の素材ではないんです。
to buy編集部

to buy編集部

竹や、ステンレスなどいろいろありますが、なぜこんなに素材が違う商品が出てきたのですか?
かづ

かづ

調理方法として天ぷらや炒め物と、高温になる料理が多いため、木製や竹製で出来た菜箸が多いのです。
かづ

かづ

それに対して、安価で丈夫、洗いやすい、扱いやすさなどを求めてステンレス製や、シリコン製の菜箸ができたというような経緯です。
to buy編集部

to buy編集部

そうなんですね!それではそれぞれの特徴を教えてください!

 

 

竹製

まず、昔からなじみ深い竹製の菜箸。

価格も彫刻が施されたり漆塗りなどの高級品から、100円ショップで販売されるなど、手頃で人気商品が多くあります。竹製は軽く使いやすい他に、他の商品に比べて熱に強いので、揚げ物や鍋に使用すると良いです。

反対に、コーティングが無い菜箸の場合、保管状態に寄ればカビで黒ずみが出たり、焦げて折れやすくなる弱点があります。安い物を複数組み常備して、悪くなったら新しい物に代えて使う事も清潔に使うコツのひとつです。

to buy編集部

to buy編集部

竹製は、熱に強いけど脆いから複数常備しておく必要があるという感じですね!複数買われるとおっしゃっていましたが、竹製の菜箸の相場としてどれぐらいなのですか?
かづ

かづ

竹製の菜箸には、ピンからキリまでありますが、安い商品であれば200円あれば買えるようなイメージです。
to buy編集部

to buy編集部

そんなに安いんですか!それなら壊れる前提で使って予備を補充しておくのが得策ですね!

 

シリコン製

次に、焦げ付きにくい、フッ素樹脂加工のフライパンなどに適しているのがシリコン製です。料理中も熱が伝わりにくいという特徴があります。

ただ耐熱温度が高いのですが、商品によっては揚げ物料理には使えなかったり、火をつけたフライパンやお鍋に入れたままにしていると溶ける物もあるので要注意です。

そしてシリコン製であっても芯に金属を使用してコーティングしている商品は、重いと言うデメリットがあります。シリコン製を購入する際は、耐熱温度と用途を要チェックする必要があります。

to buy編集部

to buy編集部

シリコン製は、熱伝導がしずらく扱いやすいという反面、溶ける可能性がある、中には扱いづらい商品があるということですね。
かづ

かづ

そうです。ただやはりシリコンなのでかわいいデザインのことが多く、若い人に人気商品だと思いますね。

 

プラスチック製(ナイロン含む)

シリコン製と同じくフライパンなどを傷つけず、軽いと言うメリットがあります。熱に弱いイメージですが、耐熱性に優れているのがナイロンです。

ナイロンにガラス繊維を混ぜた、強度を高くした商品も販売されています。

to buy編集部

to buy編集部

プラスチック製って一見熱に溶けそうですが、ナイロンなら熱に強いということですね!
かづ

かづ

そうです。あとは竹製と同じように安い商品という点も魅力です。

 

ステンレス製

ステンレスなどの金属製は、調味料の色移りや調理過程で焦げる事がありません。丈夫で長持ちする上に、カビが生える事も無く衛生的です。

けれども、竹製に比べるとやはり重く、持っていてすべりやすい所がデメリットの一つです。

鍋やフライパンを傷つける場合もあるので、フッ素樹脂加工の調理器具を使う場合は要注意です。

to buy編集部

to buy編集部

扱いにくいが、丈夫で清潔、しかも焦げないのがステンレス製、、、なかなか優秀ですね!
かづ

かづ

そうなんですよ。でもステンレス製の商品は結構優秀な商品が多いですが、なんせ重いです。
かづ

かづ

1回限り、ということなら耐えることができますが、毎日使うとなると、女性の腕ではなかなか厳しい商品がありますね。
to buy編集部

to buy編集部

そういった悩みがあるんですね。ステンレス製の菜箸を購入する際は、重量をチェックするのは必須ですね。

 

機能付き

アイデア商品でもおなじみになってきた温度計付きや、先がトング状になっている商品もあります。持ち手側がスプーンやスパチュラになっていたり、すべり止め付きの人気商品もよく見ます。

to buy編集部

to buy編集部

トング状の菜箸、、それはそもそも菜箸なのでしょうか。(笑)
かづ

かづ

そこらへんは、難しいところですが、トングだからって侮ってはいけません。パン屋さんでトングを使うときに「持ちやすいな」と感じますよね。それが自宅でそのまま表現できるんです!
to buy編集部

to buy編集部

箸だからって箸先が細いだけの概念に囚われてはいけませんよね。便利な商品は、常に取り入れていって日々の生活が便利になると良いですね。

 

人気のおすすめ菜箸

to buy編集部

to buy編集部

これまで菜箸についていろいろ伺ってきましたが、それでは最後にかづさんおすすめの人気菜箸の紹介をお願いします!
かづ

かづ

はい!それでは、主婦歴35年の私がおすすめする人気の菜箸を紹介します。気になる商品があれば是非チェックしてみてくださいね。

 

貝印 Kai House Select 先シリコーン菜箸

まず最初に紹介する商品は、食材がすべりにくい耐熱シリコーン菜箸です。こちらの商品は、箸先がシリコーンで、食器などを痛めない樹脂加工がされているのが人気の秘訣です。

先がもう少し細ければ細かい盛り付けにも使えるのでしょうが、お弁当を詰めるなどには不向きと言えます。

 

唐巻菜箸2P

続いて紹介するのは、すべり止めが付いて使いやすい人気の菜箸。同サイズ2本組み。全長33cmなので長めの菜箸です。箸先に溝が入っているので滑らず万能だと思います。

一番注目するポイントは、お値段が安いのにしっかりとしていて使いやすいところ。2本ついていて、200円程度で購入できるのが人気のポイントです。

 

山下工芸 天削菜箸33cm

こちらは、日本製の商品です。使いやすくて持ちやすいのですが、一般の菜箸と比べて細いです。

料理人が使っている細いタイプの菜箸をお探しの方にはおすすめです。軽くて長くて使いやすいの三拍子そろった商品です。

 

カラー水玉菜箸2P

すべり止めが付いて使いやすい菜箸で、同サイズ2本組です。

33cmと長めです。模様が可愛いのとお値段がお安いので、何組か購入してダメになったら次、使うと便利です。

食洗器不可ですが、短時間コースの後乾燥をしっかりすれば長く使えそうな商品です。

 

パール金属Easy Cooking 竹製料理用箸セット

出典: Amazon.co.jp

パール金属 Easy Cooking 竹製料理用箸セット

ベーシックな竹製の人気商品。使い分けできる大(33cm)、中(30cm)、小(27cm)の3膳セット。中国製の商品です。

食洗器でこの菜箸を洗うことはできませんが、すべり止めの溝が無い分洗うのが簡単です。3種類の長さが入っているので、調理から盛り付けまで使い分けられます。

お値段を考えれば複数の長さの物を買い揃えなくていい分お買い得な商品だと思います。

 

MOTHER’S SELECTION シリコーン菜箸 パプリカレッド

出典: Amazon.co.jp

MOTHER'S SELECTION シリコーン菜箸 パプリカレッド

先端がシリコーンで焦げにくく、滑りにくい。揚げ物料理の際の衣が箸先にくっつくなどしても、スルッと取れる便利さが人気の秘訣です。

食洗器にも対応しているので、衛生面でも安心です。

 

貝印 SELECT 100 ステンレス菜箸 33cm

天ぷら料理の際にも使える耐久性があり人気のステンレス製の人気商品です。33cmの長めの菜箸です。

ステンレスの割に軽く感じますが、それはこの商品の中がパイプ状になっているからだそうです。高級感があるのでプレゼントにもいいかもしれません。

 

OXO シリコン 菜箸 ブラック

先端が揚げ物料理などにも使える高耐熱シリコン。持ちやすいのですが主婦の私には重いという印象がありますね。

口コミによる耐久性は、数カ月使っても大丈夫から数週間でシリコンに穴が開いたと様々なので、高耐熱と言っても長時間の使用は無理なのかも知れません。

 

貝印 Kai House Select プラスチックハンドル菜箸 30cm

出典: Amazon.co.jp

貝印 Kai House Select プラスチックハンドル菜箸 30cm

プラスチックハンドルで持ちやすく、焦げたり、折れたりしにくいステンレス製の人気商品です。揚げ物料理の際に付きやすい箸先の衣もスルッと取れます。

ただ、先が太いので細かな作業には使いづらいです。ステンレスの芯が入っている分重いです。毎日使う菜箸としては、この商品はおすすめしません。

 

オークス ウチクック ワンクリック 菜箸 ブラック

出典: Amazon.co.jp

オークス ウチクック ワンクリック 菜箸 ブラック

つかむ、ほぐす、盛り付けるなど繊細な作業に便利な人気のトング型の商品。片手でロックできるので狭いスペースにも置けて調理中邪魔になりません。

私自身この商品を使っていて、フライパンで食材を裏返すのがすごく楽です。トングの開閉も片手で出来、握りやすいです。

ただ、一度にたくさんの物を掴むのには無理があります。

 

まとめ

かづ

かづ

いかがでしたでしょうか。菜箸にもいろいろな種類があって、すごく奥が深いんですよ。
to buy編集部

to buy編集部

今使っている菜箸がどんな特徴を持っているのか確認してみるのも面白そうですね。
かづ

かづ

それは重要なことです。今不便だなと感じているときとか、普段の料理をする際に使いつらい面などがあれば、今の菜箸の特徴を把握して、それ以外の特徴を持つ菜箸を使ってみると良いかもしれませんね。
to buy編集部

to buy編集部

是非とも自分に合った菜箸を新たに見つけて、クッキングタイムを楽しい時間にしてもらえればと思います。

記事内で紹介されている商品

貝印 Kai House Select 先シリコーン菜箸

サイトを見る

山下工芸 天削菜箸33cm

サイトを見る

パール金属 Easy Cooking 竹製料理用箸セ…

サイトを見る

MOTHER'S SELECTION シリコーン菜箸 パプ…

サイトを見る

貝印 SELECT 100 ステンレス菜箸33cm

サイトを見る

OXO シリコン 菜箸 ブラック

サイトを見る

貝印 Kai House Select プラスチックハン…

サイトを見る

オークス ウチクック ワンクリック 菜箸 …

サイトを見る

関連記事