買いたいものを検索してください

魚の下準備がスムーズに!うろこ取りおすすめランキングTOP8!

お魚は体に良いとわかっていてもどうしてもお肉の料理が増えてしまう主婦の方は多いと思います。その理由の多くは魚の下処理ですね。切り身の魚もありますが、家族の人数に合わなかったり手間がお店でかかっているために少しお値段も高めになります。

1番新鮮で量も多く安い物はまるごとの魚というのは鮮魚売り場で比べてみるとわかりますが、なかなか手間を考えると手を出しにくいという方も多いと思います。とくにめんどくさいのがうろこ取りです。包丁の背でうろこを取ることはできますが、いつのまにか飛び散って処理が大変ですよね。

最近は鮮魚売り場でも頭をとってくれたりと内蔵処理などをサービスでしてくれるところもありますが、うろこ取りはほとんどしてくれません。今回は、買って良かったキッチングッズとしても主婦の方の満足度の高いうろこ取りについてご紹介します。

 

うろこ取りの必要性は?包丁で代用できる?

魚

包丁というのは刃物ですよね。お料理をするにあたって、材料の処理で出来ない食材はないといってもいいです。ただし、条件があればです。その条件とは使う人の技術ですね。野菜の皮向きにピーラーと使う方が多いように、綺麗には早く包丁を使って下処理をできるという人は実は主婦の中でも少ないです。

とくに形よく後処理も簡単にするためには、プロの料理人の方も使っているという方はとても多いです。プロも良く使っているお料理の道具がうろこ取りです。鮮魚店や魚料理を出している料理店などでもうろこ取りは良く使われています。

ご自宅の包丁の背を使ってもうろこ取りはできますが、うろこが四方八方に飛び散るので後処理が大変という方も多いようです。魚はぬめりもあるので包丁を使うとすべって危ないこともあります。それから刃をうろこで傷めることもあります。包丁で代用はできますが、できればうろこ取りがあったほうが便利で安全に簡単、そして後処理も楽に魚の下処理ができます。

 

うろこ取りの素材はどれが良い?

魚

ネットで魚のうろこ取りを探してみるとたくさん種類があることに驚くと思います。うろこ取りの形状もそうですがとくに違いがあるのは素材です。それぞれの素材の特徴についてご紹介します。

 

ステンレス製

うろこ取りで1番多いのがステンレス製です。お値段もお手頃な商品が多く汚れも落としやすく錆びにくいのでお手入れも楽です。ただ、少し滑りやすい面があるので魚をしっかりと固定できているか確認しながらうろこを取りましょう。

 

真鍮製

料理のプロの方が昔から使われているのがこちらの真鍮製です。しっかりと固い素材なので根こそぎ魚のうろこを取ることができます。力を入れなくてもどんどん使えます。ただ、鉄なので錆びやすいです。洗った後は良く乾かすなどは基本です。

 

ABS樹脂、食品用ゴム

種類も豊富で持ち手も安全性を考えて商品が多いです。お手入れもしやすく使いやすいのが特徴です。持ち手やうろこを取る部分に使われていて、特徴はすべりにくいということですね。安全性に優れているのでお子さんのお手伝いなども安全にできやすいと思います。

 

プラスチック製

たまにしか使わない方はプラスチック製を持っているという方が多いようです。値段も安く100円均一などの手軽な商品も多いです。最近はケースがついていてそこに魚のうろこが入って後処理が簡単になった商品も多くあります。

 

うろこが飛び散らない工夫がすごい!

魚

うろこ取りを買って良かったという方の多くがうろこを取る際にうろこが飛び散らず後処理が楽という面をあげています。包丁で取る場合は、包丁の背でうろこを逆方向からこそげ取るので、うろこが飛び散ります。

キッチン周りや着ている服に付いてしまう場合もあります。昔ながらのタイプであってもヘッドの部分の形状が工夫してあり、うろこが飛ばないように工夫されているものがほとんどです。

うろこ取り自体にケースがついていて、うろこを取るとその中に入っていき後処理はケースの中を洗うだけで済むような便利なうろこ取りもあります。

 

うろこ取りを購入する際に注目したいこと3つ

魚

うろこ取りにはたくさん種類があります。素材や形状は見た目の写真でわかっても実際に使いやすいかどうかはわからないことも多いですよね。

でも、うろこ取りは調理道具なので見た目だけでなく使いやすいということが1番大切なことです。うろこ取りを購入する際にぜひ注目したいことをご紹介します。

 

滑りにくい工夫をしてある商品が使いやすい

うろこ取りは刃物ではないので手に当たっても切れることはありません。でも、滑りやすい商品であると、うろこを削り取る形状ですので手がすべって魚ではなく自分の手や腕を傷つけてしまうこともあります。どうしても魚をうろこを取る商品で使いやすくお手入れがしやすい商品は滑りやすい商品もあります。

滑りやすい素材であっても持ち手の素材は形状がすべりにくく工夫されていたり、あまり器用でない方は滑りにくい素材と形状の合わさっている安全性の高い商品を選びましょう。

 

力の入れやすさ、持ちやすさ

魚のうろこ取りは大きな力が必要というよりは、ダイレクトにうろこを取る時に少し力を入れるということになります。うろこにひっかけるときに力を入れるということですね。そのまま手前に引きながらうろこを取るので最初のうろこに接する面に道具をうろこの間に入れるときに力が入りやすい商品が使いやすいです。

それから何度も繰り返し隅々までうろこをとっていくことになりますので、持ち手が持ちやすい商品がいいですね。大きな魚であったりご家族が多い方であれば、魚のうろこを多く処理することになると思います。

その場合も使い勝手は重視したいですね。しっかり持てて力が入れやすい商品でなければ手が疲れたり、綺麗にうろこが取れない場合もあります。ネット販売であれば、使ったかたのレビューなども参考にするといいですね。

 

男女別でレビューを参考にする

うろこ取りについては魚釣りがお好きな男性も多く使われているという現状があります。男性と女性については手の大きさにも差があるので性別のわかるレビューを参考にするといいと思います。釣りを趣味にした男性の場合は、手早く多くのさなかのうろこ取りについて書かれていることが多いです。

業務用としてお店で使われるという方も男性が主なので使い勝手の面で多くの魚のうろこ取りがしやすいことを重視してあるようです。それから女性に関しては主婦の方が家族のために魚料理をするというときのレビューが多いです。この場合は、後処理やキッチンに置いたときの見た目なども重視する傾向にあるので自分と同じ性別でレビューの評価は参考にするとわかりやすいと思います。

 

おすすめのうろこ取りランキングTOP8

新鮮な魚をまるごと調理できたら楽しいですよね。今はユーチューブなどのSNSでもお魚をさばく動画も流行っているようです。

新米主婦の方が挑戦したい魚料理も豪快に魚をさばいてみたい釣好き男子にもおすすめの人気のうろこ取りをご紹介します。

 

8位 QD-SGMP うろこ取り

出典: Amazon.co.jp

QD-SGMP うろこ取り

釣り好き男子におすすめ!大量の魚も電動で楽々

こちらの商品は電動式のうろこ取りです。男性で魚釣りが好きな方も多く一度にたくさん処理をしたい方やアウトドアで釣った魚をその場で調理したい方にも便利です。電動式ということで力も技術もいらず時間短縮で一度にたくさんの魚のうろこ取りができます。

こちらの商品は防水機能もついています。たくさんの魚を水場で処理するときも防水機能があるのでうっかり水の中に落としても安心です。充電式バッテリーは最大120分連続稼働するのでしっかり充電しておけば屋外でも安心して使えます。

海辺のバーベキューなども釣りたての魚のうろこをその場でとって豪快に焼くこともできるのでアウトドアが好きな方にもおすすめです。

 

7位 カンダ ウロコ取り

魚屋さんが考案!鮮魚店でも使われている業務用うろこ取り

こちらの商品は業務用に販売されている商品です。最近ネットでは業務用も手軽に一般の方が購入できるようになりました。やはりプロが使うということで使いやすさと仕上がりに定評がありますね。

材質はステンレスで持ち手は天然木です。ステンレスは錆びにくくお手入れも楽なところも人気です。持ち手が木だとしっかりと持ちやすいので滑り防止にも適しています。

鮮魚店の方のレビューもありますが、とくにヒラメやブリなどの細かいうろこまで取れるできる一品というところでしょうか。ただ、形状上うろこはやや飛び散りやすいのでシンクの中でやるなどの工夫は必要なようです。

 

6位 volflashy うろこ取り

出典: Amazon.co.jp

volflashy うろこ取り
ブランド
カテゴリ

お魚の形のかわいいうろこ取り

こちらの商品はかわいい魚の形をしています。だけどただかわいいだけでなくケースがついているのでうろこが飛び散らずケースの中に入ります。ふたを開けてうろこを取り出して処理する商品です。材質はプラスチック製なのでお値段も安いです。

プラスチック製であることとかわいい魚の形をしているということで、小さなお子さんのママのお手伝いにもいいかなと主増すね。ハンドルには吊り穴がついているので紐を通せばキッチンの棚などにぶら下げることもできます。

見た目もかわいいとお料理のテンションも上がりますよね。お値段も手軽で後処理も楽なうろこ取りです。

 

5位 プリンス工業 うろこ取り 銀鱗

回転しながら根こそぎうろこを取る

こちらの商品はレストラン向けに販売されている業務用です。材質はステンレス製で錆びにくくお手入れもしやすいです。魚のうろこ取りは手前に引いて使う商品が多い中、こちらの商品は回転しながらうろこを取るタイプです。そのためカレイなどまるみのおびた面の広い魚にはとくに使いやすいです。

それから、ヒラメやハマチなどはお値段も安いので家庭でお料理をされる方も多いと思いますが、うろこが細かくて粘りがあり取りにくいのが苦手という主婦の方も多いですよね。

こちらの商品は回転しながら細かく粘りあるうろこも優しくそして綺麗に取れるので便利です。なぞりながらうろこを優しくとっていくのでうろこの飛び散りも防げて柔らかい種類の魚の身も傷つけず取ることができます。

 

4位 Joyoldelf うろこ取り

魚の骨も一緒にとれる骨抜きとセットで便利

こちらの商品は便利な小骨抜きもセットになっています。魚を下処理するときにもうひと手間加えると食べやすくなるのは小骨の処理です。もちろん、自分で骨を取りながら食べるということもできますが、小さなお子さんやご高齢の方などがご家族にいると魚の骨が喉に刺さる危険性があります。とくに揚げ物ですね。

魚の揚げ物はそのままパクッと食べたほうがおいしいので、小骨の多いあじやいわしなどは処理をしておくといいですね。材質はどちらもステンレスで耐久性もあり錆びにくく洗浄しやすいです。うろこ取りは本体の突起部分は4列あり左右にきっちりした2部分の設計で効率を2倍にしてあります。

ご家庭の主婦の方にも人気のセットですが、魚釣りが好きな男性もよく買われているようです。魚釣りだけして奥さんに下処理を頼むと嫌がられますよね。魚を釣っただけでなくきちんとさばくまで男性がしてあげるとのびのびと趣味も楽しめるのではないでしょうか。

 

3位 星三製作所 真鍮 ウロコ取り

出典: Amazon.co.jp

星三製作所 真鍮 ウロコ取り
ブランド
カテゴリ

魚の大きさにあわせて大小サイズ展開あり

こちらの商品は真鍮製の昔ながらのうろこ取りです。より細かくうろこを取れるように大きなサイズと小さなサイズがあります。大サイズは203x35mm、小サイズは177x25mmです。持ち手はいずれも天然木でしっかり握って滑りにくいです。昔ながらのデザインですね。

とくにお料理好きな方や趣味の魚釣りでも多くの種類を処理する方などこだわりのある方々に人気がるようです。どちらかというよりは、どちらも持っていて魚の大きさによって使い分けているという方が多いですね。お料理が得意だと思われる方のレビューでは、どちらか1つだけ買うとしたら小と書いてありました。

細かいうろこを取れることと小さいと使い勝手がいいので少し時間はかかっても大きな魚も綺麗にうろこが取れるようです。やはり昔ながらのデザイン商品が親世代や祖母世代から見たりお手伝いをしたことがあるという方は使いやすいのでないかなとも思います。

 

2位 片力商事 鱗トル

値段は高いがうろこが飛び散らない本格派

こちらの商品は手動であるにもかかわらずお値段も高いですが、購入された方の満足度がとても高いです。材質は高強度食品用ゴムとステンレススチールです。このこだわりのお値段はこだわりのキッチン道具を多く作っている新潟県の燕市の本格的に使える調理用具を追求した商品だからだと思います。

ゴム製なので手に当たっても危なくなく力も入れずうろこがどんどんおもしろいくらいに取れます。あっという間にうろこ取りができるということに驚く方も多数いますね。

レビューには鮮魚店の方で真鯛を120匹くらいおろすときにも楽だという方もいました。しかもうろこが飛び散らないという優れモノです。大きな魚から小さな魚、しっかりと固いうろこから細かく粘り気のあるうろこまでどんどん取れるこだわりのうろこ取りです。

 

1位 貝印 SELECT 100 うろこ取り

小さなうろこも残さず取れる

こちらの商品は圧倒的に売れています。材質はステンレススチール、カバーはポリプロピレンです。貝印といえばカミソリでも人気ですが、ご家庭用のキッチン用品も低価格でいい商品がたくさん販売されているメーカーです。

こちらはうろこが飛び散りにくいカバー付きでお値段も安く手軽に使えるところも人気のようです。ステンレスだと汚れもつきにくく洗いやすいので便利です。

使いやすくてシンプルで手になじむシリーズがこちらのSELECT 100の商品です。うろこ取りだけでなく他のキッチン用品のラインナップも揃っています。全部SELECT 100で揃えているという方もいますね。飽きのこないシンプルなデザインで長く愛用できるシリーズもののキッチン用品の1つとして持っておくのもいいかもしれませんね。

 

うろこ取りの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、うろこ取りの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

シンプルに塩焼きすればお子さんの魚嫌いも克服するかも!

魚

魚を食べたほうがいいというのはわかっていてもなかなか魚をさばけないという方も多いですよね。それから料理方法で健康にいいと言われているは焼き魚や煮魚ですよね。まるごと焼いたり煮たりするだけなので実は簡単なんです。魚を二枚おろしや三枚おろしにしたり開いたりするのはテクニックもいりますが、まるごと食べる場合はうろこを取って内臓を取るだけです。

ご家庭で食べる魚料理は料亭のように形良く仕上げる必要はなく、家族が食べやすくさえしていればいいんですよね。いつもは外食や切り身を使っていた方で魚料理が嫌いな方は新鮮な丸ごとの魚を下処理して食べてみるとおいしくて好きになることもあります。

とくにお子さんの魚嫌いは多くあると言われていますが、料理方法が凝り過ぎているということもあります。おすすめは鯵の塩焼きですね。うろこを取って内臓を出して塩をかけて焼くだけですが、シンプルにおいしいので魚が苦手なお子さんが好きになる可能性も高いと思います。ちなみに私の3人の子供たちは魚料理がみんな大好きです。うろこ取りをお手伝いさせるなどするのも魚が好きになるきっかけになると思いますよ。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

QD-SGMP うろこ取り

サイトを見る

カンダ ウロコ取り

サイトを見る

volflashy うろこ取り

サイトを見る

プリンス工業 うろこ取り 銀鱗

サイトを見る

Joyoldelf うろこ取り

サイトを見る

星三製作所 真鍮 ウロコ取り

サイトを見る

貝印 SELECT 100 うろこ取り

サイトを見る

関連記事