買いたいものを検索してください

袋のまま、こぼさない&湿気らせない!スティックジッパーおすすめランキングTOP5!

最近の便利グッズとして、よくテレビや雑誌で紹介されている「スティックジッパー」ですが、どのようなものか詳しく分からない方も多いはず。

私も、クリップタイプやジッパータイプは、よく使っていますが、スティクジッパーに関しては、最近使いはじめたばかりです。

そんな、スティックジッパーに関して、これから購入される方や、興味がある方に参考になるように、オススメのものを交えてご紹介していきます。

 

スティックジッパーって?他のクリップタイプなどと何が違うの?

クリップタイプは、今ではスーパーや100円均一でも売っているほどポピュラーなものですが、スティックジッパーは、まだ出しているメーカーも少なく、認知度もそれほどありません。

スティックタイプのジッパーは、他のジッパーに比べてどのような利点があるのか、疑問に思う方もいるはず。下記を参考に、用途に合わせて、スティックジッパーを選ぶようにしましょう。

 

袋を折りたたまないためスッキリする

袋のまま、上部分をスライドするだけですので、コンパクトに収納ができます。

クリップタイプのものでも、意外と幅を取り、かさばるので、収納に困ったことがあります。スティックジッパーは、幅をとらないので冷蔵庫や冷凍庫にもスッキリ収納できて便利です。

 

簡単に密封保存できる

スティックジッパーは、バリエーション豊富で、丈夫なため、様々な大きさや重さに対応可能です。

密封保存なのに、取り付けが簡単なところも、魅力的です。

 

液体でもこぼれないほどの密封力

液体でもこぼれないため、飲料水の持ち運びにも便利です。

取っ手付きのスティックジッパーも活用してみましょう♡

 

スティックジッパーはやっぱり密閉度が一番!

ジッパーといえば、密封力が気になりますよね♪スティックジッパーは、袋のままスーッとスライドするだけのものですが、密閉度が高いのが特徴的な商品です。

元々、ジッパータイプの袋でも、使っていくうちに閉まりが悪くなっていくことがあります。

このスティクジッパーだと、そのような心配もなく、簡単に密封されます。クリップタイプよりも、密閉度が高く、湿気防止効果もありますので、湿気りやすいお菓子や、コーヒーや紅茶、お茶などにもオススメです♡

 

使用目的によってスティックジッパーの大きさにも注意して!

スティックジッパーは、様々な長さや大きさ、形があります。

使用目的によって、サイズを選ばないと、せっかくの密閉力も半減してしまいます。また、収納力も悪くなる可能性もありますので、常に、複数のサイズを持っていることをオススメします♪

留めたいものが大きくてスティックジッパーの長さが足りなかったり、スティックジッパーが大きすぎて収納する際に邪魔など、能力が最大限に活かせない場合もあります。あらかじめ、どのような袋にスティックジッパーを使いたいか考えておくのも◎

大きさを間違えると、厚めの袋には合わない場合もあります。その場合は、無理してスティックジッパーを使わず、他のタイプのジッパーにするか、大きさを変えてみましょう♪

 

私が愛用しているスティックジッパーはコレ!

ここでは、私が実際に愛用しているスティックジッパーをご紹介していきます。実際に使ってみて、魅力に感じた点など是非、参考にしてみてください♡

 

クラレ エニーロック スティックジッパー

出典: Amazon.co.jp

クラレ エニーロック スティックジッパー

エニーロックは、サイズやカラーのバリエーションが豊富で、見た目もカラフルで可愛いです。

ハンドル付きタイプも便利で、丈夫なところが◎

冷凍庫でも使えるほどの、耐久性があるのに、コスパも◎

今まで、クリップタイプでかさばって困っていた方や、キッチン周りの収納を考えていて、見た目も重視派にはオススメの商品です。

匂いも漏れないため、匂いのきつい食べ物や、ペットフードの密封にもオススメ。

私は、コンビニなどで売られている小さめの袋に入ったチョコレートを持ち歩いているのですが、ジッパータイプでないため、スティックジッパーで封をしています。

バッグの中で、かさばらないし、取り出した時に可愛いという見た目の良さもあり、重宝しています。

また、芸能人も愛用している方が多く、テレビなどで取り上げられることも。エニーロックは、今、大注目のスティックジッパーです♡

 

スティックジッパーおすすめランキングTOP5

ここでは、実際に使ってみて良かった商品や、気になっている商品、オススメしたい商品についてランキング形式で、ご紹介していきます。

スティックジッパーは、主にエニーロックから発売されています。これから徐々に他のメーカーからも、販売される傾向にありますがAmazonで手軽に買えるのは今のところ、エニーロックの商品ばかりです。

エニーロックは、様々なバリエーションのスティックジッパーがありますので、ぜひ、参考にしてお気に入りのスティックジッパーを見つけてください♡

 

第5位 クラレ エニーロック コーヒー用

コーヒーを飲む方は、悩んだことがあるはずのコーヒー粉の保存方法。

私も、スティックジッパーに出会う前までは、わざわざ容器に移し替えたり、クリップタイプのもので留めていたりしていました。

コーヒー粉は、酸素が大敵なため、品質の劣化がいつも気になっていました。

しかし、エニーロックのコーヒー用のスティックジッパーなら、詰め替えも不要、中身の量に応じて折り目を変えるだけで密封も可能です。

コーヒー用ですが、紅茶やお茶のようなマチのある袋にも、最適の大きさになっています。

茶葉や粉派で、飲み物を飲む方にオススメの形状になっています。

 

第4位 クラレ エニーロック 2号

2号サイズは、お菓子を封するときに最適の大きさです。

お菓子を食べきれずに、残してしまうことがよくある方にオススメです。

一度開けると封ができないタイプのお菓子の保存方法に、悩んでいた方も多いはず。

ポテトチップスだと、すぐに、湿気てしまいますよね。そんな悩みを解消してくれるのが、この2号サイズです。

私は、いろいろな種類のお菓子を少しずつ食べることが好きなので、スティックジッパーで、袋のまま食べ残しを密封して保存しています。食べ残しを保存するのにも、収納に大変な思いをしていましたが、スティックジッパーなら収納スペースもあまり取らずに、引き出しや収納箱に、綺麗に並べて収納できちゃいます♪

 

第3位 クラレ エニーロックハンドルタイプ 1号

出典: Amazon.co.jp

クラレ エニーロックハンドルタイプ 1号

スティックジッパーのハンドルタイプのものです。

1号が一番大きいものになります。

私の経験上、ハンドルタイプは1号が一番使いました。

ハンドルタイプは、お米やペットフードに最適な形状です。また、ガーデニングをやられている方には、肥料にも使えます。

ハンドルタイプなので、重たいものの持ち運びに便利ですよ♪ぜひ、女性に試していただきたいです♪

ハンドル付きのスティックジッパーなら、片手でも楽に持てます♡強度もバツグンなので、壊れる心配もありません。

見た目も、カラフルで可愛いので収納スペースがなく人目につくところに置いていても◎

 

第2位 クラレ エニーロック 4号

スティックジッパーには、様々なサイズがありますが、2号より4号のほうが使用する機会が多いことから、上位にランクインしました。

エニーロック4号の3本セットは、黄色、ピンク、青の3種類のカラーが入っていて、可愛いです。留めたい袋のパッケージの色に合わせて、スティックジッパーの色使いを選ぶのも楽しいですよ♪パステルカラーは、インテリアにも映えます♪

4号は、小袋タイプのものが丁度良い大きさです。

お菓子をバッグに入れて持ち運んでいる方にもオススメ♪

かさばらずに、持ち運べられるし、少しずつ食べることもできます。小腹が空いた時に、さっと取り出せて、バッグから見えても、見た目が可愛いので◎

4号は、コンビニなどで、売っている小さめサイズのチョコの小袋にぴったりでした♡バッグの中といえども、封をキチンとしていないと、こぼれていたりしたことがありました。スティックジッパーにしてからは、バッグの中の、入れる位置など気にせず、手軽に持ち運べています♪

 

第1位 クラレ エニーロック スケルトン2号・3号・4号

出典: Amazon.co.jp

クラレ エニーロック スケルトン2号・3号・4号
ブランド
カテゴリ

2位と同じく、3本セットですが、こちらの商品は、2号・3号・4号が1本ずつ入ったセットとなっています。

また、色もスケルトンです。スケルトンだと、パッと見て、スティックジッパーで封をしていると、分からないほど、袋のパッケージに溶け込みます。

色も、パステルカラーで薄めなので、シンプルです。どのような収納場所にも、インテリアとして合うところが◎

スティックジッパーが初めての方にも、ぜひオススメしたいのがこのサイズ違いの3本セットです。

初心者だと、スティックジッパーの大きさを見て比較してみても、実際にどれが1番使用するのか分からないです。

私も、実際に使ってみて自分に必要なサイズが分かりました。

スティックジッパーは、1個200円弱程度なので、よく使うサイズを見つけてから買い足せる手軽さもあります。

お試しで、ぜひエニーロックの定番である、2号・3号・4号の3本セットを購入してみてください♪

 

スティックジッパーで食品を簡単保存!

おかし

みなさんが使っている定番の保存方法である、クリップタイプやジッパータイプは、便利な反面、収納面や密封面で悩みがちです。収納や保存方法を見直そうと思っていたら、ぜひスティックジッパーを試してみてくださいね。

スティックジッパーは、見た目も可愛いく、収納も便利で機能性もバツグン、コスパも◎

すぐに取り入れられちゃいますよ♪誰でも、簡単にお手軽に使えちゃうので、すでに気になっていた方や、この記事でスティックジッパーのことを知ったという方も、自分なりに使ってみてください♡カラーも豊富なので、好きなカラーで選んでも、楽しいですよ♪

ぜひ、自分のお気に入りのサイズやカラーを見つけて、スティックジッパーを生活の一部に取り入れてくださいね♪

 

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

クラレ エニーロック スティックジッパー

サイトを見る

クラレ エニーロック コーヒー用

サイトを見る

クラレ エニーロック 2号

サイトを見る

クラレ エニーロックハンドルタイプ 1号

サイトを見る

クラレ エニーロック 4号

サイトを見る

クラレ エニーロック スケルトン2号・3…

サイトを見る

関連記事