プレゼントに最適!種類や使い方は?ワインオープナーおすすめランキングTOP7

地球上でいっちばん最初に生まれ、飲まれたというお酒はなーんだ?

そう!果実酒、そしてそれはぶどう酒だと言われています。

世界中でたくさんの人に愛される、ワイン。私自身もこれまで国産ワインをご紹介する記事を書いてきました。

お酒好きライター絶賛!長野県産ワイン)(お酒好きライター推奨!自慢の山形県産ワイン

 

私達の暮らす世界で欠かすことの出来ないワインと、切っても切り離せない関係のアイテムが、ワインオープナーです。

誰かに楽しんで飲んでもらう日を楽しみに瓶の中で眠るワインを大切守ってくれるコルク。このコルクを抜くときが、楽しみでもあり、難関でもあり・・・!

今回はビストロでのサービスアルバイトや毎日の晩酌に、これまでに数え切れない程スッポンスッポンコルクを抜いてきた私が使用してきた様々なワインオープナーをご紹介します♪

 

ワインオープナーとは?

最近では、くるっと捻るだけであけられる、キャップタイプのワインも増えてきました。コンビニやスーパーでボージョレ・ヌーヴォーを買うとプラスチックのキャップだったりしますよね。

ですが、「ワイン」と言って思い浮かぶボトルのイメージにはきっとコルクで栓がしてあるでしょう!「ワインオープナー」とはこのコルクの抜栓に使う道具なのですが、様々な姿形をしているのです。

コルクの素材やシーンによって使うべきオープナーが変わることもありますし、とにかく明け易さ重視したものもあります。

 

コルクの種類

基本的にはワインのコルクは、コルク樫(カシ)の皮を剥ぎ作られています。(ちなみに9年~12年 時間をあけて木が再生したらまた剥ぎ取る、というエコ素材なのです!)

 

天然素材のタイプ

コルク樫をそのままくり貫いたものと、細かいコルク材を圧縮して固めたもの、2種類があります。年代もののワインだとコルクがボロボロになり扱いが難しくなっている場合があります。

 

樹脂でできたタイプ

密閉性が高く、腐敗しにくい素材です。素材自体が少し硬いので引き抜きにくいこともあります。

 

ワインオープナーの種類

コルク抜栓の基本の基「スクリュー式」

コルクに突き刺す部分がクルクルとらせん状になっているものです。真上からまっすぐ差し込んでいくのは意外とコツがいるんですよね。最近はこのスクリュー式も進化していて、コルクを突き破ってもまだ更にクルクルまわし続けるとコルクが勝手に引き抜かれていく、力の弱い方にも嬉しいオープナーが登場しています。

金具を引っ掛けてレバーを押してテコの原理でコルクを引き抜く、ワインのエキスパートソムリエの使うソムリエナイフもこのタイプです。

 

テコの原理で引き抜く!「レバー式」

スクリュー針をさした後、レバーを握るだけでスクリューが入っていく仕組み。見た目も高級感があるものが多く、電気をしようしないので人気が出てきています。

 

もっと軽くテコの原理で引き抜く!「ウイング式」

スクリュー針をさした後、翼のように2つあるレバーを下に下げ、テコの原理でコルクを引き抜きます。レバー1つより力が入りやすく、真上からまっすぐスクリューも刺しやすいです。

 

年代ものワインの繊細なコルクや、途中で折れてしまったコルクにも!「二枚刃式」

コルクリフターとも呼ばれ、コルクと瓶の間に二枚の刃をゆすり入れ、ヨイショヨイショと抜きます。

テコの原理が使えないので力が要りますが、コルクを傷つけることなく抜くことが出来ます。

 

電気の力を借りて魔法のような抜栓!「電動式」

最近は電動式のワインオープナーが数々登場していて、しかもお値段も手が届くものも出てきました!カポッとボトルネックにはめて、後はボタンを押すだけ!神・・・・!

 

気圧の力で引き抜く!「エアー式」

スクリューではなく、まっすぐ1本の針!コルクの真ん中に来るよう筒をセットし、真空にすることによりシュポッ!と抜ける痛快なグッズ多数!手動で真空にするタイプを使用して、誰がコルクをあけるか黒ひげ危機一髪的な愉しみ方も出来ます。

 

ワインオープナーの使い方

ワインオープナーといえば?ワインバーなどでも使われている、ソムリエナイフが一般的でしょうか。

それぞれの使い方を見てみましょう。

 

ソムリエナイフ

この小さいナイフの部分でキャップシールをはずして行きます。
こんな感じで一周切り込みを入れます。

キャップシールは、全部外してもいいのですが、残しておくと注ぎ終わりにワインの滴りを防ぐこともできるので私はこの段差のところか、入り口付近のみに刃を当てて外しています。

入り口のみを外してみました。
針がコルクと垂直になるよう、スクリューを横にして、真ん中に刺します。
スクリューを縦にしつつ、真下に向かってグリグリいれていきましょう。
テコをボトルにひっかけて、グイッをひきぬきます!
最後は手で引き抜きます。

引き抜いたコルクを見て、カビや腐食がないかチェックしましょう。

 

エアー式

   エアー式ってこんな形です。この針をコルクに刺します。
   真ん中に、まっすぐ突き刺して黒いバーをボトルに向かって一番下まで下ろします。

黒いバーを上に上げると、シュコッと動かすことができます。数回シュコッを繰り返すと・・・

   ポンッ!スパークリングワインのコルクのようにいい音を出してコルクが飛び出ます!
   針の周りのプレートを下ろすとコルクがオープナーから簡単に外すことができます。

 

ワインオープナーの選び方

最近は、大きめのスーパーのワインコーナーで数百円から売られているワインオープナー。あなたに合ったワインオープナーを選んで、ストレスフリーに明けたいものです。

 

見た目重視、格好良くあけたい!

出典: Amazon.co.jp

Daitban ソムリエナイフ コルク抜き ワインオープナー
ブランド
カテゴリ

そんなあなたには、ソムリエナイフがオススメです。キャップシールを外すナイフもついているのでコレ一本で開栓が可能です。スクリューをねじ込み、ボトルに引っ掛ける金具(抜きテコ)が二段階になっているものがオススメです。コルクによっては堅く難しい時もありますが、そこは練習あるのみ!

 

クルクルクルクル・・・・廻すだけでいつのまにか開いて!

出典: Amazon.co.jp

ルクルーゼ テーブルモデル TM100 ワインオープナー ブラック 59993-01-10
ブランド
カテゴリ

とにかく初心者にも簡単に開けられるものがいいわ、と言う方には、ルクルーゼが「いかに簡単に開けるか」と本気出して考えてくださったコチラのモデルがオススメ。100均やバラエティショップでも同じ仕組みのものがあるようですが、流石に耐久性に欠ける部分もあります。どんなものか見てみたいという方はお試しで買ってみるのもいいかもしれません。

 

捻って開けるスタイルからは卒業。エアーの力で開ける!

出典: Amazon.co.jp

KYUUSI ワインオープナー エアーポンプ式 手動 フォイルカッター付き バキュームポンプ 栓抜き 2点セット プレゼント 日本語取扱書付き
ブランド
カテゴリ

ボトルを固定して、グリグリ廻すのが苦手な方にはエアーポンプがオススメ。掴んで自転車の空気入れのように動かすだけでポン!と開きます。

 

ワインオープナーがないとき、代用できるものは?

ワイン飲むときにオープナーを忘れる・・・そんなことって・・・・人生に1度や2度あるものです。

そんなときに試してみたい代用品をご紹介します。

 

屋外なら、壁ドン作戦!

ボトルの底をタオルや靴を履かせる形で覆い、瓶を横にして覆った底を壁にドンドンぶつけていく方法。ボトルの中の空気の圧力でコルクがだんだんと上がってきます。騒音やもしかしたらボトルの破損、コルクの暴発があるかもしれませんので、野外でのチャレンジをオススメします。

 

スクリューの変わりに刺し廻す!

フォークやナイフを突き刺し、廻し引き抜きます。フォークやナイフの刃先がコルクから抜けてしまったら、違う位置に刺し直しましょう。これは難しそう・・・!刃先が曲がってしまうかもしれませんので大切なカトラリー等は使用しないほうが良さそうです。

 

ネジ・ペンチ。工具で開けちゃう!

ネジをコルクの真ん中にネジネジと刺し込み、ペンチで持って引き抜く方法もあります。ネジとペンチがお家にあるお宅も若い女性の一人暮らしなどには珍しいかもしれませんが。。

 

まとめると・・・

・まず、買う段階でワインオープナーが無いことに気がついたら、スクリュータイプのワインを選びましょう。

・お花見やお呼ばれでワインを持っていったらオープナーが無い!と言うことになったら、まずは近くにコンビニなど販売店が無いか探した方が早い!!

 

ワインオープナーおすすめランキングTOP7

私が所持、愛用しているオープナー、使ってみての感想と共にご紹介します。同じ方式でもメーカーによって使い勝手が違うもの。ソムリエナイフもピンキリですし、”安いものでも自分に合っていれば開け易い”ということもあるようです。

 

第7位 基本のスクリュー・オープナー

出典: Amazon.co.jp

【業務用】 PC 柄 コルク抜き C-7167
ブランド
カテゴリ

力自慢なパートナーにお任せ!?

ワインにおまけで付いてきたりと、手に入りやすいのがこのタイプです。シンプルにスクリューのみなので、引き抜くにはコツと力が必要です。しかし、キャラクターものや、年代ものもあったりするのでコレクターも多いこのタイプ。私的には使いやすさを考えるとあまり・・・の為一番下の順位となりましたが、”集めたい”という気持ちも分かる気がします!

 

第6位 ウィングタイプ

出典: Amazon.co.jp

ステンレス製 ウイング ワインコルク抜き オープナー
ブランド
カテゴリ

豪快な「ヨイショー!」と掛け声と共に・・?!

しまう場所もとるしテコで上げる姿も格好良くないし・・・という理由でこの順位です。ですが、電気も使わないし壊れにくいので、家族で羽を伸ばして、のんびりワイン♪なんて時にはつい使ってしまうファミリー・タイプ。

 

第5位  ルクルーゼ

出典: Amazon.co.jp

ルクルーゼ テーブルモデル TM100 ワインオープナー ブラック 59993-01-10
ブランド
カテゴリ

ルクルーゼは「簡単・確実」”クルクルまわすだけ”

見た目にもオシャレ!なルクルーゼのシリーズ。

実は私のワイン好きな母親愛用品です。どんなに酔っ払ってもカポッとはめて右に廻せば空きますので便利!

しまう場所こそとりますが、シンプルな佇まいはキッチンインテリアにも溶け込んでしまう気がします。”引き抜く手間がない”というところも魅力の一つ。

 

第4位 レバー式

出典: Amazon.co.jp

バーティカルラビット フイルムカッター エクストラスパイラル付き ワインオープナー
ブランド
カテゴリ

スマートに、省エネに。

こちらも革命的なオープナーです。レバーを押すだけで一瞬であいてしまいます。ウサギのような可愛らしいフォルムも魅力的。いわきワイナリーに伺った際、テラスショップでワインと一緒に購入。大当たり!でした。

このタイプは値段が4000円前後しますが、価値大有りな驚きの開栓を体験してしまうと、きっと次々開けたくなってしまいますよ。

 

第3位 エア式ワインオープナー

出典: Amazon.co.jp

KYUUSI ワインオープナー エアーポンプ式
ブランド
カテゴリ

楽しい体験!みんなでワイワイ盛り上がるなら断然コレ!

ペットボトルロケットを思わせる、ポンッ!という音に、思わず「オー!」と言ってしまうワインオープナーはこちらです。とても軽いので、ピクニックなど外出先でのワインの開栓にもおすすめします。安価でこの楽しさは本当にオススメですが、軽くシンプルな構造のわりに衝撃が強いのか、若干比較的壊れやすいので、消耗品感覚で使用しています。

 

 

第2位 全自動ワインオープナー

出典: Amazon.co.jp

cuisinart(クイジナート) コードレスワインオープナー&プリザーバー CWO-400J
ブランド
カテゴリ

プレゼントにも喜ばれる 最高級 King of 簡単ワインオープナー!

全自動の商品は見た目もどっしりとしたこちらのクイジナートがオススメ。全て揃えてセットしておけるのでキッチンのインテリアにもオシャレです。新婚さんやワイン好きな方への贈り物に最適!

使い方もボタンを押すだけとスマートなので、お店でお客様の前で使うのもアリ、、むしろオススメです。今我が家で絶賛愛用中。

 

 

第1位 ソムリエナイフ(二段式)

出典: Amazon.co.jp

Daitban ソムリエナイフ コルク抜き ワインオープナー
ブランド
カテゴリ

やっぱりこれが一番。ワイン好きは所持しておきたい。

ワイン好きならソムリエナイフで格好良くサーブしたいですよね。私は地元・山形の、高畠ワイナリーさんからいただいたワインレッドのソムリエナイフを長年愛用しています。手に握ってしっくりくるものが見つかったら運命!らしいですよ。

二段式(ダブルアクション)はより引っ掛けやすくあけやすいので、これまでソムリエナイフが苦手だった方にも再挑戦していただきたいです。ちなみに二段式。ニトリでも1200円程度で購入可能ですので、新生活を始める方!グラスと一緒に是非購入してみてはいかがでしょうか?

 

ワインオープナーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ワインオープナーの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

ワインオープナー革命時代!

いかがでしたでしょうか。世はまさにワインオープナー革命時代です。「ワインがあけられな~い」と言う子が可愛い!?そんなことより楽しく!簡単に!あけて早く飲もうではないか!!です。(興奮)

価格も手頃に入手できるものが増えてきましたので、春は歓送迎会、夏は行楽、秋はボジョレー、冬は忘年会新年会!次のワインボトルを開ける機会の為に、いろいろ試してみてはいかがでしょうか。

きっとワインもより美味しく感じるはずです。

最後までお読みいただきましてありがとうございました♪

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

Daitban ソムリエナイフ コルク抜き ワイ…

サイトを見る

ルクルーゼ テーブルモデル TM100 ワイン…

サイトを見る

KYUUSI ワインオープナー エアーポンプ式 …

サイトを見る

【業務用】 PC 柄 コルク抜き C-7167

サイトを見る

ステンレス製 ウイング ワインコルク抜…

サイトを見る

バーティカルラビット フイルムカッター …

サイトを見る

KYUUSI ワインオープナー エアーポンプ式

サイトを見る

cuisinart(クイジナート) コードレスワイ…

サイトを見る

関連記事