鍋・焼き肉、アウトドアでも大活躍!防災備品としても一台は備えたい!カセットコンロおすすめランキングTOP8

皆さん、カセットコンロはお持ちですか?それは、いつ、どんな目的で購入されましたか?

ガス漏れなどの事故防止のために10年を目安に買い換えることが推奨されているのはご存知でしょうか?何十年も前のカセットコンロを使っている方はぜひ、進化した新しいカセットコンロへの買い替えを検討してみてくださいね。

ちなみに私がカセットコンロを購入したキッカケは「防災備品」としての必要性を感じたからでした。それまではガス栓に直接つなげて卓上で使用できるガスコンロを使っていたのですが、非常時にはガスの復旧がいちばん時間がかかると知り、非常時でもしっかり火を使えるように…と火力を重視して選びました。

こちらの記事では、ベーシックな商品から、変わった機能を備えた商品、最先端のカセットコンロまで様々な種類の商品を紹介していますので、初めて購入される方も、買い替えを検討されている方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

カセットコンロ-1

 

カセットコンロは持っていると本当に便利なの?

カセットコンロを持っていない人にとっては、なくても何とかなっているし…と思っている方も多いと思います。

そこで、ここではカセットコンロを所持するメリット・デメリット・メンテナンス方法・コスト面などを簡単に解説していきたいと思います☆

 

◇メリット

  1. 鍋料理など、熱々のまま食卓で食べられる
    → しゃぶしゃぶや鍋料理など、カセットコンロがあると熱々出来たてをいただけます◎
  2. 屋外でも使える
    → 電源が必要ないので、テラスやキャンプでも手軽に火を使えて便利。
  3. 非常時の備えにあると安心
    → 万一、災害等で電気やガスが止まってしまったときもガスコンロがあれば、火を使った料理をすることができます。

 

◇デメリット

  1. ガスボンベを常備しておく必要がある
    → ガスボンベがないと使えないので、何本か常に家にストックしておく必要があります。
  2. ランニングコストがやや高い
    → 使用するガスボンベの種類にもよりますが、据え付けのガステーブルでの調理とくらべるとややランニングコストが高いようです。
  3. 収納場所が必要
    → そんなに大きくないので、さほど場所は取りませんが、メイン調理器として使わない場合は、出しっぱなしにしておくと邪魔になるため収納する場所の確保が必要です。

 

◇メンテナンスについて

基本的には据え付けのガステーブルと同じで、受け皿や本体が汚れた場合は洗えばOK。最近のガスコンロは手入れが簡単になるよう、フッ素加工など汚れ対策のされている商品が増えています。

 

◇維持コスト

使用するために必要な、ガスボンベは3本入りで約300円~1,000円程度。

この価格の差は封入されているガスの種類の違いによるものですが、家の中で使う分には安価な「n-ブタン」か「イソブタン」で個人的には十分だと思います。

キャンプなどで火力が必要だったり、冬に外で使いたいという場合は火力に定評のある「プロパン」が封入されているガスボンベを選ぶと良いでしょう。

家庭用でコスパで選ぶならこちら!

 

パワーで選ぶならプロパン混入のこちら!

出典: Amazon.co.jp

ソト(SOTO) パワーガス 3本パック ST-760 [HTRC 2.1]
ブランド
カテゴリ

 

カセットコンロで代表的なメーカーといえば「イワタニ」!

カセットコンロを販売しているメーカーの中でも、いちばん知名度があるのは「イワタニ」で、個人的にもおススメしたいメーカーです。

どのメーカーも安全性には配慮していますが、イワタニを特におススメしたい理由はのひとつはラインナップが豊富である点。デザイン性に優れた商品から、アウトドア向けの防風性に特化した商品まで実に豊富にそろっているので、自分の用途にピッタリな商品が見つかると思います。

また、イワタニのカセットコンロの特徴として、料理の幅が広がる「焼肉プレート、鉄板焼プレート、たこ焼きプレート、網焼プレート」などの専用アクセサリーが豊富な点もおススメポイントのひとつ。

専用の各プレートの底面には、コンロの五徳にぴったりはまり、外れにくくするためのくぼみがあるので、安全面において安心ですよ。

 

イワタニのおすすめ専用プレートは、口コミでも好評価なこれ!

網焼プレート CB-P-AM2

出典: Amazon.co.jp

イワタニ(Iwatani) 網焼プレート CB-P-AM2

水皿から出る水蒸気で七輪焼きのように焼けるプレートです。

 

屋外やアウトドア用で使うカセットコンロの選びかた

カセットコンロは電源が必要ないので、屋外でも手軽に使えるのが魅力の一つですね。屋外でも使いたい場合は以下の3点を重視すると、より快適に使えますよ☆

カセットコンロ-2

1)風防効果

屋外では炎に風があたると不安定になるので、風の影響を受けにくい機能を備えた商品を選びましょう。

2)携帯性

庭で使うくらいであれば、気になりませんがキャンプ等で使う場合は、専用の持ち手の付いたケースなどが付属している商品が便利ですよ。

3)火力

バーベキュー等、がっつり焼きたいときは、加熱性能の高い機種を選ぶのがベストです。

 

アウトドアで使うのにおススメなモデルはこれ!

 

イワタニ スタンドBBQグリル グリルスター CB-SBG-1

出典: Amazon.co.jp

イワタニ スタンド型BBQグリル グリルスター CB-SBG-1
ブランド
カテゴリ

こちらの商品は着脱可能なスタンド付で、スタンドを外せばテーブルの上に置いて使うこともできる2WAY仕様になっています。

カセットボンベさえあればすぐに火がつくので、火を起こしたり、炭を片づける手間いらずで、アウトドアの敷居がぐんと下がりますね。

屋外使用を想定しているので、スタンド部分が、タイヤ付のキャリーになる仕様で持ち運びもラクラク。イワタニ独自の構造で炎への風の影響も受けにくくなっています◎

また、プレートの下には五徳が据え付けられているので、アウトドアだけでなく室内でガステーブルの代わりとして使うこともできますよ。

 

「カセットコンロ」と「ガスコンロ」は何がちがうの?

カセットコンロとガスコンロの違いはご存知ですか?知らないと混同しがちなふたつですが、簡単に違いを説明するとガスの供給の仕方が異なります。

「カセットコンロ」はガスボンベでガスを供給し、「ガスコンロ」はガス栓からガスホースをコンロにつないでガスを供給する仕組みとなります。

どちらも一長一短ありますが、「カセットコンロ」はガスボンベを常備していないと使えず、ガスコンロと比べると火力が弱くコスパで劣る傾向にあります。

一方「ガスコンロ」は家庭でのガスの配管工事をしていることが前提で、ガス栓とつなげないと使えないため、使える(設置できる)場所が限られるというデメリットがあります。

 

安全性は重視したい!カセットコンロ、ガスボンベ交換の注意点

何となくガスボンベを交換したりするのが怖かったりと、カセットコンロを扱うことに心配がある方も多いのでは?

正しい知識をもっていれば安全に取り扱うことができますので、カセットコンロを購入す前にぜひ一読ください。

カセットコンロ-3

 

1)安全性の高い機種の選び方

より安全に使うために、使用時に異常を感知したときなどには、自動的にボンベが外れてガスの供給が止まるなどの安全機能を備えているかチェックしましょう。

 

2)なべ底の大きさに注意

コンロをおおうような大きな鍋などを使用すると、カセットボンベが過熱しすぎて爆発の原因になります。モデルによって何センチまでの調理器具が使えるか異なりますので確認しましょう。

 

3)カセットボンベを正しくセットする

カセットボンベとカセットコンロの凹凸をしっかり合わせてセットするのがポイント。しっかりとハマっていないとガス漏れや火災につながります。

またカセットボンベは、振ってシャカシャカと音がしなくなるまで、しっかり使い切って捨てるようにしましょう。

 

カセットコンロおすすめランキング!TOP8

第8位 カセットフー スーパー達人スリム CB-SS-1

薄型&コスパで選ぶならこれ!

イワタニのカセットコンロでは最も五徳までの高さが薄い(74mm)のが特徴のひとつ。

五徳とバーナーは丈夫な「耐熱アルミダイカスト」で、トッププレートはお手入れのしやすい「プレコートフッ素鋼板」で、省エネ性もしっかり。普段家庭で使うには十分な機能を備えています。

それでいて3,000円台という価格は魅力的ですね。

個人的に本体のオレンジ色は好き嫌いが分かれるかなと思い、8位とさせていただきました。

 

第7位 マイコンロ・ティノ KC-333

出典: 楽天市場

マイコンロ・ティノ KC-333

省スペースで使える、業界最小モデル!

本体の大きさが、幅225×奥行188(263)×高さ92mm と非常にコンパクトなモデルは、テーブルの上でも場所をとらないので、一人暮らしでテーブルが小さいという方や、メインコンロの補助として使いたい方にもおススメ。

大きな鍋の使用には向きませんが、小さな分、収納時に場所を取らないのは嬉しいポイントですね。

ボディは頑丈な「アルミダイキャスト」で、価格も3,000円台とお手頃ですよ。

 

第6位 ビストロの達人II ホワイト CB-GP-W

出典: 楽天市場

ビストロの達人II ホワイト CB-GP-W

一人暮らし用のコンロとしてもおススメ!

一見するとカセットコンロに見えませんが、その独特な形状で「焼く」「煮る」「蒸す」「炊く」「鍋もの」「無水調理」など、幅広い料理に対応できるのが特徴のモデルです。

底面:28cm × 深さ:3cmで、お手入れのしやすいフッ素加工された専用の付属プレートは、ホットプレートとしても、グリル鍋としても使える形状で、さらにプレートを外すことで、土鍋等をセットすることも可能。

価格的には約1万円と少しカセットコンロとしては高めですが、これ1台あればホットプレートとガスコンロと2台持つ必要がないので、どちらも購入すると思えばコスパは良いと思います。また収納場所その分、省スペースで済むので一石二鳥◎

 

第5位 カセットフー雅 MIYABI CB-WA-35

シンプルでモダンなデザインが美しい!

こちらの商品の特徴は、直線的なカクカクっとした和モダンな美しいデザインで、2007年度のグッドデザイン賞を受賞しています。

カセットコンロとしての基本的な性能としては十分ですが、トッププレートが「ニッケルトップ」とややお手入れ性の面ではフッ素鋼板に比べると劣るので6位とさせていただきました。ちなみに、五徳は丈夫な「耐熱アルミダイカスト」で、バーナーは「真ちゅう」です。

イワタニのHPでは在庫が残りわずかとなっているので、もしかしたら廃盤になるかリニューアルするのかもしれません。気に入った方は早めのご購入をおすすめします。

 

第4位 カセットフー タフまる CB-ODX-1

出典: Amazon.co.jp

イワタニ カセットフー アウトドアこんろ タフまる CB-ODX-1
ブランド
カテゴリ

風防性&火力で選ぶならこのモデル!

男前なシンプルなデザインのブラックボディが目を惹く、火力の強いモデルです。

特許登録済みの、空気は通すけど、風は通さない「ダブル風防ユニット」を搭載しているので、屋外でも風を気にせず使えるのが特徴。

もう一つの特徴としては、耐荷重20kgあること。一般的なカセットコンロでは重くて使えなかったダッチオーブンも使えます。

専用のケースが付属しており、収納性も高く、持ち運びもしやすいのでアウトドアなどにもおススメ。

 

第3位 焼き上手さんα CB-GHP-A

本格的なホットプレートとしても使える!

標準的な大きさの餃子が40個いちどに焼ける大きなホットプレートが魅力的な商品です。

お手入れのしやすいフッ素コート加工がされたプレートを外せば、コンロとして土鍋等をセットし調理することも可能と、1台2役でコスパにも◎

また直火で焼くので、電気式のホットプレートよりも火力が強いので美味しく焼けると評判も上々。電源が必要ないので、アウトドアや庭での使用にもおすすめです。

平均的な大きさのカセットコンロと比べるとひと回り大きい(幅471×奥行325×高さ169mm)ので、購入前に収納場所をしっかり確保しておきましょう。

 

第2位 カセットフー エコプレミアム CB-EPR-1

出典: Amazon.co.jp

イワタニ カセットフー エコプレミアム CB-EPR-1
ブランド
カテゴリ

デザイン&機能&コスパのバランスで選ぶならこちら!

薄型でスタイリッシュで無駄のないデザインと、優れた省エネ性が際立つモデルです。

具体的には、イワタニの通常型のバーナーに比べて16%の省エネとなっています。また、 口径約30cmの10号土鍋も使えるのも、5千円以下で購入できる価格帯の商品では、なかなか見つからないので嬉しいポイント。

五徳は丈夫な「耐熱アルミダイカスト」で、トッププレートは汚れが落としやすい「プレコートフッ素鋼板」と、耐久性・メンテナンス共に十分な日本製となっています。

価格・デザイン・性能・品質等のバランスにおいて優秀なので、筆者が次に買い換える機会があれば、購入したいと思っているモデルです。

 

第1位 アモルフォ プレミアム CB-AMO-80

最先端の技術を搭載した、美しいデザインが際立つモデル!

ステンレスの輝きが美しく、高級感漂う上品なデザインは、まさにインテリアの一部。定価27,000円は、他の商品と比べてもかなり高価な部類となりますが、購入して良かったという声が多いモデルです。

イワタニの最先端の技術を集結したその機能は、省エネ性、安全性、操作性においてまさにプレミアムな性能を誇っています。具体的にはカセットコロンロではなかなか難しい弱火しにやすい「弱火ノッチ」や吹きこぼれた際に火が消えてガスだけが出続けるのを防ぐ「再点火型 立ち消え安全装置」等。

またメンテナンス性においても、ステンレスは錆びにくくお手入れがしやすくて◎

カセットコンロの使用頻度が高い方にこそ、ぜひ手にしてもらいたいモデルです。

 

まとめ

カセットコンロ-4使ってみたいなと思うカセットコンロは見つかりましたか?ぜひ自分の生活スタイルにあったお気に入りのカセットコンロをゲットして、非常時の備えとしてだけでなく、普段からたくさん活用してくださいね。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

東海 カセットボンベ コン朗 3P 59013000

サイトを見る

ソト(SOTO) パワーガス 3本パック ST-760 …

サイトを見る

イワタニ(Iwatani) 網焼プレート CB-P-AM2

サイトを見る

イワタニ スタンド型BBQグリル グリルスタ…

サイトを見る

カセットフー スーパー達人スリム CB-SS-1

サイトを見る

マイコンロ・ティノ KC-333

サイトを見る

ビストロの達人II ホワイト CB-GP-W

サイトを見る

カセットフー雅 MIYABI CB-WA-35

サイトを見る

イワタニ カセットフー アウトドアこんろ …

サイトを見る

焼き上手さんα CB-GHP-A

サイトを見る

イワタニ カセットフー エコプレミアム CB…

サイトを見る

アモルフォ プレミアム

サイトを見る

関連記事