買いたいものを検索してください

【レシピ・メーカー比較】シリコンスチーマーおすすめ人気ランキングTOP8!

とにかく、家事は少しでも時短したい!そんな人の味方として一大ブームになったのが『シリコンスチーマー』です。レンジで簡単に調理ができるので、楽をしたい私はすぐに飛びついてしまいました。

ただ、せっかくシリコンスチーマーを持っていても、いまいちレパートリーが広がらず、野菜を蒸すことにしか使っていないということはありませんか?

それでは、シリコンスチーマーの力を十分に発揮していません。シリコンスチーマーは、蒸し料理だけではなく、煮物やパスタ、スイーツも作ることができます。

ということは、シリコンスチーマーを使いこなせば、前菜からメイン、デザートまでのフルコースができてしまうということなのです!そんなに便利なら、1つは欲しくなりますよね。

そこで今回は、色々な料理に使えて時短もできるシリコンスチーマーの選ぶポイントや、私のおすすめランキングを紹介したいと思います。

 

シリコンスチーマーとは?普通の鍋との違いは?

シリコンスチーマーは、一言でいうとレンジで使う調理器です。シリコーンゴムという素材で作られていて、耐熱性、耐寒性、無毒性などに優れています。熱に強くて無害な素材なので、安心して調理に使うことができるのです。

1番のポイントは、調理時間を節約できること!例えば、カレーを作るとき、シリコンスチーマーでジャガイモとニンジンをあらかじめチン!そして、お肉とタマネギを炒めたお鍋に水と一緒に入れれば、いつもの半分の煮込み時間でできあがります。

また、シリコンスチーマーは、加熱しても熱くなりません。そのまま食卓に出すことができるので、調理するお鍋、料理を盛り付けるお皿の2つの役割ができるのです。洗い物も減るので嬉しいですね。

 

シリコンスチーマーのタイプ

一体型タイプ

容器にフタがついているシリコンスチーマーが、一体型タイプです。中に材料を入れて、フタを両側からパタンと閉じて使います。シリコンスチーマーとしては、1番オーソドックスな形になります。

ただ、フタがしっかりと閉まるわけではないので、取り出すときに蒸気がもれて火傷をしないように、気を付けてください。

 

折りたためるタイプ

折りたためるタイプのシリコンスチーマーは、収納するときに場所を取りません。上から押すようにして畳むと、3分の1くらいの薄さになります。これなら、大きなサイズのシリコンスチーマーでも安心です。

ただ、伸ばした状態でも、折り目が入っている部分は少し洗いにくいと感じます。

 

金属補強タイプ

シリコンスチーマーの弱点として、やわらかいということがあります。それが収納しやすさにもつながっているのですが、やわらかいことで持ちにくかったり、洗いにくかったりすることがあります。

その悩みを解消するためにできたのが、金属や硬めのプラスチックで補強されたタイプのシリコンスチーマーです。形が崩れないので、テーブルまで運ぶときも持ちやすいです。

ただ、金属の場合は、使う前にレンジで加熱できるかしっかりと確認してください。

 

IH調理器対応タイプ

金属補強タイプは、形が崩れないように上の方に入っていることが多いです。IH調理器対応タイプはその反対、底の部分に金属が入っているので、IH調理器でも使うことができます。

シリコンスチーマーとしてだけではなく、普通にお鍋にもなるので、1人暮らしの方はこれが1つあれば便利ですね。

ただ、一体型タイプや折りたためるタイプと比べるとしっかりとした作りなので、収納には場所をとってしまいます。

 

シリコンスチーマー選びのポイント

 

タイプで選ぶ

シリコンスチーマーを使って何をしたいのか、それによって選ぶタイプも変わってくると思います。

調理の下ごしらえに使うなら、一体型タイプ、調理して食べるところまで使うなら、フタが取り外しできるタイプ、お鍋代わりにIH調理器でも使うなら、IH調理器対応タイプなど、自分の状況を選んで最適なシリコンスチーマーを選びましょう。

 

対応温度で選ぶ

シリコンスチーマーは商品によって、対応している温度が違います。対応していない温度でシリコンスチーマーを使ってしまうと変色してしまったりと危険なので、最初に商品の対応温度はしっかりと確認しておく事が重要です。

高温に対応しているシリコンスチーマーなら、一気に食材を熱する事ができるので、早く仕上がるというメリットも!時短調理をメインとしてシリコンスチーマーを使うなら、高温にも対応しているかどうかをチェックしてみましょう。

 

洗いやすさで選ぶ

シリコンスチーマーを日常的に使用するなら、本体の洗いやすさはかかせないポイントですよね。オーソドックスな形状で、蓋が取り外せるようになっているシリコンスチーマーは、気になる部分までしっかりと洗いやすいのが魅力的。

折りたためるタイプのシリコンスチーマーですと、洗いにくさを感じる場面も。収納のしやすさなどの使用感は良いですが、折り目と言った細かな部分まで洗いにくいのがネックですね。

部品が付いているシリコンスチーマーは、ひとつひとつが取り外せるかどうかもチェックしておきましょう。部品が脱着できる商品であれば、しっかりとシリコンスチーマー全体を洗浄できますよ。

 

持ち手で選ぶ

シリコンスチーマー選びでとても重要なのが、持ち手の形状です。加熱する事によりシリコンスチーマー本体がかなり熱くなってしまいます。

持ち手部分に蒸気孔が開いていると、水分によって滑る危険性も。また、小さな持ち手だと掴みにくく、熱いシリコンスチーマー本体を覆うようにして持ち運ばなくてはならなくなります。

「持ち手が付いているか」、「掴みやすい持ち手になっているか」、「持ち手付近に蒸気孔が付いていない」といった点に注目してシリコンシチーマーを選んでみてくださいね。

 

フタが取り外しできるかで選ぶ

フタの取り外しできるシリコンスチーマーは、洗いやすいです。

もちろん、そのままお皿代わりにしたときも食べやすいです。食べきれずに残ったときは、またフタをして冷蔵庫にしまうということもできるので、使い勝手がよいと思います。

 

スチームトレイがあるかで選ぶ

カロリーダウンを狙いたい方におすすめなのが、スチームトレイが付いているシリコンスチーマーです。底部分に穴が開いていたり、溝が付いているスチームトレイなら、そこに食材の余分な脂を落とす事ができます。

健康や美容のためにカロリーダウンするなら、スチームトレイ付きのシリコンスチーマーが最適です。 商品によってはスチームトレイが波のような形状になっている物も。

電子レンジの熱がしっかりと食材に行き届きやすくなるので、火をきちんと通したい時にも便利ですよ。シリコンスチーマーは衛生的に不安、という方は波状のスチームトレイが付いた商品がおすすめです。

 

価格で選ぶ

シリコンスチーマーは、大きさによって価格が違います。

直径15センチくらいのココット型など、小さいサイズのものが1番お手ごろな価格になります。2人から3人用、4人から6人用と大きくなるにつれて、価格も上がっていきます。

また、人気キッチンブランドが出している商品は、どうしても価格が高いです。ただ、デザイン性に優れているので、そのままテーブルに並べることができますよ。

 

【ルクエ・メトレフランセ】シリコンスチーマーの人気ブランド

スチームケースでとても有名なブランド「ルクエ」

ルクエは、スペインのキッチンメーカーで、シリコン素材を使った調理器具を数多く販売しています。最初に日本で人気になったシリコンスチーマーも、ルクエのものでした。

ルクエのスチームケースは、バナナの葉の蒸し料理がヒントになって開発されたそうです。面白いですね。

フタが一体化されたデザインが特徴的で、サイズはミニ、レギュラー、ファミリー用とあります。深底タイプの商品もあるので、煮込み料理や汁物も作ることができます。

 

おしゃれなデザインを求めるなら「メトレフランセ」

メトレフランセのシリコンスチーマーは、洗練されたフレンチデザインが特徴です。おしゃれなデザインで、カラーも可愛らしいので、調理後そのままテーブルに出すことができます。

また、スチール芯が入っているものや、折りたためるものなど種類が豊富なので、それぞれの家庭の状況に合うシリコンスチーマーが見つかりやすいと思います。

 

【ランキング】シリコンスチーマーのおすすめ人気ランキングTOP8!

第8位 ルクエ ディープスチームケース

人数 1人
対応温度 -30~260度
特徴 深さがあり煮込み料理にも使いやすい
スチームトレイ ×(別売り)
カラー レタス、トマト
サイズ 15.5×21.4×8.8㎝
重量 205g

煮込み料理を作りたいならこれ!

シリコンスチーマーの中でも人気のあるルクエの深底タイプの商品で、サイズは幅15.5センチ×奥行21.4センチ×高さ8.8センチです。

見ての通り深さがあるので、煮込み料理を作るのに向いています。ラーメンやカレー、雑炊やお鍋など汁気の多い調理もこれ1つで作ることができるのは、嬉しいですね。

また、深さをいかして、ブロッコリーやキャベツなど高さのある商品の下ごしらえに使うのもよいと思います。

 

第7位 NYプランニング IH対応シリコンスチーマー

No.7

出典: Amazon.co.jp

人数 2~3人
対応温度 -30~230度
特徴 フッ素コーティング仕様底
スチームトレイ ×
カラー レッド、ブラウン
サイズ 24.5×25.5×10×0.45㎝
重量 780g

レンジだけではなく、IHでも使えるのはこれ!

底にステンレスが入っていることにより、電子レンジだけではなく、IH調理器でも使うことができるシリコンスチーマーです。

レンジで蒸す、IH調理器で煮込む、オーブンで焼くという作業ができるので、このシリコンスチーマーがあれば料理の幅は格段に広がると思います。

また、内側の底はフッ素加工されているので、一般的なシリコンスチーマーよりも洗いやすく、嫌な臭いもつきにくいと思います。

 

第6位 メトレフランセ ジャポネ ライススチーマー

No.6

出典: Amazon.co.jp

人数 1人
対応温度 -20~220度
特徴 少量の炊飯に
スチームトレイ ×
カラー ストーン、ショコラ、フランボワーズ、マロン
サイズ 18×18×14.5㎝
重量 500g

レンジでご飯を炊きたいならこれ!

ご飯はたくさん炊いた方が美味しいことは分かりますが、1人暮らしだとそうはいきません。

また、家族は白米で、自分だけ玄米を食べたいというときも、少ない量の炊飯は難しいものですが、そんなときもこのシリコンスチーマーがあれば大丈夫です。

レンジでご飯を炊くときに心配なのは、吹きこぼれです。でも、この商品は中ブタがついているので、吹きこぼれしにくいようになっています。

1合のお米が500ワットで約10分、600ワットなら約9分で炊き上がりますよ!

 

第5位 LE CREUEST シリコンスチーマー

人数 1~2人
対応温度 -20~220度
特徴 耐久性に優れている
スチームトレイ ×
カラー
サイズ 16×4.5㎝
重量

ルクルーゼのホーロー鍋と揃えたいならこれ!

主婦の憧れのお鍋といえば、LE CREUEST(ルクルーゼ)ではないでしょうか。そんな人気のキッチンメーカーにも、シリコンスチーマーはあります。ホーロー鍋と同じ見た目なので、カラーを揃えて一緒に飾ったら可愛いかも。

もちろん、シリコンスチーマーとしての機能も十分にあります。最高級のシリコンだけを使っていて耐久性に優れているので、安心して繰り返し使用できますよ。

 

第4位 和平フレイズ シリコンスチーマー

人数 1~2人
対応温度 -40~220度
特徴 波型底で脂を落とす
スチームトレイ ×
カラー オレンジ、ライムグリーン、ローズピンク
サイズ 206×132×70㎜
重量 270g

ヘルシーに調理したいならこれ!

このシリコンスチーマーは、底の部分が波型になっています。余計な脂は下に落ちるので、よりヘルシーに調理をすることができます。

また、一体型ではなく、フタが取れるタイプなので、テーブルに置くときにフタの部分が邪魔になるということもありません。

シリコンスチーマーの中では、価格も比較的お手ごろなので、最初の1つとして選ぶのによいと思います。

 

第3位 ルクエ スチームケース

人数 1~2人
対応温度 -30~260度
特徴 折りたたみタイプで時短調理に
スチームトレイ ×
カラー
サイズ 135×260×65㎜
重量 211g

時短で料理を作りたいならこれ!

今では調理器具としてすっかり定番となった、ルクエのシリコンスチーマーです。レンジでチンをするだけで、簡単に美味しい料理が作れるので、あっという間に人気となりました。

ルクエの中では、このレギュラーサイズが1番使いやすいです。野菜の下ごしらえだけではなく、蒸し料理もできるので、毎日の料理をあと1品増やすことができますよ。デザインもやっぱり素敵ですね。

 

第2位 メトレフランセ シリコンスチーマー

人数 1~2人
対応温度 -20~220度
特徴 スチール芯上部で持ちやすい
スチームトレイ ×
カラー ブラウン、レッド、ブラック
サイズ 24.2×21.2×13.4㎝
重量 410g

強度だけではなく、安定感もあるのならこれ!

シリコンスチーマーの弱点といえば、ふにゃふにゃとしていて持ちにくいこと。

この商品は、上部にスチール芯が入っていることにより、その弱点を見事に解決しています。実際に手で持って見ると分かるのですが、他の商品とは安定感が違います。

また、スチール芯の硬さを利用して、上から押すと一気にたたむことができます。収納しやすいということも、嬉しいポイントですね。

 

第1位 ViV シリコンスチーマー

人数 1~2人
対応温度 -30~270度
特徴 ふきこぼれにくい、持ちやすい
スチームトレイ
カラー キャロットオレンジ、パプリカレッド、マロンブラウンなど全9種類
サイズ 26×13.5×7.5㎝
重量

使い勝手がよいのはこれ!

フタが取り外せるタイプのシリコンスチーマーで、わりとピッタリ収まるので、加熱をしてもふきこぼれにくいです。

また、横の取っ手の部分に少し厚みがあって持ちやすいので、レンジからも取り出しやすいです。

この商品は、別に波型のスチームトレイがついています。野菜の下ごしらえならそのまま、食材の脂が気になるときはシリコントレイと使い分けることができるので、とても使い勝手がよいと思います。

 

【比較】おすすめ人気シリコンスチーマーの比較表はこちら

商品画像
No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

商品名 ViV シリコンスチーマー メトレフランセ シリコンスチーマー ルクエ スチームケース 和平フレイズ シリコンスチーマー LE CREUEST シリコンスチーマー メトレフランセ ジャポネ ライススチーマー NYプランニング IH対応シリコンスチーマー ルクエ ディープスチームケース
人数 1~2人 1~2人 1~2人 1~2人 1~2人 1人 2~3人 1人
対応温度 -30~270度 -20~220度 -30~260度 -40~220度 -20~220度 -20~220度 -30~230度 -30~260度
特徴 ふきこぼれにくい、持ちやすい スチール芯上部で持ちやすい 折りたたみタイプで時短調理に 波型底で脂を落とす 耐久性に優れている 少量の炊飯に フッ素コーティング仕様底 深さがあり煮込み料理にも使いやすい
スチームトレイ × × × × × × ×(別売り)
カラー キャロットオレンジ、パプリカレッド、マロンブラウンなど全9種類 ブラウン、レッド、ブラック オレンジ、ライムグリーン、ローズピンク ストーン、ショコラ、フランボワーズ、マロン レッド、ブラウン レタス、トマト
サイズ 26×13.5×7.5㎝ 24.2×21.2×13.4㎝ 135×260×65㎜ 206×132×70㎜ 16×4.5㎝ 18×18×14.5㎝ 24.5×25.5×10×0.45㎝ 15.5×21.4×8.8㎝
重量 410g 211g 270g 500g 780g 205g
リンク Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo!

 

シリコンスチーマーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、シリコンスチーマーの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

【時短レシピ】シリコンスチーマーが大活躍

 

ポテトサラダ

ジャガイモの皮をむき、一口大に切って水にさらし、シリコンスチーマーに並べます。そのままレンジでチン!

やわらかくなったらマッシャーやフォークでつぶし、そこに塩もみしたキュウリ、ハムなどお好きな具を入れます。私は、ツナ缶を入れるのが好きです。

ジャガイモと具がよく混ざったら、塩コショウ、マヨネーズで味付けすれば完成です。ジャガイモをつぶすのも、材料を混ぜるのも全部シリコンスチーマーの中で行うので、余計な洗い物がでませんよ。

 

煮込みハンバーグ

あらかじめ、ひき肉にタマネギ、玉子、パン粉、調味料を入れてハンバーグのタネを作っておきます。

食べやすい大きさにまとめて分けて、シリコンスチーマーに並べます。お好みのきのこを隙間に並べるように入れて、ケチャップ大さじ3、ソース大さじ1、水を少々加えてレンジでチン!

テーブルに出す前に、ハンバーグの上にチーズをのせて、とろけるまでチンして完成です。

フライパンだとハンバーグが崩れてしまうことがありますが、シリコンスチーマーだとふっくらと出来上がりますよ。

 

パスタ

シリコンスチーマーの中に、半分に折ったパスタを入れます。水を200CCほど入れて、レンジでチン!

パスタの太さやシリコンスチーマーの種類によって変わってきますが、途中で茹で具合を確認して、水が残っていれば捨てます。そこに市販のパスタソースを和えれば完成です。

1人暮らしなら、そのままお皿代わりに食べてもOK。シリコンスチーマーでパスタを作れば、時短だけではなく節水もできますよ。

 

バナナホットケーキ

ホットケーキのもとを混ぜて、シリコンスチーマーの中に入れます。表面を平らにして、スライスしたバナナを上にのせてレンジでチン!

油を使わずに、簡単に作ることができます。バナナはつぶして生地に混ぜてもOK。そのままでもふわふわで美味しいです。

 

【楽チン離乳食】シリコンスチーマーで離乳食も作れちゃう

毎日が大忙しのママさん。特に離乳食を作るのには、手間も時間もかかってしまいますよね。食材を柔らかくするために煮込んだり、裏ごしやすり潰し…… 離乳食が完成した時にはもうヘトヘト、なんて方も多いでしょう。

しかし、やっぱり市販の物より手作りのほうが安心感がありますよね。大切な赤ちゃんに与える物はなるべく安心感を重視しておきたいところです。 シリコンスチーマーなら、時短も安心も手に入れられます。

食材を早く簡単に柔らかくできるので、愛用しているママさんも多いんです。中にはおかゆが電子レンジでチンするだけで完成する、離乳食用のシリコンスチーマーも販売しています。

普通に調理すると柔らかくするのに大変な固いかぼちゃですが、一口大にカットして、水と一緒にシリコンスチーマーに入れます。電子レンジで数分加熱するだけでかなり柔らかくなるので、その後の裏ごしも楽々です。栄養たっぷりのかぼちゃペーストを簡単に作れるシリコンスチーマー、ぜひ離乳食作りにも活用してみてくださいね。

 

料理のレパートリーをさらに広げる!

 

自分に合ったシリコンスチーマーを見つけよう!

いかがでしたか?

シリコンスチーマーといっても、ただレンジでチンをするためのものではありません。これ1つで蒸す、煮る、焼くことができるので、持っていると料理のバリエーションが無限に広がっていくと思います。

献立に困ったときは、冷蔵庫にある野菜をシリコンスチーマーに入れてチン!それにポン酢をかければ、残り物でも立派な1品になります。

1人暮らしの方も、シリコンスチーマーがあると便利です。1人分の料理を、時短で美味しく作ることができますよ。

今回の記事を参考に、自分に合ったシリコンスチーマーを見つけて、ぜひ活用してください!

記事内で紹介されている商品

ルクエ ディープスチームケース

サイトを見る

NYプランニング IH対応シリコンスチーマー

サイトを見る

メトレフランセ ジャポネ ライススチーマー

サイトを見る

LE CREUEST シリコンスチーマー

サイトを見る

和平フレイズ シリコンスチーマー

サイトを見る

ルクエ スチームケース

サイトを見る

メトレフランセ シリコンスチーマー

サイトを見る

ViV シリコンスチーマー

サイトを見る

関連記事